平野ひらの啓一郎けいいちろう

出典しゅってん: へっぽこ実験じっけんウィキ『はち百科ひゃっか事典じてん(アンサイクロペディア)』
2019ねん12月23にち (月)げつ 10:43時点じてんにおけるでみあん (トーク | 投稿とうこう記録きろく)によるはん (ぶんじん主義しゅぎ前期ぜんき後期こうきける余裕よゆうはなかった)
移動いどうさき: 案内あんない検索けんさく
Wikipedia
ユーモア欠落けつらくしょう患者かんじゃのために、ウィキペディア専門せんもん気取きどたちが「平野ひらの啓一郎けいいちろう」の項目こうもく執筆しっぴつしています。

これよりわたしは、ある」(作家さっか記事きじろく」(しるそうとおもっている。その作家さっかとはそく」(すなわち、平野ひらの啓一郎けいいちろう」(ひらのけいいちろうである。ひとはこの」(すこぶ異常いじょう記事きじたいして、みち」(ただちにうたぐ」(うたがい」(はさむであろう。わたしはこれをとがめ」(とがめない。如何いか」(いか好意こういてきんでみたとて、この記事きじ所詮しょせん」(しょせんしんのう」(あたわざるるい」(たぐいのものだからである。

作風さくふう

平野ひらの啓一郎けいいちろう作品さくひんは、時期じきごとに作風さくふうおおきくことなっている。

ロマン主義しゅぎさんさく

平野へいやは、京都大学きょうとだいがく在学ざいがくちゅう1998ねんに『新潮しんちょう誌上しじょう発表はっぴょうした『日蝕にっしょく』で、よく1999ねん芥川賞あくたがわしょう当時とうじ最年少さいねんしょうの23さい受賞じゅしょうした。同年どうねんには『いちがつ物語ものがたり』を発表はっぴょう2002ねんには『葬送そうそう』を刊行かんこうした。以上いじょうの3作品さくひんは「ロマン主義しゅぎさんさく」とばれている。

このとき平野へいやうつくしさは、だれにも言葉ことばにすることが出来できなかった。どれほどおおくの小説しょうせつがいることかしれない。どれほど卓越たくえつした技巧ぎこうほこり、読者どくしゃとりこにするはなそなえた小説しょうせつがいることかしれない。しかし、かれらがいかにあこがれ、いかに努力どりょくしてみても、けっしてしておよばぬものが平野へいやにはあった。平野へいやにだけ」(ヽヽヽヽヽとさえいえるほどに、それはかれいて特別とくべつであった。その美質びしつは、記述きじゅつされる言葉ことばいち々々から馥郁ふくいくのぼって読書どくしょちゅうのすべての人間にんげん恍惚こうこつとさせた。むねめつけるような憂鬱ゆううつも、寂寥せきりょうも、悲哀ひあいも、どのひとつをってみてもそうしたかおりをびていないものはなかった。すなわ気品きひん」(ヽヽであった。平野へいや場合ばあい、それは特権とっけん」(ヽヽであるというよりも、むしひとつの才能さいのう」(ヽヽであった。そのことをこれほど人々ひとびと実感じっかんさせる小説しょうせつはなかった。なにという香気こうきなにという陰翳いんえいかたち姿すがたかたどうちからの鋳型いがた外観がいかん結晶けっしょうした内実ないじつ様式ようしきたかめられたばくたる情感じょうかん。……読者どくしゃ感動かんどうは、るようにしてかれらの深奥しんおうへとたっした。

短篇たんぺん実験じっけん

その平野へいやは、普通ふつう作風さくふうじゃがまんできないものがあるかのよう実験じっけんてき作品さくひんおお発表はっぴょうするようになった。

1ぎょうけがかれた『かがみ』や、コピペを活用かつようした『したたちる時計とけいたちの波紋はもん』『められた少年しょうねん』『おんな部屋へや』『はは』など、しょうエネにつとめた作品さくひん男女だんじょがホテルではえっちなことをしたあとノーパン帰宅きたくすることになるまでの顛末てんまつえがいた『高瀬川たかせがわ』、エロほんかく失敗しっぱいし「小説しょうせつ資料しりょうあつめ」とのいいわけのため執筆しっぴつされた『かおのない裸体らたいたち』など、変態へんたいせいをいかんなく発揮はっきした作品さくひんなどがかれた。

ぶんひと主義しゅぎ

その平野へいやは、「ぶんじん」という概念がいねん提唱ていしょうし、それまでの平野へいやのイメージを一新いっしんさせるような小説しょうせつ次々つぎつぎ発表はっぴょうした。

平野へいやからだはひとつしかないし、それはけようがないけど、実際じっさいには、せっする作品さくひん次第しだいで、ぼくたちにはいろんな平野へいやがいる。その現象げんしょうを、個人こじんindividual」(インデイヴイジユアルが、ぶんひとdividualize」(デイヴイジユアライズされているってうんだ。で、それぞれの平野へいやぶんひとdividual」(デイヴイジユアル平野へいやは、だから、ぶんひと集合しゅうごうなんだよ。」

ルネ・マグリットで、姿見すがたみているおとこたいして、かがみなかかれも、背中せなかけておなきょうおくているという《複製ふくせい禁止きんし》なる作品さくひんがある。平野へいや作品さくひんには、それとたところがある。そして、読者どくしゃおそらく、その作品さくひん執筆しっぴつする平野へいや背中せなかにこそ、平野ひらの作品さくひん主題しゅだいるだろう。

外部がいぶリンク

関連かんれん項目こうもく


平野ひらの啓一郎けいいちろうは、」(いま心中しんちゅうの蔵匿ぞうとく」(ぞうとくせられたることにして、中途ちゅうとふで」(かれたるものである。わたしはこのことに、若干じゃっかん」(そこばく忸怩じくじ」(じくじたるおもいをいだかざるをない。」(こいねがわくは儕輩さいはい」(せいはいによりこの記事きじ完成かんせいせられむことを。 (Portal:スタブ)