Apple Pencil

出典しゅってん: へっぽこ実験じっけんウィキ『はち百科ひゃっか事典じてん(アンサイクロペディア)』
2019ねん8がつ2にち (金)きん 17:51時点じてんにおけるエイチツーオーその2 (トーク | 投稿とうこう記録きろく)によるはん (アップルペンシル、すごいけど購入こうにゅうすることあるかな…)
移動いどうさき: 案内あんない検索けんさく
Wikipedia
ユーモア欠落けつらくしょう患者かんじゃのために、ウィキペディア専門せんもん気取きどたちが「Apple Pencil」の項目こうもく執筆しっぴつしています。

Apple Pencil(アップルペンシル、以降いこうカタカナ表記ひょうき)は、アップルしゃ設計せっけい製造せいぞう販売はんばいしている鉛筆えんぴつである。

概要がいよう

アップルペンシル

アップルしゃあたらしいコンピューターとして製造せいぞうしたiPad浸透しんとうして、ネットサーフィンや動画どうが閲覧えつらんといったライトな使つかかたをするひとは「これさえあればもうパソコンいらないよね」ということでそれまで使用しようしていたパソコンを処分しょぶんしてタブレット端末たんまつ1ほんませるひと続出ぞくしゅつした。その様子ようす絵師えしたちは「もしかしたらパソコンなくてもタブレットでデジタルえがけるんじゃね?」とかんがえ、ペンタブレットでデジタルえがいていた絵師えしたちも続々ぞくぞくとiPadを購入こうにゅうしていった。が、そこであらたな問題もんだい発生はっせいした。それはえがくのに使用しようするペンである。これまで販売はんばいされているタッチペンは、先端せんたんまるいゴムせいもしくは繊維せんいせい先端せんたんほそ電池でんちうご樹脂じゅしせいなど色々いろいろなペンなどがあるが、先端せんたんまるいやつはさきふとくてえがきたいところがえない、樹脂じゅしせいのものはせんがペンさきとズレて出力しゅつりょくされるといった問題もんだい続出ぞくしゅつし、「こんなんじゃまともにエロえがけないじゃないか!」といった不満ふまんこえ絵師えしから相次あいついだ[1]。そんなこえこたえてアップルが製造せいぞうした鉛筆えんぴつがアップルペンシルである。

この文章ぶんしょうんで違和感いわかんかんじたひともいるだろう。のやつは「タッチペン」とっているのにアップルペンシルは「鉛筆えんぴつあつかいされているが、これはアップルしゃが「アップルペンシルはタッチペンでもスタイラスペンでもない!鉛筆えんぴつだ!」と宣言せんげんしているからである。

仕様しよう

だい1世代せだい

本体ほんたいがツルツルで円柱えんちゅうがた。 iPadとペアリングおよび充電じゅうでんは、iPadの底面ていめんにあるLightningとばれるコネクタに検閲けんえつにより削除さくじょするだけ。しかし、その外観がいかんはあまりにもみっともないうえなにかの拍子ひょうしにぶつかったりするとペンシルが破損はそん充電じゅうでん出来できなくなるのであつかいには注意ちゅうい必要ひつよう

だい2世代せだい

本体ほんたいがマット加工かこうになりあらたに平面へいめんになっている部分ぶぶん出来できた。ただし、最新さいしんしきのiPad Proしか利用りよう出来できない。円柱えんちゅうがたでコロコロところがるだい1世代せだいとはことなりころがらずにむ。ペアリングおよび充電じゅうでん方法ほうほうわり、iPad Pro本体ほんたい側面そくめん平面へいめん部分ぶぶん検閲けんえつにより削除さくじょするだけ。非常ひじょう簡単かんたん

評価ひょうか

アップルしゃ鉛筆えんぴつ宣言せんげんしているだけあって、性能せいのう抜群ばつぐん。しかし、問題もんだいがある。それは値段ねだんたかいこと。なかでもiPad Proとだい2世代せだいのアップルペンシルの2つを購入こうにゅうするとなると10まんかるえる。なので、絵師えし以外いがいひとはよくかんがえてから購入こうにゅうしよう。

脚注きゃくちゅう

  1. ^ 例外れいがいとして先端せんたん透明とうめい円盤えんばんがついているものがあり、そこそこイラストをえがくのにいているらしい。しかし、この記事きじ投稿とうこうしたひとがその円盤えんばんタイプのペンを使つかったところ反応はんのうしないことが多々たたこり使つかうのをやめた。

関連かんれん項目こうもく