エスカレータ

出典しゅってん: へっぽこ実験じっけんウィキ『はち百科ひゃっか事典じてん(アンサイクロペディア)』
エスカレーターから転送てんそう
移動いどうさき: 案内あんない検索けんさく

エスカレータとはトレーニングマシン一種いっしゅで、ランニングマシンを階段かいだんのぼくだりに応用おうようしたものである。

Wikipedia
ユーモア欠落けつらくしょう患者かんじゃのために、ウィキペディア専門せんもん気取きどたちが「エスカレータ」の項目こうもく執筆しっぴつしています。

概要がいよう[編集へんしゅう]

トレーニングジムに設置せっちされているランニングマシンは、エアロバイクと同様どうようゆう酸素さんそ運動うんどうおこなうことを目的もくてきとしている。しかし、それらは運動うんどうともいちじるしい発汗はっかんともなうためあらかじめ準備じゅんび(スポーツウェアの着用ちゃくようあせきタオルの持参じさんなど)をしてから使用しようしなければならず、なかなか自分じぶん時間じかんれない社会しゃかいじんにとって、日常にちじょう生活せいかつ一環いっかんとして積極せっきょくてきゆう酸素さんそ運動うんどうれることは困難こんなんであった。

そこで、運動うんどうりょうたもったままで発汗はっかんりょうおさえられ、着替きがえを必要ひつようせずにゆう酸素さんそ運動うんどう出来できるトレーニングマシンの需要じゅようもとめられた。その結果けっか発明はつめいされたのがエスカレータである。

エスカレータは、大手おおてスポーツ用品ようひんメーカーの共同きょうどう開発かいはつによって1978ねん完成かんせいした。当時とうじはトレーニングジムないでの運用うんよう中心ちゅうしんだったが、近年きんねん健康けんこう志向しこうたかまりによって、オフィスないショッピングセンターなどにも設置せっちされるようになった。現在げんざいではサラリーマン主婦しゅふなどを中心ちゅうしん愛用あいようされている。

構造こうぞう[編集へんしゅう]

ステップ
一般いっぱんてき階段かいだんくらべて段差だんさきゅうであるため、ふともものシェイプアップに効果こうかてきである。
ステップのまわりにある黄色きいろせんむと、サンダルがまれるなどの事故じこにつながるためやるべきではない。
すり
危険きけん防止ぼうしのため、すりにつかまりながら運動うんどうするほうがい。しかしものによってはすりに体重たいじゅうけすぎるとずるずると移動いどうしてしまうことがあるので注意ちゅうい必要ひつようである。すりがうごくとまえひとがびっくりするのでわざと体重たいじゅうをかけるものもいる。しかし調子ちょうしって体重たいじゅうをかけぎるとすご音量おんりょうでブザーがって(ry 筆者ひっしゃ必死ひっしげました。
物置ものおじょう
種類しゅるいによっては、すりの外側そとがわものくためのスペースが存在そんざいすることがある。おもタオルスポーツ飲料いんりょうなどをくために使用しようする。

なお、エスカレータは本来ほんらいまってるように設計せっけいされているので、はしったりドスドスあるいたりしてステップがちて怪我けがしたり、バランスくずしてちても自己じこ責任せきにんなのでエクストリーム・謝罪しゃざい発展はってんしません

使用しよう方法ほうほう[編集へんしゅう]

トレーニングジムに設置せっちされている一般いっぱんてきなエスカレータ

エスカレータの使用しよう方法ほうほうはランニングマシンとほぼおなじだが、ランニングマシンとことなるてんは、のぼようくだようの 2 種類しゅるいがあることである。ステップがしたかってうごいているものがのぼよううえかってうごいているのがくだようである。のぼようエスカレータをれいにとって、その使用しよう方法ほうほう解説かいせつする。

  1. エスカレータの上端じょうたんき、ステップにる。
  2. 同時どうじ利用りようするもののために、みぎひだりのどちらかにる。関東かんとうでは左側ひだりがわ関西かんさいでは右側みぎがわるのが暗黙あんもくのルールとされている(京都きょうとのぞく)
  3. そのままうごかずに、いている場所ばしょまで移動いどうする。
  4. ゆっくりと方向ほうこうえ、すりにつかまる。
  5. そのまま自分じぶんのいる場所ばしょうごかないよう、ひたすらうえかってステップをのぼつづける。

くだようでは、はじめにエスカレータの下端かたんからることをのぞいて、使用しよう方法ほうほう上記じょうきおなじである。

  • なお、エスカレータは本来ほんらいまってるように設計せっけいされているので、はしったりドスドスあるいたりしてステップがちて怪我けがしたり、バランスくずしてちても自己じこ責任せきにんなのでエクストリーム・謝罪しゃざい発展はってんしません

同時どうじ使用しよう[編集へんしゅう]

えきではエスカレータものぼようくだよう並行へいこう設置せっちされ、複数ふくすうだいかれることもある(永田町ながたちょうえき)

エスカレータのながさにもよるが、一般いっぱんてき運用うんようされているエスカレータでは、いちだいあたり4にんから5にん程度ていど使用しようすることが出来できる。 いちだいのエスカレータを複数ふくすう使つか場合ばあいは、上下じょうげ使用しようしゃすくなくとも2メートルの対人たいじん距離きょりけることがマナーである。 初心者しょしんしゃ場合ばあいは、さらに1メートル程度ていど余裕よゆうつほうがい。 近年きんねん、マナーの悪化あっかによって他人たにんとぶつかり転倒てんとうする事故じここうたないため、設置せっち場所ばしょ注意ちゅういかれることがおおくなった。

  • なお、エスカレータは本来ほんらいまってるように設計せっけいされているので、はしったりドスドスあるいたりしてステップがちて怪我けがしたり、バランスくずしてちても自己じこ責任せきにんなのでエクストリーム・謝罪しゃざい発展はってんしません

関連かんれん項目こうもく[編集へんしゅう]