V-22 (航空機こうくうき)

出典しゅってん: へっぽこ実験じっけんウィキ『はち百科ひゃっか事典じてん(アンサイクロペディア)』
オスプレイから転送てんそう
移動いどうさき: 案内あんない検索けんさく
この記事きじ沖縄おきなわぎています。
本土ほんどはもっとみぎじょうです。

V-22通称つうしょうオスプレイ(Osprey)は、アメリカ日本にっぽんカミカゼ特攻隊とっこうたいあこがれて開発かいはつした、特攻とっこう専用せんよう航空機こうくうき

Wikipedia
ユーモア欠落けつらくしょう患者かんじゃのために、ウィキペディア専門せんもん気取きどたちが「V-22 (航空機こうくうき)」の項目こうもく執筆しっぴつしています。

概要がいよう[編集へんしゅう]

固定こていつばさりょうはしにエンジンきの回転かいてんつばさそなえている。回転かいてんつばさ(ローター)を機体きたいたいしてかたむけて(ティルト)角度かくどえることのできるティルトローターとばれる方式ほうしき採用さいようしており、飛行ひこう形態けいたいをヘリコプターモードと固定こていつばさモードにえて飛行ひこうすることができる。

海兵かいへいたい仕様しようのMV-22、空軍くうぐん仕様しようのCV-22、海軍かいぐん仕様しようのHV-22があり、2012ねんうちには沖縄おきなわ岩国いわくになどにある海兵かいへいたい基地きちCH-46だいかわとしてMV-22が配備はいびされる予定よていである。

よく墜落ついらくすることでられているが、これはあくまでも仕様しようである。機体きたいてき直接ちょくせつ激突げきとつさせて攻撃こうげきすることがねらいであり、もともと墜落ついらくしやすさを追求ついきゅうして設計せっけいされている。その墜落ついらく性能せいのうたかさから「未亡人みぼうじん製造せいぞう」ともばれており、「メスプレイオスプレイ」「ディルドティルト」「ローター」というひびきとあわせ、一部いちぶ航空機こうくうきマニアからはたか評価ひょうかけている(性的せいてき意味いみ)。

これまでに実施じっしされた特攻とっこう訓練くんれん[編集へんしゅう]

だい1かい訓練くんれん

1991ねん6がつ11にち試作しさく5号機ごうきはつ飛行ひこうで、さっそく特攻とっこう訓練くんれんおこなわれた。このときはまだV-22の開発かいはつ初期しょき段階だんかいということもあり、落下らっかした機体きたい炎上えんじょうすることもなく、おおきな成果せいかげることはできなかった。

だい2かい訓練くんれん

1992ねん7がつ、ポトマックがわにおいて、試作しさく4号機ごうき使用しようした特攻とっこう訓練くんれんおこなわれた。この訓練くんれんは、右側みぎがわエンジンからいて墜落ついらくするという華々はなばなしいものであり、ポトマックがわという場所ばしょがらもあって「せる訓練くんれん」として実施じっしされた。

だい3かい訓練くんれん

2000ねん4がつ8にち量産りょうさん開始かいしはつ特攻とっこう訓練くんれんおこなわれた。この訓練くんれんは、きゅう減速げんそく急降下きゅうこうかをしながら地面じめん激突げきとつするというもので、実戦じっせんでの特攻とっこう想定そうていしたはげしい訓練くんれんとなった。

だい4かい訓練くんれん

2000ねん12月11にち夜間やかん森林地帯しんりんちたい特攻とっこうをかけるという訓練くんれんおこなわれた。これはたいゲリラせん想定そうていしておこなわれたもので、MV-22の沖縄おきなわへの配備はいびには沖縄おきなわ本島ほんとう北部ほくぶ北部ほくぶ訓練くんれんじょうにおいて同様どうよう特攻とっこう訓練くんれんおこなわれる予定よていである。

特攻とっこう訓練くんれん成功せいこうして笑顔えがおをみせる兵士へいし
だい5かい訓練くんれん

2010ねん4がつ8にち実戦じっせん配備はいびはじめての特攻とっこう訓練くんれんが、空軍くうぐん仕様しようのCV-22を使用しようしてアフガニスタンおこなわれた。これは夜間やかん砂漠さばく地帯ちたい実施じっしされたものであり、実際じっさい戦地せんちにおける訓練くんれんであることから、てきへいたいする特攻とっこうとしておこなわれたものではないかとの見方みかたもある。

だい6かい訓練くんれん

2012ねん4がつ11にち海兵かいへいたい仕様しようのMV-22による特攻とっこう訓練くんれんモロッコおこなわれた。べい海兵かいへいたいはこの訓練くんれんについて「機体きたい異常いじょうはなく人為じんいてきなものだ」と説明せつめいしており、機体きたい性能せいのうかして人為じんいてき特攻とっこうおこなえることが見事みごと証明しょうめいされた。

だい7かい訓練くんれん

2012ねん6がつ13にち空軍くうぐん仕様しようのCV-22による特攻とっこう訓練くんれんが、フロリダ空軍くうぐん基地きちないおこなわれた。4月の訓練くんれん特攻とっこう性能せいのうたかさが話題わだいになっていた時期じき再度さいど訓練くんれんおこなわれたことで、沖縄おきなわ岩国いわくになど国内こくない配備はいび予定よていされている地域ちいきからはV-22にたいしてさらにあつ視線しせんそそがれることになった。

だい8かい訓練くんれん

2013ねん8がつ26にちネバダしゅうクリーチ空軍くうぐん基地きち付近ふきんで、海兵かいへいたい仕様しようのMV-22による特攻とっこう訓練くんれんおこなわれた。米国べいこくないでは墜落ついらく(crash)だったと報道ほうどうされているが、日本にっぽん国内こくないではあまりそのような報道ほうどうかけないので、おそらく勘違かんちがいだろう。

だい9かい訓練くんれん

2015ねん5がつ17にちハワイ・オアフとうのベローズ空軍くうぐん基地きちで、海兵かいへい隊員たいいん22めいせたMV-22による特攻とっこう訓練くんれんおこなわれた。目撃もくげきしゃは「なん前触まえぶれもなく突然とつぜんちた」と証言しょうげんしていることから、てき油断ゆだんさせておいていきなり突撃とつげきするという特攻とっこう訓練くんれんだったものとおもわれる。

なお、以上いじょう訓練くんれんについて、報道ほうどうとうにより「墜落ついらく事故じこ」という表現ひょうげんがなされることがあるが、これはあやまりである[1]べい国防省こくぼうしょうは、実戦じっせん配備はいびおこなわれただい5かいからだい7かいまでの訓練くんれんについて、いずれも「機体きたいには異常いじょうはなかった」と発表はっぴょうし、日本にっぽん防衛ぼうえいしょうもこれを追認ついにんしている。したがって、機体きたい落下らっかしたのは特攻とっこうとしての機能きのう正常せいじょうはたらいた結果けっかである。

あなたのまちにも特攻とっこう訓練くんれんがやってくるかもしれない。

日本にっぽんにおける特攻とっこう訓練くんれん[編集へんしゅう]

べい国防省こくぼうしょうは、2012ねん9がつ山口やまぐちけん岩国いわくに基地きちにMV-22を陸揚りくあげしてた。その同月どうげつすうにわたる訓練くんれん飛行ひこうR134なる日本人にっぽんじんらない訓練くんれん飛行ひこういき実施じっしした。さらに10がつ沖縄おきなわ普天間ふてんま基地きちをはじめとするべいぐん基地きちにMV-22を配備はいびした。

普天間ふてんま基地きちでは2004ねん8がつ沖縄国際大学おきなわこくさいだいがくにCH-46を墜落ついらくさせての特攻とっこう訓練くんれんおこなわれたことがあるが、特攻とっこう専用せんようオスプレイの配備はいびにより、今後こんご沖縄おきなわ本島ほんとう全域ぜんいき特攻とっこう訓練くんれん実施じっしされることになる。

さらに、今後こんご青森あおもり福島ふくしま秋田あきた新潟にいがた群馬ぐんま長野ながの静岡しずおか和歌山わかやま徳島とくしま愛媛えひめ熊本くまもとなど全国ぜんこく各地かくち訓練くんれんおこない、いつ墜落ついらくするかドキドキの椅子いすりゲームならぬ墜落ついらくゲームを展開てんかいする予定よていである。

特攻とっこう以外いがい攻撃こうげき手段しゅだん[編集へんしゅう]

V-22は、特攻とっこう以外いがいにも以下いかのような攻撃こうげき手段しゅだんそなえている。

高熱こうねつ攻撃こうげき

エンジン排気はいきこうから高熱こうねつ排気はいき放出ほうしゅつすることにより、付近ふきん草木くさきとう引火いんかして火災かさいこす攻撃こうげき手段しゅだん。 この攻撃こうげき方法ほうほう訓練くんれんは、2009ねん5がつ27にちと2013ねん6がつ21にちに、ノースカロライナにおいて実施じっしされた。とくに2013ねん訓練くんれんいきおいがつよすぎて機体きたいごとえるほどはげしいものであった。MV-22の沖縄おきなわ配備はいびは、おも北部ほくぶ訓練くんれんじょうにおいて訓練くんれんおこなわれる予定よてい

風圧ふうあつ攻撃こうげき

強烈きょうれつ下降かこう気流きりゅう(ダウンウォッシュ)によって、機体きたい下方かほうにいるひとぶつばす攻撃こうげき手段しゅだん。 この攻撃こうげき方法ほうほうは2010ねん6がつ1にちニューヨークおこなわれた航空こうくうショーで披露ひろうされた。航空こうくうショーでは、V-22は公園こうえん樹木じゅもくをへしり、観客かんきゃく10にん負傷ふしょうさせるなど、攻撃こうげき性能せいのうたかさを遺憾いかんなく発揮はっきしてみせた。MV-22の沖縄おきなわ配備はいびは、おも一般いっぱんどう着陸ちゃくりくたい近接きんせつしている北部ほくぶ訓練くんれんじょう中部ちゅうぶ訓練くんれんじょうにおいて訓練くんれんおこなわれる予定よてい

なお、この攻撃こうげきもっと有効ゆうこうなのは変態へんたい編隊へんたい飛行ひこう友軍ゆうぐんである。

音波おんぱ攻撃こうげき

騒音そうおんによって会話かいわ妨害ぼうがい不眠ふみんなどをこし、戦闘せんとう意欲いよくうしなわせる攻撃こうげき手段しゅだんべい国防省こくぼうしょうは、MV-22の騒音そうおんについて、現行げんこう機種きしゅであるCH-46と比較ひかくして飛行ひこうちゅうすべての領域りょういきでよりしずかであるとして、離着陸りちゃくりくには現行げんこう機種きしゅよりも騒音そうおんはげしくなりこの攻撃こうげき方法ほうほう有効ゆうこうであることを発表はっぴょうしている。

また、V-22はてい周波しゅうはおん使用しようした攻撃こうげき機能きのうそなえている。てい周波しゅうはおんみみにはこえないが、まど家具かぐ共鳴きょうめいこしたり、「あたまおもい」「イライラする」といった不定ふてい愁訴しゅうそ原因げんいんとして健康けんこう被害ひがいしょうじさせたりするもので、騒音そうおん以上いじょう攻撃こうげき効果こうかげることが期待きたいされている。

プロペラ攻撃こうげき

固定こていつばさモードで着陸ちゃくりくするさいに、プロペラをはずして投下とうかする攻撃こうげき手段しゅだん。この機能きのうにより、まんいちてき攻撃こうげきなどでエンジンが停止ていしして緊急きんきゅう着陸ちゃくりくしなければならない場合ばあいでも、はずしたプロペラでてき陣地じんち攻撃こうげきすることが可能かのうとなる。

脚注きゃくちゅう[編集へんしゅう]

  1. ^ アメリカの国教こっきょう自殺じさつかたきんじているキリスト教きりすときょうなので、特攻とっこうした兵士へいし名誉めいよのためあくまでも「事故じこ」としてあつかうこととしている。そしてそれがそのまま翻訳ほんやくされて報道ほうどうされることで、一部いちぶ日本人にっぽんじん誤解ごかいするようになる。

関連かんれん項目こうもく[編集へんしゅう]