カラマーゾフの兄弟きょうだい

出典しゅってん: へっぽこ実験じっけんウィキ『はち百科ひゃっか事典じてん(アンサイクロペディア)』
移動いどうさき: 案内あんない検索けんさく
Wikipedia
ユーモア欠落けつらくしょう患者かんじゃのために、ウィキペディア専門せんもん気取きどたちが「カラマーゾフの兄弟きょうだい」の項目こうもく執筆しっぴつしています。

カラマーゾフの兄弟きょうだい』(Братья Карамазовы)は1879ねんから現在げんざいまで開発かいはつこくであるロシア中心ちゅうしん世界中せかいじゅう使用しようされている鈍器どんき

殺人さつじんてき重量じゅうりょう

概要がいよう[編集へんしゅう]

分冊ぶんさつばんたか殺傷さっしょうりょくつ(写真しゃしん日本にっぽんせい)

戦争せんそう平和へいわせるたましいなどの重量じゅうりょうがた鈍器どんき制作せいさく定評ていひょうのあるロシアにおいて、もと死刑しけいしゅうフョードル・ドストエフスキー(1821-1881)によって、およそ30ねん歳月さいげつついやし開発かいはつされた。

圧倒あっとうするその重量じゅうりょうはまさに「世界せかい屈指くっしめい鈍器どんき」とばれるに相応ふさわしい殺傷さっしょうせいつ。 開発かいはつからすう世紀せいきったいまでもなお熱狂ねっきょうてきなファンがおおく、様々さまざまくに製造せいぞうされつづけている。 また世界中せかいじゅう手軽てがる購入こうにゅうすることが可能かのうなので、銃刀じゅうとうほうなどで拳銃けんじゅう所持しょじできない日本にっぽんなどでは護身ごしんようとして本棚ほんだなとうそなえられている。

構造こうぞう[編集へんしゅう]

使用しようされるくに時代じだいによって非常ひじょう様々さまざまなバージョンが存在そんざいするが、直方体ちょくほうたい全長ぜんちょう30cm程度ていどもの一般いっぱんてき側面そくめんには丈夫じょうぶ厚紙あつがみ補強ほきょうがしてあり、耐久たいきゅうせいたかい。刺繍ししゅういとでブランド・マークが刻印こくいんされているものおおい。 また現在げんざい全長ぜんちょう15cmほど小型こがたばん普及ふきゅういちじるしい。大体だいたいのものが2〜4さつ分解ぶんかいされて使用しようされている。この小型こがたばん側面そくめん厚紙あつがみ使用しようしていないため、よくしなり、ろしたさいのうあたえる衝撃しょうげき大型おおがたのものにおとらない。新訳しんやくブームにって、ふかかんがえずにこの兵器へいき自分じぶんあたまためしたものには、壮絶そうぜつっている。

使用しようほう[編集へんしゅう]

近接きんせつ戦闘せんとう使用しようすることが一般いっぱんてきてき頭上ずじょうから一気いっきろし、頭蓋とうがいくだく。げて使用しようすることもでき、その場合ばあい有効ゆうこう射程しゃていは10m前後ぜんご。いずれの方法ほうほうでもたかいダメージをあたえることができる。 水気みずけ火気かきにはよわいので保管ほかんには十分じゅうぶん注意ちゅういする必要ひつようがある。 極限きょくげん状態じょうたいにあるときに使用しようすることもっとこのましいとされており、哲学てつがくしゃルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン従軍じゅうぐん実際じっさい使用しようしたはなし有名ゆうめい。 また受験じゅけんという過酷かこく戦場せんじょういた東大とうだいせいにもすすめられている。

かくされた機能きのう[編集へんしゅう]

あまりられてはいないが、じつはこの鈍器どんきほんとしてこと可能かのうである。 内容ないようXXXXXXXXXX鈍器どんき撲殺ぼくさつする物語ものがたりであり、本来ほんらい武器ぶきとしての役割やくわりとリンクしているところがなんともにくらしい。 なぜほんとして認知にんちされていないのかは、まず武器ぶきとして優秀ゆうしゅうぎること、それと読了どくりょうするまでに時間じかんがかかりすぎ、結果けっか挫折ざせつしてしまう人間にんげんがほとんどだからだろう。

名品めいひん[編集へんしゅう]

開発かいはつしゃフョードル・ドストエフスキー鈍器どんき開発かいはつでは世界一せかいいちとのごえたかい。かれのこした五大ごだい名品めいひんはカラマーゾフをのぞくと以下いかとおり。

  • つみばっ…カラマーゾフよりいくらかかるく、もっとはいりやすい。おのようにして使用しようするのがもっともポピュラー。貧乏びんぼう学生がくせいでも老婆ろうば程度ていどなら一発いっぱつ
  • 白痴はくち日本にっぽんでも久々ひさびさ新型しんがた登場とうじょう人気にんきおとろえない。鈍器どんきとしても有効ゆうこうだが、かく部分ぶぶん相手あいてすことでナイフのよう使用しようすることも可能かのうねらわれたら癲癇てんかん発作ほっさこすなどしてのがれよう。
  • 悪霊あくりょう (小説しょうせつ)大量たいりょう殺戮さつりくよう製造せいぞうされた問題もんだいさく使用しよう虚無きょむつつまれうっかり自殺じさつしてしまう使用しようしゃ多発たはつした。よっぽどメンタルに自信じしんのないかぎ使用しようひかえたほうい。
  • 未成年みせいねんすこ入手にゅうしゅしづらく、使用しようしゃおおくはいがなが使用しようできる魅力みりょくのある武器ぶき親子おやこ喧嘩けんか最適さいてき