グラハムすう

出典しゅってん: へっぽこ実験じっけんウィキ『はち百科ひゃっか事典じてん(アンサイクロペディア)』
移動いどうさき: 案内あんない検索けんさく

グラハムすう( - すう)は、それなりにおおきな数字すうじ

Wikipedia
ユーモア欠落けつらくしょう患者かんじゃのために、ウィキペディア専門せんもん気取きどたちが「グラハムすう」の項目こうもく執筆しっぴつしています。

概要がいよう[編集へんしゅう]

ウィキペディア参照さんしょうすると、「たんなる巨大きょだい以外いがい意味いみのある考察こうさつ対象たいしょうとなったことがある最大さいだいかず」とある。しかし実際じっさいには、一部いちぶのマニアックな数学すうがくしゃのぞき、たんなる巨大きょだいさを問題もんだいとしていることがおおい。

さらにウィキペディアから引用いんようすると、このかず

定理ていり「n次元じげんちょう立方体りっぽうたいの2^n頂点ちょうてんのそれぞれをおたがいにすべせんむすぶ。つぎに2しょくいろもちいて連結れんけつしたせんをいずれかのいろける。このときnが充分じゅうぶんおおきければ、どんなかたをしても、どういち平面へいめんじょうにあるよんてんでそれらをむすせんすべ同一どういついろであるものが存在そんざいする。」

かい上限じょうげんとのことである。しかしおどろくべきことに、この下限かげんは11であるということまでしかかっていない。つまり

11 < 上記じょうき定理ていりかい < 人類じんるい考察こうさつした最大さいだいかず

という不等式ふとうしきつ。上限じょうげんしめされたというものの、それよりおおきな数字すうじ人類じんるい認識にんしきそとであるから、ここでグラハムすうとほぼ同義どうぎである。同時どうじ上記じょうき定理ていりかいはまったく未知みちであるにひとしい。

数学すうがくてき性質せいしつ[編集へんしゅう]

ウィキペディアをると、そのおおきさの説明せつめい終始しゅうしして数学すうがくてき性質せいしつ説明せつめいしていない。しかし現在げんざい以下いか性質せいしつかっている。

  • 2,4,5,6,7,8,ではれない。
  • グラハムすう自体じたいのぞ最大さいだいせい約数やくすうは、グラハムすうのちょうど3ぶんの1のかずである。

ただしい表記ひょうき[編集へんしゅう]

専門せんもん気取きどりたちが執筆しっぴつするウィキペディアにおいて、グラハムすうはタイトルにも本文ほんぶんちゅうにもただしい表記ひょうきがまったくられない。そればかりか、Gというわけからない記号きごう使つかって誤魔化ごまか以外いがいに、グラハムすう数学すうがくてき表記ひょうきしようともしていない。

だが我々われわれは、このグラハムすう完璧かんぺき表記ひょうきするじゅつ心得こころえている。すなわち、1=2定理ていりもちいると、以下いかのように記述きじゅつすることができる。

グラハムすう = 1



・・・なにぃ?1=2定理ていりもちいないで表記ひょうきしてしいだぁ?

しょうがねぇなぁ(悟空ごくう)。ウィキペディアにもかれてねぇからよーくてろよ?

なんだんかさねかって?自分じぶんかぞえろ。64だん

関連かんれん項目こうもく[編集へんしゅう]