サン

出典しゅってん: へっぽこ実験じっけんウィキ『はち百科ひゃっか事典じてん(アンサイクロペディア)』
移動いどうさき: 案内あんない検索けんさく
「(かぁぁぁっ)まだうか!人間にんげん指図さしずけぬ!」
アシタカ について、サン
「其方は、うつくしい…」
サン について、アシタカ

サン(さん、さん)とは、歴史れきしもとにしたスタジオジブリアニメ映画えいがであるもののけひめヒロイン

概要がいよう[編集へんしゅう]

初対面しょたいめんのアシタカに猛烈もうれつ拒否きょひ反応はんのうしめすサンと同様どうよう反応はんのうせる念力ねんりき発動はつどうちゅうのナウシカ。

サンは、室町むろまち時代ときよのとある山奥やまおく生息せいそくしていた自称じしょう山犬やまいぬ人間にんげんである。室町むろまち時代じだい誕生たんじょうし、山犬やまいぬのモロ(しょ)にそだてられた。もと祭壇さいだんであったいわ隙間すきま住処すみかとし、たたらじょうにいるエボシ(烏帽子えぼし)にてきしんいだく。その最中さいちゅう、アシタカ(あしたか)に出会であい、かれたいしては、ひそかな恋心こいごころいだく(「もののけひめ」は、アシタカの成長せいちょうえが映画えいがでもあり、サンはそのヒロインである)。

かわせいらしき薄茶うすちゃしょくくつき、まるいおめんけている。紺色こんいろのしたうすぬの羽織はおり、そのうえ山犬やまいぬ毛皮けがわていて飲食いんしょくするものはおもにく

またサンはツンデレ少女しょうじょであり、とくにアシタカにたいするせっかたでそのツンデレが顕著けんちょあらわれた。最初さいしょ出会であったときかくしのため、「れ!」と怒鳴どなったが、最後さいごにアシタカに「…きだ///」と告白こくはくした。この一部始終いちぶしじゅうは、確認かくにんされているなか日本にっぽん史上しじょうはじめてのツンデレとされている。サンがツンデレだとったアシタカは、たま小刀こがたなをあげるさいにそれがカヤ(アシタカがんでいたむら少女しょうじょ)からもらったおまもりであることをあえてわなかった。アシタカ、だいいち夫人ふじんのカヤにサンとの関係かんけいったほうがいいぜ。あとでおこられるよりマシだ

サンはアルファベットで「San」とかれるが、英語えいごけんでは「Son」と表記ひょうきされる。その理由りゆうとして「San」は聖人せいじんという意味いみがあり、これは野蛮やばんなサンにはてはまらないので、おとこっぽいということで「Son(息子むすこ)」とくことになったわけである。また「Sun(太陽たいよう)」という表記ひょうきられている。これは平塚ひらつか雷鳥らいちょうの「元始げんしおんな太陽たいようであった」というコメントによる。海外かいがいとらえた日本にっぽん文化ぶんか見方みかたあやまった結果けっかである。

物語ものがたり[編集へんしゅう]

サンの記録きろく思春期ししゅんきまでしかないので、そこまでのサンにかんする事項じこうくわしく記述きじゅつする。

spoiler
spoiler

警告けいこく以下いか文章ぶんしょうにはネタバレ、いわゆるスポイラーがふくまれています。これにより記事きじはより空気くうき力学りきがくてき洗練せんれんされ、その結果けっかとしてより高速こうそく疾走しっそうできるようになります。

もしあなたが、 映画えいが監督かんとくになったトトが故郷こきょうにある映画えいがかん解体かいたいたりにすることや、 ルークとレイアひめ双子ふたごだったことや、 大阪おおさかじん火星かせいじんもの破壊はかいするといううわさながれたことや、 生前せいぜんのキャスパーは美少年びしょうねんだったことや、 ウィルはフライング・ダッチマンごうあらたな船長せんちょうになることや、 キャプテン・マーベルのてきはスクラルじんではなくクリーであることや、 ロボコップにはオムニしゃ命令めいれいには絶対ぜったいてきさからえないプロテクトがかかっていることや、 七原しちはらあき也と中川なかがわ典子のりこアフガニスタン亡命ぼうめいすることや、 弾丸だんがんライナーの正体しょうたい不明ふめいのままわることや、 犯人はんにんだい富豪ふごう息子むすこ誘拐ゆうかいしようとして間違まちがえたことや、 矢立やたてはじめなかひとはいないことをらないのであれば、充分じゅうぶん注意ちゅういして、ポップコーンを手放てばなさないようにしてください。

まれ[編集へんしゅう]

室町むろまち時代じだいのあるあかぼうれた夫婦ふうふが、モロというおおきな山犬やまいぬくわし、自分じぶんたちいのちあやぶまれた。そこで夫婦ふうふったあかぼうをそのモロにプレゼントして、そのからとんずらした。モロはあわれにおもい、そのあかぼう大切たいせつそだてた。それがサンである。サンの由来ゆらいは、モロの3とう子供こどもからているというせつがある。そのためか、サンのかおにはあか三角さんかくずみが3つある。

問題もんだい[編集へんしゅう]

成長せいちょうしていったサンであったが、母親ははおやのモロやその息子むすこたち人間にんげんにくんでいるように、自分じぶん人間にんげんにくむようになった。それは自分じぶんにくんでいることになり、サンの「自分じぶん山犬やまいぬである」という勘違かんちが起因きいんして、矛盾むじゅんしょうじさせた。モロはサンのことを「人間にんげんにもなれず、山犬やまいぬにもなりきれない」とっているが、それは矛盾むじゅん回避かいひさせるため打開だかいさくである。

アシタカとの出会であ[編集へんしゅう]

エボシとのたたかいのなか、サンは河岸かわぎし青年せいねんアシタカに出会であった。としちか男性だんせいってはなすのははじめてで、サンは極度きょくど緊張きんちょうのあまり「れ!」とってしまった。また、たたらじょうでの度目どめ出会であいでは、アシタカがたたらじょう女性じょせいかられられていたことでやきもちし、刃物はものりにかかったり、うでみついたりと、相変あいかわらず二人ふたり関係かんけい進展しんてんしない。

しかし、シシガミ四肢ししかみ)のおかげもあって屋根やねした一緒いっしょばんかすことができ、てるあいだにキスをしたり、検閲けんえつにより削除さくじょなこともやらかした。

さん度目どめ出会であいでは、アシタカからもらった小刀こがたなでさしてしまうというトラブルもあったが、わかぎわでやっと告白こくはくすることができたのである。モロやシシしんくなったが、「いにく」とアシタカにわれて、とてもうれしかったらしく、かた表情ひょうじょうからみがこぼれた。

備考びこう[編集へんしゅう]

サンとアシタカの関係かんけい表現ひょうげんした楽曲がっきょくに「アシタカとサン」がある(そのまんまだなォィ)。

脚注きゃくちゅう[編集へんしゅう]


関連かんれん項目こうもく[編集へんしゅう]

Wikipedia
ユーモア欠落けつらくしょう患者かんじゃのために、ウィキペディア専門せんもん気取きどたちが「サン」の項目こうもく執筆しっぴつしています。
Pixiv
同人どうじんマニアのために、ピクシブ百科ひゃっか事典じてんでは同人どうじんゴロとその愉快ゆかい仲間なかまたちが「サン(もののけひめ)」の記事きじ執筆しっぴつしています。