ステロイド・バルス療法りょうほう

出典しゅってん: へっぽこ実験じっけんウィキ『はち百科ひゃっか事典じてん(アンサイクロペディア)』
移動いどうさき: 案内あんない検索けんさく
この記事きじには冗長じょうちょうせい不足ふそくしています。
改善かいぜんには十分じゅうぶんなメモリーとブロードバンド回線かいせんおおきなディスプレイあい必要ひつようです。
アンサイクロペディアほう
熟読じゅくどくしたうえで、分量ぶんりょうやしてください。
Wikipedia
ウィキペディア専門せんもん気取きどりたちも「バルス療法りょうほう」については執筆しっぴつ躊躇ちゅうちょしています。そのような快挙かいきょ手際てぎわよくやりおおせたことは、われらのほこりです。

ステロイド・バルス療法りょうほう( - りょうほう)とは、大量たいりょうぴーを、ときどきんでぴーになることによる治療ちりょう方法ほうほう

概要がいよう[編集へんしゅう]

おも自己じこ免疫めんえき疾患しっかん血液けつえき疾患しっかんでは、副腎ふくじん皮質ひしつステロイドを内服ないふく注射ちゅうしゃして治療ちりょうすることがおおいが、実際じっさいには効力こうりょく不十分ふじゅうぶん場合ばあいおおい。

すじしょう無重力むじゅうりょくしょうは、大槻おおつきケンヂのようになった患者かんじゃ重力じゅうりょくはんして地球ちきゅうからはなれていく病気びょうきであり、しばしば窒息ちっそくからにいたる場合ばあいがある。空中くうちゅうんでった患者かんじゃひろあつめるのも非常ひじょうむずかしい。

かつては手術しゅじゅつによって結石けっせきのぞ治療ちりょうおこなわれたが、患者かんじゃ固定こていむずかしく、手術しゅじゅつしつ上下じょうげさかさまにするなどの方法ほうほうおこなわれたが危険きけんともなった。

ステロイドバルス療法りょうほうでは、大量たいりょうぴーによって病気びょうき原因げんいんとなっている飛行ひこうせき体外たいがいし、すじしょう無重力むじゅうりょくしょうによる死亡しぼうしゃ行方ゆくえ不明ふめいしゃ激減げきげんした。

禁忌きんき[編集へんしゅう]

  • ムスカリン作動さどうやく - 視力しりょく障害しょうがいこしたれい多数たすう報告ほうこくされている。

外部がいぶリンク[編集へんしゅう]

Wikipedia
ウィキペディア専門せんもん気取きどりたちによって「バルス (企業きぎょう)」はリダイレクトページになっています。へんなページにばされるので、クリックしても意味いみはありません。