スバル・インプレッサ

出典しゅってん: へっぽこ実験じっけんウィキ『はち百科ひゃっか事典じてん(アンサイクロペディア)』
移動いどうさき: 案内あんない検索けんさく
PeerReview.png
査読さどく依頼いらい

この記事きじ査読さどくもとめられています。
どうかこの記事きじんで、必要ひつようであれば{{Fix}}などの修正しゅうせいけいテンプレートをり、
問題もんだいなければこのテンプレートをがして
編集へんしゅう内容ないよう要約ようやくらんノートページ査読さどく結果けっかいてあげてください。
このテンプレートは --クラッシュ56 (トーク) 2019ねん7がつ24にち (水)すい 12:06 (JST) によってけられました。

Wikipedia
ユーモア欠落けつらくしょう患者かんじゃのために、ウィキペディア専門せんもん気取きどたちが「スバル・インプレッサ」の項目こうもく執筆しっぴつしています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画どうが中毒ちゅうどく患者かんじゃのために、ニコニコだい百科ひゃっかではニコくりやたちがおかねをかけてまで「スバル・インプレッサ」の項目こうもく執筆しっぴつしてくれています。

スバル・インプレッサ(すばる・いんぷれっさ、IMPREZA)とは、SUBARU開発かいはつ生産せいさん販売はんばいしているくるまがたラリーよう決戦けっせん兵器へいきけん豆腐とうふ配達はいたつ車両しゃりょうである。兵器へいき宣伝せんでんCMにはよくポルノグラフィティきょく採用さいようしている(リンクA New Day使用しよう)。

概要がいよう[編集へんしゅう]

スバルの陳腐ちんぷ偉大いだいなスタンダードモデル・レオーネ後継こうけいしゃとして1992ねんデビューした。その当時とうじレガシィ世界せかいラリー選手権せんしゅけん出場しゅつじょうしていたが、そのわりによく1993ねんインプレッサが出場しゅつじょうしてから面白おもしろいようにちまくって、三菱みつびし・ランサーエボリューションとタイマンをりまくっている。 その力強ちからづよはしりのみなもとは、農道のうどう王者おうじゃサンバーから継承けいしょうされたボディプラットフォームにある。キモオタ用達ようたしであり、たびたび勘違かんちがいしたキモオタドライバーによって端微塵ぱみじん破壊はかいされ、だい暴走ぼうそうのあげくJK上半身じょうはんしん下半身かはんしん分離ぶんりさせられるなど大変たいへん迷惑めいわくこうむっているくるまでもある。ねんのためっておくがインプレッサの事故じこはキモオタが暴走ぼうそうしていただけでくるまい。小学生しょうがくせいれつくるまんだDQNわるいがさい使つかわれたくるまつみい。いい迷惑めいわくである。

歴代れきだいモデル[編集へんしゅう]

初代しょだいGC・GFがた(1992ねん-2000ねん[編集へんしゅう]

冥福めいふくいのりします。(写真しゃしんはGGAがた)
  • 1992ねん、デビュー。このときはただの4ドアセダンと5ドアスポーツワゴンであったが、翌年よくねん世界せかいラリー選手権せんしゅけん出場しゅつじょうしたことから、ラリーカーとしての宿命しゅくめいうこととなる。
  • 1994ねん1がつ伝説でんせつのSTiバージョンのファーストモデル、降臨こうりん。これ以降いこう、とんでも改造かいぞうをノーマルの状態じょうたいでされていくこととなる。
  • 1995ねん、ガードバーやスペアタイヤキャリアをそなえてくるまだかげただけのただのクロカンもどき、「グラベルEX」デビュー。当然とうぜんのことながら、くろ歴史れきしとなった。また、日産にっさん・サニールキノを意識いしきした2ドアクーペの「リトナ」もデビューさせるもこれもかずばず、しかしこのたねのちにWRカーへとだいけする。
  • 1998ねん、サンバー・クラシックの成功せいこうをよくしてかおむかしっぽくした限定げんていしゃ「カサブランカ」を発表はっぴょう発表はっぴょうした時点じてんくろ歴史れきしした。じつはこれをベースにした「カサブランカSTi」が存在そんざいしていた。それはビルシュタインのくるま高長こうちょうサスペンションを採用さいようし、さらに「デザインをそこねないように」という理由りゆうだけでノーマルで前置まえおきインタークーラーを採用さいようしており、その潜在せんざい能力のうりょくはセダンボディのSTiバージョンをもしのぐとんでもない代物しろものだったが、「こんなすごいのかすごくないのかわからないものをだれうんだ?」という理由りゆう販売はんばい早々そうそうられた。しかし、それは手違てちがいで通常つうじょうの「カサブランカ」にじって販売はんばいされたという情報じょうほうもある。

2代目だいめGD・GGがた(2000ねん-2007ねん[編集へんしゅう]

冥福めいふくいのりします。
  • 2000ねん、フルモデルチェンジした。が、かおまるでキモイのでそっぽかれる。
  • 2002ねんかおがひどすぎたのできじゃくった結果けっかなみだになってしまう。それでもスイーツ(笑)とはちがって、自分じぶん(の内面ないめんみがきは当然とうぜんおこなった。
  • 2005ねんかおのひどさにがつりがってたかになる。ここでもスイーツ(笑)ともとはちがって自分じぶん(の内面ないめんみがきをかすことはなかった。

3代目だいめGE・GH・GRがた(2007ねん-2011ねん[編集へんしゅう]

りたくもなかった4ドアのSTiばん
  • 2007ねん、5ドアハッチバックだけになってまれわる。だが、親分おやぶん株主かぶぬしさまトヨタ開発かいはつ干渉かんしょうしまくったのか、3ナンバーになってしまう。しかし、そのピザボディはアメリカや日本にっぽんおこなわれた事故じここしたときの防御ぼうぎょ能力のうりょく試験しけん最高さいこうになった。
  • 2008ねんトヨタとユーザーのあつりょくによって、りたくもなかった4ドアセダン[1]発売はつばいされる。そのも、「アネシス(あねす)」。あねがいる御仁ごじんには不吉ふきつすぎる名前なまえである。その名前なまえのせいかすでにマイナーしゃとなった。アホか。
  • デビューからちょっとたってから、STiバージョンデビュー。そのまえにS-GTなる量産りょうさんがたターボモデルをったファンからはひんしゅくをらいまくった。しかし、WRCでの活躍かつやくけっぱなしのまま、このGRBがたでの活動かつどうはたったの1ねんまくじた。アホか。
  • テレビCMには、妻夫木つまぶきさとし出演しゅつえんしている。
  • 2010ねんりたくもなかったセダンにSTIバージョンを追加ついか。それと同時どうじに、きのなやんでいたNAグレードのテコ入てこいれとして、北米ほくべいれていたクロスオーバーモデル「インプレッサXV」を追加ついか。すぐにくろ歴史れきしになるのがえるまえくろ歴史れきしになった。アホか。

ところで、アホか。ってなんかいった?

4代目だいめGP・GJがた(2011ねん-)[編集へんしゅう]

  • 2011ねん初代しょだいるようなロングライフモデルとなると想定そうていされていたが、想定そうていがい出来事できごときた。なんと、モーターショーではやくも新型しんがたインプレッサが発表はっぴょうされた。しかもデザインがなんだか上側うわがわによっている。
  • こんモデルでは当初とうしょからスポーツハッチバックのインプレッサスポーツとよんドアセダンのインプレッサG4発売はつばいしたが、肝心かんじんのWRブルーマイカの設定せっていがない。
  • エンジンは先代せんだいからはじめたしん世代せだいエンジンFBがた採用さいようしているが、1.6Lと2.0Lなので自動車じどうしゃぜい同額どうがくになった。しかも、ターボの設定せっていがなくなった
  • さら初代しょだいと3代目だいめ見事みごとすべったクロカンふう仕様しようのXVが分家ぶんけとして追加ついかされる予定よていさん度目どめ正直しょうじきか、はたまたことさんるか。
  • フォレスターがちょうふとったため、コンパクトSUVとしてXVを投入とうにゅう初動しょどうはなかなか良好りょうこうさん度目どめ正直しょうじきキタ?
    • そしてスバルはつのハイブリッドしゃとして、XVハイブリッドも投入とうにゅう
  • なお、ってるひととししきわずみんなおながおしたメガネドライバーだったのだが独立どくりつしたWRXにながれた模様もよう
    • というわけでごくフツーのファミリーカーとしておっさんおばさんがっている。

STiバージョンとは[編集へんしゅう]

GDBがたSTI
「オイル交換こうかんはやめにしてくれると有難ありがたいわ。」
インプレッサSTi について、真鍋まなべかず

STiバージョンは、ラリーで三菱みつびし・ランサーエボリューションをたおすためにされたチューンドカーである。事実じじつ初代しょだいのバージョンIIまではSTiのコンプリートカーで、公認こうにん登録とうろくあつかいであった。バージョンIII以降いこうはマルあらためあつかいされずに普通ふつう登録とうろくされるのだが。

初代しょだいGC・GFがた(1994ねん-2000ねん
バージョンVIまで存在そんざいする。このだいのインプレッサはSTiもふく全車ぜんしゃトランスミッションはガラスせい(ガラスのミッション)で、サーキット走行そうこうとかではをつければれないが、ドラッグレースとかであら使つかうとギアがれてしまうので注意ちゅうい必要ひつようである。ぼう豆腐とうふ配達はいたつぶつ漫画まんが親父おやじっているのは、WRX type R STiバージョンVのクーペである。くわえるとこのだいはワゴンもあったがほとんどない。というか筆者ひっしゃたことい。
22B-STI Version
1998ねん3がつ発売はつばい。WRC3連覇れんぱ記念きねんとして400だい限定げんていで500まんえんられたラリーカーの形状けいじょうをしたエアロパーツがりの限定げんていしゃである。ボディがマッチョになって全幅ぜんぷくが1695から1770までふくれあがり、エンジンも2212ccまで排気はいきりょうげられた。そのくせ280馬力ばりきのままであるふざけるなよ国土こくど交通こうつうしょう金玉きんぎょくちいさいことしてるんじゃねぇよ。ちなみに、バージョンIVベースである。
2代目だいめGD・GGがた(2000ねん-2007ねん
2代目だいめSTiバージョンに装着そうちゃくされるエンブレム
トランスミッションがガラスせいの5そくから金属きんぞくせいのがっちりした6そくかわそうされる。ランエボもそうだが、節操せっそうなくかお整形せいけいけている。
ノーマルのSTiのほか、A-LineからC-Lineまで製造せいぞうされ、Aがた陸上りくじょう自衛隊じえいたい、Bがた航空こうくう自衛隊じえいたい、Cがたたい核兵器かくへいき仕様しようとして海上かいじょう自衛隊じえいたい、Fがたたい核兵器かくへいき機構きこう除去じょきょしてジオン公国こうこくぐん宇宙うちゅう突撃とつげきぐん配備はいびされる予定よていだった。しかし、みっつのひしがたのマークの会社かいしゃ中島なかじま飛行機ひこうき時代じだいからつづいているかもしれない対立たいりつくずすまいと、当時とうじ防衛庁ぼうえいちょうかねんで三菱みつびし・パジェロわせた。しかし、ジオン公国こうこくぐんにはFがたがチャンと納入のうにゅうされたが、ガンダム破壊はかいされた。
ちなみに、一般いっぱんてき流通りゅうつうしてしまったCがた気違きちがしょく塗装とそうされていることがある。
3代目だいめGRBがた(2007ねん-2014ねん
3代目だいめSTiバージョンに装着そうちゃくされるエンブレム
WRCレギュレーション改定かいていあおりでとうとう5ドアハッチバックボディとなった。しかし、国土こくど交通省こうつうしょう金玉きんぎょくすこおおきくなったおかげで308馬力ばりきまでパワーががっている。じつはハッチバックになったことでセダン特有とくゆうのトランクというがとれ、さらにそらりょくてきにもセダンより有利ゆうりとなってんだけど(カム理論りろんとか)、インプフリークどもだれ評価ひょうかしない。だが、なさけないことに5そくオートマチックしゃ設定せっていされた。そのオートマチックしゃは2.5リッターターボで、たしかにらくちんであるが、あまりにも軟弱なんじゃくなモデルである。オマケにWRCからも1しょうすることもなくモデルチェンジからたった1ねん撤退てったいしたため、さらに4ドアセダンの復活ふっかつ後述こうじゅつ)でより空気くうきになってしまった。でもノーマルだとノーマルのランエボよりはやいのでちょっとうれしい。
3代目だいめGVBがた (2010ねん-2014ねん
WRCから撤退てったいしたのでハッチバックボディにこだわる必要ひつようがなくなったため、ねてから熱望ねつぼうされてきた4ドアセダンタイプが復活ふっかつした。なにがしたいのかよくわからない。さらにえば後継こうけい後述こうじゅつ)も4ドアセダンいちほんもどったので、ハッチバックがたのGRBはくろ歴史れきし片足かたあしんでいるような状況じょうきょうである。中身なかみはGRBとほぼ同一どういつなので詳細しょうさい割愛かつあいする。当然とうぜんこっちにもオートマしゃがある。
WRX STI A-Line
なさけないことにとうとうSTiにもオートマチックしゃ追加ついかされてしまった。あまりこのくるまのことはきたくもないが、2.5リッター水平すいへい対向たいこう4気筒きとうDOHC16バルブターボ[2]搭載とうさいしており、最高さいこう出力しゅつりょくは300馬力ばりき最大さいだいトルクは35.7kgmであり、トランスミッションは5そくオートマチックである。ミッションがオートマチックなので当然とうぜんのことながらオートマチック限定げんてい免許めんきょでもれる。しかし、スイーツ(笑)ともにはってしくない。似合にあわないから。まぁ、やつらはこういうけいくるまきらいだろうけど。あとパドルシフトがいている。そしてついに4ドアAラインもでてしまった。6MTよりもオトナなプレミアムスポーティグレード。
WRX スペックC
ラリーでために18インチ車両しゃりょうは900だい限定げんてい製造せいぞうされるチートマシンである。17インチ車両しゃりょうは900だいえても製造せいぞうはされるけど、それは競技きょうぎようベース車両しゃりょうなんでエアコンいからなつふゆ地獄じごく。A-Lineとはちがって、たたかうためにつくられた究極きゅうきょくのインプレッサである。その能力のうりょく根源こんげんひとつであるボールベアリングターボをノーマルSTIに移植いしょくしようとディーラーわせたらことわられる。アルミボンネットの流用りゅうよう可能かのうだって。インタークーラーようのウォータースプレーはらん。
4代目だいめVABがた スバル・WRX(2015ねん-)
ついにインプレッサから脱却だっきゃくし、スバル・WRXとして独立どくりつした。まぁ実質じっしつレヴォーグセダンなんだけどね。そもそもいまやインプもレヴォもつく一緒いっしょだしそれでもエンジンは伝統でんとうの“EJ20”がた踏襲とうしゅうしており(STIのみ)、デザインも最近さいきんのスバルらしく洗練せんれんされてるので評価ひょうかたかい。ガチめなユーザーけのWRX STI雰囲気ふんいきだけ(笑)かっこわらいWRX S4があるが、EJ20がまれるのは前者ぜんしゃで、後者こうしゃどころか中身なかみまでもがレヴォーグと同一どういつである。しかしすじはもっぱらS4なのだという。昨今さっこんのスポーツカー市場いちば凋落ちょうらくぶりがれる。

脚注きゃくちゅう[編集へんしゅう]

  1. ^ アメリカではすでていたけど。
  2. ^ ずるいことに輸出ゆしゅつ仕様しようのSTiバージョンはこのエンジンを搭載とうさいしている。どうせせるなら国内こくない仕様しようでも6そくマニュアルとのわせだったらかったとおもっているのは、筆者ひっしゃだけではないはずだ。

関連かんれん項目こうもく[編集へんしゅう]