スペースシャトル

出典しゅってん: へっぽこ実験じっけんウィキ『はち百科ひゃっか事典じてん(アンサイクロペディア)』
移動いどうさき: 案内あんない検索けんさく

スペースシャトル(Space Shuttle)とはアポロ計画けいかく終了しゅうりょうしょくうしない、物思ものおもいにふけNASA職員しょくいんならびに宇宙うちゅう産業さんぎょう従事じゅうじしゃ救済きゅうさいすべくげられた公共こうきょう事業じぎょうプロジェクト、宇宙うちゅう輸送ゆそうシステムオブラートつつんだ通称つうしょう、あるいはその主役しゅやくとなった宇宙船うちゅうせんのことである。

機体きたい概要がいよう[編集へんしゅう]

地球ちきゅうはあおかった。

ひとたびつきにアメリカ国旗こっきいてくることに成功せいこうするとアポロ計画けいかく無駄飯むだめしらいとののしられ、20ごうまでつづけるはずだったのに17ごうりとなってしまった。 これを教訓きょうくんとし、「表面ひょうめん使つかったコピー用紙ようし裏面りめん使つかう」、「お菓子かし地面じめんとしても10びょう以内いないならセーフ」というような、稚児ちごにさえ理解りかいできる「さい使用しようすればやす」というコンセプトのもと設計せっけいされた、飛行機ひこうきのような形状けいじょう宇宙船うちゅうせんである。

この宇宙船うちゅうせん、おおまかにって3つの部分ぶぶんからっており、オレンジの(STS-1とSTS-2だけはオレンジの断熱だんねつざいうえからしろっていたが、おもくなるのとめんどくさくなってめた)外部がいぶ燃料ねんりょうタンク(External Tank, ET)、2ほん白色はくしょく鉛筆えんぴつのような固体こたい燃料ねんりょう補助ほじょロケット(Solid Rocket Boosters, SRB)、および 宇宙うちゅう飛行ひこう貨物かもつ搭載とうさいするオービター(Orbiter)によって構成こうせいされている。

最初さいしょはNASAは全部ぜんぶリサイクルできるようにつくりたかったが、イニシャルコストにこだわった結果けっかめとなった。 SRBは液体えきたい燃料ねんりょうからいち点火てんかしたらまらない固体こたい燃料ねんりょう変更へんこう燃料ねんりょうタンクも外部がいぶ搭載とうさいとなって使つかてとなった。 SRBは20かいリサイクルするはずだが、回収かいしゅう失敗しっぱいして20かい使つかまえうみのそこにしずめたことがある。

オービターはエンタープライズチャレンジャーコロンビアディスカバリーアトランティスという5つの機体きたい建造けんぞうされ、のちに予備よび部品ぶひん在庫ざいこ処分しょぶんセールとしてエンデバー追加ついか建造けんぞうされた。 さい突入とつにゅう発生はっせいする高温こうおんから機体きたいまもたいねつざい日本にっぽんのSetomono(瀬戸物せともの)を使つかうことによりさい使用しよう可能かのうにした。(なお、快適かいてき運行うんこうのため、乗組のりくみいんすわ座席ざせきにはNASA開発かいはつてい反発はんぱつ素材そざい、トゥルースリーパーが使用しようされている。)非常ひじょう安全あんぜんなシステムであり、事故じこかくりつは10まんぶんの1である(これは300年間ねんかん毎日まいにちげても1かいしか致命ちめいてき事故じこ遭遇そうぐうしないという安全あんぜんレベルであり、もちろんいままでに致命ちめいてき事故じここしていない)。さい使用しようにより驚異きょういてきていコスト実現じつげんさせており、一回いっかいあたりの運用うんようコストはやく30おくえん使つかてロケットであるソユーズやく20おくえん(ただし能力のうりょくはシャトルの4ぶんの1)、サターンVのやく500おくえんくらべるといかにすぐれたシステムであるかが理解りかいできよう。、2週間しゅうかん宇宙うちゅう滞在たいざいしたシャトルはつばさにより大気圏たいきけんない滑空かっくうしピンポイントで着陸ちゃくりくする。その整備せいび点検てんけんて160あいだにはふたた発射はっしゃだいけられる。5のローテーションによりいち週間しゅうかんいち宇宙うちゅう定期ていき便びん実現じつげんしたことは使つかがたには出来できない芸当げいとうである。このことにより一部いちぶ人間にんげんかぎられていた宇宙うちゅう体験たいけん一般人いっぱんじんへと解放かいほうされ、1983ねん高校こうこう教師きょうしであるクリスタ・マコーリフ女史じょし民間みんかんじんとしてはつ宇宙うちゅう飛行ひこう達成たっせいしたのを皮切かわきりに、1990年代ねんだいにはシャトルの貨物かもつしつ改造かいぞうした74にんりの宇宙うちゅう観光かんこうようシャトルが就航しゅうこうし、これまでにすうせんにん宇宙うちゅうたびたのしんでいる。

いかにも頑丈がんじょうそうにえるてつふねだが、じつキツツキがつつくだけであな出来できてしまうほどもろ構造こうぞうである。ディスカバリーごう実際じっさいにキツツキに70以上いじょうものあなけられたという事件じけんもある。なぜこれほど脆弱ぜいじゃくなのかというと、コスト削減さくげんのためである。安全あんぜんせい犠牲ぎせいにしても、危険きけんさらされるのは乗員じょういん生命せいめいだけであり、あまり痛手いたでにはならないゆえ、極限きょくげんまで手抜てぬ工事こうじをしてもろつくることができるのである。

シャトルの成果せいか[編集へんしゅう]

これまでにも太陽たいよう発電はつでん衛星えいせいげや、大気圏たいきけん落下らっかしかけた宇宙うちゅうステーション・スカイラブにドッキングし高度こうどげるなど様々さまざまなミッションを成功せいこうさせたシャトルのもっとおおきい功績こうせき国際こくさい宇宙うちゅうステーション・フリーダムの建設けんせつであろう。1987ねんから建設けんせつ開始かいしされるとシャトルの実力じつりょく遺憾いかんなく発揮はっきされ、1994ねんにはほぼ完成かんせいし、じつ使用しよう段階だんかいはいった。そのやく10ねん任務にんむえたフリーダムは2004ねん大気圏たいきけんさい突入とつにゅうきた。今後こんごNASAはフリーダムによる宇宙うちゅう長期ちょうき滞在たいざい経験けいけんかし、シャトル後継こうけいにより月面げつめん基地きち建設けんせつ着工ちゃっこうする予定よていである。

軍事ぐんじミッション[編集へんしゅう]

じつはオンブが大好だいすきなあまえんぼさんでもある。

シャトルの開発かいはつ費用ひよう補助ほじょアメリカ空軍くうぐんがしていたこともあり、その見返みかえりとして当初とうしょからシャトルは軍事ぐんじ利用りようかんがえられた設計せっけいとなっていた。 おおきなつばさとペイロードベイはその要求ようきゅうのひとつである。アメリカ空軍くうぐんすうかいにわたってシャトルをNASAから借入かりいれ、数々かずかず軍事ぐんじミッションを運用うんようしているとられるが真偽しんぎいまだに不明ふめいである。一説いっせつには敵国てきこく軍事ぐんじ衛星えいせい捕獲ほかく地球ちきゅうじょうかえっているだとか、搭載とうさいされたレーザー兵器へいきによる破壊はかい活動かつどうおこなってるとうわさされるがやはり真偽しんぎ不明ふめいである。ロシア測位そくい衛星えいせいもう(GPS)が全滅ぜんめつしてたり、F-15いちもドッグファイトでとされたことがなかったり、北朝鮮きたちょうせんがミサイルを乱射らんしゃしても一発いっぱつ日本にっぽん到達とうたつせず日本海にほんかい落下らっかしたりだとか、そういう様々さまざま事象じしょうかげ軍用ぐんようシャトルの暗躍あんやくありともささやかれているが、くどいようだが真偽しんぎ不明ふめいである。

あと、きょ大人おとなづくり人間にんげんたて使用しようされたりもする。

シャトルが他国たこくあたえた影響えいきょう[編集へんしゅう]

シャトルが人類じんるいえるような様々さまざま素晴すばらしい成果せいかをもたらすのをて、いままで財政ざいせいめん人命じんめい重視じゅうし観点かんてんから宇宙船うちゅうせん開発かいはつあしんでいたほか宇宙うちゅう先進せんしんこくや、シャトルに対抗心たいこうしんやした冷戦れいせん敵国てきこくは8~90年代ねんだい次々つぎつぎとシャトルがた宇宙船うちゅうせん開発かいはつした。その結果けっか開発かいはつされたのがESAのエルメス日本にっぽんヤマト、そしてきゅうソ連それんブラン、である。このようなげる他国たこく危機ききかんいたNASAは技術ぎじゅつてき優位ゆういせいたもつため、シャトルの使つかてられていた部分ぶぶん外部がいぶ燃料ねんりょうタンク)をくし、さらに能力のうりょくを25トンから425トンへと大幅おおはば増強ぞうきょうした段式だんしきスペースフライター完成かんせいさせ、運行うんこうしている。MiG-23形状けいじょうはスペースシャトルにじゅんじている。

ゴメン、おれうそついた。

関連かんれん項目こうもく[編集へんしゅう]

Wikipedia
ユーモア欠落けつらくしょう患者かんじゃのために、ウィキペディア専門せんもん気取きどたちが「スペースシャトル」の項目こうもく執筆しっぴつしています。