タイガーマスク (0だい)

出典しゅってん: へっぽこ実験じっけんウィキ『はち百科ひゃっか事典じてん(アンサイクロペディア)』
移動いどうさき: 案内あんない検索けんさく

タイガーマスクとは、1968ねんから1971ねんにかけて、日本にっぽんプロレス活躍かつやくした覆面ふくめんプロレスラーである。本名ほんみょう伊達だて直人なおと

なお、のちしん日本にっぽんプロレス全日本ぜんにほんプロレスにおいても、同名どうめい覆面ふくめんレスラーが活躍かつやくしており、この日本にっぽんプロレスのタイガーマスクが事実じじつじょう初代しょだいとされる。だが、日本にっぽんプロレスの分裂ぶんれつ騒動そうどうのからみにおいて、このタイガーマスクの功績こうせきかったことにされて、しん日本にっぽんプロレスのタイガーマスク(本名ほんみょう佐山さやまさとし)が初代しょだいとされるのが通例つうれいとなっている。そのため、この日本にっぽんプロレスのタイガーマスクは、便宜上べんぎじょう、0だい表記ひょうきされることおおい。したがってほん記事きじも、それをタイトルとして表記ひょうきした。

前史ぜんし[編集へんしゅう]

タイガーマスクこと伊達だて直人なおとは、孤児こじであったとされる。その極貧ごくひん生活せいかつなか、プロレスラー養成ようせい団体だんたいであるとらあなにスカウトされ、入門にゅうもんする。

とらあな悪役あくやくレスラーせんもん養成ようせい機関きかんとしてられ、したがって伊達だて直人なおと・タイガーマスクのレスラーとしての活躍かつやくも、アメリカのマットかいにおける悪役あくやくレスラーとしてスタートした。アメリカのプロレスにおける日系にっけい悪役あくやくレスラーは、たけみじかいタイツ、ひざて、下駄履げたばきという、いわゆる田吾作たごさくスタイルが定番ていばんであるが、当時とうじおなじスタイルのレスラーは力道山りきどうざんがアメリカにおくんだかおるさとなど、数多かずおお存在そんざいしたため、やむを日本人にっぽんじんということかくし、とら覆面ふくめんをかぶるというスタイルでデビューした。やむをない処置しょちとはいえ、「とらあな」がとら覆面ふくめんをかぶせて伊達だて直人なおとをデビューさせたことからも、おおきな期待きたいせていたことがうかがえる。

日系にっけいじんとしての悪役あくやくレスラーの定番ていばん踏襲とうしゅうできなかったことは、タイガーマスクにとっておおきなハンディとなった。そのため、流血りゅうけつさない残虐ざんぎゃくきわまりいえげつない反則はんそくわざが、タイガーマスクの基本きほんスタイルとなる。アメリカのアンチファンからは、「イエローデビル」(黄色きいろ悪魔あくま)とばれ、こわれられた。

もちろん流血りゅうけつなどは、最初さいしょから相手あいてレスラーがぶくろかくつなどのギミックによるものであり、試合しあいはブック(プロレスの台本だいほん)にのっとっておこなわれていた。しかしある試合しあいにおいて、タイガーマスクの反則はんそくわざあしにバケツをつけてキックをびせる)によって、相手あいてレスラーがしも半身不随はんしんふずい重症じゅうしょううという事件じけん発生はっせいする。もちろんこれは、相手あいてレスラーによる失敗しっぱいもあるのだが、タイガーマスクにも責任せきにんしとはえず、アメリカのマットかい追放ついほうされるにいたる。

日本にっぽんプロレス時代じだい[編集へんしゅう]

そこでとらあなは、タイガーマスクをかれ故国ここくである日本にっぽんのマットかいへとおくこととなる。当時とうじ力道山りきどうざんというエースをうしない、昏迷こんめいきわみにあった日本にっぽんプロレスは、人気にんき悪役あくやくレスラーをだい歓迎かんげいした。だが、アメリカとわらないタイガーマスクの残虐ざんぎゃくプレイは、日本にっぽんではだいブーイングをびることとなった。とくにPTAなど教育きょういく機関きかんは、タイガーマスクをかたきとした。それと同時どうじに、アメリカではこわれられたとら覆面ふくめんも、日本にっぽんでは「カッコいい」「なんであんなカッコいいのに、悪役あくやくなの?」との評判ひょうばんけた。

これをけて日本にっぽんプロレスは、タイガーマスクを悪役あくやくから善玉ぜんだまへと転向てんこうさせること決定けっていした。善玉ぜんだま転向てんこうするにあたっては、「とらあな命令めいれい悪役あくやくレスラーになることいられていたタイガーマスクが、とらあな裏切うらぎって、正義せいぎ味方みかたとなった」という、さながら漫画まんが特撮とくさつヒーロー番組ばんぐみおもわせるようなストーリーが用意よういされた。もちろんこれはプロレスのギミックであり、所属しょぞく団体だんたいであるとらあな了承りょうしょうみであり、タイガーマスクは実際じっさいには依然いぜんとしてとらあな所属しょぞくレスラーであった。裏切うらぎものであるタイガーマスクに、とらあな次々つぎつぎ刺客しかくとして悪役あくやくレスラーをけるという展開てんかいは、当時とうじのプロレスファンのハートをがっちりとつかんだとされる。とらあなにとっても、団体だんたい所属しょぞくレスラーを日本にっぽんのマットかい活躍かつやくさせるおおきなチャンスとなった。もっともタイガーマスクにたいして、毎回まいかいべつのレスラーをけるほどレスラーがありあまっているわけではないため、おなじレスラーがべつ覆面ふくめんこうむって別人べつじんよそおことおおかったようである。タイガーマスクの人気にんき非常ひじょうたかく、かつての力道山りきどうざん匹敵ひってきするともわれ、当時とうじ日本にっぽんプロレスの看板かんばんレスラーである、ジャイアント馬場ばばアントニオ猪木いのきしのぐものとなった。

最期さいご[編集へんしゅう]

だが、とらあなという外部がいぶ団体だんたい所属しょぞくのタイガーマスクの人気にんきは、日本にっぽんプロレスきといえる、ジャイアント馬場ばば、アントニオ猪木いのきりょうエースにとっては、面白おもしろいものではなかった。力道山りきどうざんあと混乱こんらんあいまって、日本にっぽんプロレス内部ないぶでは派閥はばつあらそいが顕著けんちょなものとなっていく。そのみにく人間にんげん関係かんけい嫌気いやけがさして、とうとうタイガーマスクはレスラー引退いんたい決意けついする。どう時期じきにおいてとらあなも、アメリカのマットかいでの不振ふしん所属しょぞく有名ゆうめい選手せんしゅ離脱りだつ相次あいつぎ(日本にっぽんでの人気にんきではおぎなえるものではなかった)、廃業はいぎょう決定けっていしており、両者りょうしゃ利害りがい一致いっちした。かくて1971ねん、タイガーマスクはひっそりとプロレスを引退いんたいする。

日本にっぽんプロレス末期まっき混乱こんらんあいまって、タイガーマスクの引退いんたい試合しあいがどういうものであったかは、現在げんざいいたるも詳細しょうさい不明ふめいである。おどろくべきことに、人気にんきレスラーでありながら、テレビ中継ちゅうけいもされなかったという。

一説いっせつによると、「とらあな」のボスがマスクをこうむった最強さいきょう最後さいご悪役あくやくレスラー「タイガー・ザ・グレート」との決戦けっせんにおいて、マスクがげて伊達だて直人なおととしての素顔すがおさらしてしまう。そこで「とらあなからもらったものをたたきがえしてやる。それでおれ伊達だて直人なおとかえるのだ」と宣言せんげん。グレートを上回うわまわ容赦ようしゃない反則はんそく攻撃こうげきし、ついにはジャイアント馬場ばば、アントニオ猪木いのき制止せいしすら無視むしして、グレートにめをしてしまったという。

もうひとつのせつとしては、ドリー・ファンク・ジュニアとの世界せかいタイトルマッチ(真剣しんけん勝負しょうぶ)が実現じつげんするが、ジュニアはくるまぎれの反則はんそくけにもちこみタイトル奪取だっしゅならず。タイガーマスクはそれで嫌気いやけがさして、失踪しっそうしてしまったともいう。

前者ぜんしゃせつはあまりに漫画まんがてき後者こうしゃせつはタイガーマスクがプロレスに嫌気いやけがさしたという事情じじょう生々なまなましすぎるほど反映はんえいしており、双方そうほうとも事実じじつかどうかはうたがわしい。実際じっさいにはこのりょうせつなかあいだあたりであったであろうと、われている。

その[編集へんしゅう]

タイガーマスク引退いんたいも、ジャイアント馬場ばば、アントニオ猪木いのきらの確執かくしつふかまる一方いっぽうであり、ついに1972ねん、アントニオ猪木いのき日本にっぽんプロレスを脱退だったいし、しん日本にっぽんプロレスを設立せつりつするにいたる。つづいてジャイアント馬場ばば脱退だったいして全日本ぜんにほんプロレスを設立せつりつ。こうして日本にっぽんプロレスは崩壊ほうかいいたる。

そのしん日本にっぽんプロレスは佐山さやまさとしを「初代しょだい・タイガーマスク」としてデビューさせる。こうして本当ほんとう意味いみ初代しょだいであった伊達だて直人なおとのタイガーマスクは、やみほうむられることとなった。

関連かんれん項目こうもく[編集へんしゅう]


この項目こうもくタイガーマスク」は、執筆しっぴつしゃがクラックをキメていた可能かのうせいもありますが、いまはまだクソのやまです。より愉快ゆかいにしてくださる協力きょうりょくしゃもとめています。さぁ、これをているあなたも、ずかしがらずにんでみよう! (Portal:スタブ)