ダイダラボッチ

出典しゅってん: へっぽこ実験じっけんウィキ『はち百科ひゃっか事典じてん(アンサイクロペディア)』
移動いどうさき: 案内あんない検索けんさく
Wikipedia
ユーモア欠落けつらくしょう患者かんじゃのために、ウィキペディア専門せんもん気取きどたちが「ダイダラボッチ」の項目こうもく執筆しっぴつしています。

ダイダラボッチ、もしくはデイダラボッチディダラボッチとは、もののけひめ登場とうじょう人物じんぶつ。たまに田植たうえの真似まねをして海苔のりつくる。

生態せいたい[編集へんしゅう]

自分じぶんけられた「シシしんもり」に生息せいそくし、ひるなどのひとれる普段ふだん時間じかんたいシシしんとして鹿しかなどの動物どうぶつ擬態ぎたいしている。しかしよるになると巨大きょだいし、もりをパトロールする。コダマはシシしんあらわれるところを予測よそくして出現しゅつげんする。なまつかさどかみで、自分じぶんちから生物せいぶつゆずることができる。そのため、2代目だいめ自分じぶん意志いしぬことができなくなる。

サン・アシタカとの出会であ[編集へんしゅう]

つまらない日々ひびおくっていたダイダラボッチはある、シカにまたがる少年しょうねんアシタカをつける。人間にんげん自分じぶんちからいだことにおどろきながらも、自分じぶんいのちわりにちかいことをさとってかれ後継こうけいしゃとする。なまあたえるシシしん我々われわれ一族いちぞく畏敬いけい対象たいしょうであるとモロのおしえこみがあったために、アシタカとサンはダイダラボッチやシシしんもり全力ぜんりょくまもろうと努力どりょくする。ナゴのかみ乙事おっことぬしりょう自分じぶんのちからをあたえたことで弱体じゃくたいしていたためこれをありがたくおもい、森林しんりんパトロールをおろかにしてしまった。

かみごろしのせまるなか、乙事おっことぬしがタタリしんする。のないちからるのみ!ダイソン(ダイダラボッチ)は自分じぶんのちからをもどした。ちょっと回復かいふくしたものつか。エボシ御前ごぜんたれ、くびぬすまれるはめに。

そして…[編集へんしゅう]

アシタカが後継こうけいしゃとして自分じぶん役目やくめをついでくれるように、わざとくびをゆっくりった。あざがあることを乙事おっことぬしやモロ、サンのまえにしていたことをさっしてあざうすくすることにした。サンにあざのことをつたえるため、くびかえされるときだけ一瞬いっしゅんくしたが...

結局けっきょく朝日あさひわずダイダラボッチはほろびることになった。あたらしく誕生たんじょうしたかみのこれからをいわって。

脚注きゃくちゅう[編集へんしゅう]

現在げんざいでは「シシしん」という言葉ことばまでわれなくなり、「もののけひめもり」というになってしまった。


関連かんれん項目こうもく[編集へんしゅう]

Wikipedia
ユーモア欠落けつらくしょう患者かんじゃのために、ウィキペディア専門せんもん気取きどたちが「もののけひめ」の項目こうもく執筆しっぴつしています。


死ねっ! はっはっは!ろ、「ダイダラボッチ」がゴミのようだ!! きみのアホ記事きじには、心底しんそこうんざりさせられる。いますぐ加筆かひつして、このわたし満足まんぞくさせてくれたまえ。さん分間ふんかんってやる! (Portal:スタブ)