ダイハツ・ムーヴ

出典しゅってん: へっぽこ実験じっけんウィキ『はち百科ひゃっか事典じてん(アンサイクロペディア)』
移動いどうさき: 案内あんない検索けんさく
このダイハツ・ムーヴ一応いちおう馬鹿ばかにはなっていますが、文章ぶんしょう構成こうせいなどへんなところがたくさんあります。
はやりっぱな馬鹿ばかしちゃってください。
Wikipedia
ユーモア欠落けつらくしょう患者かんじゃのために、ウィキペディア専門せんもん気取きどたちが「ダイハツ・ムーヴ」の項目こうもく執筆しっぴつしています。

ムーヴ {MOVE えい:(どう)うごく} は、かるナンバーワンを自称じしょうするダイハツ工業だいはつこうぎょう生産せいさんする、うごくハコである。かつてはにんだった兄弟きょうだいは、気付きづけば4にん兄弟きょうだいになっていた。

うご歴史れきし[編集へんしゅう]

うご初代しょだい(1995ねん - 1998ねん[編集へんしゅう]

1995ねん8がつ25にち、どうしてもDQN R対抗たいこうしたかったダイハツは、対抗たいこうとしてこれを開発かいはつした。対抗たいこうのDQN Rとはちがって、全車ぜんしゃ5ドアけいトールワゴンで、発売はつばい当初とうしょからノーマルとカスタムを用意よういしていたが、最初さいしょのデザインはなんともえないものだった。

エンジンは、エアコンを装備そうびするためだけにわく拡張かくちょうされた660ccにわせて659ccの直列ちょくれつ3気筒きとうエンジンを搭載とうさいはい搭載とうさいモデルには、直列ちょくれつ4気筒きとうエンジン(ただ耐久たいきゅうせい検閲けんえつにより削除さくじょ)を搭載とうさいしていた。

Nemurineko.jpg このふしこうとしたひと途中とちゅうてしまいました。
こう適当てきとう頑張がんばってください。(Portal:スタブ)

うごく2代目だいめ(1998ねん - 2002ねん[編集へんしゅう]

1998ねん10がつ6にち軽自動車けいじどうしゃ規格きかく改定かいていされたためにわざわざモデルチェンジ。それでもなお、地味じみノーマルとカスタムを設定せってい。ここではじめて「伝統でんとう」とわれるまる採用さいようされた。開発かいはつちゅうはまだ20世紀せいきだったため、カローシられたような劇的げきてき形状けいじょう変化へんかられない。

エクステリアは、何気なにげなく宇治うじあーろひきいるイタルデザインに○げしたが、なんとなく当時とうじミラバンかおをしているが、そこそこれたのでよしとしているが、大半たいはんはカスタムだった。

くるまだかひくく、カーオーディオにとくした「エアロダウンカスタム」という車種しゃしゅ登場とうじょうしたのもこのころ発売はつばい当時とうじさかんに「(DQN御用達ごようたしでも)ええじゃないか~♪」というCMが放映ほうえいされた。

そしてムーヴとははじめてうみわたったのもこのうごく2代目だいめである。

Nemurineko.jpg このふしこうとしたひと途中とちゅうてしまいました。
こう適当てきとう頑張がんばってください。(Portal:スタブ)

うごく3代目だいめ(2002ねん - 2006ねん[編集へんしゅう]

2002ねん10がつ15にち、カジュアルで上質じょうしつうたったうち外装がいそうデザインを無印むじるしでは採用さいようしたが、カスタムでは相変あいかわらず歴史れきしかんじるまるめデザインをふしゅうして、地味じみ販売はんばい台数だいすうばした。カスタムではテールランプを地味じみにクリアにしてみたり、新型しんがたプラットホームを使つかってみたりといろいろなこころみをしてみたが、やはり DQN-R生産せいさん台数だいすうにはかなわなかった。

また、3代目だいめからはうご派生はせいしゃ販売はんばい開始かいしした。そのなも「ムーヴラテ。なぜラテとつけたかとうと、広報こうほう勝手かってつくった「大発だいはつ珈琲こーひーてん計画けいかく(Dihatsu Cafe Project)」にしたがうようにはら開発かいはつ担当たんとうしゃけたからというのはちまたうわさぎないが、ただたんわせたかったというのはあるとおもわれる。 ラテいまは、ミラジーのSonic car後継こうけいとなるといわれていだだけミラココア販売はんばいされている。オプションとかをけていくと微笑ほほえむプレミアムになる。

うごく4代目だいめ(2006ねん - 2010ねん[編集へんしゅう]

MCのちもっと標準ひょうじゅんしゃがイケメンになったのがうごく3代目だいめである。カスタムは前期ぜんきのがかっこよかったというのは筆者ひっしゃ個人こじんてき感想かんそうだろうか。いずれにしてもエクステリアデザインはダイハツにあったくるまのなかでもっともかっこよかったとおもう。あのくるまにこのくるまかお移植いしょくするファンもいるほど。

また、このだいからはくるまきに人気にんき全然ぜんぜんないセンターメーターを搭載とうさいして輸出ゆしゅつそなえたが、ヨーロッパ一部いちぶにしか輸出ゆしゅつしていないため、べつにセンターメーターにする必要ひつようはなかったのではないだろうか。昨今さっこんではその鬱陶うっとう邪魔じゃまさから若者わかものはここにとらかわ合成ごうせい)やねこかわ合成ごうせい)をいて車両しゃりょう火災かさいこそうとしたり、ガチャガチャならべまくってメーターをかくしてはしっている。

そしてこのだいをベースにしたカクカクシカジカ四角しかくネイキッド形態けいたいIIがたばれているコンテ発売はつばいした。地味じみ水色みずいろ一番いちばん人気にんきであるが、このくるまはダイハツのなかでもっともインテリアが秀逸しゅういつである(ただしカスタムにかぎ)。

うごく5代目だいめ(2010ねん - )[編集へんしゅう]

もっともイケメンだった仙台せんだい先代せんだいわり、もっと不細工ぶさいくとかした無印むじるしと、地味じみにかっこいいがステラカスタムにはなりきれなかったカスタムが発売はつばいされたが、いま地味じみあの陸奥みちのくとう母子ぼし企業きぎょうにステラとして水色みずいろ専用せんようがい繁殖はんしょくにして供給きょうきゅうしている。カスタムにはWRブルーマイカ設定せっていすればいいのに

アイドリングストップを搭載とうさいしており、その性能せいのうSPおどろくほどでこのみちかたり、このほしおもう。ある。裏付うらづけをひょうしていいのか…。また、その性能せいのう強調きょうちょうするCMではエンジンがたておけされた映像えいぞうがあり、FFとしてはめずらしくエンジンをたておけしているためFRしゃへの改造かいぞう容易よういである

世界せかい滅亡めつぼうせまった2012ねんあき宿命しゅくめいのライバルスズキのエコカー攻勢こうせいによっておくされたあらたなる刺客しかく新型しんがたDQN-R驚愕きょうがく燃費ねんぴかすべく、さまざまに施行しこうらした結果けっかぜっ不評ふひょうだったデザインもすっかり変更へんこうしてMCモデルをおくした。すると、スズキははやくもけをみとめ、DQN-Rのカタログから「けいナンバーワンの燃費ねんぴ」の言葉ことば削除さくじょし、DQN-Rのなが歴史れきし終止符しゅうしふった。

一方いっぽう兄弟きょうだいしゃスバル・ステラもMCをたし、「えっ、こんなにかねかかRの?」とステラ専用せんようエクステリアデザイン開発かいはつのためのコスト要求ようきゅうしょてあきらめかけていたスバルの皆様みなさまはムーヴとはべつのガーニッシュをけることでかなりイケメンに仕上しあげることに成功せいこうし、カスタムではステラのほう圧倒的あっとうてきにデザインでっているため、ダイハツはムーヴカスタムのなが歴史れきし終止符しゅうしふった。

うごくるまめい由来ゆらい[編集へんしゅう]

  • むーヴ【ムーヴ(えい)move】(どう)うご

うご関連かんれん項目こうもく[編集へんしゅう]

ペダルが引っ掛かります この「ダイハツ・ムーヴ」は、リコールのDMがとどいていますアクセルペダルの交換こうかんをしてくださるディーラーをもとめています。 (Portal:スタブ)