トヨタ・クラウン

出典しゅってん: へっぽこ実験じっけんウィキ『はち百科ひゃっか事典じてん(アンサイクロペディア)』
移動いどうさき: 案内あんない検索けんさく
Wikipedia
ユーモア欠落けつらくしょう患者かんじゃのために、ウィキペディア専門せんもん気取きどたちが「トヨタ・クラウン」の項目こうもく執筆しっぴつしています。
なかなかカッコイイクラウン。カスタムカーとして大人気だいにんきである。

クラウン(CROWN)とは、トヨタ自動車とよたじどうしゃ開発かいはつしている高級こうきゅう乗用車じょうようしゃ。つまり、庶民しょみんってはいけないくるまである。

概要がいよう[編集へんしゅう]

日産にっさん・セドリックとかいうライバルがいたようながしたがそれさえもやぶった、日本一にっぽんいち高級こうきゅうしゃである。

クラウンのバリエーションはわけからんのが多数たすうある。クラウンコンフォートなどはじつプリウスよりやすいしムダにスポーツ性能せいのうをのばしたクラウンアスリートむかしは2ドアクーペにバンピックアップトラックまでいた。

また、DQNにも大人気だいにんきであり、クラウンのラストオーナーはDQNである。

大人おとな事情じじょうによりぼうリアルドライビングシミュレーターには収録しゅうろくさせてもらえずにいたが、2019ねんのクリスマスについにその沈黙ちんもくやぶられた。しかもパトカー仕様しようのおまけきである。

歴史れきし[編集へんしゅう]

クラウンの歴史れきしながったらしい。それがクラウンというくるまりのひとつである。

初代しょだい(RSがた-RS20/30けい:1955ねん-1962ねん[編集へんしゅう]

  • 1955ねん1がつ登場とうじょう日本にっぽん国内こくないメーカーが国外こくがいメーカーとの提携ていけいくるまつくっていたが、トヨタじゅん国産こくさん高級こうきゅう乗用車じょうようしゃつくった。観音開かんのんびらきのサイドドアが外観がいかんじょう最大さいだい特徴とくちょうであるがけないとからない。
  • このだいパトカー仕様しようまったくの専用せんよう設計せっけいである。
  • なんだかんだで残存ざんそんすうはある。
  • このだい個人こじんタクシー仕様しようの1だいが1990年代ねんだいまで営業えいぎょうしていた。

2代目だいめ(S40けい:1962ねん-1967ねん[編集へんしゅう]

  • 1962ねん9月に登場とうじょう。デザインは当時とうじアメリカくるま影響えいきょうつよけたうつくしいものであるがいまではどこらあたりがアメリカしゃ? である。
  • バリエーションはこれまでのセダンにくわえなぜか「カスタム」とばれるステーションワゴンがくわわり、物好ものずきが多数たすう購入こうにゅうした。
  • また、商用しょうようモデルのバンピックアップなどもたがやはり物好ものずきのためのくるまである。
  • 初期しょきがたは「なみだ」とばれるテールランプとトヨタの頭文字かしらもじである「T」をモチーフとしたジュラルミンせいのフロントグリルが特徴とくちょうてきであるがんなことらねぇよ。

3代目だいめ(S50けい:1967ねん-1971ねん[編集へんしゅう]

  • 1967ねん9月に登場とうじょう。「日本にっぽん」を追求ついきゅうしたスタイリングは先代せんだいよりさらにひくく、ながくなり、だからなんだ。
  • しろいクラウン」でだいヒットをかました。これは「おんなはだふくもそしてパンツしろいほうがいいだろ、みな。」というトヨタの一部いちぶひとこえでこのキャッチフレーズになった。しろいクラウンはこのあといまいたるまでバカれしているが北海道ほっかいどうでは「しろ恋人こいびと」と間違まちがわれ、べられる事態じたいにもなった。
  • ちなみに、このだいZATのウルフ777のベースしゃである、2ドアハードトップがデビューした。
  • クラウンのトミカはこのだいからで、ノーマルしゃ(3-1)、パトカー(4-1)、消防しょうぼう指令しれいしゃ(27-1)、タクシー(28-1)が発売はつばいされた。
しかし発売はつばいすぐにクラウンのフルモデルチェンジがあったために短命たんめいなモデルである。

4代目だいめ(S60、70けい:1971ねん-1974ねん[編集へんしゅう]

  • 1971ねん2がつ登場とうじょう。このだいから正式せいしき名称めいしょうが「トヨペット・クラウン」から「トヨタ・クラウン」に改称かいしょうされている。
  • その不気味ぶきみなスタイリングから一般いっぱんに「クジラ」「ナマズ」ともばれる。ボディバリエーションは意味いみ不明ふめいなピックアップトラックが廃止はいしされ、4ドアセダン、2ドアハードトップ、ワゴン/バンとなったがバンは意味いみ不明ふめいである。つうかデザインが意味いみ不明ふめい
  • ちなみにトミカされたときに、(32-1)何故なぜ商品しょうひんめいが「ニュークラウン」であった、だったらクラウンがモデルチェンジするたびに「ニュークラウン」でないとおかしいが、何故なぜ今代こんだいのモデルのみであるため「トミカのなぞ」のひとつとされている。
当然とうぜんながらバリエーションモデルであるパトカー(4-2)消防しょうぼう指令しれいしゃ(27-2)タクシー(28-2)もモデルチェンジされた。
  • 世界せかいはじめてアイドリングストップ機能きのう搭載とうさいされ、EASS[1]でMTしゃにオプション設定せっていされた[2]
  • どう時期じきにモデルチェンジして姉妹しまいしゃとなったセドリック/グロリア後塵こうじんはいしたことに当時とうじのトヨタ開発かいはつじんはしばらくさけびこのクラウンで飲酒いんしゅ運転うんてんをしたとわれている。1973ねん2がつのマイナーチェンジではとりあえずバンパー一部いちぶべつからだなんかしてみたが、人気にんき回復かいふくいたるわけなかった。これが後世こうせいつたえられる「クラウン史上しじょう最大さいだい失敗しっぱいさく」であるが、その希少きしょうせいからかいまだにあいしてまないファンもすくなくない。

5代目だいめ(S80-100けい:1974ねん-1979ねん[編集へんしゅう]

  • 1974ねん10月に登場とうじょう。キャッチコピーは「うつくしい日本にっぽんのクラウン」だか、日本にっぽん以外いがいのクラウンもてみたいものである。先代せんだい反省はんせいからか、一転いってんして重厚じゅうこうかん強調きょうちょうしたスタイリングにあらためられたがだからなんだ。バリエーションはこれまでの4ドアセダン、2ドアハードトップ、カスタム(ワゴン)/バンにくわえて、4ドアピラードハードトップという横文字よこもじつなげて格好かっこうくしただけのものがくわわった。
  • このだいから、タクシーようスタンダードが進化しんかした。オプションの冷房れいぼうグレードがエアコンであるのにたいし、しきクーラーである。べつとく理由りゆうはなくまぐれである。
  • トミカのバリエーションはパトカー(4-3)、消防しょうぼう指令しれいしゃ(27-3)、ノーマルしゃ(32-2)、タクシー(110-1)とやたらおおく、ひっくりかえしてシャーシをると品番ひんばんのところがすごいことになっている。

6代目だいめ(S110けい:1979ねん-1983ねん[編集へんしゅう]

  • 1979ねん9月に登場とうじょう。キャッチコピーは「日本にっぽんかお」「うつくしい日本にっぽんあたらしいクラウン」またうつくしい日本にっぽんのクラウンであるが、どうても外車がいしゃにしかえないのは禁句きんくである。執筆しっぴつしゃもとてもじゃねぇがトヨタくるまにはみえねぇんだよ。
  • トミカもこの日本にっぽんしゃばなれしたスタイルをほどよく再現さいげんしている。
ノーマルしゃ(55-3)のほかにパトカー(58-2)が発売はつばいされたヘッドとテールが点灯てんとうするモデルも発売はつばいされた。
  • 1980ねん11月にははいガス対策たいさくがどうにかなったので、無駄むだなパワーアップにちからそそがれたのと日産にっさん・セドリック/グロリアに対抗たいこうして無駄むだにターボしゃ追加ついかされる。
  • このモデルの後期こうきがた4ドアハードトップは、鬼面きめんのような形相ぎょうそうであることから「おにクラ(鬼面きめんのクラウン)」とばれ、節分せつぶんになるとまめげられ故障こしょう続発ぞくはつ。さらに初代しょだいソアラクレスタ同様どうよう無駄むだ暴走ぼうそうぞくこのまれた。そのため現存げんそんすうすくないとおもわれる。

7代目だいめ(S120けい:1983ねん-1987ねん[編集へんしゅう]

  • 1983ねん9月に登場とうじょう。もはや伝説でんせつである「いつかはクラウン」のキャッチコピーはこのときつくっていま流用りゅうようしている。
  • なお特別とくべつ仕様しようしゃとして、前期ぜんきがたのみエクレール」が先代せんだいつづいて設定せっていされたがプラレール間違まちがわれやすっぽいとわれた。のちにスポーティーグレードとなる「アスリート(Athlete)」の名称めいしょうもこのときはつ登場とうじょうするが、らないとおもう。
  • タクシー仕様しよう無駄むだたかいグレードに「スーパーデラックス」を追加ついか個人こじんタクシー・ハイヤーなど、ひま連中れんちゅう車両しゃりょうがグレードアップしたきっかけにもなった。したってさ、最終さいしゅうてきにはこんなかんじにこわれるだから意味いみないもするがセドリックよりはがわにそのはあったらしい。
  • このS120けいからつぎのS130けいにかけてなぞのハイソカーブームが勃発ぼっぱつし、いまいた若年じゃくねんそうのヘンテコな支持しじる(すでにトミカでていたのは禁句きんくである)。豪勢ごうせいにも免許めんきょって最初さいしょにマイカーにしたクルマがクラウン、というれいすくなくなかったという。
  • そのトミカもノーマルしゃ(55-4)のほかは、久々ひさびさにタクシー(28-5)がラインナップされたが今度こんどはパトカーがなくなった。
  • 戦車せんしゃクラウン」がこのクラウンの通称つうしょうである。そのためイラクではテロ活動かつどうによく使つかわれるといわれている。

8代目だいめ(S130けい:ハードトップ1987ねん-1991ねん/セダン1987ねん-1995ねん/ワゴン・バン1987ねん-1999ねん[編集へんしゅう]

  • 1987ねん9月に登場とうじょう。キャッチコピーは「たされて、あたらしいクラウン。」「日本にっぽんほこりとよろこ」。「いつまでも、クラウン。」と、もう高級こうきゅうしゃだよ文句もんくある?の一言ひとことである。
  • 1991ねん10月に4ドアハードトップは140けいにフルモデルチェンジされたこれによりへんまるっこいクラウンが出来でききらわれる。またワゴン・バンは面倒めんどうだったのでフロントノーズ周辺しゅうへんのみの刷新さっしんした。セダンはきられたので1995ねん12月の150けい登場とうじょうともにモデルチェンジ、ワゴン・バンにおいてはなぜかきられなかったので1999ねん12月の170けいクラウン・エステート登場とうじょうまでつくっていた。
  • このモデルのセダン、ワゴン、バンのヘッドライト、バンパーをタクシー純正じゅんせいパーツ(まるヘッドライト、メッキバンパー)は特徴とくちょうてきであり、それに交換こうかんするやすっぽいクラウン改造かいぞうちまた流行りゅうこうしている。

9代目だいめ(S140けい:1991ねん-1995ねん[編集へんしゅう]

  • 1991ねん9がつ登場とうじょう。キャッチコピーは「すべては、クラウン」。すべてのくるまはクラウンだとでもいいたそうである。
  • あらたなこころみとして上級じょうきゅうモデルに「クラウンマジェスタ(CROWN MAJESTA)」が発売はつばいされ、クラウン史上しじょうはつ超絶ちょうぜつモノコックボディを採用さいようしたがかるかそんなモン。
  • ロイヤルシリーズは、前期ぜんきがたのリアスタイルが「クラウンじゃねぇよふざけんな」という批判ひはん殺到さっとうした。ナンバープレートをバンパーにはいし、テールランプをよこいち文字もじつなげたスタイルは素敵すてきだが当時とうじのカムリやカローラ、コロナ、カリーナなどにられた手法しゅほうやすっぽくえたからである。10ねんちはやすいだろうが。それでも、4代目だいめのクジラクラウンほどではないが(あれはどこかイカれているのである)失敗しっぱいさくなのである
  • 1993ねん8がつにマイナーチェンジをけ、わがままやつのためにリアスタイルは先代せんだいたイメージへもどされ、古臭ふるくさくなった。キャッチコピーは「あたらしいクラウンが、うごす。」「あのひとが、っているのはセドリックかも」。

10代(S150けい:ハードトップ1995ねん-1999ねん セダン1995-2001ねん[編集へんしゅう]

  • 1995ねん9がつ登場とうじょう。キャッチコピーは「うつくしく、はし」。「どこからてもクラウンだからクラウンにえなかったらセドリックかも」。このだい最大さいだい特徴とくちょうは、ロイヤルシリーズに待望たいぼうのフル超絶ちょうぜつモノコックボディーが採用さいようされたことである。これにより、奥様おくさまどうレベルのダイエットに成功せいこうした。ハードトップ(個人こじんけ、その)、セダン(法人ほうじん公用こうようしゃ、キャブ仕様しよう、その)のフルラインナップはこのモデル以来いらい面倒めんどうくさいのでおこなわれていない。プラットフォームはためしに1クラスの90けいマークIIをベースとしている。
  • 1997ねん8がつにマイナーチェンジを実施じっし。キャッチコピーは「クラウンをおしえてください」。おしえてやるからやすくしろといってもやすくならない。

11代目だいめ(S170けい:1999ねん-2003ねん[編集へんしゅう]

  • 1999ねん9がつ登場とうじょう。キャッチコピーは「21世紀せいきへ、人生じんせいあたらしいドアを。」「21世紀せいきへ、このクラウンで」「しん世紀せいきクラウンゲリオン」。
  • 今回こんかいヤマハ発動機やまははつどうきにより「アスリートVX」というスープラあしまわりを移植いしょく無駄むだにパワーアップしたモデルが登場とうじょうしている。どんなのかはさっしください
  • 後継こうけいの12代目だいめ S180けい2003ねん12月に登場とうじょうしたのちも、しばらく面倒めんどうくさいので警察けいさつのパトカーけに生産せいさん継続けいぞくされていたんだぜ。パトカーは特別とくべつなんだよ。

12代目だいめ(S180けい:2003ねん-2008ねん[編集へんしゅう]

  • 2003ねんクリスマスまえ登場とうじょうトヨタからのクリスマスプレゼントとして無理矢理むりやり3にち納車のうしゃさせるキャンペーンを実施じっしした。「せいからどうへの変革へんかく」をテーマに「すべてをゼロから発想はっそうするクルマづくり」というわけからないことをおこない、いろんなもの(カーナビとう)が搭載とうさいされた。
  • 「いつかはクラウン」のキャッチコピーのように、あこがれと終着しゅうちゃくてんとしての目標もくひょうだったが、もうきられたので、「ZERO CROWN(ゼロ・クラウン)」というもうどうだっていいベンツみたいなキャッチフレーズでイメージを一新いっしんさせている。ただし、「ZERO CROWN」はくるまめいではないからをつけろ。
  • このように、もうわけからない変貌へんぼうげ、最初さいしょこそ一部いちぶからは「こんなのはクラウンじゃない、クラウンスピリットだ」などと不評ふひょうだったが、結果けっかてきにはいろいろあってだいヒットさくとなった。
  • 前期ぜんきがたのCMは、「ZERO CROWN-かつてゴールだったクルマが、いまスタートになる。-」のキャッチコピーとともに、CMはただたんにただっひろいとろをクラウンが制限せいげん速度そくど無視むしはしまわるもので、「トヨタらしからぬ外車がいしゃみたいなCM」としてくどかった。
  • 2005ねん10月4にち退屈たいくつしのぎにマイナーチェンジをおこなう。キャッチコピーは「ZERO CROWN,だい2しょう」。もうぐどいMMORPGゲームみたいである。

13代目だいめ(S200けい:2008ねん - 2012ねん[編集へんしゅう]

2008ねん、クラウンアスリートだからという理由りゆうで5にんのアスリートをれて記者きしゃ会見かいけんがスタート、発売はつばいされた。その姿すがた先代せんだいよりもスポーティーだがどうてもアルテッツァにクラウンマークをつけただけにえるのはのせいである。

何故なぜか、ハイブリッドカーのクラウン・ハイブリッドも登場とうじょうさせた。っていうかSAIをえ。

キャッチフレーズは「えてゆく、ブランド」。だがクラウンにえるべきブランドはそんなにいのはうまでもない。なのにこうゆうキャッチフレーズにしたのはただのかっこつけである。タクシー仕様しようしゃ相変あいかわらずシカトされておりいい加減かげん新型しんがたたいとクレームが殺到さっとうしている。

アスリートのブレーキキャリパーの流用りゅうようネタでがる可能かのうせいたかし。

2010ねんなににこそっとマイナーチェンジ。ハイブリッドがなにらんがロイヤルがおに。でももう間違まちがさがしレベルでえる意味いみなし

2011ねんパトカー仕様しよう登場とうじょう。もう一般いっぱんしゃ区別くべつかないだろうととかおそれられていたが、実際じっさいところ純正じゅんせいアルミを装備そうびしただけだった。 覆面ふくめんパトカー仕様しようなかひとによる国民こくみんへの配慮はいりょによってグレードをしめすエンブレムのみいままでと同様どうよういていない。 ちなみにいきなり覆面ふくめんパトカー仕様しようだい殉職じゅんしょくしている。

余談よだんだが、カセットテープ再生さいせい機能きのうきラヂオを標準ひょうじゅん搭載とうさいしている「クラウンセダン」が若者わかもの大人気だいにんきなのにもかかわらず、のが13代目だいめにフルモデルチェンジをしたのは、日本にっぽん七不思議ななふしぎの1つである。

なおクラウンセダンは、2.0L FR ていコストの3原則げんそくまもるために、現存げんそんする最古さいこのトヨタせいプラットホームを使用しようしている。そろそろ、りをつけてMCプラットホームにして、さらなるコスト削減さくげんはかったらどうだろうか。



14代目だいめ(S210けい 2012ねん - 2018ねん[編集へんしゅう]

2012ねん12月25にちしん発売はつばい。トヨタからのクリスマスプレゼントといわんばかりである。

「ロイヤルサルーン」に廉価れんかグレード「ロイヤル」が登場とうじょう。そのせいでクラウン・ロイヤルサルーンの名称めいしょうは、クラウン・ロイヤルになった。

ついにクラウンも、近年きんねんのトヨタのデザイン迷走めいそうレイプけてしまった。ロイヤルのフロントグリルがはな小僧こぞうのごとく、バンパーレベルまで間延まのびしてしまった。なかひといわく、王冠おうかん意識いしきしたとの弁明べんめいだが、まあそのー…粛清しゅくせいされました。そしてアスリートのフロントグリルにいたっては「イナズマ」である。な…なにっているのか、わからねーとおもうが、おれもなにをされたのかわからなかった…。あたまがどうにかなりそうだった…。リアデザインはどっちもレクサス・LSっぽい。詳細しょうさいググレカス

CMキャラクターには世界せかい北野きたの×国民こくみんてきねこがたロボットという、わけのわからない人選じんせん起用きよう

このタイアップにより、どこでもドアのピンク色ぴんくいろが、カラーラインナップに追加ついかされさんざんcmにした挙句あげく期間きかん限定げんてい販売はんばいされた。だれとく。おそらくどこかのDQNか林家はやしやペーパー夫妻ふさいにしか需要じゅようがないとおもわれる。


…と、ここまでならよくある宣伝せんでん目的もくてき特別とくべつ仕様しようしゃおもわれたが、まさかの水色みずいろ緑色みどりいろ追加ついかするという暴挙ぼうきょ快挙かいきょげた。

15代目だいめ(S220けい 2018ねん - )[編集へんしゅう]

2018ねん6月26にち販売はんばい開始かいししんプラットフォーム「TENGATNGA」を採用さいようし、さらなる性能せいのうアップをたした。

このだいでこれまでのグレード構成こうせい完全かんぜん刷新さっしんし、「ロイヤル」「アスリート」などの由緒ゆいしょある名称めいしょうすべ消滅しょうめつしてしまった。わりに「RS」なるスポーツグレードがてきたが、馴染なじふか名前なまえててまでえる必要ひつようがあったのかはなは疑問ぎもんではある。

Cピラーがえらくてるので5ドア・ハッチバックセダンと勘違かんちがいされがちだが、れっきとした4ドア・ノッチバックセダンである。

現行げんこうがた対抗たいこう車種しゃしゅ[編集へんしゅう]

もはやてきではない車種しゃしゅ[編集へんしゅう]

あつかいディーラー[編集へんしゅう]

トヨタてん東京とうきょうだけトヨペットてんえる。ごくまれにひまなカローラてんやネッツてんってくれることがある。また、中古ちゅうこしゃならどこでもえるがそれは当然とうぜんである。

タクシー仕様しようもトヨタてんのみである。クラウンはたかいのである。トヨタてんでしかっていないのにいちいち文句もんくつけるな、ということである。

脚注きゃくちゅう[編集へんしゅう]

  1. ^ 「Engine Automatic Stop and Start System」の略称りゃくしょう
  2. ^ 『CAR GRAPHIC』2014ねん11がつごう・192ぺーじ「THIS MONTH'S TOPIC「日本にっぽんはつ世界せかいはつ技術ぎじゅつろく」」より。ギアがニュートラルにある状態じょうたい自動的じどうてきにエンジンが停止ていしし、クラッチペダルをむとふたたびエンジンがかかる仕組しくみである。ただしヘッドライト点灯てんとう作動さどうしない。

関連かんれん項目こうもく[編集へんしゅう]

ペダルが引っ掛かります この「トヨタ・クラウン」は、リコールのDMがとどいていますアクセルペダルの交換こうかんをしてくださるディーラーをもとめています。 (Portal:スタブ)