ニンジン

出典しゅってん: へっぽこ実験じっけんウィキ『はち百科ひゃっか事典じてん(アンサイクロペディア)』
移動いどうさき: 案内あんない検索けんさく

ニンジン人参にんじんふつ:Carotte、1864 - 1910)は、一文字ひともじちがうというだけで人間にんげんになりそこねた、にもあわれな存在そんざいである。

Wikipedia
ユーモア欠落けつらくしょう患者かんじゃのために、ウィキペディア専門せんもん気取きどたちが「ニンジン」の項目こうもく執筆しっぴつしています。

はや人間にんげんになりたい[編集へんしゅう]

ニンジンは血塗ちぬられた家系かけいまれ、家族かぞくのうちに一人ひとりだけそのった。

そのむかし裁判さいばんやぶれたソクラテスいたらしめたのは、ニンジンの先祖せんぞであるといわれている。ニンジンの家族かぞくはその冷酷れいこくをしっかりといでおり、おさなかれ毎日まいにちのようにつらくたった。かぎりなく人間にんげんちかいが決定的けっていてきちがいをち、また容貌ようぼうみにくいニンジンは、まれた瞬間しゅんかんからおや兄弟きょうだい格好かっこう標的ひょうてきであった。母親ははおやはわざとニンジンのしびんをかくし、翌朝よくあさ粗相そそうをしたかれ人間にんげんとはおもえぬひどい仕打しうちをし、えつった。あるときかれあによぎってニンジンのがくをつるはしできずつけたが、それをつけた母親ははおやはニンジンを叱責しっせきし、おとうと失神しっしんしたあに介抱かいほうした。あねはニンジンのあたま包帯ほうたいきながら、傷口きずぐちがまるでバターあなひらいたようだとってわらった。のこ父親ちちおやも、ニンジンがすがるにはあまりにたよりないおとこであった。いつも仕事しごとばかりしているかれは、家庭かていのことにほとんど関心かんしんたなかった。それをかなしいかなきちんとかっているニンジンは、ちちにあてた手紙てがみにはいつもたりさわりのないことをくようにこころがけるのだった。どんなひどあつかいをけても、ニンジンは一人ひとりえるしかなかった。こうして、ひと顔色かおいろをいつもうかがう、しんねじけた、にも不愉快ふゆかいかつじつ不憫ふびん人格じんかく出来上できあがっていったのだった。

ちいさきモノたちとのふれあい[編集へんしゅう]

家族かぞくかれきでメロンわったのち、ニンジンはべかすをウサギにやるよう母親ははおやめいじられる。これはいつもかれ役目やくめで、あにあねかれわりにおこなうことはいちたりともなく、またかれらのほうにもわってやろうという気持きもちなどさらさらなかった。しかしニンジンにとってこの態度たいどはむしろ好都合こうつごうだった。ウサギ小屋こやかくれ、メロンのかわにかろうじてのこったあま部分ぶぶんかじるのは、ニンジンにとっての貴重きちょう糖分とうぶん補給ほきゅうであり、なによりも、つらい日々ひびおくかれのささやかなたのしみだった。ウサギたちはかれのそのような行為こういけっしてとがめることはなく、それどころかじつ友好ゆうこうてきであった。ニンジンがはじめて他者たしゃからのあいかんじた場所ばしょは、おそらくこのウサギ小屋こやであろう。のちにこのちいさな友人ゆうじんたちのつぶらなひとみかれ食料しょくりょうとしてしかていないことをったが、かれらとの友好ゆうこう関係かんけいをきっぱりことわってしまうには、ニンジンはあまりに孤独こどくすぎた。

なつるたびに、ニンジンの家族かぞくかれをおじのところへあづけた。厄介やっかいばらいであった。ニンジンのほうもすさんだ家庭かていから解放かいほうされ、自然しぜんなかでのびのびとごすことができるので、おじのところへくまでにいくら邪険じゃけんにされても平気へいきだった。さんさんと太陽たいようもとで、茶色ちゃいろにまみれ、ミミズじゃれ、とし相応そうおう感性かんせいすこしずつもどしたニンジンは、にすくすくと成長せいちょうしてゆくのであった。

あかいほっぺた[編集へんしゅう]

なつわり殺伐さつばつとしたもといえもど虐待ぎゃくたいけるようになると、ニンジンはふたたびその荒廃こうはいした人格じんかくもどすのだった。かれ学校がっこう成績せいせきはそれほどわるくはなかったが、人間にんげんことなる容貌ようぼう可愛かあいげのないねじけた性根しょうこんゆえ、教師きょうしたちの評判ひょうばんおもわしくなかった。かれらにとってはニンジンになにかすぐれたてんがあったとしても「どんな不味まずいものでも砂糖さとうをひとさじれてればあまくなるのとおなじ」ということであった。大人おとなだけではない。ニンジンのまわりの子供こどもたちも、「一本いっぽんでもニンジン」などと屁理屈へりくつかすかれ異質いしつ存在そんざいとみなし、さげすんでいた。ニンジンはまわりの人々ひとびとのこうした理不尽りふじん軽蔑けいべつをよく心得こころえていたので、どんなにあっても「どうせそんなこったろうとおもってたさ」とつぶやくばかりだった。

ニンジンの晩年ばんねん肖像しょうぞうかれぬまであいもとつづけた。

とはいえ、人間にんげんおな情緒じょうちょち、かぎりなくちか存在そんざいとしてまれながら、しょう動物どうぶつにはともかく人間にんげんまったあいされないことにたいするかなしみはつねにあり、自分じぶんあいされてみたいというおもいが、ニンジンのなか時々ときどきあたまをもたげた。あるとき、かれはある事実じじつ発見はっけんする。教師きょうしが、ほっぺたのあか美貌びぼう少年しょうねんをあからさまにあいし、優遇ゆうぐうしていたのだ。それにづいてからというもの、ニンジンはその生徒せいと観察かんさつつづけた。そうして嫉妬しっとしんつのなか教師きょうし冷淡れいたん態度たいどられた。いつもなら口癖くちぐせってますところであったが、その瞬間しゅんかんついに抑制よくせいかなくなったかれはある行動こうどうる。教師きょうしまえまどガラスをはたり、したたちるりょうほおりつけて、ニンジンは絶叫ぜっきょうしたのだ。

ろ!あいつとどうじ、あかいほっぺただぞ!」

この行動こうどうはかえって裏目うらめた。あかまったかお醜悪しゅうあくさをし、その教師きょうしはもちろんほかの子供こどもたちも、よりいっそうかれから距離きょりくようになった。家庭かていでも学校がっこうでも孤独こどくきわめたニンジンは、一刻いっこくはや成人せいじんし、この境遇きょうぐうからすことをつよねがうようになる。


あかいほっぺた事件じけん」からすうじゅうねん、ニンジンはついに両親りょうしんから解放かいほうされる。極悪ごくあく非道ひどうはは井戸いどちて、ニンジンが成人せいじんしてだいぶのことではあったが、ちちもまたみずか猟銃りょうじゅうでその咽喉いんこう穿うがったのだ。ニンジンがよろこんだのもつかのかれ自身じしん大動脈だいどうみゃくこぶにより、その不幸ふこう人生じんせい」(にんせいえるのだった。生涯しょうがいとおし、人間にんげんからのあいしんそこからほっしていたにもかかわらず、ついに最後さいごまでそれをることはできなかったのである。

おわりに[編集へんしゅう]

ああ、これかい?なんでもないよ。いや、わなくてもいいよ、ちゃんとかってるから。

ニンジンの子孫しそんはいまや世界中せかいじゅうにおり、そのなかには人間にんげんたいして仁術じんじゅつほどこすものもいる。しかしながらかれらは依然いぜんとして人間にんげんからのあいていない。かれらはニンジンのいているというだけで差別さべつされ、しばしば集団しゅうだんから疎外そがいされているのだ。読者どくしゃほうかっていただきたいのは、かれらは人間にんげんたいするがいなど微塵みじんもなく、むしろ孤独こどくふるえ、あいもとめているということだ。この滅入めいるような文章ぶんしょう最後さいごまでんでくださった貴方あなたのようなほうなら、きっとかれらをしんからあいすることができるはずである。

それから、子供こどもたちへ。かれらをきらいになってはいけません。どうしてもいやなら、おかあさんにたのんで砂糖さとうてもらいなさい。あと、寝小便ねしょうべんをしてしまった翌朝よくあさてきたスープは、なにがあってもんではいけません。かりましたね。


関連かんれん項目こうもく[編集へんしゅう]

詐欺さぎだ!
Gajaimo.jpg この「ニンジン」は美味おいしくないので商品しょうひんできません。品種ひんしゅ改良かいりょうをしてくださるかたさがしています。 (Portal:スタブ)