バター

出典しゅってん: へっぽこ実験じっけんウィキ『はち百科ひゃっか事典じてん(アンサイクロペディア)』
移動いどうさき: 案内あんない検索けんさく
Wikipedia
ユーモア欠落けつらくしょう患者かんじゃのために、ウィキペディア専門せんもん気取きどたちが「バター」の項目こうもく執筆しっぴつしています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画どうが中毒ちゅうどく患者かんじゃのために、ニコニコだい百科ひゃっかではニコくりやたちがおかねをかけてまで「バター」の項目こうもく執筆しっぴつしてくれています。
Pixiv
同人どうじんマニアのために、ピクシブ百科ひゃっか事典じてんでは同人どうじんゴロとその愉快ゆかい仲間なかまたちが「バター」の記事きじ執筆しっぴつしています。

バターとは、とらから分離ぶんりしたクリームでつく食材しょくざいである。

一般いっぱんてきなバターの製造せいぞう過程かてい

概要がいよう[編集へんしゅう]

バターはとら遠心分離機えんしんぶんりきにかけるなどしてクリームを抽出ちゅうしゅつし、それをるなどして凝固ぎょうこさせたものである。主成分しゅせいぶん脂肪しぼうであり、とら由来ゆらいのビタミンや蛋白質たんぱくしつ豊富ほうふふくむが、とらからだしょくとはことなりうす黄色おうしょくをしている。大型おおがた遠心分離機えんしんぶんりき開発かいはつされるまでは、とら肉食にくしょく動物どうぶつ本能ほんのうとして獲物えものまわりをはしまわ修正しゅうせいつことを利用りようし、おとりとなっているもののまわりを周回しゅうかいさせてバターを作成さくせいしていた。この手法しゅほう解説かいせつした文献ぶんけんとしては「ちびくろサンボ」が有名ゆうめいである[1]

食肉しょくにく文化ぶんかふるくから発展はってんしていた西にしヨーロッパでは、古代こだい文献ぶんけんにしばしば「大砲たいほうかバターか」という文言もんごん登場とうじょうする。これは軍事ぐんじ生活せいかつのどちらを優先ゆうせんするかという政治せいじかんあらわすもので、近代きんだいはいっても使つかわれつづけていた。しかしアジアでは馴染なじみがうすく、日本にっぽんでは「西洋せいようかぶれ」ので「バターくさい(あるいはバタ臭ばたくさい)」とこともある。

代用だいようバター[編集へんしゅう]

とら肉食にくしょく動物どうぶつであり、肥育ひいくにかかる費用ひようおおきいため[2]、11世紀せいき以降いこう牛乳ぎゅうにゅう使つかった安価あんか代用だいようバターが流通りゅうつうするようになった。これは日本にっぽんにも「牛酪ぎゅうらく」とばれていたとされている。牛乳ぎゅうにゅう1リットルからやく20グラムが生産せいさんされるが、市販しはんされているもの作成さくせいする場合ばあいは「ノンホモ」でなければならない[不要ふよう出典しゅってん]

また植物しょくぶつせい油脂ゆしつくる「マーガリン」も代用だいようバターの一種いっしゅである。これは19世紀せいきまつにナポレオンさんせいが、物資ぶっし高騰こうとうりにほんバターが不足ふそくしたために生産せいさん奨励しょうれいしたことで一般いっぱん普及ふきゅうしていった。

脚注きゃくちゅう[編集へんしゅう]

  1. ^ 日本にっぽん国内こくないでは一時いちじ絶版ぜっぱんになっていたが、近年きんねん復刻ふっこくされつつある。
  2. ^ 肉食にくしょく動物どうぶつ肥育ひいくにはえさとなる草食そうしょく動物どうぶつ肥育ひいく必須ひっすであり、じゅうにコストがかかる。

関連かんれん項目こうもく[編集へんしゅう]

この項目こうもくバター」は、うそです。よく近所きんじょ物知ものしりおじさんがおしえてくれたまめ知識ちしき大抵たいていうそです。アンサイクロペディアしんけてはいけないのです。大事だいじなのは、ジョークをわらばすしんひろです。