マックスコーヒー

出典しゅってん: へっぽこ実験じっけんウィキ『はち百科ひゃっか事典じてん(アンサイクロペディア)』
移動いどうさき: 案内あんない検索けんさく
Troppy-R.png
この事業じぎょうしゃトロピカル連合れんごう構成こうせい事業じぎょうしゃじゃゴルァ!!
車内しゃないではおれさまかみ貴様きさまはただの土砂どしゃじゃゴルァ!!
練乳れんにゅうれたコーヒーがめずらしいとはえますね。」
マックスコーヒー について、東京とうきょう
ペットボトルマックスコーヒーX

マックスコーヒー(MAX COFFEE) は、利根コカ・コーラボトリングがチバラギ共和きょうわこく中心ちゅうしん販売はんばいしているコーヒー風味ふうみ加糖かとう練乳れんにゅうである。かつてはくにへの輸出ゆしゅつ法律ほうりつきびしくきんじられていたが、法律ほうりつ改正かいせいされ2009ねん2がつ16にちから輸出ゆしゅつ全面ぜんめん解禁かいきんとなった。

開発かいはつ経緯けいい[編集へんしゅう]

チバラギを代表だいひょうするしょく文化ぶんかにまで成長せいちょうしたコーヒーおもわれがちだが、それはあやまりで、まさしくは練乳れんにゅうである。食品しょくひん原料げんりょう表示ひょうじ分量ぶんりょうおおものから記載きさいされることになっているが、一番いちばんはじめに記載きさいされているのが加糖かとう練乳れんにゅうである。このつぎ記載きさいされているが砂糖さとうである。加糖かとう練乳れんにゅうにさらに砂糖さとうれるとうレシピは世界せかい見渡みわたしてもマックスコーヒー以外いがい存在そんざいしない。つまり、マックスコーヒーの大半たいはんめる材料ざいりょう糖分とうぶんである。このちょう加糖かとう練乳れんにゅうにコーヒーのフレーバーをけたのがただしい解釈かいしゃくであり、コーヒーはかおりにぎない。キングオブスイーツとぶにふさわしいあまみの王者おうじゃである。

通常つうじょうかんコーヒーは自動じどう販売はんばいなどでえた状態じょうたい消費しょうひしゃ提供ていきょうされることがおおい。その場合ばあいあたたかい状態じょうたい比較ひかくしてあまさがかんじられにくくなってしまう。また、抽出ちゅうしゅつしたコーヒーより風味ふうみおとるため、ほとんどのかんコーヒーには香料こうりょう添加てんかされている。マックスコーヒーは、これらかんコーヒーの問題もんだいてん克服こくふくするため、世界せかい研究けんきゅうしゃたちを一同いちどうあつめた一大いちだい国家こっかプロジェクトによって開発かいはつされ、従来じゅうらいかんコーヒーの常識じょうしきを360転換てんかんさせた歴史れきしてき飲料いんりょうである。

また、マックスコーヒーがチバラキ共和きょうわこくでペットボトル飲料いんりょうとしてられているのも確認かくにんされている。 ただしほん製品せいひん間違まちがってもコーヒーとしてんではいけない。

しょく文化ぶんか[編集へんしゅう]

マックスコーヒー製造せいぞう拠点きょてんとなっている野田のだは、しょうゆなら同市どうし主要しゅよう物産ぶっさんとしてこのコーヒーを位置いちづけている。チバラキじんにとっては、日々ひび生活せいかつかすことのできない飲料いんりょうで、スーパーマーケットなどの量販りょうはんてんで、主婦しゅふがケース単位たんいでマックスコーヒーを購入こうにゅうしていく光景こうけいは、ここチバラキにおいてはけっしてめずらしいものではない。糖分とうぶん摂取せっしゅ頭脳ずのう回転かいてん活性かっせいさせる効果こうかがあることもあって、国内こくない教育きょういく機関きかんではマックスコーヒーを販売はんばいする自動じどう販売はんばい設置せっち法律ほうりつ義務付ぎむづけられており、小学生しょうがくせいでも気軽きがる購入こうにゅうすることが出来できる(ただし給食きゅうしょくとしては牛乳ぎゅうにゅう生徒せいとくばられることになっていて、つきいち、マックスコーヒーあじミルメークる)。また、チバラギのヤンキーにも人気にんきがあり、年末年始ねんまつねんしにはマックスコーヒーのカラーリングのたけやりマフラーを装着そうちゃくして初日はつひ暴走ぼうそうおこなうことが恒例こうれいとなっている。 さらに、千葉ちば食卓しょくたくにはかせぬ調味ちょうみりょうであり、千葉ちば味噌汁みそしる味噌みそ使つかわず、いろているマックスコーヒーを使用しようし、かく家庭かていごとにあじちがう、千葉ちば県民けんみんはこのあじがたまに無性むしょうわすれなくなり、単身たんしん赴任ふにんをしている一人暮ひとりぐらしの千葉ちば県民けんみんなどは、マックスコーヒーをうためだけに帰省きせいすることもおおいとか、そのにくじゃがはんくときにみずわりに使用しよう地元じもとラーメンのスープ、さらに、千葉ちばけん病院びょういんでは重症じゅうしょう患者かんじゃへの点滴てんてきとしても使用しようされているなど千葉ちば県民けんみんかぎ用途ようとひろい。

マックスコーヒー論争ろんそう[編集へんしゅう]

マックスコーヒーはその特殊とくしゅせいゆえに、一度いちどんだものにはかなりの衝撃波しょうげきはあたえる。この衝撃波しょうげきはけることにより、あたまのネジが一本いっぽん程度ていどばされ、奇妙きみょう行動こうどうをするようになる。その結果けっか一部いちぶのウェブサイトとうでは、マックスコーヒーをんだことがあるものと、そうでないものあいだ一大いちだい論争ろんそう発生はっせいすることがる。この原因げんいんんだものあたまのネジのせいではなく、んだことものにはマックスコーヒーの何処どこ最大さいだいなのかわかってないことに起因きいんするとせつる。

また、マックスコーヒーは一度いちど姿すがたし、1991ねんに「ジョージアマックスコーヒー」として販売はんばい再開さいかいされたが、むかしから愛飲あいいんしていた千葉ちば県民けんみんくちをそろえて『オリジナルからはおおきく変質へんしつしてしまった』という感想かんそうらした。 あまみがうすくなり、それにともなみずっぽくなったというのがおも主張しゅちょうであるが、オリジナルをんだことがものにとってはたいしたちがいはいらしく、そのぶっんだあまさによる衝撃波しょうげきははいささかおとろえがいようである。 オリジナルをらぬものにとって、ただでさえ衝撃しょうげきけるあまさが「うすくなった」ものであると主張しゅちょうれられないものであったが、実際じっさいに「復刻ふっこくばん」としょうするマックスコーヒーの濃縮のうしゅく飲料いんりょう発売はつばいされたことから、うすくなったという主張しゅちょうただしかったと証明しょうめいされた。しかし、オリジナルをるものはそれでも「まだうすい」と主張しゅちょうすることから、『オリジナルのマックスコーヒー』はロストアイテムとして伝説でんせつのものとされた。 これにより『過去かこあじ美化びかしているだけだ』とする現行げんこうとのこうそう発生はっせいすることがままあるが、オリジナルはすでにうしなわれたものであるため真相しんそう不明ふめいである。

なお、現行げんこうのマックスコーヒーのカロリーは100mlあたり48kcal、糖分とうぶんは9.8%ととされているが、これは前述ぜんじゅつ理由りゆうあじうすめた結果けっか数値すうちであることは周知しゅうちのとおりである。オリジナル時代じだい栄養えいよう成分せいぶん公表こうひょうであるが、当時とうじ商品しょうひんもの情報じょうほうによると100mlあたり90kcal、糖分とうぶんは18.3%であったといい、ジョージアマックスコーヒーとはケタ違けたちがいのあまさであったことがこのことからもうかがいることができる。

勢力せいりょく拡大かくだいちゅう[編集へんしゅう]

輸出ゆしゅつ解禁かいきん新宿しんじゅくなどおおくの場所ばしょ目撃もくげきされている。ながときをかけて関東かんとう隅々すみずみまでひろがっていった。近年きんねん焼津やいづなどでもられるが、静岡しずおか市内しないでは静岡しずおか学園がくえん高校こうこう付近ふきん自販機じはんき以外いがいでは目撃もくげきされていない。しかし神聖しんせいもの権威けんい転落てんらく最中さいちゅうにあるコカコーラがこれにわるものいち候補こうほとして熱心ねっしん布教ふきょうすすめており、現在げんざいではなんと関ヶ原せきがはらまでえ、言語げんごことなる地域ちいきにまで勢力せいりょく拡大かくだいしている。それどころか、いまうみこうのつらいものが大好だいすきなくににまで勢力せいりょくばしてしまった。

ジョージアが全面ぜんめん解禁かいきんおこなったことで政府せいふはジョージアがマックスコーヒーによって国民こくみん全員ぜんいんふとらせ日本にっぽん征服せいふく画策かくさくしているのかもしれないと危機ききかんつのらせている。

正規せいきひんとコピーひん見分みわかた[編集へんしゅう]

最近さいきん、マックスコーヒーの人気にんきをつけたコピー商品しょうひん出回でまわっている。 かんそこに「EIB」とあればチバラキ共和きょうわ国産こくさん、ペットボトルのキャップに「EEB」か「WAK」とあれば海老名えびな明石あかし生産せいさんされたパチモノであった。現在げんざいはチバラキ共和きょうわこく支援しえんけた全国ぜんこく各地かくちのボトラー会社かいしゃ食品しょくひん兵器へいきとして大量たいりょう生産せいさんしている。

しん兵器へいき[編集へんしゅう]

  • マックスコーヒーX -
  • マックスコーヒーV -
  • マックスコーヒーZX -
2010年受賞商品全画像.jpg
モンドセレクション最高さいこう金賞きんしょう受賞じゅしょう
マックスコーヒーはベルギー連邦れんぽう本部ほんぶく、製品せいひん技術ぎじゅつてき水準すいじゅん審査しんさする
国際こくさい評価ひょうか機関きかんモンドセレクションの厳正げんせい審査しんさにより、最高さいこう金賞きんしょう受賞じゅしょうしました。
この優秀ゆうしゅう品質ひんしつしょう完全かんぜん独立どくりつした専門せんもんによってそのこう品質ひんしつ表彰ひょうしょうするラベルであり、
消費しょうひしゃならび生産せいさんしゃにとって様々さまざまなメリットのあるしょう認識にんしきされております。

関連かんれん項目こうもく[編集へんしゅう]

Wikipedia
ユーモア欠落けつらくしょう患者かんじゃのために、ウィキペディア専門せんもん気取きどたちが「マックスコーヒー」の項目こうもく執筆しっぴつしています。