ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト

出典しゅってん: へっぽこ実験じっけんウィキ『はち百科ひゃっか事典じてん(アンサイクロペディア)』
モーツァルトから転送てんそう
移動いどうさき: 案内あんない検索けんさく

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトWolfgang Amadeus Mozart, 1756ねん1がつ27にち - 1791ねん12月5にち)はもっと有名ゆうめい変態へんたい作曲さっきょく一人ひとりである。生涯しょうがいつくったきょくかずは1000をゆうにえ、すぎやまこういちORANGE RANGEのNAOTOなどの偉大いだい作曲さっきょくたちに多大ただいなる影響えいきょうあたつづけている。

生涯しょうがい[編集へんしゅう]

マリー・アントワネットせまるうらわかきモーツァルト少年しょうねん
うんこ うんこ うんこ。[1]

オーストリアザルツブルク名家めいかであるモーツァルト長男ちょうなんとしてレオポルト・モーツァルトアンナ・マリア・モーツァルトあいだまれる。ちちのレオポルトは息子むすこ偉大いだい作曲さっきょくにしようとスパルタ教育きょういくほどこす。中途半端ちゅうとはんぱ有名ゆうめいひと自分じぶんげられなかったことを子供こどもたくすことはよくあることであり、非常ひじょう迷惑めいわくかつうまくいかないこともおおい。しかしモーツァルトは天賦てんぷざい開花かいかさせ、「神童しんどう」とばれるまでにそだつ。しかしちち過酷かこくなレッスンはモーツァルトのおさな性格せいかく崩壊ほうかいさせてしまい、表向おもてむきは天才てんさい音楽おんがくうらではウンコマンとして成長せいちょうする。かれがウンコマンとしてそだった背景はいけいにはアンナ・マリアがある。はははレッスンの合間あいまわずかな休息きゅうそくのひとすこしでもたのしいものにしようと魔法まほう言葉ことばウンコ」をおしえ、立派りっぱなウンコマンへのみちへとみちびけいくことへと成功せいこうする。

6さいには生意気なまいきにも演奏えんそう旅行りょこうをするまでになり、ウィーンおとずれたさいにはシェーンブルン宮殿きゅうでんマリア・テレジアまえでも演奏えんそうした。流石さすが緊張きんちょうしたのかモーツァルト観衆かんしゅうまえころんでしまいはじをかいてしまう。神童しんどうやら天才てんさいやらと子供こどものくせにチヤホヤされていたモーツァルトをこころよおもっていなかったその居合いあわせた作曲さっきょくたちだいよろこびであった。しかし「ちょっと男子だんし!やめなさいよ!」とべたのがマリー・アントワネットである。はじめて女性じょせいやさしさにれたモーツァルトははやくもせい目覚めざめをむかえ「結婚けっこんしろ」とせまるが玉砕ぎょくさいしてしまう。

21さいになったモーツァルトはパリへとかう。きょくつくつづけていたもののおおくのひとから「まだやってたの?」とわれる始末しまつでかつての神童しんどうはウィーンへとす。ウィーンではソプラノ歌手かしゅアロイジア・ウェーバーこいち、「ふたりでくれらそっか」なんてってたけどスパルタのおとうさんに反対はんたいされる。結婚けっこんしたいんだけどおとうさんが反対はんたいする、どうしよう。なんてっているあいだにアロイジアはおとこ結婚けっこんし、仕方しかたなくアロイジアのいもうとコンスタンツェ・ヴェーバー結婚けっこんする。しかし彼女かのじょはとてつもない悪妻あくさいであり浪費ろうひであった。このことよりヴェーバーはモーツァルトが求婚きゅうこんしたマリー・アントワネットではなかったのかというせつがある。そんなこともあって「おんなはみんなこうしたもの」という台詞せりふかれオペラにしょっちゅうてくる。

35さいになり見知みしらぬおとこレクイエム作曲さっきょくたのまれる。つまのせいで借金しゃっきん地獄じごくおちいっていたモーツァルトはことわれるはずもなくいやいやむ。しかし体調たいちょうくずたおれてしまい、はやすぎるむかえる。そのため作曲さっきょく途中とちゅうのレクイエムは自分じぶんへのものとなってしまった(笑)かっこわらい

死因しいんには諸説しょせつあるが

  • おさなころころんだツケがきた。
  • 作曲さっきょくたのみにおとこ死神しにがみだった。
  • つまスカトロプレイをしてくれなかった。
  • ベートーヴェンがスカトロプレイをしてくれなかった。

などがげられる。

代表だいひょうてき作品さくひん[編集へんしゅう]

おれしりをなめろ
モーツァルトはウンコ大好だいすきであったがきょく内容ないよう真面目まじめだった。しかしそんなモーツァルトがハメをはずした作品さくひん。「おれのしり しりなめろ しりなめろ」と低俗ていぞく歌詞かしつまへのうったえだとわれている。
トルコ行進曲こうしんきょく
「ティアララルン ティアララルン」で有名ゆうめいきょく。ベートーヴェンも同名どうめいきょくをつくっており(中身なかみていないが)非常ひじょうまぎらわしい。どのあたりが「トルコ」なのかはいまだにわかっていない。
アイネ・クライネ・ナハトムジーク
非常ひじょう有名ゆうめいきょくひとつ。ス製薬すせいやくバスロマンCM有名ゆうめいだが、男性だんせい場合ばあいにごった湯船ゆぶねなか乳首ちくびえないか必死ひっしで、BGMにをつかっている場合ばあいではない。名前なまえながおぼえにくいのもマイナスだけど、アイネクライネナハトムジーク(Eine Kleine Nachtmusik)ってのは英語えいごでa small night music、つまり「ちいさなよる音楽おんがく」のことね。
交響こうきょうきょくだい41ばん長調ちょうちょう(ジュピター)
もちろん作曲さっきょくしゃ自身じしんまったあずからぬことではあるが、何故なぜか21世紀せいき日本にっぽんいてはグスターヴ・ホルストさく間違まちがわれることがあり、その理由りゆうについては欧米おうべい音楽おんがく学者がくしゃたちによる不断ふだん研究けんきゅうにもかかわらず、いまだに解明かいめいされていない。
フィガロの結婚けっこん
オペラ。マリー・アントワネットが原作げんさくきだったという情報じょうほうがあり、彼女かのじょへのこう感度かんど上昇じょうしょうのためつくったのではないかとわれているが、それがおもわぬヒットを記録きろく。これにはこれにはモーツァルトもおもわず苦笑にがわらい。
以下いかネタバレだがその内容ないようは、伯爵はくしゃくしたはたらいてるフィガロは職場しょくば仲間なかまのスザンナと結婚けっこんするが、上司じょうし伯爵はくしゃくが「初夜しょやけんおれにあるんだぜスザンナ、結婚けっこんするまえ一発いっぱつやらせろよ。」って無理強むりじいする。フィガロのほうにはマルチェリータっておばさんが「フィガロ、あんたわたしから借金しゃっきんしてるんだからかえせないならわたし結婚けっこんしなさい。」ってってくる。途中とちゅうでヤリチンのケルビーノが軍隊ぐんたいおくりになるのをフィガロがざまあwwwwするとかまあ色々いろいろあるんだけど、オチは求婚きゅうこんしてたマルチェリータっておばさんがフィガロの母親ははおやだった。という凡百ぼんぴゃくのエロゲとはくらものにもならない本物ほんもの変態へんたいたるモーツァルト渾身こんしんのストーリー。これをましたかおこうそうなふく貴婦人きふじんたちがどしどしては終幕しゅうまくにブラボーブラボーうのがたのしめる、クラシック初心者しょしんしゃにもおすすめの作品さくひん

注記ちゅうき[編集へんしゅう]

  1. ^ 恐妻きょうさいによるストレス解消かいしょうのためアナニーこころみたらぼうのようなもののれをこころみるたびにうんこがき、あらってもあらってもなおうんこがつづけたことにたいおどろきあきれたという記述きじゅつ

関連かんれん項目こうもく[編集へんしゅう]

Wikipedia
ユーモア欠落けつらくしょう患者かんじゃのために、ウィキペディア専門せんもん気取きどたちが「ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト」の項目こうもく執筆しっぴつしています。