ラピュタ帝国ていこく

出典しゅってん: へっぽこ実験じっけんウィキ『はち百科ひゃっか事典じてん(アンサイクロペディア)』
移動いどうさき: 案内あんない検索けんさく

ラピュタ帝国ていこく (Laputa Empire) は、1726ねん発行はっこうされたジョナサン・スウィフトあらわしたガリヴァー旅行りょこうだいさんへん登場とうじょうする王国おうこくひとつである。

国名こくめい由来ゆらいはスペインの"La Puta"(売春ばいしゅん)。 イギリス歴史れきしのこ皮肉ひにくスウィフトが、英国えいこくもっとふる学会がっかいである王立おうりつ協会きょうかいと、アイザック・ニュートン風刺ふうしするためにいたとされる。

概要がいよう[編集へんしゅう]

アイルランド食糧しょくりょう問題もんだい解決かいけつするために、あかぼうをスープにしようと論文ろんぶんいた人間にんげんが、科学かがくバカがなかにどんな影響えいきょうあたえるかを事細ことこまかにえがいたのがこのラピュタ帝国ていこく姿すがたである。

そんなわけのからん場所ばしょるのがいつものおさわがせおとこ、ドクター・ガリヴァー。小人こどもくに巨人きょじんくにたびしてきたかれが、今度こんどたどりいたのは、日本にっぽんのはるかひがし位置いちし、以前いぜん肥沃ひよくくにだった島国しまぐにバルニバービと、そのうえかぶ首都しゅとラピュタだった。

ストーリー[編集へんしゅう]

いつものことながら漂流ひょうりゅうちゅうのガリヴァー。そんなかれたすけたのは、今度こんど巨大きょだいな「そらしま」ラピュタだった。そこは、島国しまぐにバルニバービの首都しゅと国王こくおう宮廷きゅうていであり、底部ていぶのアダマント(想像そうぞうじょう鉱物こうぶつ)に連結れんけつされた巨大きょだい天然てんねん磁石じしゃく磁力じりょくによって、磁鉄鉱じてっこう豊富ほうふなバルニバービこく領空りょうくう自在じざい移動いどうすることが出来できる。

普通ふつう磁石じしゃくならくっつくんじゃないかとおもうな。これは寓話ぐうわだ。

ラピュタのぜん市民しみん科学かがくしゃである。全員ぜんいん、ガリヴァーよりもずっとあたまがいい。しかし、実際じっさいのところ住民じゅうみんはみなつね科学かがくについて沈思ちんし黙考もっこうしているためマトモな生活せいかつができず、いつもなにかについてかんがつづけているため、だれかがあたまたたかなければづかず、はなしもできなければうごこうともせずなに出来できない。そのため、ラピュタに関係かんけいする人間にんげん自分じぶんかんがえばかりとおし、まわりの人間にんげん迷惑めいわくかんがえようとしない。

これがおおまかなストーリーになる。

作品さくひん趣旨しゅし[編集へんしゅう]

この寓話ぐうわなかで、作者さくしゃスウィフトは当時とうじ勃興ぼっこうしはじめていた啓蒙けいもう思想しそう科学かがくかみ)を批判ひはんしている。作者さくしゃ科学かがく人類じんるい貢献こうけんすべきであるという見解けんかいっており。したがって直接ちょくせつ人類じんるい貢献こうけんしない、まったく人間にんげんにはからない仮説かせつてき科学かがく知識ちしきは、スウィフトのかんがえでは無用むよう学問がくもんであり(それはニュートンの大本おおもとだったが)、生活せいかつがよくもならない研究けんきゅう名誉めいよかねあたえることを軽蔑けいべつしていた。もっとも、その、ニュートンの学説がくせつ名誉めいよかねあたえるにしかるべき発展はってんげたが。

ラピュタ帝国ていこく歴史れきし[編集へんしゅう]

地上ちじょうのバルニバービは本来ほんらいゆたかなくにであったが、天上てんじょう首都しゅとラピュータに搾取さくしゅされる存在そんざいであり、その住民じゅうみんには生気せいきがなく最大さいだい都市としラガードはてている。バルニバービ各地かくちでは領主りょうしゅ貴族きぞく農民のうみんがたびたび反乱はんらんこすが、そのたびに国王こくおうはラピュータを反乱はんらん上空じょうくう急行きゅうこうさせ、太陽たいようあめをさえぎり、ばちとしてその農業のうぎょう破滅はめつさせ飢餓きがやまいあたえる。都市としこる反乱はんらんはラピュータが上空じょうくうから投石とうせきし、さらにまちごとつぶして鎮圧ちんあつする。これらのくだりは、ロンドンに搾取さくしゅされるアイルランドを、また当時とうじ実際じっさいにアイルランドでこった反乱はんらん反映はんえいしているとされる。また、バルニバービにはラピュータに上京じょうきょうしてラピュータしき科学かがく完全かんぜんにかぶれて帰郷ききょうしたもの多数たすうおり、せっかくの肥沃ひよく田園でんえん地帯ちたい更地さらちにし、伝統でんとうてき農法のうほうをやめてラピュータで開発かいはつされた実験じっけんてきな(まった実用じつようてきとはおもわれない)農法のうほう実現じつげんすべくはげんでいるため、国土こくど荒廃こうはいしたままである。

本来ほんらい島国しまぐにであったバルニバービはゆたかな国土こくどていたが、おう科学かがくしゃたちがラピュタをそらばし、そらからバルニバービを搾取さくしゅするようになると一転いってんしてまずしいくにへと変貌へんぼうする。これは、ラピュタがバルニバービの反乱はんらん科学かがくちからしつぶし、てはまちごとしつぶしばちとしてつね飢饉ききん疫病えきびょうあたえるためである。また、バルニバービからラピュタへ最先端さいせんたん科学かがくまなびにいったものも、その最先端さいせんたん科学かがくにより肥沃ひよく大地だいち荒廃こうはいさせてしまうなど、まったく科学かがく無用むよう長物ちょうぶつとしてえがかれている。

ラピュタ帝国ていこくぐん[編集へんしゅう]

ラピュタ帝国ていこくぐんだい規模きぼ軍事ぐんじりょく保有ほゆうしているが、とりわけその音楽おんがくたい存在そんざいかんおおきい。地上ちじょう国家こっか日本にっぽん武道ぶどうかんにおける、800にんによる「きみをのせて」のだい合唱がっしょうは、“最高さいこうのショー”だとだい好評こうひょうだった。

関連かんれん項目こうもく[編集へんしゅう]