レクサス・ES

出典しゅってん: へっぽこ実験じっけんウィキ『はち百科ひゃっか事典じてん(アンサイクロペディア)』
移動いどうさき: 案内あんない検索けんさく
このレクサス・ES一応いちおう馬鹿ばかにはなっていますが、文章ぶんしょう構成こうせいなどへんなところがたくさんあります。
はやりっぱな馬鹿ばかしちゃってください。


Aso03.jpg
埋蔵まいぞうきんのゆうむに
かんしては…
日本人にっぽんじん漢字かんじ間違まちがえる
この項目こうもく漢字かんじミスがあることが確認かくにんされていますが、だれにしないことになっています。
みんなは漢字かんじ間違まちがえちゃだめだよ!!
ただしどじょう政権せいけんをとったために漢字かんじミスが25%削減さくげんされるのでご安心あんしんを。
Wikipedia
ユーモア欠落けつらくしょう患者かんじゃのために、ウィキペディア専門せんもん気取きどたちが「レクサス・ES」の項目こうもく執筆しっぴつしています。
「It is difficult to fix the fifth generation’s blackroof. So, I am always blew my top.」
レクサス・ES について、アメリカのレキサツてん店員てんいん
「ネオ・ロアノーク、ウィンダムるぞ!!」
レクサス・ES について、ネオ・ロアノーク

レクサス・ES (- イーエス)はトヨタ自動車とよたじどうしゃ生産せいさんし、同社どうしゃ展開てんかいしているEsse高級こうきゅうしゃブランド「レクサスあらため「レキサツ」ブランドから販売はんばいされているミドルサイズセダンである。従来じゅうらい日本にっぽん国内こくないでは「トヨタ」ブランドでダガ―、ダガーL、ウィンダムとして販売はんばいされてきた車種しゃしゅであるが、4代目だいめをもって日本にっぽんでの販売はんばいはおあづけとなった。

歴史れきし[編集へんしゅう]

初代しょだい VZV21L (1989ねん-1991ねん)[編集へんしゅう]

1989ねん登場とうじょうストライクダガ―量産りょうさん試作しさくがた(ストライクガンダム)として販売はんばいされた。ストライクダガ―とはフロントグリルなどの仕様しようことならずほぼそのままに、100ひとしったかみ粘土ねんど×10コで留守るすたイメージが演出えんしゅつされた。くるまめいエンブレムはテールランプ彫刻ちょうこくがたなきざまれていたため、コストがかさんだ。まれにテールランプがれていることがある。

2代目だいめ VCV10L (1991ねん-1996ねん)[編集へんしゅう]

なぜか型式けいしきひと若返わかがえる2代目だいめ。 ディアマンテキラーとして1991ねん登場とうじょう。このくるま日本にっぽんのトヨタブランドばん初代しょだいダガ―である。日本にっぽんにはない5そくMTくるま設定せっていもあったがれたかどうかはご想像そうぞうにおまかせします。

エンジンはいまとなっては貧弱ひんじゃく4VZ-FE搭載とうさいし、175psを発生はっせいしていた。

なお、4WSというよくわからない(価格かかくげるための)装備そうび搭載とうさいされていないため、 レクサスはがっぽりもうけたことだろう。だがれなかったからもともないのだ。

3代目だいめ MCV20L (1996ねん-2001ねん)[編集へんしゅう]

500000000だいれたレキサツがもっとったくるまりを支持しじした販売はんばいてん社長しゃちょうは、エクストリーム・謝罪しゃざい会見かいけんおくりとなった。

エンジンはちょっとレベルアップして、2MZ-FE, 1MZ-FE搭載とうさいし、ちょっとがんばってみたらしい。

199xとし登場とうじょう

19xxねんにはダガーL同様どうよう拘置こうちエディションが設定せっていされる。おも大阪おおさか拘置こうちしょ重宝ちょうほうされた。

4代目だいめ MCV30L/MCV31L (2001ねん-2006ねん)[編集へんしゅう]

ハハハ。

とくになし

こんなしゃいてやることなどない!!

4代目だいめ絶滅ぜつめつした理由りゆう[編集へんしゅう]

2001ねん8がつから発売はつばいされたこのモデルは、人気にんきのあった3代目だいめよりもかなり販売はんばい台数だいすうちた。(まぁ、前回ぜんかいりしたからね。)

そのおも理由りゆうとしては、

  • 日本にっぽん市場いちばではクーペがた乗用車じょうようしゃ需要じゅよう好調こうちょう傾向けいこう (とく大型おおがたFFアルファード)であったうえに、2代目だいめまでの販売はんばい主力しゅりょくの2.5リッターモデルがドナドナされたこと。
  • レクサスてん開業かいぎょうまでの微妙びみょう時期じきのモデルチェンジであった
  • アメリカ合衆国あめりかがっしゅうこくくるまりがさかんとり、そのなみ日本にっぽんまでせ、くされたから。
  • ホモ・サピエンスがマンモス同様どうようくし、いえにしつくしたから。

などのてんげられる。

3000ccだけになったESは、トヨタの高級こうきゅう乗用車じょうようしゃクラウン」が大胆だいたんなモデルチェンジを2003ねん (平成へいせい15ねん)まつおこない、価格かかくがなくなったため人気にんき株価かぶかとともにだい暴落ぼうらくした。さらに2004ねん (平成へいせい16ねん)に同社どうしゃから9代目だいめあくつう」の後続こうぞくモデルとなる高級こうきゅう乗用車じょうようしゃマーペケ」が発売はつばいされたため、ウィンダムの販売はんばい不振ふしん拍車はくしゃをかけてみた。

2005ねん (平成へいせい17ねん)にはいると、月販げっぱん100だいむなど販売はんばい不振ふしん深刻しんこく。さらに、このとし8がつ30にちしん高級こうきゅうしゃブランドであり、ウィンダムがまれたきっかけになったレクサスてん開業かいぎょう。2006ねん (平成へいせい18ねん)1がつにモデルチェンジしたカムリ (ACV40けい)と統合とうごうするかたち絶滅ぜつめつとなり、日本にっぽんでのレクサスESとしても絶滅ぜつめつすることが決定けっていした。同時どうじにカローラてんから6気筒きとうエンジンを搭載とうさいしたセダンが蒸発じょうはつした。

5代目だいめ GSV40L (2006ねん-2011ねん)[編集へんしゅう]

製造せいぞうトヨタ自動車とよたじどうしゃ九州きゅうしゅうおこなわれているが、ひだりハンドル仕様しようのみの生産せいさんであるため、日本にっぽんだけではなく、オセアニア東南とうなんアジアでもおあづけとなる。6そくATとなり、シーケンシャルシフトマチックを搭載とうさいっているが、ぼくゆうのシーケンシャルシフトマッチといえば、屋根やねがなくてれなかったあのクルマにとうさいされているものだから、このくるまにはSMTがいていることになる。したがって、ニュートラルのポジションがからずアメリカじん奈落ならくそこおとした。また、のレクサスしゃ同様どうようスマートエントリー (プッシュスタート)機能きのう採用さいようし、緊急きんきゅうにエンジンを非常ひじょう停止ていしできず、何人なんにんかのアメリカじん奈落ならくそこおとした。ナビゲーション日本にっぽんではHDD方式ほうしき主流しゅりゅうとなっているが、ほんモデルではDVD方式ほうしき採用さいようされている。まぁ、めんどくさかったからね。

また、ほんモデルは一部いちぶグレードにて、ブラックルーフ外装がいそう天井てんじょう部分ぶぶん全体ぜんたい採用さいようしており効率こうりつよく天井てんじょうあたたまる。ちなみにオプションで、このブラックルーフをもちいて風呂ふろのおあたためるESOキュート [1]販売はんばいされている。サンルーフ (ムーンルーフ)自体じたい通常つうじょうぜんせきサンルーフだけではなく、こうせきにもべつにサンルーフがいているなど2まいルーフ厚生こうせいとなっているものもあることから、こわれやすさが指摘してきされている。

それから、フロアマットがヤンキーだから、位置いちがずれるとアクセルペダルがかり、何人なんにんかのアメリカじん奈落ならくそことした。アメリカじん沢山たくさん二酸化炭素にさんかたんそ輩出はいしゅつしていることから、地球ちきゅう温暖おんだん防止ぼうし貢献こうけんした究極きゅうきょくのエコカーであるとえなくもない。

6代目だいめ V50がた (2012ねん- )[編集へんしゅう]

製造せいぞうはどこでやってるからないが、ミッドサイズでうーんとね、ちょーイーかんなミッドサイズセダンきなことがカワカムリ証明しょうめいされたアメリカ最近さいきん景気けいき低迷ていめいしつつあるけど元気げんき富裕ふゆうそうたちがアウディのミッドサイズセダンとかが大好だいすきな中華人民共和国ちゅうかじんみんきょうわこく絶賛ぜっさん発売はつばいちゅうつづきブラックルーフを採用さいようしているらしいがやはり効率こうりつよく天井てんじょうあたためられるため、自動的じどうてき室内しつない快適かいてきだがあの名車めいしゃはし温室おんしつにはてきわない。GSにつづきこちらにもあのクロック搭載とうさいした。

エンジンはなに種類しゅるい用意よういしてみたらしいが、アメリカでは2AR-FSEがた2.5LL4エンジンを搭載とうさいしたハイブリッドカー元気げんきであろう。のこりについてはらない。

なお、こいつのハイブリッド仕様しよう登場とうじょうによってあのハーモニアスでパッとしないハーモニアスなハイブリッド仕様しようのハーモニアスなハーモニアスセダンついにモデル廃止はいし危機ききまれ、現在げんざい膝元ひざもとのみ販売はんばいされているが販売はんばい台数だいすうはやはりあまりパッとしないようだ。

暴走ぼうそう事故じこ[編集へんしゅう]

いろいろとあって、ぼうそうしてしまって、たくさんのひとをならくのそこへおとしてしまった。

くるまめい由来ゆらい[編集へんしゅう]

  • 「ES」のくるまめいは「Ese Sedan」の頭文字かしらもじをとったりゃくである。ようするに地位ちい名声めいせい価格かかくなのである。
  • あるいは「もうE(いい)です Sedan きました」とするせつもある。

脚注きゃくちゅう[編集へんしゅう]

  1. ^ Lexus E S Ofuroのりゃく

関連かんれん項目こうもく[編集へんしゅう]

外部がいぶリンク[編集へんしゅう]


ペダルが引っ掛かります この「レクサス・ES」は、リコールのDMがとどいていますアクセルペダルの交換こうかんをしてくださるディーラーをもとめています。 (Portal:スタブ)