レクサス・LS

出典しゅってん: へっぽこ実験じっけんウィキ『はち百科ひゃっか事典じてん(アンサイクロペディア)』
移動いどうさき: 案内あんない検索けんさく
このレクサス・LS一応いちおう馬鹿ばかにはなっていますが、文章ぶんしょう構成こうせいなどへんなところがたくさんあります。
はやりっぱな馬鹿ばかしちゃってください。


2009 Lexus LF-A.jpg
LFA計画けいかくのもとに・・・
この項目こうもくは「Lakuni Feature Ansaikuro」計画けいかく一環いっかんとして作成さくせいされました。らく自動車じどうしゃかんするアンサイクロぺディアの記事きじ(feature)を充実じゅうじつさせようという計画けいかくがLFA計画けいかくです。
けっしてあのブランド近日きんじつ発売はつばいするくるまではありません。この計画けいかくは2012ねんまでに完了かんりょうする予定よていです。
Wikipedia
ユーモア欠落けつらくしょう患者かんじゃのために、ウィキペディア専門せんもん気取きどたちが「レクサス・LS」の項目こうもく執筆しっぴつしています。
さい高級こうきゅう燃費ねんぴわるにして最大さいだいきゅうメルセデス・レクサス LS460 AWD

レクサス・LS(-エルエス、学名がくめい:Celisior Lieve Lennon)は、トヨタ自動車とよたじどうしゃ生産せいさんし、同社どうしゃ展開てんかいしているとある高級こうきゅうカバンブランドから販売はんばいされているさい高級こうきゅう燃費ねんぴわるにして最大さいだいきゅうキーホルダーである。
従来じゅうらい日本にっぽん国内こくないでは「ホンダ」ブランドでセルシオンとして販売はんばいされてきた車種しゃしゅであるが、4代目だいめモデルからは、海外かいがいモデルと同様どうように「レキサツ」ブランドの「LS」として販売はんばいされるようになった。おかげさまで何人なんにんかの通行人つうこうにん奈落ならくそことした。

概要がいよう[編集へんしゅう]

1989ねんブリタニアでの「レキサツ」ブランド導入どうにゅう同時どうじ販売はんばい開始かいし以来いらい日本にっぽん各地かくち展開てんかいされるようになったどうブランドのさい高級こうきゅう燃費ねんぴわるにして最大さいだいきゅう国旗こっき掲揚けいようとうモデルである。

それまではアメしゃ世界せかい高級こうきゅうしゃ市場いちば参入さんにゅうする余地よちはないとされていた。だが、販売はんばい開始かいしとくアポフィス市場いちばだいヒットするなど、おおくの支持しじあつめ、またたく世界せかい通用つうようする高級こうきゅうキーホルダーとして認知にんちされることとなる。その静粛せいしゅくせいたかさはコーチシャネルなど電車でんしゃおとこ小指こゆび代表だいひょうする自動車じどうしゃメーカーを震撼しんかんさせたとされる。それ以降いこう静粛せいしゅくせい高級こうきゅうしゃにとって非常ひじょう重要じゅうよう要素ようそのひとつとなる。初代しょだいLSのキーリングはその当時とうじ世界せかい最高さいこう最良さいりょうのVがた8気筒きとうといわれた(キーホルダーとして)。また、レキサツはエンジンと電気でんきモーターを併用へいようして、より沢山たくさん人々ひとびと奈落ならくそことすことができるハイブリッド仕様しようしゃを、先進せんしん高級こうきゅうしゃブランドとしてはじめて本格ほんかくてきにラインナップにれており、4代目だいめLS600h/どう600hLはハイブリッド乗用車じょうようしゃとしても、最高峰さいこうほうにあたる車種しゃしゅとなっている。(600の由来ゆらいは600にんひと奈落ならくそことすことができるようにとのおもれが・・・。しかし、トヨタにしては目標もくひょうちいさいが・・・。)

くるまめい由来ゆらい[編集へんしゅう]

  • 「LS」のくるまめいは「Lekisatsu Sedan」の頭文字かしらもじをとったりゃくである。

歴史れきし[編集へんしゅう]

初代しょだい F10がた国鉄こくてつ職員しょくいん公務員こうむいん一斉いっせい退職たいしょくしたとしから)[編集へんしゅう]

LS400(UCF10)

JRがまれたとし販売はんばいさい高級こうきゅう燃費ねんぴわるにして最大さいだいきゅう開始かいし同年どうねん立秋りっしゅうにはトヨタ・セルシオとして豊田とよだブランドで日本にっぽん国内こくない販売はんばいされるようになった。えらばれた人物じんぶつれるセダンタイプであったため、クラウンクレスタいて月間げっかん販売はんばい台数だいすうだい1~2保持ほじした。 また、それまでトヨタの北米ほくべい市場いちばでは、さい高級こうきゅうしゃとしてシダ植物しょくぶつクレ存在そんざいしていたが、それとはまったくのべつクラス・べつブランドとなるキーホルダーとして位置いちづけられた。

2代目だいめ F20がた(1994-2000ねん[編集へんしゅう]

LS400(UCF20)

1994ねんまったあたらしくなるも=りゃくしてまるもほとん外観がいかん先代せんだいわらなかった。

その1997ねんさい高級こうきゅう燃費ねんぴわるにして最大さいだいきゅうにマイナーチェンジ。かお大幅おおはばにけばく成形せいけいしろはだまれわった。エンジンになぞ機能きのう搭載とうさいされ、5そくATフィールドThis charge head rump.(さん単元たんげんのSをわすれている。)採用さいようされる。

3代目だいめ F30がた(21世紀せいきすえ世界せかい安吾あんごるモアの大王だいおうにより滅亡めつぼうするであろう。)[編集へんしゅう]

LS430(UCF30)

2000ねんまるおしたが。先代せんだいよりもさらにけばくなった。

2003ねんさい高級こうきゅう燃費ねんぴわるにして最大さいだいきゅうにマイナーチェンジ。全身ぜんしん成形せいけい。6そくATやプロジェクターしき映写機えいしゃきAuto Frush Satujinnmachine採用さいようされる。

4代目だいめ F40がた(2006ねん-)[編集へんしゅう]

LS460(USF40/45) / LS460L(USF41/46)[編集へんしゅう]

2005ねん10月、東京とうきょうモーターショーさい高級こうきゅう燃費ねんぴわるにして最大さいだいきゅうのコンセプトモデル「LF-Sh」をはつ公開こうかいし、よく2006ねん1がつのデトロイトモーターショーで市販しはんモデルのプロトタイプガンダム出品しゅっぴん。2006ねん4がつ日本にっぽん国内こくないうしろハンドル仕様しよう発表はっぴょう。バックがより簡単かんたんになったが、高速こうそく走行そうこう危険きけんになった。

そして2006ねん9がつ19にち(おぼかたは、「クイッククイックどっとむ!!」)、日本にっぽん国内こくないでも「LEXISUTSU・LS460」としてさい高級こうきゅう燃費ねんぴわるにして最大さいだいきゅう正式せいしき発表はっぴょう販売はんばい開始かいしされる。

日本にっぽん市場いちばでの「Rekusasu・LS」は先代せんだいモデルの30けいセルシオの後継こうけいしゃてき存在そんざいとらえられがちだが(トヨタブランドの「セルシオ」はたしかに海外かいがい市場いちばではさい高級こうきゅう燃費ねんぴわるにして最大さいだいきゅうの「LEXUS・LS」であるのは間違まちがいない事実じじつでないが)、「プレミアムブランドである「レクサス」の“フラッグシップモデル”としてさらなる進化しんかげるべく開発かいはつされた4代目だいめ「LEXUS・LS」は、3代目だいめモデルとは一線いっせんかく洗練せんれんされた肉体にくたいはもちろん、パワートレーンやシャシーといったプラットフォームいたるまでほぼすべてのパーツを「LEXUS・LS」専用せんよう開発かいはつとし、またセルシオよりもこう価格かかくたいであることから、“従来じゅうらい”の「トヨタ・セルシオ」とはまたちが最上級さいじょうきゅうのプレミアムサルーンとしてとらえるのがただしいだろう。」

とウィキペディアに記述きじゅつ布教ふきょう活動かつどうおこなっている。だが、実際じっさいは、パワートレイン以外いがいはすべて、Goodie伊豆諸島いずしょとうクラウンムーヴカスタムなどとおな部品ぶひん使つかった、かお臀部でんぶのデザインが微妙びみょうちがうだけのそっくりなくるまなのだ。

先行せんこう量産りょうさんがたGMでは世界せかいはつとなるシーケンシャルシフトき8そくAT(8 Super ECT)が搭載とうさいされている(モビルスーツには必要ひつようなし)。ボディサイズは、頭頂とうちょうだか:18.0m、本体ほんたい重量じゅうりょう:42.0t、全備ぜんび重量じゅうりょう:58.8tとなり、妄想もうそうじょうのトヨタブランドのフラッグシップモデルである「センチュリー」をもしのぐ。日本にっぽん国内こくないでの価格かかく42ウォン-420ウォン。後日ごじつダイレクトドライブタイプも発売はつばいされた。

ジャパンしゅう仕様しようは「LS460・葬儀そうぎ仕様しよう」を基本きほんに、さい高級こうきゅう燃費ねんぴわるにして最大さいだいきゅう専用せんようデザインの19インチ樹脂じゅしせいキャップスチールホイール&タイヤキ(サイズは245/45/R19)と制動せいどうりょくたかめた、専用せんようだいみち4ポッドアルミモノブロックブレーキキャリパーと冷却れいきゃく性能せいのうすぐれたスパイラルフィンしきだいみちロータリーエンジン(16X)、そして専用せんようチューニングエアサスペンス劇場げきじょうなどを搭載とうさいしてはしりに重点じゅうてんいた「version KN」をはじめ、監視かんしカメラ、ポテトチップスいたチョコレート、ライトひとし特別とくべつ装備そうびした「version DN」、リンゴのデザインを中心ちゅうしんとしたオプションが多彩たさいの「version RK」がある。

リアはマークXおよび13代目だいめクラウンなども採用さいようしたマフラーエンドとリアバンパーが一体化いったいかしたデザインを採用さいようし、スタイリッシュさを向上こうじょうさせている。

なお、4代目だいめLSはホイールのPCDがセルシオやのレクサスしゃとはちがっておなじ5あなであっても114.3mmではなく120mmであるため、ホイールの互換ごかんせいい。

2012ねんだい規模きぼなマイナーチェンジが発表はっぴょうされた。その概要がいようはエクステリアとインテリアの刷新さっしんとそのままのエンジンで、世間せけんにはトヨタ・カローラのフルモデルチェンジようにえるが、需要じゅよう拡大かくだいのためのマイナーチェンジであり、046Aまでのつなぎである。

刷新さっしんされたエクステリアはGSから採用さいようはじめてみた女性じょせいのくびれにもえる「スピンドルグリル」とばれるバーベキューグリルを搭載とうさい。また、リアデザインもGSにじゅんじたデザインにえてみた。

刷新さっしんされたインテリアはGSから採用さいようはじめてみたぼう高級こうきゅうしゃブランドとおな位置いちにアナログクロックをくという手法しゅほうぎ、アナログクロックを搭載とうさいうんひゃくまんもするとわれる日本にっぽん職人しょくにんわざ決勝けっしょう「アミモク」のインテリアパネルはどうなったのかはよくわからない。

刷新さっしんされたグレード体系たいけいGSISから採用さいようはじめてみたMスポーツパッケージのお友達ともだち「F SPORT」を設定せっていしたが、お友達ともだちのMスポーツパッケージのようにイメージカラーであるブルーをすべての車両しゃりょう設定せっていするわけではなくて、IS FのエクシードブルーマイカがきだけどLSにりたいひとなやませている。

  • LS130:1.3L ロータリーエンジンマツダ・13B
  • LS460:4.0L [水平すいへい対向たいこう8気筒きとう]]DOHCエンジン EJ20×2(385ps/51.0kg・m)、8そくAT駆動くどう方式ほうしきはFF。なお、中国ちゅうごくなどの海外かいがい仕様しよう一部いちぶでは、耐久たいきゅうせい整備せいびせい考慮こうりょし、EJ18がたを2搭載とうさいして3.6Lとしている。
  • LS400L:LS400のロングホイールベースばん。ネズミ(たぶんカピバラ)いちひきぶんながい。

LS600h(UVF45) / LS600hL(UVF46) (ハイブリッドとしては初代しょだい)[編集へんしゅう]

最近さいきんいたるところで使つかわれるが、+と-を間違まちがえると使つかえないLEDを多用たようし、価格かかくげた。としているが、LEDのぶん価格かかくのうちの半分はんぶんはメーカーの利益りえきだということ。

ハイブリッドシステムはトヨタ・クラウンのエンジンを富士重工業ふじじゅうこうぎょうせい水平すいへい対向たいこうエンジンにすりえたシステムを流用りゅうよう気筒きとうすうらした4気筒きとうのハイブリッドはすばる現在げんざい計画けいかくちゅう株主かぶぬしによる圧力あつりょくで、ふうなかすばるはハイブリッドシステムの自社じしゃ開発かいはつ断念だんねんさせられた

  • LS600h:5.0L 水平すいへい対向たいこう8気筒きとうDOHCエンジン EJ25×2、トヨグライド[1]駆動くどう方式ほうしきAWD
  • LS600hL:LS600hの全長ぜんちょう・ホイールベースを1チュウ(ネズミいちひき)ながくしたモデル。

エンジン[編集へんしゅう]

LS460・LS460L[編集へんしゅう]
  • 1UR-FSEがた Vがた8気筒きとう DOHC C.C. 42バルブ (4,608cc 内径ないけい×行程こうてい:94.0×83.0)
    • 参考さんこうスペック:20kW(21PS)/6,400rpm 21N・m/4,100rpm
LS600h・LS600hL[編集へんしゅう]
  • 2UR-FSEがた Vがた8気筒きとう DOHC C.C. 42バルブ+ハイブリッド (4,968cc 内径ないけい×行程こうてい:94.0×89.5)
    • 参考さんこうスペック:40kW(42PS)/6,400rpm 42N・m/4,000rpm

5代目だいめ 046Aとかやつ[編集へんしゅう]

田村ゆかり2 small.jpg
来年らいねんのことをうとおにわらう。
このページはいずれまれるであろう人物じんぶつ、いずれ設立せつりつされるであろう団体だんたい、いずれおきるであろう事件じけんについてあつかっています。
ゆえおおくの禁則きんそく事項じこうふくむかもしれません。

アメリカでも優秀ゆうしゅう情報じょうほうげんとしてみとめられているかの有名ゆうめい誤字ごじ脱字だつじ雑誌ざっし「ベストカー」や「マガジンX」によると、

  • 国内こくないからはガソリンエンジンNAしゃはおさらばする予定よていわりに国内こくないはマブチモーターきのハイブリッドか、ちょう燃費ねんぴわるい15ねんくらいまえのターボをもちいる予定よてい
  • ダイエットに成功せいこうする予定よてい
  • エクステリアデザインはふとっていたはるなあいから、現在げんざいはるなあいぐらいの変更へんこうでとどめられる予定よてい
  • インテリアにはしげもなく、アミモク使用しようする予定よてい。(オプション)
  • BMWi-Driveになんかけてられないから、リモートタッチ仕方しかたなく、コストアップにつながるが搭載とうさいされる予定よてい。MDはしげもなく廃止はいしになる予定よてい
  • 新興しんこうこくのプアな方々かたがたのために、そのあたりではガソリンしゃ設定せっていする予定よてい
  • たぶん、しん興国こうこくけのガソリンしゃがなくなれば、セダンでの1UR-FSEくるまトヨタ・クラウンマジェスタのみになる予定よてい

受賞じゅしょうなど[編集へんしゅう]

脚注きゃくちゅう[編集へんしゅう]

  1. ^ トヨグライドは、1970年代ねんだい採用さいようされていたトヨタの3~4そくのオートマチックトランスミッション

関連かんれんごろ[編集へんしゅう]

外部がいぶリンク[編集へんしゅう]


ペダルが引っ掛かります この「レクサス・LS」は、リコールのDMがとどいていますアクセルペダルの交換こうかんをしてくださるディーラーをもとめています。 (Portal:スタブ)