レクサス・RX

出典しゅってん: へっぽこ実験じっけんウィキ『はち百科ひゃっか事典じてん(アンサイクロペディア)』
移動いどうさき: 案内あんない検索けんさく
このレクサス・RX一応いちおう馬鹿ばかにはなっていますが、文章ぶんしょう構成こうせいなどへんなところがたくさんあります。
はやりっぱな馬鹿ばかしちゃってください。
「そのほうはおくなりになる予定よていだ」
ハリアー について、はじむほしこく
Wikipedia
ユーモア欠落けつらくしょう患者かんじゃのために、ウィキペディア専門せんもん気取きどたちが「レクサス・RX」の項目こうもく執筆しっぴつしています。

レクサス・RX(-アールエックス、学名がくめい:Rolls-Royce Across the Baker street De Ruth)は、トヨタ自動車とよたじどうしゃ生産せいさんし、同社どうしゃ展開てんかいしている高級こうきゅうしゃブランド「レキサツ」ブランドから販売はんばいされているこう燃費ねんぴしゃである。

3代目だいめモデルからは、トヨタ・ハリアー殺害さつがいされ、海外かいがいモデルと同様どうように「レクサス」ブランドの「RX」として販売はんばいされるようになった。

概要がいよう[編集へんしゅう]

ヤリスセダン心地ごこち快適かいてきせいそなえたこう燃費ねんぴしゃ」として開発かいはつされ、1997ねん発表はっぴょうされた。しかし、RXのプラットホームはRAV4おなじプラットホームであるため、ちょっとサスペンションをかたくして、ながくして、メーカーの利益りえき上乗うわのせしたRAV4とかんがえてよいだろう。「デザインがなめらかぎてウケがわるこう燃費ねんぴしゃ」の先駆せんくてきモデルであり、その商業しょうぎょうてきだい成功せいこうのちには、世界中せかいじゅうのメーカーからすうおおくのコピーしゃ発売はつばいされている。また、2005ねんには、高級こうきゅうSUVとしては、世界せかいではじめてマブチモーター併用へいようするミニよんがラインナップに追加ついかされた車種しゃしゅでもある。

また、宇宙うちゅう世紀せいき0079には派生はせいモデルであるRX-78-1最終さいしゅう形態けいたいRX-78-2、マグネットコーティングされたRX-78-3などが発売はつばいされ(ちなみにRX-78-7まで確認かくにんされている。8は認定にんていするか現在げんざい協議きょうぎちゅう)、ジオンぐん圧倒的あっとうてき不利ふり状況じょうきょうたされた。さすがは世界せかいトヨタだけある。

日本にっぽんでは、装備そうびやエンジン構成こうせい変更へんこうしたコピーしゃを「トヨタ・ハリアー」レクサス・RXに追随ついずいして発売はつばい販売はんばい。42だいげるだい成功せいこうをおさめた。2009ねん1がつうみそとのモデルのフルモデルチェンジを国内こくないにもレクサスRXが導入どうにゅうされたが、トヨタブランドからトヨタ「ハリアー」も1.3L(マツダ・13B搭載とうさい)]]モデル、マブチモーターモデルが販売はんばいされている。これは、れなくなるのをおそれた上層じょうそうすこしでも利益りえきしてやろうと知恵ちえしぼくした結果けっかである。

歴史れきし[編集へんしゅう]

初代しょだい(1998ねん-2003ねん[編集へんしゅう]

RXというをつけただけのハリアー(2007ねん)

1998ねん3がつ発売はつばい直後ちょくごから、北米ほくべい市場いちばでは爆発ばくはつてき人気にんきモデルとなった。その5年間ねんかん販売はんばい台数だいすうやく37まんだいにものぼり、ここに「高級こうきゅうクロスオーバー」というおおきな市場いちばまれ、各社かくしゃ参入さんにゅうした。 トヨタ自動車とよたじどうしゃ九州きゅうしゅう工場こうじょう生産せいさん開始かいしされた。搭載とうさいエンジンは3000cc、V6「1MZ-FE」。駆動くどう方式ほうしきよんりん駆動くどうであり、北米ほくべい市場いちばではFFモデルも設定せっていされた。FFのが若干じゃっかん燃費ねんぴかったから。オートマチックトランスミッションのみの設定せっていで、レジャーシート・本目ほんめパネル・7蓄音器ちくおんきJBLのサウンドシステムなどが標準ひょうじゅん装備そうびされていた。オプションではヴィッツおなじオーディオも設定せっていされていた。

なお、品質ひんしつ信頼しんらいせいきわめてひくく、ハイゼットはなわらうほどだったらしい。ちなみに、タレントで自動車じどうしゃ愛好あいこうところジョージはなわらったことでも有名ゆうめい

2代目だいめ(2003ねん-2009ねん[編集へんしゅう]

2004ねんごろのRX フロント
同上どうじょう リア
2004ねんごろはサブネーム「ランドクルーザープラド」のエンブレムもつけられていた。

2003ねん発売はつばい初期しょきには3MZ-FEがたV6 3302ccも搭載とうさいされていたが、あまりにも燃費ねんぴわるいことが原因げんいんで、もっと燃費ねんぴわるくなり、ユーザーの家計かけい圧迫あっぱくし、利率りりつおおいハイブリッドモデルをりつけるために、3500cc(「2GR-FE」)を採用さいようしたため、を「RX350」に変更へんこうした。よんりん駆動くどう(AWD, 4WD)と前輪ぜんりん駆動くどう(FWD, FF)のモデルが設定せっていされている。しかしながら、このようなボディタイプのくるまの2WDをひとは、ちょっと残念ざんねん人々ひとびと象徴しょうちょうである。

「2003ねん9がつからはトヨタ自動車とよたじどうしゃ九州きゅうしゅうとブリッジ生産せいさんオンタリオしゅうケンブリッジ(ブリッジ生産せいさんだけに(笑)かっこわらい)TMMCでの九州きゅうしゅうとカナダのレクサス姉妹しまい工場こうじょうとして生産せいさんはじまり、現在げんざいでは後述こうじゅつのハイブリッドモデルをのぞ北米ほくべいけRXの7-8わり程度ていど生産せいさんしている。日本にっぽんせいカナダせい基本きほんとするレクサスになっている。」とあのくそまじめな辞典じてんにはかれているが、「現在げんざい」というのは間違まちがいなくあやまりである。なぜなら、3代目だいめまれたからだ。

なお、2004ねんモデルには写真しゃしんのようにトヨタマークを装着そうちゃくした3ドアの「RX」が存在そんざいした。

ハイブリッドモデル[編集へんしゅう]

V6エンジンと電気でんきモーターをわせるハイブリッド仕様しようである「レクサスRX400h」が、北米ほくべいでは2005ねん4がつ欧州おうしゅうとアジアでは2006ねん発売はつばいされた。 燃費ねんぴわるいRX350とちがって燃費ねんぴくカタログに掲載けいさいされるハイブリッドモデルは、じつ燃費ねんぴわるいことをらない諸君しょくんにバカれ、生産せいさんかないとかいつかないとかかないとか。現在げんざいでは、中国ちゅうごくにあるトミカ工場こうじょう併用へいようして生産せいさんしている。(3代目だいめ)

3代目だいめ(2009ねん-)[編集へんしゅう]

どうみてもハリアーです。本当ほんとうにありがとうございました。

2008ねん東京とうきょうモーターショーにて3代目だいめRXのコンセプトカーである「LF-Xh」が発表はっぴょうされ、同年どうねん11がつ19にちにLAオートショーにて正式せいしき発表はっぴょうされた。それをちょっと高須たかすクリニック成形せいけいして発売はつばいいたった。

ほんモデルの発売はつばい日本にっぽん市場いちばでも「レクサス・IX」として販売はんばいされる予定よていであることが2006ねんトヨタ自動車とよたじどうしゃから発表はっぴょうされていた。ぱっと「9」とめるが、ランエボとは一切いっさい関係かんけいはない。まさしくは、Intelligent Cross(X)overというネーミングらしい。ようするに、ISのクロスオーバーとして、日産にっさん・スカイラインクロスオーバー対抗たいこうするつもりだったのだろうが、あまりにもていなかったので、当時とうじ社長しゃちょう渡辺わたなべはRXで発売はつばいするように通達つうたつしたというのは下水げすいかんなかでのうわさである。

ラインナップはガソリンエンジンの燃費ねんぴわるし「RX350」とそのハイブリッドモデルの「RX450h」でりょうくるまともにVがた6気筒きとう3,500ccエンジンのみを搭載とうさいし、「トヨタ・ハリアー」のような直列ちょくれつ4気筒きとう搭載とうさいのリーズナブルなモデルはラインナップされない、なぜかというと、マネーのない庶民しょみんどもにレキサツをわせる道理どうりはないとおもったからである。

RX350が搭載とうさいするVがた6気筒きとうエンジンは、セダンのISやGSそしてトヨタのクラウンアスリートなどに搭載とうさいされている315馬力ばりきの「2GR-FSE」がたではなく、280馬力ばりきの「2GR-FE」がた採用さいようされた、なぜかというと、クラウンとかとおなじFRのプラットホームではなく、価格かかくやすくすむ、「MCプラットホーム」を使つかっているからで、このプラットホームにエンジンをせるときは、横向よこむきにくが前提ぜんていとなるのだ。

そして3代目だいめRXの装備そうびめんおおきな特徴とくちょうとして、パソコンのマウスを無理むりやりボンドそうから抽出ちゅうしゅつされるボンドでインパネに設置せっちカーナビ操作そうさできる「リモートタッチ」が25cm²おきに設置せっちされているので、どこからでもあやつることができるが、そとにもいているのでとおりすがりのひとにも操作そうさできるひとにやさしいマシンとなっている。ほかにも、速度そくど表示ひょうじやナビなどの情報じょうほうをフロントガラス下部かぶ(ダッシュボードの設置せっちしてあるところから、20cmしたがってだれからもることができない。)に表示ひょうじする「ヘッドアップディスプレイ」がげられる。

ハイブリッドしゃには「LEDヘッドランプ」や前述ぜんじゅつしたヘッドアップディスプレイが標準ひょうじゅん装備そうびとなるほか、ハイブリッド専用せんようデザインのフロントバンパーやボディカラー(クォーツホワイトクリスタルシャイン)が用意よういされるなど、ハイブリッドシステム以外いがいでもガソリンしゃとの装備そうび差別さべつはかられている。」 と記述きじゅつされることがある。この文章ぶんしょう意味いみしていることとはなにか、「ハイブリッドは特別とくべつなデザインですよ」ということがかる、いやそんなことはない。「価格かかくげることによって、庶民しょみんえない→センターちょう微笑ほほえむプレミアム」といことがかるにちがいない。

グレード展開てんかいはこのさきわるかもしれないがわらないかもしれないしわるかもしれないしわらないかもしれないしわるかもしれないしわらないかもしれないしわるかもしれないしわらないかもしれないしわるかもしれないしわらないかもしれないしわらないかもしれないしわるかもしれないしわらないかもしれないしわるかもしれないしわらないかもしれないしわるかもしれないしわらないかもしれないしわるかもしれないしわらないかもしれないしわるかもしれないしわらないから記述きじゅつするのはよしておこう。

まとめ[編集へんしゅう]

グレードがめんどくさい。

現在げんざいのラインナップ[編集へんしゅう]

  • RX130 - マツダ・13B搭載とうさい
  • RX001 - マブチモーター搭載とうさい
  • RX350 - こう燃費ねんぴ
  • RX450h - 高速こうそくでの燃費ねんぴ検閲けんえつにより削除さくじょ
  • RX-78-1 - プロトタイプガンダム
  • RX-78-2 - ガンダム
  • RX-78-3 - G3ガンダム
  • RX-78-4 - ガンダム4号機ごうき
  • RX-78-5 - ガンダム5号機ごうき
  • RX-78-6 - ガンダム6号機ごうき
  • RX-78-7 - ガンダム7号機ごうき
  • RX-75? - ガンダムKMFバージョン(つまり、ぜんこうひくい)

くるまめい由来ゆらい[編集へんしゅう]

「RX」は「Raritteru Crossover」(Crossover=交差こうさ意味いみするX)に由来ゆらい。まぁ、ようするにこのくるまらりってる

関連かんれん項目こうもく[編集へんしゅう]

外部がいぶリンク[編集へんしゅう]


4370 large.jpg この「レクサス・RX」は、マイナーチェンジのあんています。マイナーチェンジしてくださる協力きょうりょくしゃもとめています。 (Portal:スタブ)