なにのための前進ぜんしん守備しゅびだ!

出典しゅってん: へっぽこ実験じっけんウィキ『はち百科ひゃっか事典じてん(アンサイクロペディア)』
移動いどうさき: 案内あんない検索けんさく

なにのための前進ぜんしん守備しゅびだ! (なんのためのぜんしんしゅびだ)とは、2006ねん8がつ23にちのプロ野球やきゅう読売よみうりジャイアンツvs横浜よこはまベイスターズせんで、世界せかい松下まつしたがベイスターズの佐伯さえき貴弘たかひろはなったはげましの言葉ことば名言めいげんである。

状況じょうきょう[編集へんしゅう]

  • 1-1の同点どうてん。9かいひょう、ジャイアンツの攻撃こうげき
  • 1アウト満塁まんるい、ノーカウント
守備しゅびがわ
  • ピッチャー:吉見よしみ祐治ゆうじ
  • キャッチャー:相川あいかわ亮二りょうじ
  • ファースト:佐伯さえき貴弘たかひろ
攻撃こうげきがわ

経緯けいい[編集へんしゅう]

何故なぜもどる?! 佐伯さえき

ベイスターズとしては、1てんもやれない状況じょうきょうのため前進ぜんしん守備しゅびのぞんでいた。バッター阿部あべねらどおまらせ、ボテボテのファーストゴロ。なんなく3-2-3、しくはホーム返球へんきゅうのちのセカンドやピッチャーの一塁いちるいベースカバーによる3-2-4、3-2-1の併殺へいさつ完成かんせいかとおもわれた。

ところが、ファースト佐伯さえきなに血迷ちまよったのか、まず一塁いちるいベースへもどり、それからホームへ送球そうきゅうした。バッターの阿部あべこそアウトにしたものの、三塁さんるいランナー鈴木すずき生還せいかんゆるしてしまい、結果けっか、ベイスターズは1-2で、この試合しあいけてしまった。

解説かいせつ[編集へんしゅう]

同点どうてんの9かいさら満塁まんるいということもあり前進ぜんしん守備しゅびくのは当然とうぜんとして、してやったりのファーストゴロは、ベイスターズにとってジャイアンツの得点とくてんふうじる絶好ぜっこうチャンスであった。

この状況じょうきょうではまず最初さいしょにホームへげフォースアウト、それから一塁いちるいげダブルプレー(併殺へいさつ)のじゅん一般いっぱんてきである……っていうか野球やきゅうじんなら常識じょうしきのプレーである。

しかしこのとき佐伯さえき選択せんたくした一塁いちるいアウト→本塁ほんるい転送てんそうじゅんでは、本塁ほんるいがフォースプレーでなくタッチプレーとなってしまい、たとえ三塁さんるいランナーが十分じゅうぶんにアウトのタイミングであっても、失点しってん危険きけんせい増大ぞうだいしてしまう。

試合しあい終盤しゅうばん疲労ひろう緊張きんちょうがあったとはいえ野球やきゅうじんらしからぬプレーであり、このときテレビ実況じっきょうしていた世界せかい松下まつしたは『どうしたんだ佐伯さえき!! なにのための前進ぜんしん守備しゅびだ!! これはいけません!!!』とさけんだのである[1]。また、毒舌どくぜつ実況じっきょうられる椎野しいのしげるアナはこのプレーを「それは順番じゅんばんぎゃくだろう〜〜〜〜!!!!」とTBSラジオの実況じっきょう中継ちゅうけいさけんでいる。

打者だしゃ走者そうしゃ阿部あべをアウトにしていることからフィルダースチョイスやエラーのあつかいにはならず、『たんなる一塁いちるいゴロ』として記録きろくされるため、スコアブックだけではかされない『伝説でんせつてきめずらしプレー』となった。

このプレーがゆるされる状況じょうきょう[編集へんしゅう]

とはいえ、状況じょうきょうすこことなれば、このプレーでもゆるされる場合ばあいがある。たとえば、

  • 打者だしゃウサイン・ボルト三塁さんるい走者そうしゃ 大相撲おおずもう時代じだいしょうにしきはちじゅうきち  天地あまち真理まり
    • ボルトは100mを9.58びょうはしるほど俊足しゅんそくなので、一度いちど本塁ほんるい送球そうきゅうしてから一塁いちるい送球そうきゅうするのではわない。一方いっぽう大相撲おおずもう時代じだいしょうにしき体重たいじゅうが280kgもあり、かなりのどんあしなので、打者だしゃ走者そうしゃをアウトにしてから本塁ほんるい送球そうきゅうしても、まだ本塁ほんるい到達とうたつ出来できていない可能かのうせいたかい。
      • ……とおもったが、この場合ばあい捕手ほしゅ三塁さんるいからんでくる小錦こにしきをタッチプレーでアウトにしなければならないので、怪我けがのリスクがある。よって捕手ほしゅ安全あんぜんだいいちかんがえると、三塁さんるい走者そうしゃあしおそ体重たいじゅうかるひとのぞましい。どんあしタレントとしてテレビのバラエティ番組ばんぐみていた歌手かしゅ天地あまち真理まりあたりが適任てきにんだろう。
  • 三塁さんるい走者そうしゃ鈴木すずきいくよう
    • 鈴木すずき状況じょうきょう判断はんだん出来できず、タイミングをいっしたはなれるいからさんじゅうころせ貢献こうけんするほどである。かれ三塁さんるい走者そうしゃならば、打者だしゃがゴロをっても、しばらくしないと本塁ほんるいかわないので、さき打者だしゃをアウトにしてから鈴木すずきさんほん塁間るいかんはさみころせするというのもかんがえられる戦法せんぽうである。
  • 一塁いちるいしゅ全盛期ぜんせいきイチロー
    • 全盛期ぜんせいきのイチローならば、たましてから一塁いちるいベースをむまでおそらく0.2びょうくらいしかかからない。そして本塁ほんるい球速きゅうそく160km/hくらいで送球そうきゅうするので、余裕よゆう併殺へいさつ完成かんせいする。が、捕手ほしゅれる保証ほしょうのがたまきず。なお、伝説でんせつ野球やきゅう解説かいせつしゃによれば「その場合ばあいはむしろ一塁いちるいベースをんだのち本塁ほんるいまでイチロー自身じしんはしってったほうがいい。イチローのあしなら、一塁いちるいから本塁ほんるいまで0.8びょうほどしかかからないでしょう」とのことである。
  • 遊撃手ゆうげきしゅ小坂こさかまこと三塁手さんるいしゅ初芝はつしばきよし
    • 小坂こさかゾーンには勿論もちろん一塁いちるいベース付近ふきんふくまれる。また、初芝はつしばかみ三塁さんるい光臨こうりんしているとき小坂こさかちからさら上昇じょうしょうするので、余裕よゆう併殺へいさつ完成かんせいする。

上記じょうきげられる。とっても、これらすべてのケースでも、前進ぜんしん守備しゅび意味いみくなることわりはわけだが。

試合しあい[編集へんしゅう]

「もうあいつをすしかないな。じゃないとおれくびあぶない」
佐伯さえきのプレー について、(当時とうじベイスターズの監督かんとくだった)牛島うしじま和彦かずひこ
茶目ちゃめ佐伯さえき
「すぐボールがなかったんでどうしたのかとおもったら…」
佐伯さえきのプレー について、相川あいかわ亮二りょうじ
「はぁ…」
佐伯さえきのプレー について、吉見よしみ祐治ゆうじ
「ボールをれるだけ、ぼくより上手うまいですよ」
佐伯さえきのプレー について、古木ふるき克明かつあき
佐伯さえきさん?もちろん神様かみさまですよ!!あしけてれませんよ」
佐伯さえき貴弘たかひろ について、ジャイアンツファンの一人ひとりA
「(もう今年ことしはいいから)来年らいねん頑張がんばってしい」
佐伯さえき貴弘たかひろ について、ベイスターズファンの一人ひとりB
おれをいじめるからだ、ばぁか!天罰てんばつだ!」
佐伯さえき貴弘たかひろ について、トラッキー
「…(タイヤ4ほんではまないな)」
自身じしんのプレー について、佐伯さえき貴弘たかひろ
  • 佐伯さえき以前いぜんかくだまでランナーをアウトにしたことがあるが、反感はんかんをかいてきファン(とおもわれる人物じんぶつ)から自家用車じかようしゃのタイヤをぬすまれたことがある。

関連かんれんリンク[編集へんしゅう]