カリグラ のアリエッティ

出典しゅってん: へっぽこ実験じっけんウィキ『はち百科ひゃっか事典じてん(アンサイクロペディア)』
移動いどうさき: 案内あんない検索けんさく
曖昧さ回避 この項目こうもくでは、マ帝国まていこくえがいた映画えいがについて記述きじゅつしているばい! ちがほう映画えいがにつ・い・て・は「かりぐらしのアリエッティ」をCHECK IT OUT!! はい!!!
Wikipedia
ユーモア欠落けつらくしょう患者かんじゃのために、ウィキペディア専門せんもん気取きどたちが「カリグラ」の項目こうもく執筆しっぴつしています。
Bouncypotato.gif
この記事きじりぐらしのアリエッティ」は何故なぜか「かりぐらしのアリエッティ」とネタや題材だいざいがダブっています。どちらが真実しんじつなのかはかみのみぞります。
「なんだこいつは!?とてもおそろしいやつだ。つづ偵察ていさつ続行ぞっこうする。」
カリグラ のアリエッティ について、サザエッティ

カリグラ のアリエッティ(えい:Caligula ~Arrietty The Assassin~)とは、陰謀いんぼう渦巻うずまマ帝国まていこく歴史れきし燦然さんぜんかがやみかどカリグラ」の生涯しょうがいと、かれ中心ちゅうしんにした人間にんげん模様もようえがいた映画えいがである。多分たぶん。なお、アンサイクロペディアてき表現ひょうげんでいいあらわすならば、「いやがらせ」&「はやしゃ」。

あわせて、2010ねん7がつ公開こうかいしたスタジオジブリアニメ映画えいが監督かんとくべいはやし宏昌ひろあき脚本きゃくほん宮崎駿みやざきはやお映画えいがりぐらしのアリエッティ」については、こちらのページ参照さんしょうしてください。

えぇ、原作げんさく邦題ほうだいそのままですが、なにか?

概要がいよう[編集へんしゅう]

Wikipedia
ユーモア欠落けつらくしょう患者かんじゃのために、ウィキペディア専門せんもん気取きどたちが「ペントハウス」の項目こうもく執筆しっぴつしています。

この映画えいが原作げんさくとなるストーリーは、1980ねんアメリカ雑誌ざっしペントハウスが46おくえんもの巨額きょがく経費けいひをかけて製作せいさくした映画えいがCaligula」である。マ帝国まていこく時代じだい皇帝こうていなかでもっとも暗愚あんぐであるといわれている皇帝こうていカリグラ」の放蕩ほうとう残忍ざんにんさを詳細しょうさいえがくことでだいヒットしたこの作品さくひんはしかし、その出演しゅつえんしゃ制作せいさくしゃサイドとのゴタゴタや、禁止きんしされればされるほどたくなるというカリグラ効果こうかという専門せんもん用語ようごでも有名ゆうめいである。なかでも、マ帝国まていこく文化ぶんか風俗ふうぞくえがいた歴史れきしてきちょう大作たいさく映画えいががいつのにかポルノ映画えいがとなったその経緯けいいは、ちがった意味いみでこの作品さくひん映画えいがファンにらしめている。

もっとも、ペントハウスの製作せいさくした映画えいがいったいなにもとめているというのだ余談よだんだが、タイトルの「カリグラ のアリエッティ」というのはぬまでりるだけということを意味いみしているというせつがある。

ストーリー[編集へんしゅう]

マ帝国まていこく初代しょだい皇帝こうていアウグストゥス養子ようしであっただい2だい皇帝こうていティベリウスは、長年ながねん政争せいそうて、ついに50だいにして皇帝こうてい地位ちいのぼめることに成功せいこうする。その直後ちょくごこった内乱ないらんも、アウグストゥスの秘蔵ひぞとして次期じき皇帝こうていされているかれ養子ようしゲルマニクスと、かれ実子じっしドゥルススを中心ちゅうしんにして無事ぶじ鎮圧ちんあつ。その権力けんりょく基盤きばんはますます磐石ばんじゃくとなっていく。しかし、その5ねん、なんと次期じき皇帝こうていされ、権力けんりょく階段かいだん順調じゅんちょうのぼっていった養子ようしゲルマニクスが急死きゅうしする。その裏側うらがわにはマ帝国まていこくうら歴史れきしである、暗殺あんさつ生業せいぎょうとする一族いちぞくかげうごめいていた。

そのさらに10ねん皇帝こうていははである「リウィラ」のした政治せいじまな一人ひとり有能ゆうのう若者わかものがいた。名前なまえは「ガイウス・ユリウス・カエサル・アウグストゥス・ゲルマニクス」。ゲルマニクスの息子むすこであり、その世界せかいのこ暗君あんくんとされる「カリグラ」である。そんなかれがリウィラのしたあたらしく配属はいぞくされた女官にょかんアリエッティ」に出会であったことで、運命うんめい歴史れきし変転へんてんしていく。

この物語ものがたりは、栄光えいこうマ帝国まていこく裏側うらがわやみ反発はんぱつしながらも徐々じょじょまっていく一人ひとり青年せいねん葛藤かっとう狂気きょうき、そしてなによりも一人ひとり女性じょせいへのあい克明こくめいえがす。

登場とうじょう人物じんぶつ[編集へんしゅう]

カリグラ
ほんさく主人公しゅじんこう幼少ようしょうから聡明そうめいで、次期じき皇帝こうていうわさされたちち一緒いっしょ戦地せんちまでおもむくほど期待きたいされた存在そんざいだった。しかし、ちち急死きゅうし一家いっか離散りさん。そのぐんもと軟禁なんきん状態じょうたいかれるが、17さいのときに曾祖母そうそぼであるリウィラのしたらしはじめる。一見いっけん快活かいかつそうなこう青年せいねんえるがその仮面かめんしたには人並ひとなみはずれた葛藤かっとう苦難くなんかくしている。
アリエッティ
ほんさく主人公しゅじんこうその2。帝国ていこくないではめずらしい赤毛あかげ女官にょかん。ゲルマンぞく奴隷どれいであったが、その美貌びぼう聡明そうめいさでカリグラのちちであるゲルマニクスに一族いちぞくごとてられたのち、14さいのときにリウィラの庇護ひごかれる。その正体しょうたいはゲルマニクスに恭順きょうじゅんしたゲルマン部族ぶぞくなか秘密裏ひみつりつたえられてきた暗殺あんさつじゅつ駆使くしする戦闘せんとう集団しゅうだん構成こうせいいん当初とうしょ言葉ことばつうじない異国いこく苦労くろうするが、やさしくもおそろしいリウィラの深謀遠慮しんぼうえんりょによって、3つ年上としうえのカリグラが宮廷きゅうていない礼儀れいぎ作法さほう彼女かのじょおしえることになる。ちなみに、いまさく彼女かのじょ使用しようしたものとおもわれるどくキノコ「ドクツルタケ」、「ドクササコ」、「カエンタケ」について、じつはカエンタケはヨーロッパには存在そんざいしていない。ドクササコについても存在そんざいしていないとおもわれたが、2001ねんにフランスでおなどくをもつキノコが発見はっけんされている。
ティベリウス
マ帝国まていこくだいだい皇帝こうてい初代しょだい皇帝こうていアウグストゥスが実母じつぼリウィアと再婚さいこんしたためにぶん不相応ふそうおう立場たちばながらだいだい皇帝こうていいた。しかし、何事なにごとにも慎重しんちょうするその性格せいかくてきつくらぬ性格せいかくなによりも、そのつようん帝国ていこくない巨大きょだい権力けんりょく基盤きばんきずく。しかし、そのつようんにもじつ秘密ひみつがあった。物語ものがたり後半こうはん、19さいになったカリグラを自身じしん手元てもとる。
しょうドルスス
本名ほんみょうドルスス・ユリウス・カエサル。ティベリウスの一人ひとり息子むすこ本来ほんらいならばゲルマニクスの最大さいだいのライバルであったが、本人ほんにんはそんな周囲しゅうい喧噪けんそうをよそに親友しんゆうとしてっていた。カリグラとも面識めんしきがあり、かれ一族いちぞく次々つぎつぎ政争せいそうまれて謀殺ぼうさつされていくなかでも、ゲルマニクスへの友情ゆうじょうらぐことはなく、かれ遺児いじたちをってそだてている。
しかし、この物語ものがたりでもっともはや暗殺あんさつされるのはかれであり、なおかつ、アリエッティとはまったく関係かんけいないところの陰謀いんぼう死亡しぼうしている。

事実じじつ小説しょうせつよりもなり[編集へんしゅう]

この物語ものがたり本来ほんらいであるならば詳細しょうさい説明せつめいされるべき帝国ていこくない人間にんげん関係かんけい暗殺あんさつについての描写びょうしゃおおくをあえてえがかずにいる。

大変たいへん素晴すばらしい判断はんだんである。

なぜなら、あまりにも血縁けつえん関係かんけいしゃおおすぎるうえ暗殺あんさつされた人数にんずう莫大ばくだい、こんな事実じじつをそのまま表現ひょうげんしたら、構成こうせい悪影響あくえいきょうあたえることが明白めいはくなためである。ちなみに、この莫大ばくだいという表現ひょうげんはまったく間違まちがってはいない。後世こうせいではなく構成こうせいであるけれど、それも間違まちがってはいない。

主人公しゅじんこうおも登場とうじょう人物じんぶつ血縁けつえん関係かんけいはウィキペディアを参照さんしょうのこと。なにかの迷路めいろにしかえないけれど、一応いちおう、あれでも血縁けつえんである。あわせて、主人公しゅじんこう近親きんしんしゃなか暗殺あんさつされた、もしくは暗殺あんさつされたとうわさされる人物じんぶつをピックアップする。

暗殺あんさつ
しょうドルスス、しょうアグリッピナ(いもうと)、カエソニア(つま)、ドルシッラ(むすめ)、ブリタンニクス(従兄弟いとこ)、本人ほんにん
暗殺あんさつうわさ
ゲルマニクス(ちち)、ティベリウス(大叔父おおおじ)、ネロ・カエサル(あに)、クラウディウス(叔父おじ)、しょうアントニア(祖母そぼ

くるいそうになる

あわせて、刑死けいしした人間にんげんふくめると、もはや表現ひょうげんしていいレベルではない。そして、近親きんしんしゃでこのレベルであるのに、それ以外いがい友人ゆうじん知人ちじんライバルもふくめたら、はっきりってではすまない。

こまかい描写びょうしゃ[編集へんしゅう]

この物語ものがたりには、マ帝国まていこく歴史れきしつうじる人間にんげんにはたまらない描写びょうしゃがそれとなくまれており、カリグラの名前なまえ由来ゆらいとなったちいさな軍靴ぐんかマ帝国まていこく元老げんろういん議員ぎいんにんぜられるうまインキタトゥス」との出会であい、カリグラにしたがのち皇帝こうていクラウディウス吃音きつおんあし障害しょうがい、そしてそのつまメッサリナ不貞ふていなど、歴史れきしっている人間にんげんにはたまらない描写びょうしゃがそれとなく映像えいぞうされている。ただし、この物語ものがたりはカリグラが皇帝こうていになるまでの陰謀いんぼうと、かれしたがうアリエッティとの交際こうさいをメインにえがかれているため本当ほんとう面白おもしろいエピソードを連中れんちゅう映像えいぞうごくわずかしかないという不満ふまん一部いちぶからかれる。とくに、カリグラの親友しんゆうであり、せいペトロ逮捕たいほ投獄とうごくし、結成けっせいされたばかりのキリスト教きりすときょうだいダメージをあたえたヘロデ・アグリッパ1せい別名べつめい「ヘロデおう」)の描写びょうしゃは、かれ皇帝こうてい就任しゅうにんする前後ぜんごにわずかにのこされているにすぎず、歴史れきしきにとっては歯噛はがみするばかりである。

しかし、ぎゃく歴史れきしきにとってもっともたまらないのはローマの軍政ぐんせい細部さいぶにまでえがかれているてんげられる。とくに、カリグラがおさなころから軍部ぐんぶなかきていたこと、兵士へいしたちのあいだ圧倒的あっとうてき人気にんきがあったこと、それにたいして元老げんろういんからは徹底的てっていてきにきらわれていたことが事細ことこまかにえがかれている。もっとも、かれ残忍ざんにん暴虐ぼうぎゃくであったという視点してんは、じつ敵対てきたいする元老げんろういんがわからのものであり、ローマ市民しみんからの人気にんきそうじてたかかったことなどもナレーションに説明せつめいさせている。あわせて、現代げんだいにものこかれ様々さまざま伝説でんせつ近親きんしん相姦そうかん神格しんかく狂気きょうきるにいたった背景はいけいなどが様々さまざま視点してんから詳細しょうさい説明せつめいされている。

正直しょうじきなところ、その部分ぶぶん音声おんせいだけでR18指定していになってもおかしくはないけれど。

ただし、っていることはごくまともであり、ナレーションはその狂気きょうきについても後世こうせい歴史れきしたちは熱病ねつびょうやてんかんを理由りゆうにしているとべている。もっとも、この物語ものがたりのラストシーンでアリエッティをころさざるをえなかったその政治せいじてき決定けっていのちで、玉座ぎょくざうえがらとなりつつ邪悪じゃあく微笑ほほえみをかべるというカリグラの描写びょうしゃと、カーテンによってかれ姿すがたえなくなったのちこえてくる絶叫ぜっきょうという、この物語ものがたり最大さいだいのわずか3ふんにこのナレーションをってくるのは、すこはやすぎるもしなくはない。

関連かんれん項目こうもく[編集へんしゅう]

Wikipedia
ユーモア欠落けつらくしょう患者かんじゃのために、ウィキペディア専門せんもん気取きどたちが「カリグラ (映画えいが)」の項目こうもく執筆しっぴつしています。