いにしへのぶん

出典しゅってん: へっぽこ実験じっけんウィキ『はち百科ひゃっか事典じてん(アンサイクロペディア)』
移動いどうさき: 案内あんない検索けんさく
出典しゅってん: へつぽこ實驗じっけんヰキ『はち百科ひゃっか事典じてんアンサイクロペヂア)』
Wikipedia
いとをかしきをらぬやまいたるもののために、ヰキペヂア達人たつじん気取きどものらが「中古ちゅうこ日本語にほんご」の項目こうもく執筆しっぴつしたりはべり。
素晴すばらしきかな。これこそまことのことなれ」
いにしへのぶん について、オスカー・ワイルド
くにふるきをるに感動かんどうするものなり」
いにしへのぶん について、小泉こいずみ純一郎じゅんいちろう
「おのれいにしへのぶんめが、悪戯あくぎばかりしをるとは」
いにしへのぶん について、磯野いその波平なみひら
れは、狂気きょうき相違そういし。このいにしへのぶんてふは。かおたまへ。はつりがりはべり。かおがぼうとうわきはべりたらむ? これ気違きちがいひのかおにはべりな」
いにしへのぶん について、しおじい
古文こぶんは、他人たにんころし・ぜん人類じんるいころものであるから、かれらの責任せきにん当然とうぜんあたいする。
したがって、いにしへのぶんはらりてぬるべきなり。またいにしへのぶんはただにておわりはるものにあらず。ただいちかみ又吉またよしイエスがいにしへのぶん地獄じごくなか投込なげこめするものなり」
いにしへのぶん について、又吉またよしイヱス
あか蝦夷えぞでは、いにしへのぶんがいにしへのものくものなりけり」
いにしへのぶん について、あか蝦夷えぞさかしまのほう
中國ちゅうごく文言もんごんぶんあずかしか日本にっぽん古文こぶんなん関係かんけいゆうねがいまん誤解ごかい!」
いにしへのぶん について、漢文かんぶん

いづれのときにか、いにしへのぶん古文こぶん、こぶん)といふものありけり

文字もじ[編集へんしゅう]

いまとはことなるかたをするものあり。たとへば、ひとつ(ひとつ)たる古文こぶんはなされしころにてフィトトゥとまれ、ふるさと(故郷こきょう)はプルツァトとぞまれたりける。これぞまさにオンドゥルなる。 されど、その文字もじみは古文こぶんはなされしころわらずとおもものゐて、をのこ(男子だんし)をウォノコならでヲノコと阿呆あほう現代げんだいにゐたり。

ふみののり[編集へんしゅう]

おほかたいま言葉ことばにおなじなれど、すこしたがふこともあれば、したさむ。

用言ようげんようゐやう[編集へんしゅう]

動詞どうし[編集へんしゅう]

用言ようげんにはここのつの活用かつようあり。

  • よんだん活用かつよう
もっとすべてにて基本きほんかたちなり。アイウエのよっつのだん活用かつようすることよりづけられたり。
  • ぎょう変格活用へんかくかつよう
用品ようひんいち。「ぬ」「ぬ」ののみの活用かつよう
  • ぎょう変格活用へんかくかつよう
用品ようひん。「あり」「をり」「はべり」「いまそかり」のよんのみのための活用かつよう
「ありをりはべり、いまそかり」とノリでおぼえたり。
  • うえいちだん活用かつよう
「キる」「ミる」「る」「ヰる」「イる(ヤぎょう)」「ヒる」 以上いじょうかたりのための活用かつよう
きみにいい」とおぼえたり。
  • うえだん活用かつよう
い・い・う・うる・うれ・いよがかたち活用かつようなり。
  • したいちだん活用かつよう
用品ようひんさん。「る」のいちのみの使用しよう
  • しただん活用かつよう
え・え・う・うる・うれ・えよがかたち活用かつようなり。
  • ぎょう変格活用へんかくかつよう
用品ようひんの肆。「一語いちごとそのふくあい動詞どうしのみこの活用かつようもちいゐる。
  • ぎょう変格活用へんかくかつよう
用品ようひんその。「ため」「おはす」とそのふくあい動詞どうしのみこの活用かつようもちいゐる。

動詞どうし活用かつよう仕方しかたについては、以下いかひょうるべし。はいまりしわくないはけふにてわりたる活用かつようなり。

いにしへ 活用かつよう かたり 語幹ごかん 未然みぜんがた 連用形れんようけい 終止しゅうしがた 連体れんたいがた 已然いぜんがた 命令めいれいがた けふ 活用かつよう かたり 語幹ごかん 未然みぜんがた 連用形れんようけい 終止しゅうしがた 連体れんたいがた 仮定かていがた 命令めいれいがた
よんだん活用かつよう ころ ころ -さ -し -す -す -せ -せ だん活用かつよう ころ ころ -さ
-そ
-し -す -す -せ -せ
ぎょう変格活用へんかくかつよう -に -ぬ -ぬる -ぬれ -ね -な
-の
-に -ぬ -ぬ -ね -ね
ぎょう変格活用へんかくかつよう -ら -り -り -る -れ -れ -ら
-ろ
-り -る -る -れ (-れ)
したいちだん活用かつよう (け) -け -け -ける -ける -けれ -けよ (け) -けら
-けろ
-けり -ける -ける -けれ -けれ
(-けろ)
しただん活用かつよう 受く う- -け -け -く -くる -くれ -けよ したいちだん活用かつよう ける う- -け -け -ける -ける -けれ -けろ
うえいちだん活用かつよう -に -に -にる -にる -にれ -によ うえいちだん活用かつよう (に) -に -に -にる -にる -にれ -にろ
うえだん活用かつよう おこり お- -き -き -く -くる -くれ -きよ きる お- -き -き -きる -きる -きれ -きろ
ぎょう変格活用へんかくかつよう -こ -き -く -くる -くれ -こよ ぎょう変格活用へんかくかつよう -こ -き -くる -くる -くれ -こい
ぎょう変格活用へんかくかつよう -す -せ -し -す -する -すれ -せよ ぎょう変格活用へんかくかつよう する -し
-せ
-し -する -する -すれ -しろ
-せよ

形容詞けいようし[編集へんしゅう]

上段じょうだんをク活用かつよう下段げだんをシク活用かつようげんへり。けふにはかくなる区別くべつし。
けふにも「うつくしくあおきドナウ」、「わかかりしとき」、「しっかりしゃ」のごとくようゐることあり。
命令めいれいがたそんするところがいとたがえてんなり。のゆゑを説明せつめいせよなど命令めいれいすべからず。


いにしへ かたり 語幹ごかん 未然みぜんがた 連用形れんようけい 終止しゅうしがた 連体れんたいがた 已然いぜんがた 命令めいれいがた けふ かたり 語幹ごかん 未然みぜんがた 連用形れんようけい 終止しゅうしがた 連体れんたいがた 仮定かていがた 命令めいれいがた
あお あを -く
-から
-く
-かり
-し -き
-かる
-けれ -かれ あお あお -かろ -かっ
-く
-い -い -けれ
うるわ うるは -しく
-しから
-しく
-しかり
-し -しき
-しかる
-しけれ -しかれ うるわしい うるわし -かろ -かっ
-く
-い -い -けれ

形容動詞けいようどうし[編集へんしゅう]

いにしへの上段じょうだんをナリ活用かつよう下段げだんをタリ活用かつようげんふ。命令めいれいがたそんするは形容詞けいようしどうじきなり。
けふにも「しずかなるうみ」、「惨憺さんたんたる状況じょうきょう」、「やまなりの返球へんきゅう」、「焼肉やきにくのたれ」のやうにもちいゐることありやなしや。
タリ活用かつようはけふにてうせし、ナリ活用かつようのみとぞなりける。
いにしへ かたり 語幹ごかん 未然みぜんがた 連用形れんようけい 終止しゅうしがた 連体れんたいがた 已然いぜんがた 命令めいれいがた けふ かたり 語幹ごかん 未然みぜんがた 連用形れんようけい 終止しゅうしがた 連体れんたいがた 仮定かていがた 命令めいれいがた
まれなり まれ -なら -なり
-に
-なり -なる -なれ -なれ まれ まれ -だろ -だっ
-で
-に
-だ -な -なら
堂々どうどうたり だうだう -たら -たり
-と
-たり -たる -たれ -たれ  

かかむすびの法則ほうそく[編集へんしゅう]

「ぞ」、「なむ」、「や」、「か」、「こそ」、「は」、「も」をかかり助詞じょしとぞげんへる。

文中ぶんちゅうに「ぞ」、「なむ」、「や」、「か」あらば、文末ぶんまつ連体れんたいがたにぞなる。また「こそ」あらば、これ已然いぜんがたにこそなれ。

ただ例外れいがいあり。かかり助詞じょしふく文中ぶんちゅうにぞありて、につながらば、このときむすこらず。これ「むすびのながれ」となむげんふ。また特定とくていにてむす動詞どうし助動詞じょどうしはぶかるることあり。これ「むすびの省略しょうりゃく」となむ。

かかむすびの意味いみしけることは「つよし」、「疑問ぎもん」、「反語はんご」のみっつのいずれかなり。これをおぼえること、古文こぶんおぼえることにひとしきなり。

Nemurineko.jpg このふしかむとしけるしゃなむ途中とちゅうにておほとのごもりける。
のちはなるらかに頑張がんばべし。(Portal:スタブ)

語意ごいたがえ[編集へんしゅう]

けふにて、いにしへと語意ごいへんはりたる単語たんご数多すうたあり。 以下いかにそのいちれいしるす。

単語たんご むかしける意味いみ 今日きょうける意味いみ
有難ありがた 滅多めったになき 感謝かんしゃちつ
あはれ しみじみとおもむきあり 哀愁あいしゅうふか
あした あさ翌朝よくあさ みやうにち
さつ 人事じんじ かね
しき のろい文句もんく 計算けいさん行事ぎょうじ
あい 交合こうごう 一緒いっしょになる
うつくし 可愛かわいらしき うつくしい
すさまじ 面白味おもしろみのない、物寂ものさびしき、きょうざめだ 物凄ものすご
あや 神秘しんぴてき異常いじょう あやしい、うたぐはしい
さとし かんぜられる あたまれる
をかし おもむきあり、興味深きょうみぶか 滑稽こっけいな、異常いじょうな、菓子かし

古文こぶん使用しようしたる國々くにぐに[編集へんしゅう]

関連かんれん項目こうもく[編集へんしゅう]

そとへのかよひぢ[編集へんしゅう]


此の項目こうもく「いにしへのぶん」は、執筆しっぴつしゃすててむとて、げしかば、いまくそやまなり。面白おもしろきをものくわえるべし。 (Portal:スタブ)
みなさん、松平です。 この項目こうもく「いにしへのぶん」は、日本にっぽん関連かんれんせし企画きかくしょにはべるが放送ほうそうせまりたりはべり。アンサイクロペヂアではそのときならざるを歴史れきし松平まつだいらアナをうごかす! (Portal:スタブ)