多数決たすうけつ

出典しゅってん: へっぽこ実験じっけんウィキ『はち百科ひゃっか事典じてん(アンサイクロペディア)』
移動いどうさき: 案内あんない検索けんさく
Wikipedia
ユーモア欠落けつらくしょう患者かんじゃのために、ウィキペディア専門せんもん気取きどたちが「多数決たすうけつ」の項目こうもく執筆しっぴつしています。

多数決たすうけつ(たすうけつ)とは、扇動せんどうされやすい大衆たいしゅうとその扇動せんどうしゃからなる一団いちだん権力けんりょくあたえるために考案こうあんされた政治せいじ手法しゅほう扇動せんどうしゃによる独裁どくさい政治せいじおなじ。

概要がいよう[編集へんしゅう]

多数決たすうけつは、あらゆる社会しゃかい階層かいそう実施じっしされている政治せいじ形態けいたいで、独裁どくさい政治せいじ雛形ひながたである。そのおおくでは、問題もんだい解決かいけつ能力のうりょくのない大衆たいしゅうが、みずからの能力のうりょくりないことをかえりみず、かずたのんで実権じっけんているかのような幻想げんそう発生はっせいさせるため、あろうことか民主みんしゅ政治せいじいち形態けいたいだと誤解ごかいしているものまでられる。しかしその実態じったいは、前述ぜんじゅつとお扇動せんどうしゃがその各々おのおの意見いけん誘導ゆうどうし(あるいはミスリードを誘発ゆうはつさせ)、結果けっか扇動せんどうしゃ目的もくてきにより決定けってい誘導ゆうどうさせることによって、当事とうじしゃらが自分じぶん選択せんたくした結果けっかだと誤認ごにんさせることが出来でき独裁どくさいである。

これら多数決たすうけつもっと有効ゆうこう利点りてんは、決定けってい関与かんよした扇動せんどうがわがあたかも自分じぶんたちの意思いしによってその結果けっか選択せんたくしたと誤認ごにんしていることである。これはマインドコントロールぜん段階だんかいにあたり、如何いか結果けっか残念ざんねん状態じょうたいんだとしても、その各々おのおの責任せきにんわなければいけないという意識いしきってしまうことにある。おおくの独裁どくさい政治せいじでは、その頂点ちょうてんたる独裁どくさいしゃ決定けっていつたなさが露呈ろていした場合ばあいに、独裁どくさいしゃいちにん責任せきにん集約しゅうやくされ追及ついきゅうされるが、多数決たすうけつにおいては扇動せんどうしゃはそのとがめわれることがなく、これは独裁どくさい政治せいじにない利点りてんであり、独裁どくさいしゃあまおおくの利益りえきのぞまないかぎりにおいて、うまく機能きのうする。

ただ、多数決たすうけつ扇動せんどうしゃがしばしばおかしがちなあやまちとして、扇動せんどう成功せいこうしたことをみずからの手柄てがらだとして、結果けっかからられる利益りえきのよりおおくの部分ぶぶん自分じぶんのものとしてしまうことがある。これは扇動せんどうしゃにしてみれば、事態じたい発生はっせいさせたのはみずからの行動こうどうによってであり、そのぶん受動じゅどうてき賛同さんどうした扇動せんどうしゃよりおおくの労力ろうりょくしているため、その対価たいかるべきだという視点してんによるものである。しかしそういってみずからの請求せいきゅうけん主張しゅちょうはじめると、おおくの場合ばあい責任せきにん問題もんだい発生はっせいした場合ばあいに、責任せきにんだけをけられる結果けっかわる。

関連かんれん項目こうもく[編集へんしゅう]

Wikipedia
ユーモア欠落けつらくしょう患者かんじゃのために、ウィキペディア専門せんもん気取きどたちが「多数決たすうけつ」の項目こうもく執筆しっぴつしています。