売春ばいしゅん

出典しゅってん: へっぽこ実験じっけんウィキ『はち百科ひゃっか事典じてん(アンサイクロペディア)』
娼婦しょうふから転送てんそう
移動いどうさき: 案内あんない検索けんさく
Wikipedia
ウィキペディア専門せんもん気取きどりたちによって「売春ばいしゅん」はリダイレクトページになっています。へんなページにばされるので、クリックしても意味いみはありません。

売春ばいしゅん(ばいしゅんふ)とは、世界せかいもっとふるいとされる職業しょくぎょうひとつ。

概要がいよう[編集へんしゅう]

かつて天文学てんもんがく気象きしょうがくるいいが存在そんざいしなかった時代じだいぶしなどの自然しぜん現象げんしょうは「勝手かってにやってるもの」ではなく「むもの」とされていた[よう出典しゅってん]とく冬季とうきになると太陽たいようほとんあらわれなくなる地域ちいきではそれがつよしんじられ、にえ供物くもつんでかみいのりをささげること太陽たいようもどそうとする土着どちゃく信仰しんこう広範囲こうはんいわたって存在そんざいしていた[よう出典しゅってん]たとえば古代こだいマヤ文明ぶんめいでは、ふゆ到来とうらい太陽たいよう衰弱すいじゃくとされ祭壇さいだん心臓しんぞうえぐささげること太陽たいよう活発かっぱつさせはるぼうとする儀式ぎしきおこなわれていたとされている。

売春ばいしゅんはそのなかにあって、人間にんげん自然しぜん合一ごういつさせた価値かちかんなかまれた職業しょくぎょう人間にんげん心身しんしんともに活性かっせいすること様々さまざま困難こんなんかえるように、自然しぜんもまたおなじように活性かっせいさせられるのではないか、とかんがえられたことからはっしている。具体ぐたいてきには男性だんせい身体しんたい天地てんち見立みたてて、にちしずむようにえてしまった男性だんせい刺激しげき活力かつりょくあた[1]生命せいめいみなもとである精液せいえき射出しゃしゅつさせることで「ゆきはらい、あたたかなはるむかえる」という意味合いみあいをあたえている。きびしいふゆからおだやかなはる移行いこうする、というのもセックスの快感かいかん順路じゅんろ沿ったものであり、ふゆあいだ売春ばいしゅん様々さまざま場所ばしょはやされていたとされる。

これは古事記こじきにおける天岩戸あまのいわと逸話いつわ原型げんけいにもなっている。太陽たいようかみである天照大御神あまてらすおおみかみ岩戸いわとこもったのはふゆ到来とうらいであり、岩戸いわとすなわ女性じょせい剛力ごうりきのタジカラオが強引ごういんけて天照大御神あまてらすおおみかみそと暗闇くらやみひかりたした、というのは「はるぶもの」というかんがえをしめしている[よう出典しゅってん]

歴史れきし売春ばいしゅん[編集へんしゅう]

さきげたとお土着どちゃく信仰しんこうとして地域ちいき浸透しんとうしてきた売春ばいしゅんだが、中世ちゅうせいはいりキリストきょう勢力せいりょくばすなか各地かくち土着どちゃく信仰しんこうが「邪教じゃきょう」として駆逐くちくされていき、売春ばいしゅん本来ほんらい意味いみ考慮こうりょされず「けがれたせい奴隷どれい」として排除はいじょ対象たいしょうとなってしまった。キリストきょう文化ぶんかけんではそもそも「快感かいかん自体じたい悪魔あくま産物さんぶつとされるため、売春ばいしゅん存在そんざいさえみとめられなかったのである。

日本にっぽんではそういった排斥はいせきこそなかったが、独自どくじ天文学てんもんがく気象きしょうがく発展はってんによりはるぶものではないとはやうちかってしまったため売春ばいしゅん需要じゅようすこしずつうしなわれていき、ある巫女ふじょなどちが形態けいたいへとシフトしていった。

その現代げんだい日本にっぽんでも売春ばいしゅん法的ほうてきに「存在そんざいしない職業しょくぎょう」となっており、売春ばいしゅん自体じたい歴史れきしからうしなわれつつある。

脚注きゃくちゅう[編集へんしゅう]

  1. ^ これを「はるのような状態じょうたいもどす」という意味いみで「回春かいしゅん」ともぶ。

関連かんれん項目こうもく[編集へんしゅう]