富士通ふじつう

出典しゅってん: へっぽこ実験じっけんウィキ『はち百科ひゃっか事典じてん(アンサイクロペディア)』
移動いどうさき: 案内あんない検索けんさく
この記事きじみぎぎています。
ここがなかです。
Wikipedia
ユーモア欠落けつらくしょう患者かんじゃのために、ウィキペディア専門せんもん気取きどたちが「富士通ふじつう」の項目こうもく執筆しっぴつしています。

富士通ふじつう株式会社かぶしきがいしゃ(ふじつう、Fujitsu Limited)は、コンピュータインターネットひとしIT機器きき注力ちゅうりょくした、日本にっぽん株式会社かぶしきがいしゃである。スローガンは、「仕事しごと無限むげんだい」。しゃ工藤くどう静香しずかの「FU-JI-TSU」(作詞さくし:中島なかじまみゆき)。

初物はつものはことごとくコケる二番煎にばんせんエピゴーネンおおすぎ、そして売国奴ばいこくど会社かいしゃとしてそのとどろかせている。


概要がいよう[編集へんしゅう]

1935ねん6がつ20日はつかに、足尾あしお銅山どうざんでボロもうけした古河ふるかわ鉱業こうぎょうげん古河機械金属ふるかわきかいきんぞく株式会社かぶしきがいしゃ)の子会社こがいしゃとしてまれ、自販機じはんきでひともうけした富士電機ふじでんき製造せいぞう株式会社かぶしきがいしゃげん富士電機ふじでんきホールディングス株式会社かぶしきがいしゃ)が、よーし、これからは電信でんしん電話でんわ頑張がんばっちゃうぞ~♪と、電話でんわ関連かんれん部門ぶもん分離ぶんりしたうえドイツジーメンスしゃ結託けったくし、日本にっぽんぐんけの電話機でんわき通信つうしんつくってもうけた会社かいしゃ最終さいしゅうてきに1967ねん商号しょうごう富士通ふじつう改称かいしょうした。なお、現在げんざいもちいられている、「」がくっついてる、なんともキモいロゴは1989ねんからもちいられている。

パソコン関連かんれん[編集へんしゅう]

8ビット~16ビット[編集へんしゅう]

なんだかFM-7とかいうのにはじまり、FM-77AVという名前なまえ終息しゅうそくしていったそうだが、はっきりって全然ぜんぜんれていなかった。この時期じきのシェアは、下手へたするとEPSON国民こくみん互換ごかんNECPC-9800シリーズとかMSXよりヤバいかもれないくらいまったれていなかった市場いちばへの浸透しんとうにはいたらなかった最大さいだい要因よういんは、当時とうじ最大さいだい競合きょうごうメーカーだったEPSONの国民こくみんのように、かくパソコンのあいだ互換ごかんせい・アップグレードパス・スケーラビリティが中途半端ちゅうとはんぱにしか用意よういされていないてんおおきいとおもっているひともいるようだが、実際じっさいエロゲ本数ほんすう絶対ぜったいてきりなかったためである。

32ビット[編集へんしゅう]

まずは、だれでもいまだにそのにききおぼえがあろうFM TOWNS市場いちば投入とうにゅうなんでもEPSONよりさきていればよいということしかかんがえていなかったのか、CD-ROMきの32ビットPCと当時とうじ最新さいしん性能せいのうほこり、サードパーティによるソフト移植いしょく富士通ふじつう恫喝どうかつ賄賂わいろによりすすんだのだが、互換ごかんせいたいする既存きそんユーザーへの反感はんかんなどは根強ねづよのこされていた。また、時期じき尚早しょうそうともえるハイエンド投入とうにゅうため価格かかく異常いじょうたかい(たしか70まんとか80まんえてたとおもう)という問題もんだいてんのこっていた。同様どうようのアプローチはNECでもためされたが、そんなもんは8ビット充分じゅうぶんという判断はんだんがなされ(当時とうじEPSONは8ビットPCには参入さんにゅう)、そこそこれていた(PC-8801MC model2)。そりゃ価格かかくに50まんえん以上いじょうがありゃホビーマシンのありかたとしてかんがえてしまうだろだれだって。
そういえば「マルチメディアパソコン」というみのCMも当時とうじよくながれていたようながするが、げにどれだけ貢献こうけんしたのだろうか。当時とうじブレイクしていた観月みづきありさへのギャラで、かえってあしてたりして。

また、このEPSON国民こくみんおよびその互換ごかん席巻せっけんしていた時期じき、MS-DOSによる漢字かんじ表示ひょうじは、かくPCが独自どくじ漢字かんじROMを実装じっそうし、個別こべつ特定とくてい方法ほうほうでのみ表示ひょうじ出来できていた。つまり国内こくない流通りゅうつうしていたPCは、漢字かんじROMを実装じっそうしてしたぶん世界せかい標準ひょうじゅんPC/AT互換ごかんくらべ、価格かかくがややたかめであった。しかし、海外かいがいでは主流しゅりゅう廉価れんかなPC/AT互換ごかんでも、なにとかソフトウェアで漢字かんじ処理しょり出来できないかというこころみがなされた。32ビット処理しょり能力のうりょく実装じっそうメモリレベルでそれは可能かのうとなり、IBMMicrosoftから、PC/AT互換ごかんよう日本語にほんごOSがリリースされた。

EPSON国民こくみんおよびその互換ごかんへの対抗たいこうふだなにとしてでも確保かくほすべきとかんがえた、執念深しゅうねんぶか富士通ふじつうは、いちはやく、このOSがバンドルされたPC/AT互換ごかんを、FMVとして市場いちば投入とうにゅうした。しかしこの行為こういは、日本にっぽん国内こくないで、海外かいがいのハードウェアメーカーが、世界せかい標準ひょうじゅん仕様しようともえるPC/AT互換ごかん販売はんばい出来できあしがかりをつくってしまったというてんにおいて、きわめて売国ばいこく行為こういえる。

EPSON国民こくみんおよびその互換ごかんたいして、価格かかく対抗たいこうできるPC/AT互換ごかん出荷しゅっかできるようになった富士通ふじつうはじわじわとシェアを拡大かくだいしていくことになる。しかしそれは結果けっかとして自分じぶんくびめることになるとは、当時とうじだれおもっていなかったのではないだろうか。

Windows[編集へんしゅう]

さらに、MicrosoftによってWindows3.1がリリースされると、海外かいがいメーカーもふくめたPC販売はんばい激戦げきせん時代じだいはじまる。NECをのぞかくメーカーは、こぞってPC/AT互換ごかん販売はんばいはじめ(EPSONはわりはやくPC/AT互換ごかん直販ちょくはん路線ろせんへとえた。また最終さいしゅうてきにはNECもPC/AT互換ごかん販売はんばい方針ほうしん転換てんかんした)、あんじょう富士通ふじつう売国ばいこく行為こういにより上陸じょうりくしてきた、海外かいがい大量たいりょう生産せいさん大量たいりょう販売はんばいしてきたメーカーが、たい法人ほうじんシェアをうばってしまったため、当時とうじてきがEPSON国民こくみんおよびその互換ごかんしかころ富士通ふじつうかんがえていた目論見もくろみおおきくはずれることになる。

しかも、Windows95,98時代じだいはFM-VおよびFM-V BIBLOはPC/AT互換ごかんとは完全かんぜん互換ごかんではなく、動作どうさしないハードウェアがあったりしたためコアユーザーからおおいにきらわれ、不治ふちつう『AT互換ごかん互換ごかん侮蔑ぶべつされた。

最近さいきんではリビングようPCを細々こまごまつくつづけているが、コンシューマ市場いちばすらでも、NECの二番煎にばんせんとか、NECのエピゴーネンわれるほど、NECと酷似こくじしたPCしか出荷しゅっかできていない。あとはシャシーのいろ寒々さむざむとした藍色あいいろで、ぜん世代せだいてき中古ちゅうこPCのようにえる、法人ほうじんけA4ノートPCとか、LOOXとかいう拡張かくちょうせいゼロで1kgをらない小型こがたPCとかもあったりする。そして執念しゅうねんきたか、現在げんざいいたる。
後述こうじゅつの「らくらくホン」に対応たいおうする?「らくらくパソコン」なる商品しょうひんている。

HDD[編集へんしゅう]

3.5インチサイズ・2.5インチサイズなどのHDDを製造せいぞうしているが、2000ねんなつごろから、2002ねん製造せいぞうされた富士通ふじつうせいのHDDは、製造せいぞうじょう問題もんだいにより、こわれる。とにかくこわれる。たもちがわるという、致命ちめいてき症例しょうれい多発たはつしている。結果けっか富士通ふじつうのHDDは敬遠けいえんされ、秋葉原あきはばら滞留たいりゅうしているHDDジャンカーですら購入こうにゅうしなくなった。

このことからも、それまでの日本にっぽんさんものたいするプレミアム…Maid in Japan信頼しんらいせいたいするアドバンテージは完全かんぜんくなってしまった。これが売国ばいこく行為こういければなにだというのだろうか。

東京とうきょう証券しょうけん取引とりひきしょのシステム[編集へんしゅう]

東京とうきょう証券しょうけん取引とりひきしょ以下いか東証とうしょう)は、ニューヨーク証券しょうけん取引とりひきしょロンドン証券しょうけん取引とりひきしょならんで、世界せかいさんだい市場いちばげられる巨大きょだい市場いちばである。このシステムに、どのような天下あまくだ攻勢こうせいがあったのかは不明ふめいだが富士通ふじつうせいのコンピュータシステムがもちいられている。

しかし、2005ねんまつ発生はっせいした取引とりひきミスが、東証とうしょうのシステム不具合ふぐあい原因げんいんであることはしはっし、ライブドア・ショックふくめ、不具合ふぐあい事例じれいは、枚挙まいきょひまがないほど発生はっせいしている。どのくらいあるかはアタマのかたほうくださいよろすく。

うまでもなく、証券しょうけん取引とりひき出来できないということは、銀行ぎんこうひらかないのとほぼどうレベルのだいチョンボであり、東証とうしょうそのものの信頼しんらいせいいちじるしくゆがめたことは、売国ばいこく行為こうい以外いがい何者なにものでもない。

しかも、2007ねん1がつさらにどのような天下あまくだ攻勢こうせいがあったのかは不明ふめいだが、東証とうしょう次期じき売買ばいばいシステムは富士通ふじつう発注はっちゅうするというトンデモニュース発表はっぴょうした。富士通ふじつう東証とうしょうがタッグで売国ばいこく行為こういはしっているてんに、おおくの機関きかん投資とうし失望しつぼうし、日本にっぽん市場いちばばなれが国際こくさいてきすすんだことは、うまでもない。

このほか、富士通ふじつうってほんとうドジなんだよな~」というはなしは、一般いっぱん民間みんかん会社かいしゃのシステムでもかれるはなしのようである。
腹立はらだまぎれに「ドジどおりばわりしているひと多分たぶんいる。

携帯けいたい電話でんわ[編集へんしゅう]

spamメール発展はってんしたNTT DoCoMoたいして携帯けいたい電話でんわ供給きょうきゅうしている。これといってピンとくる製品せいひんもない。所詮しょせん二番煎にばんせんエピゴーネンケータイである。

きわめてはや指紋しもん認証にんしょうと、指紋しもん暗号あんごうがなければ一部いちぶ個人こじんデータをコソコソとかくプライバシーモードなる機能きのう搭載とうさいし、日本にっぽん貞操ていそう観念かんねん倫理りんり破壊はかいしようとこころみているてんても、あぁ、やっぱり売国ばいこく行為こういなんだな…というのが率直そっちょくつねこう感想かんそうである。

また、耄碌もうろくじいばばたいして、オレオレ詐欺さぎ幇助ほうじょするためらくらくホン開発かいはつされたが、あっという東芝とうしばにパクられ、訴訟そしょうさわぎになりかけている。ていうか携帯けいたい意匠いしょうでパクるもパクらないもないようにおもうのだが…その東芝とうしば携帯けいたい電話でんわ事業じぎょう富士通ふじつう吸収きゅうしゅうされることになり、事態じたい収束しゅうそくした。けっして大人おとな事情じじょうなんかではない。

また最近さいきん時代じだいながれにスマートフォン開発かいはつ販売はんばいしている。ブランドめいアアアッローズなんともアホな名前なまえであるが、これは不具合ふぐあい多発たはつさせ、ダメフォの代名詞だいめいしとして国産こくさんスマートフォンの地位ちい低下ていかねらったものとおもわれ、売国ばいこく行為こういなだけでなく、日本人にっぽんじんAndroidアレルギーを増幅ぞうふくさせることになった。この結果けっか日本にっぽん国内こくないのスマートフォンシェアはiPhoneが50%以上いじょうめるという世界せかいてきにも特殊とくしゅ状況じょうきょうすことに成功せいこうした。なお東芝とうしば携帯けいたい事業じぎょう吸収きゅうしゅうしているため東芝とうしばのテレビブランドからアアアッレグザフォン発売はつばい話題わだいになったが、現在げんざいだれにしない。

そんな富士通ふじつうもとうとうくるってしまった。「不具合ふぐあいいという不具合ふぐあい」をせたさいきょうのスマートフォンを販売はんばいするにいたってしまった。どうしてこうなった。しかしどう時期じき国内こくないすべてのキャリアでiPhoneが使つかえるようになったことで一切いっさい話題わだいにはならなかった。

美少女びしょうじょゲーム(エーベルージュ)[編集へんしゅう]

Wikipedia
ユーモア欠落けつらくしょう患者かんじゃのために、ウィキペディア専門せんもん気取きどたちが「エーベルージュ」の項目こうもく執筆しっぴつしています。

富士通ふじつう革新かくしんてき会社かいしゃでもあり、なんとえゲーという言葉ことば出来できまえに、いわゆる美少女びしょうじょゲームを販売はんばい出荷しゅっかしている。エーベルージュっていうかワーランドシリーズ各々おのおのである。

特徴とくちょうとしては、育成いくせいゲーともRPGともつかない、色々いろいろ意味いみ微妙びみょうなゲームである。しかしやはりそこは富士通ふじつうなので、1996ねんにプロジェクトげ、コケてしまったせいか、2000ねん前後ぜんこうにはポシャっている。詳細しょうさいはアタマのかたほうをごらんくださいおながいします。

…というかアタマのかたほうってるエーベルージュ…何故なにゆえ登場とうじょう人物じんぶつこうコーが3番目ばんめなのか。りたい。ものすごりたい。ネルトだろそこはつねこう…まぁネルトがキモいだけのキャラで、コーが一番いちばんえキャラであること周知しゅうちうえでのいいぶんとなりますがw あと渡辺わたなべまほろっていまなにやってるんだろうか…。

世界せかい車窓しゃそうから[編集へんしゅう]

富士通ふじつう従業じゅうぎょういんには、てつてつおおことから、世界せかい車窓しゃそうからというテレビ番組ばんぐみ単独たんどくスポンサーとなっている。したがって、富士通ふじつう国際こくさいてつヲタささえられているとっても過言かごんではない。

その[編集へんしゅう]

  • タッチおじさんというキャラクターが存在そんざいしたのだが、らんとおり。
  • PFUという関連かんれん会社かいしゃがあるのだが、キーボードの販売はんばい以外いがい評価ひょうかがされていない、可哀想かわいそう子会社こがいしゃである。
  • FUJITSU TENという関連かんれん会社かいしゃもある。カーエレクトロニクス製品せいひんのほか、風変ふうがわりなデザインのスピーカーを製造せいぞう
  • 2009/05/14、世界せかい最速さいそくCPUとして「SPARC64 VIIIfx」(コードネーム:セーラーV)を参考さんこう展示てんじした。浮動ふどう小数点しょうすうてん演算えんざん処理しょり速度そくど128GFLOPSはAMD「Radeon HD 4770」のやく1/7である。[1]
  • そういえば、高齢こうれいしゃのほか障害しょうがいしゃけのユーザビリティ改善かいぜんにもちかられていたようながするが、「らくらくホン」「らくらくパソコン」の存在そんざいとあわせて、弱者じゃくしゃおもいで良心りょうしんてきという企業きぎょうイメージをえつけ、これまでにもかえいたうれ(ryなどのマイナスイメージを払拭ふっしょくしたい意図いともあるのか、最近さいきんのCMにはわざわざ映画えいがふう日本語にほんご字幕じまくれられている
  • スポーツにちかられている会社かいしゃでもあり、ピンポンダッシュではアジアチャンピオンや集団しゅうだん種目しゅもくでのオリンピックどうメダルまでった社員しゃいんがいる。一方いっぽう、サッカーの川崎かわさきフロンターレ社風しゃふういで二番煎にばんせんじの常連じょうれんとなり、2009ねんにはそのやりれないかなしみから祖父そふ会社かいしゃ古河ふるかわジェフ千葉ちばの「生涯しょうがい一部いちぶ神話しんわほうむってしまった。

関連かんれん項目こうもく[編集へんしゅう]

外部がいぶリンク[編集へんしゅう]