SUBARU

出典しゅってん: へっぽこ実験じっけんウィキ『はち百科ひゃっか事典じてん(アンサイクロペディア)』
富士重工業ふじじゅうこうぎょうから転送てんそう
移動いどうさき: 案内あんない検索けんさく
Walkingmonkey.jpg
独自どくじ研究けんきゅう:この記事きじふし内容ないよう独自どくじ研究けんきゅうであるとする見方みかたもあるようですが、ここアンサイクロペディアわらいをるためには自分じぶんのアイデアを記事きじこと不可欠ふかけつです自己じこ言及げんきゅうてきなページにならない程度ていどみちすすんでみてください。
Wikipedia
ユーモア欠落けつらくしょう患者かんじゃのために、ウィキペディア専門せんもん気取きどたちが「SUBARU」の項目こうもく執筆しっぴつしています。
Chakuwiki.png
長文ちょうぶんめないバカひとのために、チャクウィキバカたちが「SUBARU」の項目こうもく執筆しっぴつしています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画どうが中毒ちゅうどく患者かんじゃのために、ニコニコだい百科ひゃっかではニコくりやたちがおかねをかけてまで「SUBARU」の項目こうもく執筆しっぴつしてくれています。

株式会社かぶしきがいしゃSUBARU(すいへいたいこういちずかいしゃりゃくしてすばる)は、器用貧乏きようびんぼう見本みほんよう会社かいしゃである。有名ゆうめい生産せいさん品目ひんもくは「スバル」ブランドの自動車じどうしゃであるが、航空機こうくうき関係かんけいもおのもので、富士重工業ふじじゅうこうぎょうがいなければ旅客機りょかくきつばさ胴体どうたいがサヨナラするほど重要じゅうよう存在そんざいだ。

以前いぜん富士重工業ふじじゅうこうぎょう株式会社かぶしきがいしゃ(ふじじゅうこうぎょう)を名乗なのっていた。この名称めいしょう書体しょたいには左右さゆうバランスが均等きんとうとなる「たてきシンメトリカル方式ほうしき」が採用さいようされ、天候てんこう路面ろめんしょ条件じょうけんかかわらず安定あんていしたはしりをもたらすすぐれた社名しゃめいとなっていたが、トヨタ傀儡かいらいとなったことでトヨタにあやつられやすくするためにその摂理せつり破綻はたんし、ブランドだけだったSUBARUが社名しゃめいにもなった。東京とうきょうしん都心としん西新宿にししんじゅく本社ほんしゃかまえるが、実際じっさい群馬ぐんまけんぼうスバルまち工場こうじょうすべてを背後はいごからあやつっている。

スバルしゃると、スバリストとかいう富士ふじやまいかかるとかいうまことしやかなうわさ存在そんざいする。かつては普通ふつうしゃなら水平すいへい対向たいこうエンジン+AWD、軽自動車けいじどうしゃは4気筒きとうスーパーチャージャーというのが社是しゃぜだったが、トヨタの介入かいにゅう色々いろいろぜっかえされて困惑こんわくしている状況じょうきょうだ。

生産せいさん品目ひんもく[編集へんしゅう]

  • 自動車じどうしゃ - スバルしるし乗用車じょうようしゃ軽自動車けいじどうしゃ(トヨタが徹底てってい管理かんりちゅう)。
  • スバリスト
  • 飛行機ひこうき部品ぶひん - ぼう引具そらバスからラジコンヘリまで。
  • 宇宙うちゅう部品ぶひん - H-IIAがたロケットから人工じんこう衛星えいせいまで。
  • こまどりエンジン - ウサギさんスクーターのエンジンを汎用はんようしたのがはじまり。
  • 最中さいちゅう - 工場こうじょう門前もんぜんのオフィシャル和菓子わがしてんでスバルブランド菓子かし各種かくしゅ絶賛ぜっさん販売はんばいちゅう

など

過去かこ生産せいさん品目ひんもく[編集へんしゅう]

など

昔話むかしばなし[編集へんしゅう]

この会社かいしゃ前身ぜんしん中島なかじま飛行機ひこうき軍国ぐんこくまっさかりで疾風しっぷうはやぶされいせん設計せっけい三菱みつびしがしたけど生産せいさんすう中島なかじまのほうがおおい)とうがけ、つぎはジェット戦闘せんとう超弩級ちょうどきゅう爆撃ばくげきだとゆめふくらんだけど日本にっぽんけちゃって、GHQ来日らいにち早々そうそう粉々こなごな粉砕ふんさい。でもそのなかのいくつかのかけらがターミネーターT1000のごとくくっついて出来できた。いろいろ先進せんしん技術ぎじゅつ(EyeSightのもとになったADAやSI-Cruise、SI-DRIVE、リニアトロニックとか)をがけても、宣伝せんでん下手へたなので他社たしゃにいいとこりされるパターンが定番ていばん前輪ぜんりん駆動くどうをFFとぶことからしてスバルの発案はつあんだし、かの日産にっさん・GT-Rにだって中島なかじま飛行機ひこうきながれているのだ。CVTもスバルが最初さいしょ実用じつよう成功せいこうしたが、もうだれおぼえちゃいねえ。

一時いちじ、アメリカのだい家庭かてい養子ようし(それ以前いぜん日産にっさん養子ようしだったのだが)となるが、とらびっくをもらったりインプレッサを北欧ほくおう銘柄めいがら北米ほくべい派遣はけんしたりするプレゼント交換こうかんしかできなかった。それに結局けっきょく豊田とよだ人身じんしん売買ばいばいして身銭みぜにかせ背信はいしん行為こういはたらき、いま豊田とよだ庇護ひごしたにある。豊田とよだでは、Dしゃ点数てんすうかせぎをたすけつつ、いた余力よりょくでニッチ製品せいひんをシコシコとつくつづける予定よていたとえば水平すいへい対向たいこうヂーゼルエンジンやアイサイト・ザ・ライド(ディーラー集客しゅうきゃくよう体感たいかんゲーム)、それにBRZなんかがその成果せいかだ。

かつては子会社こがいしゃのSTI("Suihei Taikou Ichizu"のりゃく)をつうじてWRC参戦さんせん王者おうじゃ君臨くんりんしたこともあった。じつF1にもたことがあるが予選よせんまえ予備よび予選よせんすら通過つうかできなかったけんくろ歴史れきしとして封印ふういんされている。

アイサイトの誕生たんじょう直後ちょくご宣伝せんでんをアニメでやろうとガイナックス打診だしん。しかし、スバルの変態へんたいせいが「宣伝せんでんなんかよりも自分じぶんたちつくりたいアニメ」をもとめた結果けっか放課後ほうかごのプレアデス誕生たんじょうした。しかし、社員しゃいんもほとんどおぼえていないくろ歴史れきしに。

車種しゃしゅ一覧いちらん[編集へんしゅう]

現行げんこうのスバルしゃおどろくことにOEM以外いがいすべて3ナンバーサイズかつ水平すいへい対向たいこうエンジンのみを動力どうりょくげんとする。それ以外いがい全部ぜんぶTしゃDしゃのクローンだ。こらビックラ!

現行げんこう車種しゃしゅ[編集へんしゅう]

車種しゃしゅ はつ登場とうじょうねん 現行げんこうがた 備考びこう
発表はっぴょう マイナーチェンジ
セダン(サルーン)
LEGACY B4 レガシィ B4 1989ねん 2014ねん10がつ24にち(6代目だいめ) 2015ねん9がつ10日とおか 6代目だいめクラウン(14代目だいめ)とほぼおなじサイズに。
近年きんねんはクラウンの代替だいたい車種しゃしゅとして5代目だいめ最終さいしゅうモデルがパトカーへの採用さいようすすんでいる。もしまちちゅうでパンダカラーじゃない一般いっぱんしゃ見掛みかけたとおもってもじつはほぼ100%覆面ふくめんパトカーである。
IMPREZA G4 インプレッサ G4 1992ねん 2016ねん10がつ20日はつか(5代目だいめ) ハッチバックよりもかげうすすぎるセダン。くるまめいのG4とはいまとはなってはめずらしいPowerPC G4を搭載とうさいしていることをしめす。
これも5代目だいめレガシィB4とおなじくパトカーへの採用さいようすすんでいる。4代目だいめのマイナーチェンジで2.0LにSI-DRIVEがるように。
WRX STI WRX STI 2014ねん 2014ねん8がつ25にち 2017ねん5がつ24にち 実質じっしつレヴォーグセダンだが、インプレッサWRX STIの後継こうけい位置いちづけられており、エンジンは伝統でんとうの“EJ20”をむ。AWDがマルチモードDCCDだったり油圧ゆあつしきパワーステアリングだったりするがそんなこまかいことだれにしない
WRX S4 WRX S4 2014ねん 2014ねん8がつ25にち 2017ねん7がつ3にち こっちは中身なかみまで完全かんぜんにレヴォーグセダン。リニアトロニックCVTやEyeSightを装備そうびする雰囲気ふんいき(笑)グレードにぎないが、すじはこっち。
ハッチバック2BOX
IMPREZA Sport インプレッサ スポーツ 1992ねん 2016ねん10がつ20日はつか(5代目だいめ) 地味じみにもスバルしゃはつのアイドリングストップシステムを搭載とうさい。これも4代目だいめのマイナーチェンジで2.0LにSI-DRIVEがるように。
スバルで2だいのカーオブザイヤー獲得かくとく車種しゃしゅ
JUSTY ジャスティ 1984ねん 2016ねん11月9にち(5代目だいめ) ダイハツにけられてってるくるま
SUV/クロスカントリー
FORESTER フォレスター 1997ねん 2018ねん6がつ20日はつか(5代目だいめ) 5代目だいめでとうとうMTしゃ消滅しょうめつした。かおがフォードっぽいのはわらず。初代しょだいレガシィと同様どうよう世界せかい5大陸たいりく10まんkm耐久たいきゅう走行そうこうおこなっていた。
OUTBACK レガシィアウトバック 2003ねん 2014ねん10がつ24にち(3代目だいめ) 2015ねん9がつ10日とおか レガシィの長兄ちょうけい以前いぜんは「レガシィランカスター」なんて名乗なのってた。ちちレオーネが開拓かいたくしたジープと乗用車じょうようしゃあいだのへんぴな土地とち相続そうぞくして商売しょうばいはじめたら、最近さいきん一大いちだい繁華はんかがいに。
6代目だいめで4代目だいめフォレスターに搭載とうさいされたX-MODEも搭載とうさい
XV XV 2010ねん 2012ねん9がつ23にち(2代目だいめ) 2014ねん11月25にち かつて数量すうりょう限定げんてい発売はつばいされた「インプレッサ グラベルEX」がカタログモデルとなって復活ふっかつ!燃費ねんぴにしないというななじょうのハイブリッドモデルもラインナップ。
ガソリンしゃにも4代目だいめのマイナーチェンジで2.0LにSI-DRIVEがるように。
ステーションワゴン
LEVORG レヴォーグ 2013ねん 2014ねん6がつ20日はつか(初代しょだい) 2015ねん4がつ16にち 「(レガシィ)25ねんのフルモデルチェンジ」と銘打めいうってわりには格下かくしたのインプレッサベースだったりする。
ちなみに日本にっぽん専用せんようモデルで全車ぜんしゃターボ仕様しよう…だったが海外かいがい展開てんかいされ、NAモデルも登場とうじょうしている。ボンネットのあな郵便ゆうびんポストと揶揄やゆされているが、本当ほんとう郵便ゆうびんポストであることはレヴォーグりしからない。
クーペ
BRZ BRZ 2012ねん 2012ねん3がつ28にち 2015ねん2がつ10日とおか スバルしゃ史上しじょうはつのFR。トヨタとの「共同きょうどう開発かいはつ」といいつつトヨタがスバルに鞭打むちうって開発かいはつさせた。
ターボもAWDもリニアトロニックもないけど、水平すいへい対向たいこうエンジンなのでかろうじてスバルファンにもみとめられている。
バン
サンバー サンバー 1961ねん 2012ねん4がつ2にち 別名べつめい農道のうどうポルシェ。スバルがほこけい商業しょうぎょうしゃである。しかし現行げんこうがたからハイゼットからの姉妹しまいしゃとなってしまった。

過去かこおも販売はんばい車種しゃしゅ[編集へんしゅう]

  • 360:それまでクソ同然どうぜん存在そんざいだった軽自動車けいじどうしゃえるエンジニアたましい一気いっき参入さんにゅうハードルのたかものにしたくるま。その名声めいせいゆえ世紀せいき怪盗かいとうルパンさんせいもちいたり、Get Backersの主人公しゅじんこうめい探偵たんていコナ○あかいFBI捜査そうさかんかり)の愛車あいしゃになっている。クレヨンしんちゃんトリプルファイターではあく組織そしきが、Dr.スランプではおまわりさんが社用しゃようしゃ採用さいようしている。
  • レックス:エンジニアたましいだけではれるくるまつくれないのでスズキ・アルトとかをながら頑張がんばった。3代目だいめはマイナーチェンジで2気筒きとうエンジンをばいの4気筒きとうにするという荒業あらわざせた。
  • ヴィヴィオ:フルチューンすればセリカまわしたり大陸たいりく横断おうだんレイドに完走かんそうすることも可能かのうという、オーバースペックにもほどがある軽自動車けいじどうしゃらき☆すたリリカルなのはてくる。
  • 450360しろナンバーバージョン。どうやら、マツダ・キャロル600対抗たいこうするためつくられたらしい。
  • 1000450跡継あとつぎで、もと飛行機ひこうきらしい冒険ぼうけんしん先進せんしんせいあふれたくるまだった。しかし、いものとれるものはちがうという見本みほんになってしまった。アルファロメオがメカニズムをパクッて「アルファぬす」なるくるまつくったのは公然こうぜん秘密ひみつである。
  • レオーネ:セダンやらワゴンやらクーペやらハードトップやらトラック(国内こくないではタミヤ受託じゅたく生産せいさん)までラインナップ。映画えいが「キャノンボール」にはジャッキーチェン愛車あいしゃとして登場とうじょうしているが、2さく三菱みつびし・スタリオンほうのインパクトがつよすぎてあまりられてない。初代しょだい、2代目だいめ結構けっこうれたが、3代目だいめ壊滅かいめつてきれず、インプレッサにバトンをわた消滅しょうめつ
  • アルシオーネ:エンジニアが空気くうき力学りきがく理論りろん武装ぶそうだけでつくったドリームカー。といいつつ、4WD仕様しようはものすごく腰高こしだかだったり。初代しょだいがアメリカでだい失敗しっぱいした(プラザ合意ごういという不可抗力ふかこうりょくもあったが)せいで、会社かいしゃかたむきまくって初代しょだいレガシィがれなきゃつぶれるとこだった。ジアウジーロおじさんのかんがえたSVXという息子むすこもいる。いまでも根強ねづよいファンがいる(ちなみに筆者ひっしゃもそうだ)。なぜかレイアースでは露出ろしゅつきょう
  • ドミンゴ:サンバーの兄貴あにき、というより巨大きょだいしたクローン海外かいがいでは「相撲すもう」とか、冗談じょうだんみたいな名前なまえられてた。巨人きょじん親戚しんせきがいた。元祖がんそ7にんり「ミニ」バン。
  • R2360跡継あとつぎ。しかし代目だいめはボンボンで会社かいしゃかたむけるものと相場そうばまっている。
  • R1木村きむらカエラこえでしゃべる。WRCチームをひきいるプロドライブがこいつの車体しゃたいとインプレッサのエンジンをわせたスーパーカーつくったが、R1をえらんだ理由りゆうは「キャビンをいちからつくるよりすい対策たいさく出来できているから」だったとか。趣味しゅみきてるおじさんが、なんちゃってポルシェをつくさいのベースしゃとなった。
  • スバル・インプレッサ WRX STI:たたかうためにまれたアスリートだが、増強ぞうきょうざいドーピングの常習犯じょうしゅうはんでもある。WRCをはなれたいま、ニュルブルクリンクで自分じぶんさがちゅう。いつのにかインプレッサがはずれWRX STIとなり、WRX S4/STI(2代目だいめ)でセダンのみになった。
  • レガシィツーリングワゴン : 「バンとはちがうのだよバンとは!」とばかりにワゴンの地位ちい一気いっきたかめた立役者たてやくしゃ。でもニュースで「ワゴンしゃが…」というと大抵たいていワンボックスだ。後継こうけいしゃのレヴォーグが登場とうじょうしたことによりひとつの歴史れきしえた。

技術ぎじゅつてきハイライト[編集へんしゅう]

  • 水平すいへい対向たいこうエンジン - 「あのポルシェとウチだけ!」というのがスバルの宣伝せんでん文句もんくだが、のメーカーがさっさと見限みかぎったなかのこされた2しゃがチキンレースをしている状態じょうたい理由りゆうとしては工数こうすうおおさ。なんてったってクランクシャフトをエンジンブロックふたつではさむんだから直列ちょくれつやVがたよりつくるのに手間てまかかるのだ。ちなみにBMWホンダもバイクにボクサーんでるけどだれにしない。アップデートが容易よういなため、こまかい改良かいりょうつづけながらながつくっている。EJけいエンジンは2014ねん現在げんざいもう25ねんというのに、いま他社たしゃのエンジンにけをとらないどころか性能せいのう他社たしゃエンジンにいつかれていない。
  • AWD - 4WD(4りん駆動くどう)でなくAWD(ぜん駆動くどう)とぶのは、将来しょうらい6WDや10WDもつくろうとしている布石ふせきおもわれる。
  • シンメトリカルAWD - 上記じょうき2つをわせてスバルは文句もんくとしているが、たいていオーナーであるメガネぶた運転うんてんせき一人ひとりるのでバランスはくない。おまけにAWDの構造こうぞうじょう、エンジンはまえにせりしているし、重心じゅうしんもたいしてひくくもない。
  • EyeSight - 「ぶつからないクルマ?」を実現じつげんするステレオカメラを使つかったちょう技術ぎじゅつとくに「?」はクレーマーとぶつからない断定だんてい表現ひょうげん回避かいひのための重要じゅうよう部品ぶひんである。
  • しん環状かんじょうりょくこつ構造こうぞうボディ - イナバの物置ものおき車輪しゃりんがついているイメージ。イケてなさもふくめて。
  • 調整ちょうせいウェイト - くるまじゅうつね形式けいしき認定にんてい申請しんせいたもつためのバランサー。レオーネで採用さいよううしろこくにばれて大変たいへんなことに。
  • CVT - そのむかし、バンドーネしゃのベルトしきCVTを実用じつようレベルで世界せかいはつ搭載とうさいしたことが自慢じまんだったが、熟成じゅくせいかさねたところで提携ていけいさき日産にっさん技術ぎじゅつってかれてしまったので現在げんざいはチェーンしきの「リニアトロニック」CVTをしている。意外いがいおとがうるさい。はつ搭載とうさいしゃ当時とうじスバルのなかでもっとも地味じみ存在そんざいで、ほとんどだれらなかったジャスティであったのも不幸ふこう
  • DIT - 「スバルしゃはどんどんおもおおきくなる」という批判ひはんをかわすためされたちょくターボ。トルクかんたしかにアップしているが、そもそもがかる車体しゃたいであればより実感じっかんできるはずだ。

関連かんれん項目こうもく[編集へんしゅう]


この項目こうもくSUBARU」は、執筆しっぴつしゃがクラックをキメていた可能かのうせいもありますが、いまはまだクソのやまです。より愉快ゆかいにしてくださる協力きょうりょくしゃもとめています。さぁ、これをているあなたも、ずかしがらずにんでみよう! (Portal:スタブ)