文芸ぶんげい

出典しゅってん: へっぽこ実験じっけんウィキ『はち百科ひゃっか事典じてん(アンサイクロペディア)』
移動いどうさき: 案内あんない検索けんさく

文芸ぶんげい(ぶんげいぶ)とは、文化ぶんかけい部活ぶかつ擬装ぎそうしたオタク生徒せいときだまりである。

概要がいよう[編集へんしゅう]

そもそもの「文芸ぶんげい」とは文学ぶんがくふくめた口語こうご芸術げいじゅつ総称そうしょうだが、文芸ぶんげいにおいては「次元じげんけいサブカルチャー」を意味いみする言葉ことばとしてもちいられ「堂々どうどうとオタクばなし出来でき部活ぶかつ」としてスクールカースト下位かいのオタク男女だんじょつど場所ばしょとなっている。

創部そうぶ当初とうしょは「ただダラダラとほんんでサボっててもなにわれない場所ばしょ」と喫茶店きっさてんのような場所ばしょだが、その内部ないぶいんがマイナーなマンガやらラノベやらをみ、がつけばたんなるオタク集会しゅうかいすのが通例つうれいである。

卒業そつぎょう進路しんろ影響えいきょうあたえることはすくない。文芸ぶんげい活動かつどうしたからといって作家さっかになるれいすくなく、たん評論ひょうろん気取きどりのブンガクけい(笑)かっこわらいダメ人間にんげん出来上できあがる程度ていどである。

部員ぶいん傾向けいこう[編集へんしゅう]

文学ぶんがくてきセンスのたか生徒せいとあつまるのは創部そうぶすう年間ねんかんくらいであり、基本きほんてき女子じょしくさっており男子だんしダメ人間にんげんである。当然とうぜん顧問こもんもロクな仕事しごとをせず、部室ぶしつ管理かんり御座おざなりである。

男女だんじょども次元じげんけいサブカルチャーに傾倒けいとうし、日夜にちやその討論とうろんいそがしくしている。なので活動かつどうはあまりおおくない。一応いちおうそこそこの文章ぶんしょう能力のうりょくはあるがそれを発揮はっきするかは微妙びみょうおもしたようにだの小説しょうせつだのをはじめるが、まず間違まちがいなくくろ歴史れきしとなる[1]。ペンネームも同様どうよう[2]。またイラスト方面ほうめんちから発揮はっきする部員ぶいんもいるが当然とうぜんくろ歴史れきしとなる。とうか本当ほんとう文章ぶんしょう能力のうりょくがあれば文学部ぶんがくぶ古典こてんくし才能さいのうがあれば美術びじゅつっているはずなので文芸ぶんげい部員ぶいんのスキルは中途半端ちゅうとはんぱはしにもぼうにもかからない程度ていどでしかない。

部内ぶない恋愛れんあい基本きほんてきい。異性いせい興味きょうみのある生徒せいとはいるが、「こんなおとこおんな)だけはイヤだ」と同族どうぞく嫌悪けんおこして食指しょくしばさないのである。たまにちょっと肯定こうていてき言葉ことばもらっただけで一途いちずあい目覚めざめる厄介やっかいしゃもいるが、極々ごくごく少数しょうすうである。

活動かつどうれい[編集へんしゅう]

部会ぶかい
大体だいたい毎日まいにちのように部室ぶしつつどい、たんにダラダラとなまける。とく生産せいさんてき活動かつどうはしないが、とくわったこときないぶん青春せいしゅんきずつけない。
放課後ほうかご時間じかん無駄むだにした、という意味いみでは青春せいしゅんきずついているが。
回覧かいらんノート
妄想もうそうつづったノートをみんなでまわす、部内ぶない交換こうかん日記にっき。たまにエロえがいたりするバカもいる。顧問こもんむので大抵たいていおこられてしまう。
参加さんかしているあいだたのしいが、卒業そつぎょう「あのノートはだれっているんだろう(現存げんそんするならてなきゃ)」と不安ふあん気持きもちになってしまうというおそろしいノートである。
(定期ていき)
活動かつどうをこじらせたすえ合同ごうどう同人どうじん基本きほん月刊げっかんだが編集へんしゅう大抵たいていまわりでやるので、一人ひとりがサボると自然しぜん消滅しょうめつする。そのほうがえぇ!!
基本きほんてきには部員ぶいんにしかれないので、全員ぜんいんかた処分しょぶんちかえばしんきず最低限さいていげんですむ。ただし図書としょしつ収蔵しゅうぞうされたりするとなんねんはじさら羽目はめになりしんくじられていく。
(文化ぶんかさい)
活動かつどうとしてかなら通過つうかしなければならない悪夢あくむ。やってきた他校たこう生徒せいと親御おやごさんにまで妄想もうそう開示かいじするというトラウマイベント。
拡散かくさんするためぜん処分しょぶん不可能ふかのうであり、また次第しだいでは在庫ざいこ文化ぶんかさいたびなんねんなんねんなんねん延々えんえん販売はんばいされつづける[3]母校ぼこう文化ぶんかさいのぞたびにトラウマがうずく…。

脚注きゃくちゅう[編集へんしゅう]

  1. ^ 「ゴンドラ(ゴールデンドラえもん)」ってなにだったんですかセンパイ。なんでそんなわけのわからん小説しょうせついた後世こうせいのこしたんですかセンパイ。
  2. ^ 初版しょはん投稿とうこうしゃのいた文芸ぶんげいには「666」というペンネームの男子だんしがいたがだれからもばれることはないし本人ほんにんいやがっていた。
  3. ^ 表紙ひょうしイラストをえがいたりした場合ばあい発狂はっきょうレベルのくろ歴史れきしとなる。パースのくるったボールペン延々えんえん陳列ちんれつされるようはまさに悪夢あくむである。

関連かんれん項目こうもく[編集へんしゅう]

Pixiv
同人どうじんマニアのために、ピクシブ百科ひゃっか事典じてんでは同人どうじんゴロとその愉快ゆかい仲間なかまたちが「文芸ぶんげい」の記事きじ執筆しっぴつしています。