日本にっぽん共産党きょうさんとう

出典しゅってん: へっぽこ実験じっけんウィキ『はち百科ひゃっか事典じてん(アンサイクロペディア)』
移動いどうさき: 案内あんない検索けんさく
医療いりょう情報じょうほうかんする注意ちゅうい 自身じしん健康けんこう問題もんだいかんしては、ためしてガッテンDHCなにとかしてください。免責めんせき事項じこうもおみください。
この記事きじ左右さゆうっているのでバランスがたもたれています。

日本にっぽん共産党きょうさんとう(にほんきょうさんとう、英語えいご:Japanese Communist Party,JCP)は、政府せいふ腐敗ふはい症状しょうじょう改善かいぜん効果こうかみとめらる医薬品いやくひんである。劇薬げきやくであるためあつかいには慎重しんちょう判断はんだんようする。

使用しようじょう注意ちゅうい[編集へんしゅう]

警告けいこく[編集へんしゅう]

ほんざい投与とうよは、経済けいざいがくおよ政治せいじがくてき診断しんだん治療ちりょう精通せいつうし、依存いぞんふくほんざいのリスクとうについても十分じゅうぶん管理かんりできる医師いし医療いりょう機関きかん管理かんり薬剤師やくざいしのいる議会ぎかいのもとでのみおこなうこと。ほんざい投与とうよする政府せいふおよ自治体じちたいにおいては、投票とうひょうまえ医師いし医療いりょう機関きかん確認かくにんしたうえ投票とうひょうおこなうこと。

用法ようほう用量ようりょう[編集へんしゅう]

政府せいふ腐敗ふはい与野党よやとうのなれいにたいして
最低さいてい10議席ぎせき以上いじょう投与とうよすること。
財界ざいかい横暴おうぼうたいして
衆議院しゅうぎいん40議席ぎせき参議院さんぎいん20議席ぎせき目安めやすとすること。
不要ふよう道路どうろ工事こうじばかりして必要ひつようなライフラインを整備せいびしない地方ちほう公共こうきょう団体だんたいたいして
少量しょうりょう患部かんぶにつめるだけでも、十分じゅうぶん効果こうかがある。
特殊とくしゅ人権じんけんアヘンなやまされている患者かんじゃ組織そしきたいして
抜本ばっぽんてき改善かいぜん期待きたいできる。議員ぎいんであっても効果こうかみとめられる。
くすりとの併用へいようについて
薬剤師やくざいし管理かんりうえ併用へいようすること。公明こうめい併用へいようすると、アナフィラキシーショックをこすことがある。(併用へいよう注意ちゅうい参照さんしょう
青年せいねんにおいて
マルクスエンゲルス著作ちょさくとあわせて服用ふくようするとよい。

発売はつばい[編集へんしゅう]

  • 1922(大正たいしょう11)ねん7がつ15にち 発売はつばい開始かいし
  • 1945(昭和しょうわ20)ねん8がつ 薬価やっか収載しゅうさい

医薬品いやくひん区分くぶん[編集へんしゅう]

  • 劇薬げきやく
  • 処方箋しょほうせん医薬品いやくひん注意ちゅうい医師いしとう処方箋しょほうせんにより使用しようすること)
  • 習慣しゅうかんせい医薬品いやくひん
  • こう精神せいしんやく

組成そせい[編集へんしゅう]

成分せいぶん・含量(1とうちゅう

党員とういん 31まん8000にん(2012ねん時点じてん

  • 内訳うちわけ
有効ゆうこう成分せいぶん:やく70%
遊離ゆうり成分せいぶん:やく30%(もと有効ゆうこう成分せいぶんだが、活性かっせいした分子ぶんし)

併用へいよう注意ちゅうい[編集へんしゅう]

併用へいよう注意ちゅういすること)

薬剤やくざいめいとう[編集へんしゅう]

公明こうめいあなたの、あしたを、あたらしく

臨床りんしょう症状しょうじょう措置そち方法ほうほう[編集へんしゅう]

ほんざい併用へいようすると、アナフィラキシーショックをこすことがある。

じょ危険きけん因子いんし[編集へんしゅう]

じょ不明ふめいである。

副作用ふくさよう[編集へんしゅう]

禁忌きんき[編集へんしゅう]

以下いか患者かんじゃには使用しようしないこと。

  1. ながらく革新かくしん政権せいけん主導しゅどうけんにぎっていた状態じょうたい患者かんじゃ。(注意ちゅうい中毒ちゅうどくおそれあり)
  2. 経済けいざい全般ぜんぱん苦境くきょうにあり、経済けいざいなおしを優先ゆうせんする必要ひつようのある患者かんじゃ
  3. 外国がいこくによる侵略しんりゃく危険きけん直面ちょくめんしている患者かんじゃ。(注意ちゅうい免疫めんえきりょくよわめる危険きけんり)

重要じゅうよう基本きほんてき注意ちゅうい[編集へんしゅう]

  • ほんざい投与とうよする医師いしまた医療いりょう従事じゅうじしゃは、投与とうよまえ国民こくみんまた市民しみんとうたいして、ほんざい政治せいじてき位置いちづけ、依存いぞんせいとうふくほんざいのリスクについて、十分じゅうぶん情報じょうほう提供ていきょうするとともに、適切てきせつ使用しようほうについて指導しどうすること。
  • 家族かぞくとう興奮こうふん攻撃こうげきせいえき刺激しげきせいとう行動こうどう変化へんかおよ基礎きそ疾患しっかん悪化あっかがあらわれるリスクとうについて十分じゅうぶん説明せつめいおこない、医師いし緊密きんみつ連絡れんらくうよう指導しどうすること。
  • ほんざい長期間ちょうきかん投与とうよする場合ばあいには、定期ていきてき公安調査庁こうあんちょうさちょうによる検査けんさおこなうことがのぞましい。異常いじょうみとめられた場合ばあいには投与とうよ中止ちゅうしすること。
  • 経済けいざいたいする影響えいきょう観察かんさつするため、ほんざい投与とうよ期間きかんちゅうは、定期ていきてき国民こくみん経済けいざい計算けいさん測定そくていすること。異常いじょうみとめられた場合ばあいには投与とうよ中止ちゅうしすること。

重大じゅうだい副作用ふくさよう[編集へんしゅう]

暴力ぼうりょく革命かくめいこす場合ばあいがあるので、投与とうよりょう注意ちゅういすること。

その副作用ふくさよう[編集へんしゅう]

ほんざい大量たいりょう投与とうよ長期間ちょうきかんにおよんだ場合ばあい経済けいざいりょく低下ていかこることがあるので、政権せいけん運営うんえい従事じゅうじさせないよう注意ちゅういすること。

慎重しんちょう投与とうよ[編集へんしゅう]

ほんざい投与とうよ大量たいりょうかつ長期間ちょうきかんおよんだ場合ばあい公務員こうむいん職務しょくむ倫理りんり破壊はかいされ、給与きゅうよやヤミ手当てあてのがくだけが上昇じょうしょうして国家こっか存立そんりつあやうくなるので、投与とうよにあたっては慎重しんちょう注意ちゅういようする。

高齢こうれいしゃへの投与とうよ[編集へんしゅう]

青年せいねん学生がくせい運動うんどう関係かんけいしていた患者かんじゃへの投与とうよ危険きけんであるという報告ほうこくがある。

小児しょうにへの投与とうよ[編集へんしゅう]

小児しょうに左翼さよく症候群しょうこうぐん(child left-wing syndrome-CLS)を併発へいはつするおそれがあり、安全あんぜんせい確立かくりつしていない。

わせさき[編集へんしゅう]

代々木よよぎ製薬せいやく製品せいひん情報じょうほう東京とうきょう渋谷しぶや千駄ヶ谷せんだがや4丁目ちょうめ26ばん7ごう

関連かんれん項目こうもく[編集へんしゅう]

Wikipedia
ユーモア欠落けつらくしょう患者かんじゃのために、ウィキペディア専門せんもん気取きどたちが「日本にっぽん共産党きょうさんとう」の項目こうもく執筆しっぴつしています。
Chakuwiki.png
長文ちょうぶんめないバカひとのために、チャクウィキバカたちが「日本にっぽん共産党きょうさんとう」の項目こうもく執筆しっぴつしています。

外部がいぶリンク[編集へんしゅう]