日本国にっぽんこく憲法けんぽう

出典しゅってん: へっぽこ実験じっけんウィキ『はち百科ひゃっか事典じてん(アンサイクロペディア)』
移動いどうさき: 案内あんない検索けんさく
Wikipedia
海外かいがい安全あんぜん情報じょうほう
ウィキペディアの「日本国にっぽんこく憲法けんぽう周辺しゅうへん治安ちあん悪化あっかしているため、渡航とこう是非ぜひ検討けんとうしてください。
2000px-Wikibooks-logo.png
ユーモア欠落けつらくしょう患者かんじゃのために、ウィキブックス専門せんもん気取きどりたちが「日本国にっぽんこく憲法けんぽう」の項目こうもく執筆しっぴつしています。

日本国にっぽんこく憲法けんぽう(にほんこくけんぽう)は、アメリカじんいた日本にっぽん紙屑かみくずひとつ。国家こっか方針ほうしん基本きほんてき人権じんけんなどをきした、紙屑かみくずやま一番いちばんじょうかれた紙屑かみくず

制定せいてい経緯けいい[編集へんしゅう]

日本にっぽんには604ねん制定せいていされたじゅうななじょう憲法けんぽう存在そんざいし、以後いご1400ねん以上いじょうわたってその効力こうりょくゆうしている。これには、天皇てんのううやまうべきことがしるされ、この法律ほうりつ沿って大日本帝国だいにっぽんていこく憲法けんぽう制定せいていされた。学説がくせつじょうじゅうななじょう憲法けんぽう日本にっぽんにおける最高さいこう紙屑かみくずとされていた。 1945ねん日本にっぽんだい世界せかい大戦たいせん勝利しょうりし(やぶれかぶれになったアメリカが広島ひろしま長崎ながさき原爆げんばくとし勝利しょうりしたと勘違かんちがいした。しかし、そもそも当時とうじ広島ひろしま長崎ながさき日本にっぽんりょうではなかったため、だい世界せかい大戦たいせんにおける日本にっぽん敗北はいぼくべいぐん喧伝けんでんしたデマであるというせつ都市とし伝説でんせつになっている。これをオーソンウェルスの二律背反にりつはいはんという。)、その反省はんせいから大日本帝国だいにっぽんていこく憲法けんぽう見直みなお平和へいわ憲法けんぽう制定せいていするうごきが加速かそくした。こうして連合れんごう国軍こくぐん最高さいこう司令しれいかんダグラス・マッカーサー辛辣しんらつなる批判ひはんとルーズな保護ほごのもと、日本にっぽん政府せいふ日本国にっぽんこく憲法けんぽう草案そうあん作成さくせいした。これは偶然ぐうぜんにもマッカーサーの意思いし似通にかよったものとなっていた。

1946ねんには国会こっかい大日本帝国だいにっぽんていこく憲法けんぽう改正かいせい議論ぎろんおこなわれ、日本にっぽん国憲こっけん法案ほうあん修正しゅうせい可決かけつされ、これが制定せいていされた。

なお、日本国にっぽんこく憲法けんぽう天皇てんのう主権しゅけん否定ひていするなどして特定とくてい宗教しゅうきょう保護ほごしないむねさだめている。しかし、天皇てんのう主権しゅけん否定ひていすることは、最高さいこう法規ほうきであるじゅうななじょう憲法けんぽうはんするものであり、学説がくせつじょう日本国にっぽんこく憲法けんぽう無効むこうであるとするのが多数たすうである。これは、大日本帝国だいにっぽんていこく憲法けんぽうにも、改憲かいけんをもってしても国体こくたい変更へんこうすることはゆるされない、と明記めいきされていたので当然とうぜん主張しゅちょうである。

構成こうせい[編集へんしゅう]

  • 前文ぜんぶん
だい東亜とうあ戦争せんそう反省はんせいぶん。また「正当せいとう選挙せんきょされた」は「政党せいとう占拠せんきょされた」の誤植ごしょくである。
  • 1しょう 天皇てんのう
天皇てんのう社会しゃかいてき人権じんけん参政さんせいけん剥奪はくだつすることをさだめており、3しょう内容ないよう矛盾むじゅんする。また、じゅうななじょう憲法けんぽうはんすることがつよ指摘してきされている。
  • 2しょう 平和へいわ主義しゅぎ
きゅうじょうという1つの条文じょうぶんしかない。歴史れきしじょうくそやくにもたなかったパリ不戦ふせん条約じょうやく劣化れっかコピー条項じょうこう。しかしもっともにくまれている反面はんめんもっとおおくの信者しんじゃがいるあきら
  • 3しょう 国民こくみん権利けんりおよび義務ぎむ
ほとんどが権利けんりかんすることである。信仰しんこう自由じゆうじゅうななじょう憲法けんぽう違反いはんするとの指摘してきもある。なにかと矛盾むじゅんおおしょうじゅうじょうがあるが駅名えきめいとは関係かんけいない。
  • 4しょう 黒海こっかい
ひとつのうみについて憲法けんぽう長々ながなが説明せつめいするくには、れいない。
  • 5しょう 内閣ないかく
ときどきおこなわれる首相しゅしょう選出せんしゅつ儀式ぎしき両院りょういんかい」はこのしょうさだめられている。
  • 6しょう 司法しほう
社会しゃかい授業じゅぎょうでは、違憲いけん立法りっぽう審査しんさけんだけが強調きょうちょうされるしょう。ほかには裁判官さいばんかん期間きかん10ねん派遣はけん社員しゃいんであることがさだめられている。
  • 7しょう 財政ざいせい
非常ひじょうかげうすしょう
  • 8しょう 地方ちほう自治じち
条文じょうぶんすうすくない。このことからも、くに地方ちほう分権ぶんけんではなく中央ちゅうおう集権しゅうけん目指めざしていることがかる。
  • 9しょう 改正かいせい
1つの条文じょうぶんしかなく、近年きんねんではとくにかげうすしょう。2007ねんまで関連かんれん法規ほうきもひとつも制定せいていされなかった。
  • 10しょう 最高さいこう法規ほうき
最高さいこうですか?」「サイコーです!!」
  • 11しょう 補足ほそく
いまではまったく意味いみなしのしょう

重要じゅうよう条文じょうぶん[編集へんしゅう]

だい9じょう[編集へんしゅう]

日本にっぽん国民こくみんは、正義せいぎ秩序ちつじょ基調きちょうとする国際こくさい平和へいわ誠実せいじつ希求ききゅうし、国権こっけん発動はつどうたる戦争せんそうと、武力ぶりょくによる威嚇いかくまた武力ぶりょく行使こうしは、国際こくさい紛争ふんそう解決かいけつする手段しゅだんとしては、永久えいきゅうにこれを放棄ほうきする。
解説かいせつ
国際こくさい紛争ふんそう解決かいけつする手段しゅだんとして、武力ぶりょく行使こうし威嚇いかくきんじた条文じょうぶん国際こくさい紛争ふんそう定義ていぎについては、パリ不戦ふせん条約じょうやくにおいて侵略しんりゃく戦争せんそう定義ていぎされて以降いこう侵略しんりゃく戦争せんそう意味いみするものであるとするのが通説つうせつとなっている。つまりこれは、自衛じえいけん行使こうしするとの名目めいもく他国たこくたいしてにわかかにむことがゆるされることを意味いみする。正義せいぎ秩序ちつじょについては具体ぐたいてき規定きていがないのでアメリカ合衆国あめりかがっしゅうこくのように一方いっぽうてき正義せいぎ秩序ちつじょ創造そうぞうすることもゆるされる。正義せいぎ秩序ちつじょ創造そうぞうする意志いし特定とくていアジアたいしては9じょう適用てきようされないので、侵略しんりゃくしてもかまわない。これは、前文ぜんぶんにおける「平和へいわあいするしょ国民こくみん公正こうせい信義しんぎ信頼しんらいして」という理念りねん、つまり、周辺しゅうへん平和へいわあいするそれを建設けんせつするという理念りねん達成たっせいするためにも、にかなった国家こっか行為こういである。
なんら国際こくさい紛争ふんそう発生はっせいしていないくにたいしての武力ぶりょく行使こうし容認ようにんされており、国際こくさい問題もんだいするまえ核兵器かくへいきなどをもちいて一気いっき制圧せいあつすることも容認ようにんされている。また国際こくさい紛争ふんそう解決かいけつするのない破滅はめつてき戦争せんそうについても問題もんだいはなく、全面ぜんめんかく戦争せんそうおこなうことも可能かのうである。この条文じょうぶん趣旨しゅしのっとれば、どうせ武力ぶりょく行使こうしするなら大量たいりょう破壊はかい兵器へいきなどを使つかって威勢いせいよくやるべきである。
また、国権こっけん発動はつどうしない戦争せんそうについても禁止きんしされておらず、地方自治体ちほうじちたいはもちろんのこと、株式会社かぶしきがいしゃ投資とうしファンドによる武力ぶりょく行使こうし事実じじつじょう容認ようにんされている。近時きんじ投資とうしファンドによる武力ぶりょく行使こうしれいとしては、ライブドアショックばれる内乱ないらん行為こういがあるが、ここでは言及げんきゅうするにめる。
新興しんこう宗教しゅうきょうである憲法けんぽう9じょう念仏宗ねんぶつしゅうは、この条文じょうぶんとなえることによって世界せかい平和へいわおとずれるといい、この条文じょうぶんないがしろにする人々ひとびと存在そんざいが、天変地異てんぺんちい外国がいこく侵略しんりゃくまねくという。またまんいち他国たこくからの侵略しんりゃくがあっても、抵抗ていこうなどもってのほかよろこんで虐殺ぎゃくさつされること人類じんるい正義せいぎにして美徳びとく主張しゅちょうする。憲法けんぽう9じょう念仏宗ねんぶつしゅう信者しんじゃ日本にっぽん労働党ろうどうとういん団塊だんかい世代せだいにちきょういんおおく、5がつ上旬じょうじゅんや8がつ中旬ちゅうじゅんには大掛おおがかりな法要ほうようおこなわれる。憲法けんぽう9じょう念仏宗ねんぶつしゅうまるきみ邪教じゃきょうとし、宗教しゅうきょうてき信念しんねんからまる撤去てっきょきみ斉唱せいしょう妨害ぼうがい事件じけん数多かずおおこしている。なお、このような論法ろんぽうひろげているかれは「はない」という解決かいけつ方法ほうほうらないようである。

だい10じょう[編集へんしゅう]

日本にっぽん国民こくみんたる要件ようけんは、法律ほうりつでこれをさだめる。
解説かいせつ
法律ほうりつ国会こっかい議員ぎいんのみで制定せいてい可能かのうである。しかしその条文じょうぶんにはあちこちに「国民こくみん」の基本きほんてき人権じんけんさだめられている。つまり、法律ほうりつ改正かいせいするだけで、日本にっぽん在住ざいじゅうする人々ひとびと人権じんけん自由じゆう付与ふよ剥奪はくだつできる。これにより、日本にっぽん在住ざいじゅうするが大人おとな事情じじょうなどで「国民こくみん」の対象たいしょうからはずれた人民じんみんたちには一切いっさい人権じんけんがないということになる。

だい18じょう[編集へんしゅう]

何人なんにんも、いかなる奴隷どれいてき拘束こうそくけない。また犯罪はんざい処罰しょばつ場合ばあいのぞいては、そのはんする苦役くえきふくさせられない。
解説かいせつ
現在げんざいは、ほとんどの職種しょくしゅサービス残業ざんぎょうなどとぬかす重度じゅうど苦役くえきけられており、実際じっさいはんする苦役くえきまぬかれているのはNEETだけであるのが現状げんじょうである。また、SEをはじめとした気持きもわるいパソコンオタクにたいしては一層いっそうはげしい奴隷どれいてき拘束こうそくするのが社会しゃかい正義せいぎとなっており、この条文じょうぶん死文しぶんしているのが実態じったいである。
なお、SMプレイのMのほう奴隷どれいてき拘束こうそくについては、マゾヒスト国会こっかい議員ぎいんだん姫井ひめい由美子ゆみこ会長かいちょう)から、どうしてもみとめてしいとの陳情ちんじょうがあった。

だい25じょう[編集へんしゅう]

すべて国民こくみんは、健康けんこう文化ぶんかてき最低さいてい限度げんど生活せいかついとな権利けんりゆうする。
解説かいせつ
日本にっぽんには疾病しっぺい国民こくみん多数たすう存在そんざいし、難病なんびょうわずらっているもの健康けんこうからだもどすことが困難こんなんである(つまり健康けんこう生活せいかついとな権利けんり事実じじつじょうない)。厚生こうせい労働省ろうどうしょうをもってしてもこの状況じょうきょう打開だかいされていない。これは厚生こうせい労働省ろうどうしょう公務員こうむいん憲法けんぽう擁護ようご義務ぎむ違反いはんである。ちなみに、厚生省こうせいしょういわくトイレットペーパーが使つかえてブラシでみがけれるのは最低さいてい限度げんどよりもはるかにめぐまれているらしい。by朝日あさひ訴訟そしょう末高すえたかしんより。

だい27じょう[編集へんしゅう]

すべて国民こくみんは、勤労きんろう権利けんりゆうし、義務ぎむふ。
解説かいせつ
「すべて国民こくみんは」と規定きていされていることから、0歳児さいじから100さいえる高齢こうれいしゃまでが勤労きんろう義務ぎむゆうすることになる。イギリスをはじめとする欧州おうしゅう諸国しょこく産業さんぎょう革命かくめいのち児童じどう炭鉱たんこう労働ろうどうなどに従事じゅうじさせて大変たいへん問題もんだいになったが、日本にっぽんでは乳児にゅうじからはたらかせることを要求ようきゅうしている。また、すじがほとんどうごかない難病なんびょう患者かんじゃ老弱ろうじゃくした高齢こうれいしゃでも、勤労きんろう義務ぎむ回避かいひすることは出来できないのである。
乳児にゅうじですら義務ぎむがあるのに学生がくせいはたらかないでよいはずがなく、高校生こうこうせい大学生だいがくせい遵法じゅんぽう精神せいしんから学業がくぎょう合間あいまにせっせとアルバイトをしている。しばしばアルバイト禁止きんしうた学校がっこうがあるが、そのように指導しどうする教員きょういんは、教育きょういくしゃとしてまた公務員こうむいんとしてゆるされるものではない。

最高さいこう法規ほうきについて[編集へんしゅう]

最高さいこう法規ほうきとは紙屑かみくずやまもっとたかいところにかれた紙屑かみくずのことである。日本国にっぽんこく憲法けんぽうは、文中ぶんちゅう最高さいこう紙屑かみくずであると宣言せんげんしている。しかしこれは非常ひじょう身勝手みがってなことである。たとえば、紙屑かみくずやまうずもれたセックス制限せいげんほう最高さいこう法規ほうきであるむねくわえれば、どうほう紙屑かみくず一番いちばんじょう移動いどうするのであろうか。である。ゆえに、ほん憲法けんぽうについても最高さいこうほう規制きせい不当ふとう宣言せんげんであるとされている。

じゅうななじょう憲法けんぽう日本にっぽんこく公認こうにんされた最高さいこう紙屑かみくずであることが603ねん確認かくにんされた。以後いご紙屑かみくずやされたり、てられた記録きろくはないことから、当然とうぜん現在げんざいでもじゅうななじょう憲法けんぽう日本国にっぽんこく最高さいこう紙屑かみくずである。

しかし中学校ちゅうがっこう高等こうとう学校がっこうでは紙屑かみくずをうんざりするほどこまかく解説かいせつ指導しどうしている。これは日教組にっきょうそがただの紙屑かみくずをやたらと最高さいこう紙屑かみくずであるとげているからであろう。一方いっぽう最高さいこう紙屑かみくずであるじゅうななじょう憲法けんぽう学習がくしゅう時間じかんわずかである。このてん識者しきしゃあいだ問題もんだいされている。

なお、日本国にっぽんこく憲法けんぽう国際こくさい条約じょうやく遵守じゅんしゅ規定きていしていることから、日米にちべい安全あんぜん保障ほしょう条約じょうやくほん憲法けんぽう上位じょうい位置いちすることになる。ゆえに、安保あんぽ条約じょうやく日米にちべい軍事ぐんじ共同きょうどう作戦さくせん規定きていされた場合ばあい日本国にっぽんこく憲法けんぽうだい9じょう無視むしされることになる。それ以前いぜんに、国連こくれん憲章けんしょう自衛じえいけん集団しゅうだんてき自衛じえいけんみとめられているので、日本国にっぽんこく憲法けんぽうだい9じょう侵略しんりゃく戦争せんそうのみを否定ひていしていることは明確めいかくである。だが、紙屑かみくずやまうずもれているただの紙屑かみくずにどんなことがいてあっても意味いみがない。

憲法けんぽう改正かいせいについて[編集へんしゅう]

おおくの日本人にっぽんじんは、憲法けんぽうそのものを意識いしきして生活せいかつおくっているわけではない。政府せいふ行為こういたいする権利けんり義務ぎむもほとんどにしておらず、日本人にっぽんじんもっとにする法令ほうれい道路どうろ交通こうつうほう信号しんごう無視むしスピード違反いはん)とわれている。

しかしそれでも一部いちぶ人々ひとびとは、げん憲法けんぽうさだめる納税のうぜい義務ぎむ勤労きんろう義務ぎむ子女しじょ教育きょういくけさせる義務ぎむについて苦々にがにがしくおも削除さくじょしてほしいとねがっている。

憲法記念日けんぽうきねんび祝賀しゅくが式典しきてん(2007ねん5がつ3にち)における安倍あべ首相しゅしょうのありがたい演説えんぜつ記録きろく[編集へんしゅう]

代議員だいぎいん同志どうしのみなさん!

大日本帝国だいにっぽんていこく臣民しんみん意思いし表現ひょうげんし、その委任いにんをはたして、大日本帝国だいにっぽんていこく最高さいこう会議かいぎあたらしいだい日本にっぽん社会しゃかい主義しゅぎ共和きょうわこく連邦れんぽう憲法けんぽう採択さいたくしました(拍手はくしゅ)。世界せかい最初さいしょぜん人民じんみんてき社会しゃかいぬし国家こっか基本きほんほう承認しょうにんされたのです(拍手はくしゅ)。共産きょうさん主義しゅぎをめざすわれわれの前進ぜんしんにおけるあたらしい歴史れきしてき区切くぎり、発達はったつした社会しゃかい主義しゅぎ社会しゃかい建設けんせつ憲法けんぽう確認かくにんされました(ながくつづく拍手はくしゅ)。

すうねんたち、すうじゅうねんたっても、5月のこの人民じんみん主権しゅけん聖徳太子しょうとくたいしてき原則げんそくしん勝利しょうりをはっきりと証明しょうめいするものとして、永遠えいえん人民じんみん記憶きおくのこるでしょう(拍手はくしゅ)。そして、わが社会しゃかい共産きょうさん主義しゅぎへのみちさきすすめばすすむほど、しん憲法けんぽう反映はんえいされた社会しゃかい主義しゅぎてき民主みんしゅ主義しゅぎの、人民じんみん権力けんりょく人民じんみん利益りえきのための権力けんりょく巨大きょだい創造そうぞうてきりょくは、ますます完全かんぜん発揮はっきされていくでしょう。

だい日本国にっぽんこく共産党きょうさんとう中央ちゅうおう委員いいんかいだい日本にっぽん最高さいこう会議かいぎ幹部かんぶかいは、わがくに日本国にっぽんこくしん憲法けんぽう採択さいたく日本人にっぽんじんみん生活せいかつでの最大さいだい出来事できごとひとつとして記念きねんすべき根拠こんきょがあるとかんがえます。したがって、5月3にちぜん人民じんみん祝日しゅくじつである日本国にっぽんこく憲法けんぽうさだめる法案ほうあんが、この会議かいぎ上程じょうていされています(拍手はくしゅ)。

憲法けんぽう承認しょうにんされたいま、その施行しこう手続てつづきを特別とくべつ法律ほうりつ明確めいかくさだめる必要ひつようがあります。この法案ほうあん上程じょうていされています。この法律ほうりつでは、憲法けんぽう発効はっこうまえ採択さいたくされたほかのすべての法令ほうれいは、それがしん日本国にっぽんこく憲法けんぽう抵触ていしょくしないかぎり、その効力こうりょくをひきつづきつとさだめることが提案ていあんされています。

同時どうじに、採択さいたくされた憲法けんぽう規定きてい考慮こうりょして、だいきゅう日本にっぽん最高さいこう会議かいぎ任期にんき延長えんちょうし、それにおうじてしん憲法けんぽう採択さいたくまえ選出せんしゅつされたかく共和きょうわこく地方ちほう国家こっか権力けんりょく機関きかん任期にんき変更へんこうすることが提案ていあんされています。このほかに、大日本帝国だいにっぽんていこく最高さいこう会議かいぎ幹部かんぶかい大臣だいじん会議かいぎにたいし、憲法けんぽうのテキストから当然とうぜん要求ようきゅうされる法令ほうれい起草きそう委任いにんすること、さらに日本国にっぽんこく人民じんみん代議員だいぎいんかく省庁しょうちょうに、その国家こっかてきおよび社会しゃかいてき機関きかん指導しどうしゃにたいし、憲法けんぽうはやあんぜん人民じんみんてき討議とうぎ過程かていでよせられた、これらの機関きかん値動ねうごき関連かんれんする問題もんだいについての市民しみん提案ていあん指摘してき検討けんとうし、それを実現じつげんする措置そちをとることをゆだねることが、予定よていされています。

この法律ほうりつ採択さいたくにともない、つまり本日ほんじつから、憲法けんぽう効力こうりょく発生はっせいし、き、はたらはじめるのです(ふうのような、ながくつづく拍手はくしゅ)。これは、どういうことでしょうか?

これは、憲法けんぽうひとひとつの条文じょうぶんひとひとつの規定きていが、すべての国家こっか機関きかん、すべての公務員こうむいん日本にっぽん国内こくないのすべての市民しみんの、あらゆる場所ばしょでの日常にちじょう活動かつどうきた実践じっせん完全かんぜんまなければならないということです。われわれが憲法けんぽうをつくったのは、かざりのためではありません。それはすべての部分ぶぶんについて履行りこうされるべきですし、履行りこうされていくでしょう。それは社会しゃかい主義しゅぎてき民主みんしゅ主義しゅぎをいっそう発展はってんさせふかのる強力きょうりょく手段しゅだんとなるべきですし、そうなっていくでしょう(拍手はくしゅ)。

同志どうしのみなさん、われわれ一同いちどうは、しん憲法けんぽう討議とうぎそのものが、創造そうぞうてきイニシアチブ、労働ろうどうめん政治せいじめん積極せっきょくせいをいかにおおきくしたかをにしました。そしてこの積極せっきょくせいがしぼまないようにしなければならず、さらに積極せっきょくせいをのばし、それが、市民しみん自分じぶんぜん人民じんみん国家こっか業務ぎょうむにますますひろ参加さんかするという具体ぐたいてきかたちをとるようにしなければなりません。わがとうは、勤労きんろうしゃ憲法けんぽうによってあたえられた、社会しゃかい管理かんり参加さんかする可能かのうせいをただつだけでなく、その管理かんり実際じっさいに、現実げんじつ参加さんかするよう、今後こんごともたえずしんをくばるつもりです。

偉大いだい聖徳太子しょうとくたいしは、勤労きんろうしゃにたいして、その非常ひじょうひろ社会しゃかい主義しゅぎてき権利けんり自由じゆう実現じつげんするのに必要ひつよう援助えんじょをあたえるよう、共産きょうさん主義しゅぎしゃおしえました。とうはこの聖徳太子しょうとくたいし遺訓いくん銘記めいきし、終始一貫しゅうしいっかん実行じっこうしています。われわれは、日本にっぽん国民こくみん自分じぶん権利けんり自由じゆう、それを行使こうしするみち方法ほうほうをよくり、また市民しみんがこれらの権利けんり自由じゆう共産きょうさん主義しゅぎ建設けんせつのためにたくみにかし、権利けんり自由じゆう自分じぶん市民しみんとしての義務ぎむ良心りょうしんてき遂行すいこうとしっかりむすびついていることをはっきり理解りかいするよう、のぞんでいます。それを促進そくしんし、かく市民しみんたか政治せいじてき文化ぶんかにつけるのを援助えんじょすることは、勤労きんろうしゃ共産きょうさん主義しゅぎ教育きょういく責任せきにんをもつとう組織そしき国家こっかてき組織そしき社会しゃかい団体だんたい重要じゅうよう課題かだいです(拍手はくしゅ)。

さらに憲法けんぽう発効はっこうは、広範こうはん立法りっぽう作業さぎょう計画けいかく遂行すいこう前提ぜんていとしています。その計画けいかくには、すでにのべたとおり、一連いちれんあたらしい法令ほうれい作成さくせい、これらの法令ほうれい採択さいたく憲法けんぽうにじかにさだめられているか、あるいは憲法けんぽうからそういう結論けつろんてくるのですが、それらの作成さくせいがふくまれております。それらは最高さいこう会議かいぎ規則きそく選挙せんきょほう国籍こくせきほう条約じょうやく締結ていけつ施行しこう破棄はき手続てつづきにかんする法律ほうりつ、それに最高さいこう会議かいぎ幹部かんぶかい最高さいこう会議かいぎ常任じょうにん委員いいんかい今後こんご草案そうあん準備じゅんびされるほか一連いちれん法令ほうれいといったような、きわめて重要じゅうよう法令ほうれいです。管理かんり機関きかんにかんする立法りっぽう発展はってん分野ぶんやでは、たくさんやらねばならないことがあります。大臣だいじん会議かいぎほうといった重要じゅうよう法令ほうれい作成さくせいしなければなりません。大日本帝国だいにっぽんていこく共産党きょうさんとうだいじゅうかい大会たいかいさだめられた経済けいざい管理かんり方法ほうほうだい規模きぼぜん国家こっかてきどうだいかず部門ぶもんあいだ問題もんだい地域ちいきてき問題もんだい総合そうごうてき解決かいけつ方法ほうほう改善かいぜんし、国民こくみん経済けいざい同種どうしゅ部門ぶもんグループの管理かんりシステムをつくる措置そちを、どのように法令ほうれいにうまく反映はんえいさせるかを、全体ぜんたいとしてかんがえなければなりません。

憲法けんぽう採択さいたくにより、現行げんこうほうにたいする一連いちれん改正かいせい増補ぞうほ必要ひつようとなっています。この作業さぎょうには一定いってい時間じかん必要ひつようですが、長引ながびかせてはなりません。そしてここでも、同志どうしのみなさん、憲法けんぽう草案そうあん審議しんぎ過程かてい表明ひょうめいされた勤労きんろうしゃおおくの具体ぐたいてき意見いけん希望きぼう利用りようすることができるし、また利用りようしなければなりません。とくに注目ちゅうもくあたいいするのは、連邦れんぽう基本きほん住宅じゅうたくほうかく共和きょうわこく住宅じゅうたく法典ほうてん採択さいたくすることや、労働ろうどう集団しゅうだん権利けんり養育よういく教育きょういくにかんするおや義務ぎむなどを、法令ほうれい確認かくにんすることについての提案ていあんです。

法令ほうれい改善かいぜんはいうまでもなく、連邦れんぽう法令ほうれいだけでなくしょ共和きょうわこく法令ほうれいにもれるものです。この作業さぎょう基本きほんとなるのは現在げんざいすでにその起草きそうすすめられている連邦れんぽう構成こうせい共和きょうわこく自治じち共和きょうわこくしん憲法けんぽうです。

市民しみん社会しゃかいてき政治せいじてき積極せっきょくせい労働ろうどう積極せっきょくせい高揚こうよう、わがくに法令ほうれいのいっそうの発展はってん革新かくしんが、すべての権力けんりょく機関きかんにたいしいっそう高度こうど要求ようきゅう提起ていきしています。このことから、中央ちゅうおう地方ちほうのわがくにのすべての国家こっか機関きかん、すべての省庁しょうちょう施設しせつ団体だんたい活動かつどうのスタイルと方法ほうほう大幅おおはば改善かいぜん必要ひつようになってきます。そのさい、国家こっか機構きこうのすべてのたまき、すべてのはたら責任せきにんとイニシアチブの向上こうじょうに、計画けいかく規律きりつ財政ざいせい規律きりつ一般いっぱん国家こっか規律きりつのもっとも厳格げんかく順守じゅんしゅに、勤労きんろうしゃ創造そうぞうてきイニシアチブや勤労きんろうしゃ要求ようきゅう関心事かんしんじにたいしてもっとおもいやりのある態度たいどをとることに、特別とくべつ注意ちゅういはらわなければなりません。

われわれの憲法けんぽうのすべての意義いぎひとひとつの字句じくは、人民じんみん大衆たいしゅう歴史れきしてき創造そうぞう活動かつどう極力きょくりょく支持しじし、不断ふだん発展はってんさせることをめざしています。大衆たいしゅう創造そうぞうてき積極せっきょくせい向上こうじょうは、社会しゃかい主義しゅぎてき民主みんしゅ主義しゅぎ発展はってん密接みっせつむすびついています。最近さいきん最高さいこう会議かいぎあてによせられた工場こうじょう建設けんせつじょうコルホーズ集団しゅうだんあたらしい労働ろうどう勝利しょうりについての多数たすう報告ほうこくは、この証拠しょうこひとつになりました。これはしん憲法けんぽう支持しじする勤労きんろうしゃのもっともおもみのある発言はつげんです。ヵ年かねん計画けいかく先進せんしんてきはたら名誉めいよ栄光えいこうあれ!(ながくつづく拍手はくしゅ

同志どうしのみなさん、最後さいごに、しん憲法けんぽう発効はっこうは、日本にっぽん社会しゃかい指導しどうてき先導せんどうてき勢力せいりょくであるわがとう責任せきにんがさらにいっそうたかまることを意味いみします(拍手はくしゅ)。憲法けんぽうによるとうのこの役割やくわり確認かくにんは、党員とういんになんの特権とっけんもあたえません。反対はんたいに、党員とういんにさらにおおきな義務ぎむをおわせています。大日本帝国だいにっぽんていこく共産党きょうさんとう中央ちゅうおうしゅう一貫いっかんかいぜんとう代表だいひょうして、党員とういんはどこではたらいていようとも、つねにこのことを自覚じかくしていると、代議員だいぎいんのみなさん、わたし断言だんげんさせていただきます(ながくつづく拍手はくしゅ)。

革命かくめいみちにそってのろくじゅうねん発展はってんぜん経験けいけんは、われわれのちから人民じんみんとのやぶりがたい団結だんけつにあることを確証かくしょうしています(あらしのような拍手はくしゅ)。これは、社会しゃかい主義しゅぎてき民主みんしゅ主義しゅぎのいっそうの繁栄はんえいとわれわれのすべての勝利しょうりみなもとです(拍手はくしゅ)。これは、共産きょうさん主義しゅぎ完全かんぜん勝利しょうり保障ほしょうです(あらしのような拍手はくしゅ)。この偉大いだい団結だんけつをさらにいっそうつよめ、ふかめるために全力ぜんりょくをつくそうではありませんか(あらしのような、ながくつづく拍手はくしゅ全員ぜんいん起立きりつする)。

関連かんれん項目こうもく[編集へんしゅう]