日産にっさん・シルビア

出典しゅってん: へっぽこ実験じっけんウィキ『はち百科ひゃっか事典じてん(アンサイクロペディア)』
移動いどうさき: 案内あんない検索けんさく
Wikipedia
ユーモア欠落けつらくしょう患者かんじゃのために、ウィキペディア専門せんもん気取きどたちが「日産にっさん・シルビア」の項目こうもく執筆しっぴつしています。

日産にっさん・シルビア (にっさん -) とは、多種たしゅ多様たよう用途ようと使つかわれていたわけからないクーペ。ちなみに、現在げんざいではドリフトしなければがらないことであまりにも有名ゆうめいである。

概要がいよう[編集へんしゅう]

FRレイアウトのハイパワークーペという、すくなくとも初代しょだい販売はんばいされた当時とうじには比較的ひかくてきありふれた設定せっていのシリーズであるが、のちにこれがわざわいしこの設定せっていつらぬいたがゆえに、予想よそうがい方面ほうめん人気にんきはくすこととなる。

初代しょだい日産にっさんさい高級こうきゅうクーペ、とうか典型てんけいてきなデートカーであったが、そののモデルでドリしゃとして人気にんきとなったという意味いみ不明ふめい運命うんめいをたどった。どのように使つかわれたのかは後述こうじゅつする。ちなみに、とうげでアホな若者わかもの調子ちょうしこいてバトルをしたり、ドリフトをしたりして事故じこ多発たはつさせたため、保険ほけんりょうりつ日本にっぽん最高さいこうがくである[1]りたいやつとくに20だいをつけたほうい。

歴代れきだいモデル[編集へんしゅう]

初代しょだいCSP311がた(1965-1968ねん[編集へんしゅう]

フェアレディZのご先祖せんぞさまであるオープンカー「ダットサン・フェアレディ」をベースにつくられた日産にっさんさい高級こうきゅうのクーペであった。

エンジンは当時とうじとしてはだい排気はいきりょうのテンロクで、デザインもドイツじんデザイナーのゲルツとせかけて、じつ日産にっさん日本人にっぽんじんデザイナーのによるものだった。しかし、「ただ綺麗きれいなだけで全然ぜんぜんドリフトできないじゃないか!」とうというてずっぽうなイチャモンをけられ、1968ねんに554だいしか製造せいぞうされずに生産せいさん中止ちゅうしとなった。

そして、開発かいはつしゃは「つぎにシルビアをすなら、ドリフトのためのくるまにしよう」とちかったのであった。ここから、シルビアのドリフトしゃとしての運命うんめいはじまった…

2代目だいめS10がた(1975-1979ねん[編集へんしゅう]

日産にっさんさい高級こうきゅうクーペから、日産にっさん最速さいそくのロータリークーペとして復活ふっかつする予定よていだったが、オイルショックで燃費ねんぴわるいロータリーエンジン搭載とうさいしゃってもれないと判断はんだんしたため、サニーのエンジンをせて復活ふっかつした。おまけに、スタイリングも綺麗きれいだった初代しょだいとはだいちがいの、えらいずんぐりむっくりであったうえに、ドリフトしなければがれないという代物しろものだった。

しかし、ドリフトのさをひろめるためにつけただい流血りゅうけつプライスのおかげで、とりあえずはヒットした。

3代目だいめS110がた(1979-1983ねん[編集へんしゅう]

このモデルから、兄弟きょうだいしゃのガゼールが追加ついかされた。なお、ボディタイプは2ドアクーペと3ドアクーペの2ほんててあった。

エンジンは当初とうしょそんじょそこらにころがっているほか日産にっさんしゃおなじつまらない平凡へいぼんものしか搭載とうさいされなかったが、1980ねんにブルーバードに搭載とうさいされてたターボエンジンを転用てんようし、通常つうじょうの3ばいパワーアップされた。さらに1981ねんには当時とうじ最強さいきょうのスカイラインだったDR30スカイラインRSのエンジンをせた「RS」というモデルを追加ついかした。てには、1982ねんにはC210スカイラインに搭載とうさいされていたターボジェットエンジンをせたモデルをも追加ついかした。

これで日産にっさんはこのくるま高級こうきゅうクーペからスポーツクーペにするつもりだったのだろう。事実じじつ、ドリフトしなければがらない代物しろものだった。

当時とうじペプシコーラから「ミリンダ」という炭酸たんさん飲料いんりょう発売はつばいされていた。このくるまはミリンダをみながら運転うんてんするとよく似合にあう。

CMソングは執筆しっぴつしゃらないが、このくるまのイメージにきょくとしては水樹みずき奈々ななの『SUPER GENERATION』やT-SQUAREの『Rondo』、『Fantastic Story~時間じかん旅行りょこう~』とうげられる。ただし3きょくともこのくるま発売はつばいされていた当時とうじはなかったし、だいいち水樹みずきはこのくるま販売はんばい[2]、スクェアのドラマー・坂東ばんどうとしは4代目だいめ登場とうじょうまれた[3]

4代目だいめS12がた(1983-1988ねん[編集へんしゅう]

かおハチロクトレノT16#セリカにそっくりだった。サファリラリーでクラス1総合そうごう2)というかがやかしい戦歴せんれきがある以外いがいげることがない。当然とうぜんのことながら、ドリフトしなければきょくがr(ry。前期ぜんきがたのCMソングはKarizmaの『Say You Will』で、後期こうきがたのCMソングはポール・モーリアの『RAIN RAIN』だったが、どうかんがえてもTHE SQUAREの『PRIME』のほうがこのくるまには似合にあう。

なお、執筆しっぴつしゃは「このくるまについておれ全然ぜんぜんらん」ともうげてますので、はいつぎ

5代目だいめS13がた(1988-1993ねん[編集へんしゅう]

文句もんくなしにもっともヒットしたシルビアである。ナンパしたり、大阪おおさか環状かんじょうあばれたりとうげでバトルしたり、ドリフトしたりと、りだこだった。当然とうぜんのことながら、ドリフトし(ry。

ライバルだったホンダ・プレリュード販売はんばいめんでフルボッコしたことで有名ゆうめいである。いまカローラよりれてたって、うそだぁ~。でも、その当時とうじのカローラはシルビアよりれてたけどね。

シルビア同様どうようナンパ御用達ごようたしであったライバルのプレリュードは助手じょしゅせき運転うんてんせきがわからたおせてしまうので、女性じょせいからはそのような強引ごういんなところがないシルビアのほうけた。オマケにシルビアはドリフトできる(とうよりもドリf(ry)ので、プレリュードなみだ

1989ねんひいらぎ姉妹しまいみにシルビアとは全然ぜんぜんてない兄弟きょうだいしゃ日産にっさん・180SX追加ついかされた。よろこぶが鼻先はなさきおもくするリトラクタブルヘッドライト、ボディ剛性ごうせいをガタガタにわるくする後部こうぶハッチという、外観がいかんをちょこっとスポーツカーっぽくする以外いがいなん意味いみもない設定せっていであったがだれにしなかった。こいつもシルビアベースなので当然とうぜんドリ(ry)。しかも、このくるま剛性ごうせいがクソわるく、4~50kmで電信柱でんしんばしらむと、ルーフまでぐんにゃり…。1991ねん頑丈がんじょう鋳鉄ちゅうてつブロックのCA18エンジンから、猛烈もうれつにすりるアルミブロックのSR20エンジンにかわそうされる[4]。そのため、頭文字かしらもじDのS13シルビア(CA18ターボ搭載とうさいしゃ)オーナーの池谷いけがや浩一こういちろうは「今更いまさらないでしょ」と批判ひはんしたが、アルミのもろいSR20よりは鋳鉄ちゅうてつブロックのCA18は頑丈がんじょうなのでなげくことはありません。しかし、チューニングかいではSR20のほう主流しゅりゅうである。

アメリカでは180SXのエンジン排気はいきりょうを2400ccにやした240SXが発売はつばいされて、結構けっこうれた。これはフェアレディZ値上ねあげされ、いままでのお得意とくいさまであるポルシェえないてい所得しょとくしゃそうにはとどかない金額きんがくになってしまったため、そのわせとして発売はつばいされた貧乏びんぼうしゃであった。

前期ぜんきがたのCMソングはプロコルハルムの『すきっぱら パン 団子だんご』だったが、どうかんがえてもT-SQUAREの『DAISY FIELD』のほうがこのくるまには似合にあう。

6代目だいめS14がた(1993-1999ねん[編集へんしゅう]

どういうわけか3ナンバー、しかもドリフトするには剛性ごうせいりないぜ。しなきゃきょくがr(ry。

外観がいかんも、シャープでかっこよかった先代せんだいとは対照たいしょうてきなずんぐりむっくりになってしまったのと、ピザになってしまったために、ぽっちゃりきのマニア以外いがいにはけず、販売はんばいガタ落がたおちしてしまった(しかし、ドリフトしたときにえらく安定あんていするが、しなければきょくがr(ry )。そのかわりに、皮肉ひにくにももうそろ生産せいさん中止ちゅうしになるはずだった180SXがれたため、180SXは現役げんえき続投ぞくとうとなった。しかし、西洋せいようじんには好評こうひょうである。

プレセアの2代目だいめているのはのせいである。勿論もちろん、プレセアとちがってドリフトしなければがらない。

1996ねんかおえて当時とうじ流行りゅうこうだったにするという小手先こてさきだけの変更へんこう向上こうじょう画策かくさくするも、さっぱりれず…orz

デビュー当時とうじのCMソングは空耳そらみみアワーでもげられた「ははちゃーん、ゆるしてー」である。

7代目だいめS15がた(1999-2002ねん[編集へんしゅう]

3ナンバーサイズから5ナンバーサイズにもどし、ボディもコピー10まいかるさまで軽量けいりょうされ、ターボエンジン搭載とうさいしゃはパワーを220馬力ばりきから250馬力ばりきにアップし、マニュアルトランスミッションが6そく進化しんかさせ、ドリフト仕様しようしゃ設定せっていし(ドリフトしなければがらないくるまだったので今更いまさらだが)、カラーリングもいたしたりバイナルにしたり出来できるようにしたが、ときすでにおそし。ユーザーはみんなしょぼいコンパクトカーやごつすぎるクロカンにながれてしまっていた。オマケにはいガスがきたないとイチャモンをけられたからたまったもんじゃない。とうとう2002ねん生産せいさん中止ちゅうしとなりましたとさ。残念ざんねん!!!

CMソングはシェリル・クロウきょく使つかわれたが、水樹みずき奈々なな起用きようしていればもうすこしヒットしたかもしれない。でも水樹みずき声優せいゆうデビューしてあいだもないうえ、キャラソンはうたっていたが「水樹みずき奈々なな名義めいぎでの歌手かしゅ活動かつどうはしていなかったので[5]、CMソングをうたうことも、CMに出演しゅつえんすることもなかった。

復活ふっかつ計画けいかく[編集へんしゅう]

2002ねん生産せいさん中止ちゅうしとなったシルビアだが、復活ふっかつがしばしばうわさされている。実際じっさいにそれらしきコンセプトモデルもている。しかしまたもやドリフトしなければがらないくるまになるのは明白めいはくで、オマケにはんゴーンのクーデターとう日産にっさん自体じたいがそれどころじゃなくなったため「利益りえきないしいま時代じだいには無駄むだだ」と判断はんだんされ、いまだに復活ふっかつにはいたっていない。

使用しよう用途ようと一覧いちらん[編集へんしゅう]

ただしい使用しようれい[編集へんしゅう]

ナンパ[6]、デート、とうげでのバトル、サーキット走行そうこう、ラリー、警察けいさつ高速こうそくでのストーカー活動かつどうパトロール、エクストリーム・路上ろじょう駐車ちゅうしゃエクストリーム・渋滞じゅうたいエクストリーム・遵法じゅんぽう闘争とうそうエクストリーム・速度そくど制限せいげん無視むしエクストリーム・ドライビング(このくるまはこの競技きょうぎ結構けっこう使つかわれている)…、エクストリーム・カーマゲドン、コンクリートをれたドラム缶どらむかんをそこらへんにてるなど

あいだちがった使用しようれい[編集へんしゅう]

ちんはし[7]エクストリーム・飲酒いんしゅ運転うんてん(このくるまには全然ぜんぜん似合にあわないのでおすすめしません)。

注釈ちゅうしゃく[編集へんしゅう]

  1. ^ ちなみに、年間ねんかん契約けいやくで20まんをこえるツワモノもいるとかいないとか
  2. ^ 水樹みずき1980ねん1がつ21にちまれ。
  3. ^ 坂東ばんどう1983ねん8がつ19にちまれ。
  4. ^ かるさとパワーをそなえたSR20エンジンは、じつ日産にっさん史上しじょうのこめいエンジンではあるが、如何いかんせん耐久たいきゅうせいりなかった。ロータリーエンジンよりかるいがロータリーエンジンよりよわいという意味いみ不明ふめい状態じょうたいで、ロータリー信者しんじゃかたきである。
  5. ^ ただし「近藤こんどう奈々なな名義めいぎ演歌えんかのカセットテープをリリースしたことはある。
  6. ^ おなじようなことに使つかわれたくるまはシルビアのほかに、トヨタ・セリカホンダ・プレリュードトヨタ・マークIIとかトヨタ・ソアラがある。
  7. ^ れい:スクラップティーチャー。このドラマにてきためずらしはしだんくるまにS13がいちだいじっていた。おそらく、くるまうと制作せいさくしゃちんはしだんはし混同こんどうしたためだとおもわれ。

関連かんれん項目こうもく[編集へんしゅう]

S15は、あんなやつらにられていて、S15にとってはいい迷惑めいわくだろう。 ちょっとわすれかけたころ奥山おくやまとかやつがかっこいいS15にって登場とうじょうしたとおもいきやきりなか見失みうしなってしまっってえた

4370 large.jpg この「日産にっさん・シルビア」は、マイナーチェンジのあんています。マイナーチェンジしてくださる協力きょうりょくしゃもとめています。 (Portal:スタブ)