木戸きど孝允たかよし

出典しゅってん: へっぽこ実験じっけんウィキ『はち百科ひゃっか事典じてん(アンサイクロペディア)』
かつら小五郎こごろうから転送てんそう
移動いどうさき: 案内あんない検索けんさく
Wikipedia
ユーモア欠落けつらくしょう患者かんじゃのために、ウィキペディア専門せんもん気取きどたちが「木戸きど孝允たかよし」の項目こうもく執筆しっぴつしています。

木戸きど孝允たかよし(きど たかよし、天保てんぽう4ねん6がつ26にち(1833ねん8がつ11にち) - 明治めいじ10ねん(1877ねん)5がつ26にち)は、日本にっぽん政治せいじのようなもの。西郷さいごう隆盛たかもり大久保おおくぼ利通としみちならんで「幕府ばくふてんぷくトリオ」の一人ひとり旧名きゅうめいかつらはるだん

略歴りゃくれき[編集へんしゅう]

幕末ばくまつへん[編集へんしゅう]

天保てんぽう4ねん6がつ長州ちょうしゅうはぎはん和田わだあきらけい次男じなん実子じっし長男ちょうなん)としてまれる。かぞとし8さいころかいの武家ぶけ屋敷やしきかつらたかしさんたく)をり、150せきりを自称じしょうするも、両親りょうしんによってもどされる。このとき2ちゃんねるに「小五郎こごろうははですが……」という書出かきだしで謝罪しゃざいぶん投稿とうこうされはんりょうないおおきな話題わだいとなった。しかし、本人ほんにんもどしを不服ふふくとし、近所きんじょかわをゆくなん関係かんけいもないふねをひっくりかえしてまわるとうDQN行動こうどうたため、懐柔かいじゅうさくとしてはんから90せきをゆるされた。


ながじて藩校はんこうクロマティ高校こうこう明倫めいりんかん吉田よしだ松陰しょういん薫陶くんとうける。「狂気きょうき(ラリ)ってなんぼだZE☆」と松陰まつかげることでちゅうびょう痛々いたいたしさをり、ふかみずからをかえりみて、以後いごDQN言動げんどうを(比較的ひかくてきつつしむようになる。そのため、当時とうじのいわゆる長州ちょうしゅう正義せいぎとうとしては非常ひじょうまれ常識じょうしきじんキャラとなり、魔王まおう高杉たかすぎひとしのわけのわからない暴走ぼうそう尻拭しりぬぐやくをつとめる羽目はめになった。   よしみなが5ねん(1852ねん)、当時とうじまだかんなおしていなかったなかびょう名残なごりで、全国ぜんこくデビューを目指めざして江戸えどおもむく。

翌々年よくよくねん、「開国かいこくしてくださ~い」とれい毛唐けとうたため(さい来日らいにち)、とりあえずってみる。このとき幕臣ばくしん江川えがわ太郎左衛門たろうざえもん趣味しゅみによって強要きょうようされた下僕げぼくコスプレが存外ぞんがいたのしかったらしく、後年こうねん一時期いちじき乞食こじき無宿むしゅくじんなどの自虐じぎゃくてきコスプレが日常にちじょうした。

文久ぶんきゅう3ねん(1863ねん)、「やっぱこんアツイのは関西かんさいだぜ」との出所しゅっしょ不明ふめい情報じょうほうまどわされて上洛じょうらく。「中途半端ちゅうとはんぱないい」であることへのコンプレックスの裏返うらがえしで、はんわるそうなやつとは大体だいたい友達ともだちになる。カツラップもこのころ習得しゅうとく。   同年どうねんはちがつじゅうはちにち政変せいへんさかいまち御門ごもんへん)で、薩摩さつまはんたいするトラウマいちえつけられた。

よく元治もとはる元年がんねん(1864ねん)6がつ池田いけだ事件じけんさいは、かる気持きもちであそびに出掛でかけた対馬つしま藩邸はんていにおいて、不法ふほう侵入しんにゅう朝鮮ちょうせんじん間違まちがえられてからくり天井てんじょう圧殺あっさつされかかっていたため、それどころではなかった(このことが明治めいじ初年しょねんかれせいかんろん主張しゅちょうした遠因えんいんになっているとおもわれる)。

よく7がつ禁門きんもんへんはまぐり御門みかどへん)では、薩摩さつまはんたいするトラウマえつけられる。このとき、もと練兵れんぺいかん塾頭じゅくとうでありながら、うっかりあしくじいて歩行ほこう不能ふのうになるという90年代ねんだい少女しょうじょ漫画まんがヒロインなみのドジッぶりを発揮はっきする。さらにうっかりなことにはあし療養りょうようのため京都きょうと長居ながいしすぎ、がついたときには会津あいづ薩摩さつまによるちょう厳重げんじゅう長州ちょうしゅうキリング・フィールド包囲ほういもうかれていた。

このときかれすくったのが、志士ししNo.1レイヤーの技術ぎじゅつ才能さいのうである。前述ぜんじゅつのとおり、なぜか乞食こじきとう自虐じぎゃくてきコスチュームをこのみ、どうはいった小汚こぎたなさで幕吏ばくりせつけなかった。

のち、温泉おんせんきのさわいで但馬たじまいずるせきへぶらりたびた。

だいいち長州ちょうしゅう征伐せいばつ長州ちょうしゅうはんないクーデター成功せいこう、クーデターの首領しゅりょうであるにもかかわらず政務せいむ面倒臭めんどうくさいと主張しゅちょう即行そっこう(クーデター成功せいこうつぎつきである)で海外かいがい高飛たかとしようとするも失敗しっぱいした魔王まおう高杉たかすぎかつら捜索そうさくたいにより、但馬たじまいずるせき発見はっけんされる。その大村おおむら益次郎えきじろうから「温泉おんせんにつかりすぎるとふやける」という最先端さいせんたん蘭学らんがく知識ちしきもとづくちょう高度こうど医療いりょうアドバイスをけたため、仕方しかたなく長州ちょうしゅうかえる。でもどうせ湯田温泉ゆだおんせんはいったにちがいない。

潜伏せんぷくちゅう松子まつこ夫人ふじんこといくまつじょうたずねてきたときはえて元気げんきになっていた、と世話せわになっていたいえ幼女ようじょ当時とうじ)にすら看破かんぱされた。このころから坂本さかもと龍馬りょうま土佐とさはん出身しゅっしん住所じゅうしょ不定ふてい無職むしょく)のなかびょう発言はつげんなやまされるようになる。

このニート対応たいおう苦慮くりょしていた木戸きどは、やはり同様どうよう状況じょうきょうにあった薩摩さつま西郷さいごう隆盛たかもり大久保おおくぼ利通としみち小松こまつ帯刀たてわきらと次第しだいけるようになった。龍馬りょうまのようないたすぎる不幸ふこうなニートをんだのは現今げんこん格差かくさ社会しゃかいであるとの結論けつろんたっしたかれらは、一致いっち協力きょうりょくして社会しゃかい変革へんかくおこなうことをちかう。これが薩長さっちょう同盟どうめい締結ていけつ経緯けいいである。

しかしほねってはんないはん薩摩さつまさえんだとおもったら、肝心かんじん西郷さいごう会談かいだん約束やくそくをすっぽかされる。これが薩摩さつまはんたいするトラウマまいりとなった。

明治めいじへん[編集へんしゅう]

由利ゆり公正きみまさ福岡ふくおか孝弟こうていらのあん修整しゅうせいして、じゅうななじょう憲法けんぽう制定せいていする。だいいちじょう条文じょうぶんもっとうとしとなす」とは対照たいしょうてきに、この当時とうじ木戸きどせいかんろん主張しゅちょうしていた。ただし、「キムチはわるい」とボードウィンおよ大村おおむら益次郎えきじろうから注意ちゅういされたため、ぬし木戸きど朝鮮ちょうせん料理りょうりへの興味きょうみ一応いちおううしなった。

歯痛しつう二日酔ふつかよいとうなやまされながら、開明かいめい領袖りょうしゅうとして近代きんだい国家こっか創設そうせつにつとめる。むかしおもすとれなくく。将来しょうらいおもいをせてもれなくく。そしてとどめに不満ふまん愚痴ぐちべて、ひといやかおをさせていた。かといって、油断ゆだんしておこらせるとれなく火鉢ひばち黒田くろだ清隆きよたかげつけるので注意ちゅうい必要ひつようである。   明治めいじ4ねん(1871ねん)、ユニセフ親善しんぜん副使ふくし任命にんめいされ、大使たいし黒柳くろやなぎ徹子てつこかばんちをつとめる。正直しょうじき黒柳くろやなぎ年齢ねんれいがいくつなのかわからなかったと、同行どうこう久米くめ邦武くにたけしるしている。

外遊がいゆうちゅうは、ソルトレイクシティ温泉おんせん治療ちりょう有効ゆうこうであることを発見はっけんするひとしおおきな収穫しゅうかくもあったが、条約じょうやく改正かいせい交渉こうしょう不首尾ふしゅびわる。すっかり黒柳くろやなぎ徹子てつこにかぶれて『窓際まどぎわのトットちゃん』をふけ伊藤いとう博文ひろぶみにむかついたり、もり有礼ありのりもり無礼ぶれいだとおもうようになったのもこのころからとおもわれる。

アメリカ滞在たいざいちゅう留守るすたくつま松子まつこいくまつ)から「あなたわたし小間使こまづかいのつけてたでしょ」と詰問きつもんする手紙てがみとどく。これにたいして木戸きどがどのように弁解べんかいしたのか、返信へんしんのこっていないので不明ふめい。しかし一応いちおう松子まつこ誤解ごかいということで片付かたづいた模様もようである。

なお、松子まつこ手紙てがみには浮気うわき共謀きょうぼうしゃとして井上いのうえかおる名前なまえげられている。実際じっさい井上いのうえから木戸きどあて木戸きどから井上いのうえあて書簡しょかんには多数たすうしもネタが確認かくにんでき、松子まつこうたがったけん真偽しんぎはともかくとして、二人ふたりしゃ仲間なかまであったことはうたがいない。

木戸きどあてにもっともしもネタを多用たようしているのはおそらく青木あおき周蔵しゅうぞうであるが、青木あおきしもネタは木戸きど井上いのうえのそれとはかなり毛色けいろことなり、なぜか自分じぶんのセックスアピールをするような内容ないようのものである。そのあまりの下品げひんぶりに『木戸きど孝允たかよし関係かんけい文書ぶんしょだいいちかん巻末かんまつ解題かいだいは、「青木あおき手紙てがみには下半身かはんしん関係かんけい話題わだいおおい」と明記めいきし、健全けんぜん読者どくしゃ注意ちゅうい喚起かんきしている。

帰国きこく西郷さいごう従道つぐみちらが慰安いあん旅行りょこう朝鮮ちょうせんより台湾たいわんがいい、としたのにキレて空気くうきまずに勝手かって下野げやするも、大坂おおさか会議かいぎではわりとあっさり大久保おおくぼ伊藤いとうまるまれた。この会議かいぎじょうバナナはおやつにふくまれないことが決定けっていされている。

バナナよりはぎ名物めいぶつなつみかんだろ、木戸きどはこれにくし、みずか細木さいき数子かずことなって、会議かいぎじょう使用しようした「加賀かが」に「ムネヲハウス」と改名かいめいするようせまった。同所どうしょにはいま木戸きど揮毫きごうした「ムネヲハウス」の扁額へんがくのこされている。木戸きどはもともと能書のうがきであったが、このころ頻繁ひんぱん辞表じひょう大久保おおくぼ悪口わるぐちいたためにさらにうでみがかれた。ただしはひどい。しかも以前いぜんからの大久保おおくぼによるストーキング行為こうい洒落しゃれにならないレベルまでたかまり、政治せいじてき孤立こりつしてくる。伊藤いとう大隈おおくま大久保おおくぼほうにべったりになってしまう。とく伊藤いとうは、大久保おおくぼのストーキング行為こういあおり、またみずからもアグレッシブに参加さんかするなどかなり悪質あくしつであった。

明治めいじ10ねん(1877ねん)、西郷さいごう鹿児島かごしまで「ガチムチかんさい☆アッー!!だい歓迎かんげい」を挙行きょこうする。アッー!!文化ぶんかがないばかりかぎゃくにヘテロセクシャル至上しじょう主義しゅぎ長州ちょうしゅうそだった木戸きどには、西郷さいごう鹿児島かごしま士族しぞく嗜好しこう当然とうぜんながらまった理解りかいできず、「いい加減かげんにしろっつーかおまえらマジでキモぎ」とのこすと、すじくもってってしまった。

政治せいじ思想しそうおよび政府せいふないでの位置いち[編集へんしゅう]

木戸きど大久保おおくぼ利通としみちひげ大量たいりょう破壊はかい兵器へいきであるとしんじていたため、明治めいじ政府せいふ大久保おおくぼ専制せんせい体制たいせいになってゆくことに不信ふしん危機ききかんいていた。

同様どうよう岩倉いわくら具視ともみまげ兵器へいきだとかんがえたので断髪だんぱつすすめたが岩倉いわくら容易ようい承諾しょうだくしないので、ある深夜しんや岩倉いわくら就寝しゅうしんちゅう寝室しんしつ夜這よばいして、そのまげをチョンってしまったついでにカッコさげな洋髪ようはつ理髪りはつしたため、翌朝よくあさ岩倉いわくらはむしろ上機嫌じょうきげんであった。ちなみに岩倉いわくら寝具しんぐには、かみで「定吉さだきち二人ふたりキリ」となぞ言葉ことばのこされていたという。

べいおう回覧かいらん木戸きど漸進ぜんしん主義しゅぎ立場たちばをとるようになり、とくひげかんしては、一貫いっかんして「ひげ人民じんみん幸福こうふく優先ゆうせんし、慎重しんちょうばされるべきである」というかんがかたであった。これにたいして大久保おおくぼ若手わかて急進きゅうしん積極せっきょくてき登用とうようひげ断行だんこうしていった。木戸きど急激きゅうげきひげ国民こくみん生活せいかつ圧迫あっぱくすることを憂慮ゆうりょし、とくひげうすもの救済きゅうさいするひげ授産じゅさんへの積極せっきょくてきみを主張しゅちょうした。

しかし、外遊がいゆうちゅうビスマルクとの会見かいけん以来いらい政府せいふ首脳しゅのうひげ魅力みりょくにとりかれており、木戸きど主張しゅちょうはなかなかれられることがなかった。このため木戸きど大久保おおくぼひげ強行きょうこうとしてしまうことを計画けいかくしたが、永遠えいえん思春期ししゅんき伊藤いとう博文ひろぶみが「プレイですか??」とおをキラキラさせつつ妄想もうそう全開ぜんかいのコメントをしたため、気力きりょく一気いっきえた木戸きど伊藤いとうにエロ単語たんごあかマーカーでかこった英和えいわ辞典じてんをくれてやったという。しかしその思想しそう井上いのうえかおる大隈おおくま重信しげのぶ福沢ふくさわ諭吉ゆきちなどによって継承けいしょうされ、人体じんたいによる単独たんどく飛行ひこうすら可能かのうにした長岡ながおか外史がいしの「プロペラひげ」にてつい完成かんせいる。そのひげが「∀ひげ」として現代げんだいにも継承けいしょうされていることは有名ゆうめいである。

政府せいふないにおいては、とく三条さんじょう実美みみおおやけとマブダチであった。ただ木戸きど辞表じひょう提出ていしゅつしたときは、かなら岩倉いわくら大久保おおくぼコンビとタッグをんで妨害ぼうがいしてくる。

また、もと土佐とさはんおも山内やまうち容堂ようどうおおやけ筆頭ひっとうに、もと殿様とのさまたちとよくみにかけている。木戸きど飲酒いんしゅちゅう政治せいじ談議だんぎはじめると泥酔でいすいスイッチがはいくせがあり、御所ごしょさけたまわったさいには、“くじらかいよいこう”の異名いみょうほこ容堂ようどうおおやけ血戦けっせんひろげるも衆寡しゅうかてきせず、撤退てったいちゅう不覚ふかくにも御所ごしょ廊下ろうか討死うちじにした。後日ごじつ容堂ようどうおおやけよりそのときのことをやかした手紙てがみとどいている。ちなみに、元祖がんそ木戸きどヲタクこと妻木つまき忠太ちゅうたは「容堂ようどうおおやけ御所ごしょでの議論ぎろん感服かんぷくしたのであろう」というちゅうけているが、どうかんがえてもそれはない。

晩年ばんねん明治めいじみかど調教ちょうきょう教育きょういく情熱じょうねつやし、東北とうほく北海道ほっかいどう巡幸じゅんこう同行どうこう。「健康けんこうわるいので徒歩とほ騎乗きじょうにしなさい」などの諫言や、vs岩倉いわくら政治せいじ討論とうろん見学けんがく、1にち行程こうていぶん単位たんいでの記録きろく友人ゆうじん中島なかじま三郎助さぶろうすけ遺族いぞく遺児いじ面倒めんどうつつ、函館はこだて幕府ばくふじゅんじた中島なかじまとその長男ちょうなん恒太郎つねたろう次男じなん英次郎えいじろうことおもしてはくなど、ひとかたならぬ教育きょういく精神せいしん発揮はっきした。

木戸きどたいする評価ひょうか[編集へんしゅう]

いち史料しりょうめないくせに司馬しばりょう太郎たろう小説しょうせつだけで歴史れきし理解りかいしたつもりになっているエセ歴史れきしどおりから評価ひょうか誹謗ひぼう中傷ちゅうしょうけている。

いちれい
実務じつむ能力のうりょくかった
大久保おおくぼこうぼう江藤えとうくびろうと躍起やっきになっているあいだ文部もんぶきょう兼任けんにん内務省ないむしょう面倒めんどうていたのは木戸きどである。当然とうぜんながら、らん終結しゅうけつするなり辞表じひょう提出ていしゅつしてやった)
いち実権じっけんにぎれなかった
大村おおむら益次郎えきじろうによる長州ちょうしゅうはん軍制ぐんせい改革かいかく時期じきはん政府せいふ仕切しきっていた。改革かいかく領袖りょうしゅうされ、明治めいじ2ねん大久保おおくぼこうから無理心中むりしんじゅうはかられるが、逆転ぎゃくてん勝訴しょうそ成功せいこうする)
愚痴ぐち不満ふまんばかりいってけむたがられた
大隈おおくまこう全力ぜんりょく弁護べんごしてくれてるよ!)
狭量きょうりょうだった
とく書生しょせい人望じんぼうがあり、青木あおき周蔵しゅうぞうニコポン宰相さいしょういたっては木戸きどていびたっていた。松子まつこ夫人ふじん苦労くろうさまです。あと何故なぜ容堂ようどうおおやけ殿様とのさま連中れんちゅうなかがいい。ただ久光ひさみつこうのぞく)
公私こうしのけじめが出来できなくてまたそれを政治せいじてき権力けんりょく解決かいけつするDQN
かおるちょっとこっちになさい)