無敵むてき皇軍こうぐん

出典しゅってん: へっぽこ実験じっけんウィキ『はち百科ひゃっか事典じてん(アンサイクロペディア)』
移動いどうさき: 案内あんない検索けんさく
この記事きじひだりぎています。
ここがなかです。
暴虐ぼうぎゃく非道ひどうなる鬼畜きちくべいえいたい正義まさよし鐵槌てっついくださむとする無敵むてき皇軍こうぐん大和やまと民族みんぞくならばほこおもはずにはゐられまじき勇姿ゆうしなり
小早川こばやかわ大尉たいい鬼畜きちくべいえい面前めんぜん健全けんぜんなる大和やまと民族みんぞくざまけつつてき撃破げきはした英雄えいゆうである。

無敵むてき皇軍こうぐん (むてきこうぐん)とはさかえへある大日本帝國だいにっぽんていこくかみへいいたる鬼神きじんごとつよさを褒稱へてげんひし言葉ことばなり、いやしくも大和やまと民族みんぞくならばきてむねおどらぬことからうほこらしき言葉ことばなり。

無敵むてき皇軍こうぐん偉業いぎょう[編集へんしゅう]

  • 朝鮮ちょうせん臺灣たいわん滿まんしゅう土匪どひ驅除くじょ婦女ふじょへの大和やまと民族みんぞくたましい注入ちゅうにゅう
  • ささえ征伐せいばつける民族みんぞく淨化じょうか取分とりわ南京なんきんだい作戰さくせん
  • だい東亞とうあ戰爭せんそうべいえい征伐せいばつ)にけるべい英軍えいぐん驅除くじょ
  • だい東亞とうあ戰爭せんそうける南洋なんよう土人どじん匪賊ひぞく驅除くじょおよ婦女ふじょへの大和やまと民族みんぞくたましい注入ちゅうにゅう取分とりわ白馬はくば作戰さくせん
  • だい東亞とうあ戰爭せんそうける日本にっぽんぜん土焼つちやき作戰さくせん
  • 南洋なんようささえけるしょくじん
  • 内地ないちける不逞ふてい左翼さよく驅除くじょ諸々もろもろ教育きょういくてき指導しどう
  • ささえ大陸たいりくでの三光さんこう作戰さくせん実施じっし
  • 中華民國ちゅうかみんこく壊滅かいめつ寸前すんぜんめ、中国共産党ちゅうごくきょうさんとうとの反日はんにち同盟どうめい實現じつげん
  • れん中立ちゅうりつ同盟どうめいしてスターリン粛淸しゅくせい推進すいしん
  • 滿まんしゅうからのみんよりはやかみげきてき轉戰てんせん
  • 朝鮮ちょうせん民族みんぞくへの南北なんぼくわぬ體罰たいばつ精神せいしん傳授でんじゅ
  • はつ原爆げんばく投下とうか帝國ていこくない招致しょうち
  • カミカゼみち回教かいきょう凶徒きょうと靈的れいてき訓導くんどう

無敵むてき皇軍こうぐんえがきたる文学ぶんがく作品さくひん[編集へんしゅう]

れいとして南洋なんよう皇軍こうぐん奮鬪ふんとう一節いっせつ取上とりあげぐ。斯の文章ぶんしょう中等ちゅうとう臣民しんみん學校がっこう國語こくご教科書きょうかしょにも取上とりあげられてゐる名作めいさくなり。

天皇陛下てんのうへいかまんさい!』

さうげんひながらおれたちはフイツリピンの土人どじん聚落しゅうらく突撃とつげきしていつた。

むらしるくやいなや、小銃しょうじゅうを構へ銃口じゅうこう村人むらびとけた。 『ね!土人どじんども。』

すさまじい銃聲じゅうせいとも阿鼻叫喚あびきょうかん地獄じごく繪圖えずひろがる。村人むらびとたちがおびえてげ惑ふ。やがて全員ぜんいんなかかくれてしまつた。

『おい山田やまだ!おまえちよつとくだりつておんなさんひきばかりつてこい!』

たい指揮しきかんである岩隈いわくま軍曹ぐんそうがさう命令めいれいした。おれじか土人どじんいえにゅうつてゆきさんひき極上ごくじょうむすめつてきた。土人どじんふくしるないのでからだせんあらわになつてつやしい。軍曹ぐんそうむすめ逹をれて無人むじん小屋こやいれつていく。

し、おれがこいつとう無敵むてき皇軍こうぐん武威ぶいをたつぷりきょうんでやる!おいオマヘラは土人どじんどもがかさねつてこないやう見張みはりつとけ!』

さういつて軍曹ぐんそう小屋こやめた。絶叫ぜっきょうこへ、小屋こやなかでどんなことくだりはれてゐるのかはつきりわかつた。

くそ軍曹ぐんそうおわりはつたらつぎ自分じぶんばんだ、あのおんなどもに皇軍こうぐん兵士へいしすさまじさをけてやると息卷いきまいてゐると突然とつぜんおんなものではない悲鳴ひめいうえつた、軍曹ぐんそうこえだ。おんなひきずつて軍曹ぐんそうそと飛出とびだしてくる。おんなまたからながれてゐる。騷に氣付きづいて村人むらびとたちおそおそいえからそとてきてゐた。

『こいつおれちんほこをかみやがつた。』

さうげんふと軍曹ぐんそう日本にっぽんがたな拔放ぬきはなち、おんな頭上ずじょう大上段だいじょうだんに構へた。おれ同僚どうりょうも、土人どじんたちもその光景こうけい見詰みつめてゐる。

いやしい土人どじん風情ふぜい皇軍こうぐん兵士へいしちんほこを嚙むとは何事なにごとか、先祖せんぞ傳來でんらい寶刀ほうとう切捨きりすてゝやる。山田やまだ淺海あさみ、よくておけ!』

岩隈いわくま軍曹ぐんそうのまゝみなてゐるまえ日本にっぽんがたな一直線いっちょくせんおんな腦天のうてんに叩落し、からだごとふたつに切裂きりさいた。

軍曹ぐんそう殿どの見事みごとであります!』

おれ岩隈いわくま軍曹ぐんそう見事みごと太刀筋たちすじにさう感嘆かんたんこえげた。まさしく大和やまと男兒だんじかがみであつた。

関連かんれん項目こうもく[編集へんしゅう]