理工りこうがく実験じっけんにおける安全あんぜん管理かんり

出典しゅってん: へっぽこ実験じっけんウィキ『はち百科ひゃっか事典じてん(アンサイクロペディア)』
移動いどうさき: 案内あんない検索けんさく

理工りこうがく実験じっけんにおける安全あんぜん管理かんり(りこうがくじっけんにおけるあんぜんかんり)とは、工業こうぎょう化学かがく分野ぶんやにおいて、実験じっけんちゅう事故じこ災害さいがいこりにくいようにする、安全あんぜんせい追求ついきゅう改善かいぜんする管理かんり方法ほうほうである。

概要がいよう[編集へんしゅう]

日本にっぽんにおいては1991ねん大阪大学おおさかだいがく基礎きそ工学部こうがくぶ学生がくせいがプラズマCVD装置そうち実験じっけんちゅう、モノシラン容器ようきない爆発ばくはつしょうじ、学生がくせい2めい死亡しぼう、5めい軽症けいしょううといういたましい事故じここった。この事故じこけて、全国ぜんこく理工りこうけい学部がくぶ中心ちゅうしんに、理工りこうがく実験じっけんにおいて、如何いか事故じこ発生はっせいふせぐかに重点じゅうてんいた安全あんぜん管理かんりさけばれるようになった。現在げんざいでは、理工りこうけい学生がくせい実験じっけん課程かていおこなまえ安全あんぜん講習こうしゅうけることが一般いっぱんてきとなっている。

れい[編集へんしゅう]

理工りこうけい実験じっけんにおける安全あんぜん管理かんりれいを、とりわけ勘違かんちがいのおおいものを中心ちゅうしん列挙れっきょする。

一般いっぱん[編集へんしゅう]

実験じっけん飲食いんしょくしながらおこな
実験じっけんしつでの飲食いんしょく厳禁げんきんというかんがえがあるが、あやまりである。実験じっけん体力たいりょく勝負しょうぶである。そのため実験じっけんちゅうはこまめに飲食いんしょくして体力たいりょく補給ほきゅうをすることがのぞましい。熱中ねっちゅうしょう対策たいさくでこまめな水分すいぶん補給ほきゅうさけばれている体育たいいくかいけい活動かつどうおなじである。
異常いじょう独断どくだん対処たいしょする
異常いじょう気付きづいたら上司じょうし教官きょうかん報告ほうこくして指示しじあおぐべきというかんがえがあるが、あやまりである。事故じこでは一瞬いっしゅんおくれが命取いのちとりであり、報告ほうこくしているあいだだい惨事さんじになってしまう。異常いじょう気付きづいたら独断どくだんすみやかに対処たいしょするべきである。
実験じっけんつくえ雑多ざった
実験じっけんつくえ整理せいり整頓せいとんすべきというかんがえがあるが、あやまりである。つくえうえにいろいろなものいてあるほうが、それらを使つかって不足ふそく事態じたい対処たいしょしやすい。
服装ふくそう正装せいそう
実験じっけんさい服装ふくそう白衣はくいでというかんがえがあるが、あやまりである。めて実験じっけんのぞむために、フォーマルな服装ふくそうおこなうのがのぞましい。スーツは勿論もちろん、ドレスなど、より高価こうか服装ふくそう実験じっけんにふさわしい。様々さまざまなアクセサリーを着飾きかざることも推奨すいしょうされている。一方いっぽうで、ぎゃく簡素かんそよそおいが推奨すいしょうされる場合ばあいもあり、ふんどしいちちょうめて、薬品やくひんもちいた実験じっけんのぞむこともただしい。
タバコ深呼吸しんこきゅう
実験じっけんちゅう喫煙きつえんは、とく引火いんかせいガスをあつかっているときは厳禁げんきんであるというかんがえがあるが、あやまりである。長時間ちょうじかんわた実験じっけんでは集中しゅうちゅうりょくれがちになる。そのようなときはリラックスのためにタバコをうと、集中しゅうちゅうりょく回復かいふくし、危険きけん事故じこる。
消火しょうか風下かざしもから
消火しょうか風上かざかみからおこなうべきというかんがえがあるが、あやまりである。実際じっさい風上かざかみから消火しょうかするところを想像そうぞうしてみるとわかりやすい。ほのおせどもせども、どんどん風下かざしものほうにうつっていき、ついには全焼ぜんしょうしてしまう。全焼ぜんしょうふせぐためには、ほのおこうから対立たいりつする「消火しょうか風下かざしもから」がただしい。
夜間やかん居残いのこ実験じっけん1人ひとり
夜間やかん居残いのこ実験じっけん複数ふくすうじんおこなうべきというかんがえがあるが、あやまりである。わか男女だんじょ2にん夜間やかん居残いのこると、とても危険きけんなことこりやすい。また、単位たんいりてない女学生じょがくせい男性だんせい教授きょうじゅわせも非常ひじょう危険きけんである。かといって、ひとによっては同性どうせい同士どうしでもあぶない趣向しゅこうぬしがいる。そのため、夜間やかん居残いのこ実験じっけんかなら1人ひとりおこなうべきである。

機械きかい工学こうがく[編集へんしゅう]

すべりやすいくつをはく
実験じっけんちゅうすべらないくつくべきというかんがえがあるが、あやまりである。すべりやすいくつのほうが、すべりながらスムーズに移動いどうができて便利べんりである。すべらないくつあし地面じめんっかかって、かえってころびやすい。
正装せいそうネクタイ
回転かいてん機械きかいなどの操作そうさみをふせぐため簡潔かんけつ作業さぎょうおこなうべきというかんがえがあるが、あやまりである。紳士しんしたしなみはネクタイである。実験じっけんたいして失礼しつれいいよう、ネクタイをめてこころかまえもめて機械きかいまえつべきである。
機械きかい操作そうさには手袋てぶくろ着用ちゃくようする
回転かいてん機械きかいなどの操作そうさみをふせぐため素手すで作業さぎょうすべきというかんがえがあるが、あやまりである。当然とうぜんながら、両手りょうて保護ほごするために手袋てぶくろ着用ちゃくようするべきである。とりわけ厚手あつでのものがのぞましい。
旋盤せんばんル盤るばんはよく観察かんさつする
旋盤せんばんル盤るばんなどはかおはなして作業さぎょうするというかんがえがあるが、あやまりである。意図いとしたとおりに金属きんぞくけずれているか、作業さぎょうちゅうかお近付ちかづけてよく観察かんさつするべきである。よく観察かんさつせずに想定そうていがい加工かこうおこなうことは設計せっけいミスにつながり、ひいては危険きけんへとつながる。
高所こうしょ作業さぎょうちゅうは、その真下ましたべつ作業さぎょういん待機たいきする
高所こうしょ作業さぎょうちゅう真下ましたひとがいることはけるべきというかんがえがあるが、あやまりである。まんいち高所こうしょ作業さぎょういん落下らっかしてもめられるように、真下ましたべつ作業さぎょういん待機たいきするべきである。

電気でんき工学こうがく[編集へんしゅう]

夏場なつば電気でんき実験じっけんをしているときは冷水れいすいったおけ裸足はだしかる
夏場なつばあつさのなかでは集中しゅうちゅうりょくがり、ミスを誘発ゆうはつしかねない。冷却れいきゃく足元あしもとからとわれるとおり、冷水れいすいったおけ裸足はだしかりながら電気でんき実験じっけんをするのがのぞましい。感電かんでんなにそれ。
電気でんき器具きぐにはゴムマットを
ゴムマットは衝撃しょうげき吸収きゅうしゅうせいたかい。ゴムマットのうえ電気でんき器具きぐせることで衝撃しょうげきによる故障こしょうり、安全あんぜんつながる。ゴムマットは絶縁ぜつえんゼロの純粋じゅんすいなゴムがよいとされる。アース? なにそれ。
電源でんげんひとつのコンセントに集中しゅうちゅうさせる
配線はいせん一目いちもく確認かくにんできるようなるべくひとつのコンセントにおおくのタップを接続せつぞくして複数ふくすう実験じっけん器具きぐ電源でんげん供給きょうきゅうするのがのぞましい。撤収てっしゅうもまとめてプラグをはずせるので時間じかん短縮たんしゅくにつながる。タコあしなにそれ。
感電かんでんしゃつかんではな
感電かんでんしゃ発見はっけんしたら、発見はっけんしゃ早急そうきゅう装置そうち電源でんげんるべきというかんがえがあるが、あやまりである。そうした場合ばあい発見はっけんしゃ装置そうちをよくらないと電源でんげんボタンをさがすのに苦労くろうして、感電かんでんしゃ感電かんでんしっぱなしになってしまう。発見はっけんしゃ感電かんでんしゃ発見はっけん次第しだいちからづくで装置そうちからはなすのがただしい。
バッテリーは使用しようまえ内部ないぶ確認かくにんする
実験じっけんにおいてはバッテリーの内部ないぶ確認かくにん重要じゅうようである。そのさい電解でんかいしつすことがこりうるがにしてはならない。不要ふようになったバッテリーは一般いっぱんゴミと一緒いっしょ廃棄はいきする。
放射線ほうしゃせん物質ぶっしつあつかいは大胆だいたん
放射ほうしゃせい物質ぶっしつ慎重しんちょうあつかうべきというかんがえがあるが、あやまりである。放射線ほうしゃせん物質ぶっしつ福島ふくしまだいいち原発げんぱつ事故じこ風評ふうひょう被害ひがいひろがっている。しかし、あつかいに慎重しんちょうになりすぎると、それがプレッシャーとなってかえって事故じここりやすい。被曝ひばくただちに健康けんこうには影響えいきょうないため、放射ほうしゃせい物質ぶっしつあつかいは大胆だいたんってよい。
レーザーたか
レーザー(赤色あかいろレーザーがおおい)の使用しようたかさをけるべきというかんがえがあるが、あやまりである。実験じっけん使用しようするレーザーは、実験じっけん結果けっかをよく観測かんそくできるように、たかさで使用しようするべきである。

化学かがく[編集へんしゅう]

強酸きょうさんつよアルカリ中和ちゅうわする
強酸きょうさん皮膚ひふれたときは素早すばやみずあらながすべきというかんがえがあるが、あやまりである。強酸きょうさんみずあらながした程度ていどではちない。そのさいは、おな濃度のうどつよアルカリをもちいれば、ぴったり中和ちゅうわができる。ぎゃくもまたしかりである。
けたガラスはそのまま使用しようする
ヒビがはいったりけたりしたガラス器具きぐ怪我けが原因げんいんとなり危険きけんであるというかんがえがあるが、あやまりである。「高名こうみょうのぼり」という故事こじ成語せいごがあり、少々しょうしょう危険きけんであるほうが、危険きけんであることを認識にんしきしてかえって安全あんぜんであるということである。この故事こじ成語せいごならい、ヒビがはいったりけたりしたガラス器具きぐもそのまま使用しようするべきである。
だい容量ようりょう容器ようきはガラスせい使用しようする
だい容量ようりょう容器ようきおおきくておもく、価格かかくたかい。そのためプラスチックせい価格かかくおさえる傾向けいこうがある。しかし、価格かかくやすものしつわるい。「やすかろうわるかろう」である。予算よさんをケチらずに高級こうきゅうひんであるガラスせい使用しようすること。れやすい? そんなことないよ。
ガラスせい容器ようきには油性ゆせいマジックで名前なまえ
ガラスせい容器ようきぬし薬品やくひんめい記入きにゅうすることで混乱こんらんり、安全あんぜんへとつながる。すぐにがれるテープなどではなく、つよくこすらないとちないような油性ゆせいマジックがこのましい。れやすい? そんなことないよ。
こうあつガスを運搬うんぱんするときは、運搬うんぱんエレベータに作業さぎょういん一緒いっしょ
こうあつガスは容器ようきがい漏洩ろうえいすると体積たいせきすうひゃくばいにもふくらむため、密閉みっぺい空間くうかんである運搬うんぱんエレベータに作業さぎょういん一緒いっしょると危険きけんであるというかんがえがあるが、あやまりである。危険きけんぶつからは片時かたときはなしてはならないことは常識じょうしきであり、運搬うんぱんエレベータには作業さぎょういん一緒いっしょるべきである。
消火しょうかには手近てぢか薬品やくひんれる
不慮ふりょ火災かさいさいには消火しょうかりにっている余裕よゆうはない。まずはすぐそばにある薬品やくひんるい投入とうにゅうして消火しょうかこころみる。とくCH3OHC2H5OHひとしかれている薬品やくひん消火しょうか有効ゆうこうである。
危険きけん薬品やくひん使用しようするときはメガネとうはず
薬品やくひんとうはいらないように保護ほごメガネを着用ちゃくようすべきというかんがえがあるが、あやまりである。保護ほごメガネを着用ちゃくようするとレンズにいた水滴すいてきやゴミなどによって視界しかいわるくなりかえって危険きけんである。危険きけん薬品やくひんあつかさいは、保護ほごメガネははずして直接ちょくせつ観察かんさつするようにすべきである。
薬品やくひんにおいをとき直接ちょくせつはなちかづけて
刺激しげきしゅうのする薬品やくひんのをときはなちかづけずにあおぐようにしてぐというかんがえがあるが、あやまりである。そのような方法ほうほうではうまくにおいをぐことができず、実験じっけんのミスを誘発ゆうはつしかねない。刺激しげきしゅうつよ化合かごうぶつあつか場合ばあいとくアンモニア硫化りゅうか水素すいそ発生はっせい実験じっけんでは、できるだけ自分じぶんはなちかづけてにおいを確認かくにんするのがただしい。
液体えきたい沸騰ふっとうさせる実験じっけんでは絶対ぜったい不純物ふじゅんぶつくわえない
液体えきたいの突沸をふせぐために沸騰ふっとうせき使つか事例じれいおお見受みうけられるが、これはあやまりである。実験じっけんとはなん関係かんけいもない物質ぶっしつくわえてしまうと、実験じっけん失敗しっぱいおもわぬ事故じこまねくことがあるので、沸騰ふっとうした液体えきたい沸騰ふっとうせきれるのはこのましくない。

生物せいぶつ[編集へんしゅう]

動物どうぶつ実験じっけんには猛獣もうじゅうもちいる
実験じっけん動物どうぶつにはひとおそわないような動物どうぶつのぞましいとされるが、あやまりである。実験じっけん反応はんのうたしかめるには威勢いせいのいい動物どうぶつもちいたほう反応はんのうかりやすい。よりあばれればあばれるほど実験じっけん成功せいこうしたといえるのである。
実験じっけん動物どうぶつ死骸しがい透明とうめいゴミぶくろれて破棄はきする
実験じっけん使用しようした動物どうぶつ死骸しがいくろふくろれて破棄はきすべきというかんがえがあるが、あやまりである。ゴミの分別ふんべつじょうきょう確認かくにんするために透明とうめいなビニールぶくろれることは、いまやエコロジーの観点かんてんから常識じょうしきである。とりわけ人通ひとどおりのおお場所ばしょ破棄はきして、よりおおくのひと確認かくにんしてもらうのがよい。
外来がいらいしゅ実験じっけん後野うしろのはな
外来がいらいしゅ野生やせいすると生態せいたいけい破壊はかいするおそれがあるとされるが、あやまりである。それ以前いぜん外来がいらいしゅはいかなる病原菌びょうげんきんゆうしているかかったものではない。実験じっけんしゃ病気びょうき感染かんせんするまえ早急そうきゅうにリリースするのがのぞましい。
病原菌びょうげんきん実験じっけん開放かいほう空間くうかんおこな
病原菌びょうげんきん密閉みっぺい空間くうかん厳重げんじゅう管理かんりすべきというかんがえがあるが、あやまりである。病原菌びょうげんきん自然しぜん空間くうかんでのたいせい確認かくにんするためにも、まどはなった部屋へや野外やがいなどの開放かいほう空間くうかんおこなうべきである。

外部がいぶリンク[編集へんしゅう]

関連かんれん項目こうもく[編集へんしゅう]


この項目こうもく理工りこうがく実験じっけんにおける安全あんぜん管理かんり」は、執筆しっぴつしゃがクラックをキメていた可能かのうせいもありますが、いまはまだクソのやまです。より愉快ゆかいにしてくださる協力きょうりょくしゃもとめています。さぁ、これをているあなたも、ずかしがらずにんでみよう! (Portal:スタブ)