社会しゃかいてき入院にゅういん

出典しゅってん: へっぽこ実験じっけんウィキ『はち百科ひゃっか事典じてん(アンサイクロペディア)』
移動いどうさき: 案内あんない検索けんさく

社会しゃかいてき入院にゅういん(しゃかいてきにゅういん)とは、病院びょういん福祉ふくし施設しせつにおけるゲーム一種いっしゅ

概要がいよう[編集へんしゅう]

このゲームは病院びょういん福祉ふくし施設しせつ患者かんじゃ、あるいは利用りようしゃとして所属しょぞくしていればだれでも自由じゆう参加さんかすることが出来できる。だが、わか参加さんかしゃすくないようで、おも参加さんかしているのは高齢こうれいしゃである。参加さんかしゃすうとしては正式せいしきかぞえたひとがいるわけではないのでさだかではないのだが、着実ちゃくじつにその参加さんかしゃやしており、10まんにんくだらないとされている。

ルール[編集へんしゅう]

施設しせつ病院びょういんへの入所にゅうしょおよ入院にゅういんつづける。」ただそれだけである。ただそれだけであるというのにどうしてゲームせい内包ないほうしているとうのであろうか。それは入所にゅうしょ入院にゅういん期間きかんとタイミングが関係かんけいしてくるのである。ここまでけばこれがなに意味いみするか、かんのいい読者どくしゃはおかりであろう。そう、かれらは入院にゅういん必要ひつようくなったものたちなのである。病院びょういん患者かんじゃ性質せいしつによっては、いちにちにち大事だいじって様子ようす場合ばあいもあるだろうが、そういったちゃちなものではない。病棟びょうとうはこばれて、なんヶ月かげつまえ退院たいいんできると医師いしからつたえられたのにもかかわらず、病院びょういんにいるのである。では、具体ぐたいてきにこの社会しゃかいてき入院にゅういんがどのような性質せいしつつものなのかまずは患者かんじゃ視点してんていこう。

患者かんじゃから社会しゃかいてき入院にゅういん[編集へんしゅう]

患者かんじゃからて、社会しゃかいてき入院にゅういんという行為こういにはどういったアドバンテージが存在そんざいするのであろうか。やはり「はたらかずしてめしえる。」これにきる。しかも、毎日まいにちさんしょくべられるうえ病院びょういん所属しょぞくしている管理かんり栄養士えいようしによって適切てきせつ献立こんだて用意よういしてもらえるのだ。栄養士えいようしは、患者かんじゃなにべたかというデータをっており、それにもとづいて最適さいてき栄養えいようバランスになるような献立こんだてつくってくれるというわけだ。さら入院にゅういんしているということによって、られるものがある。周囲しゅうい患者かんじゃたいしてとてもやさしくなるのである。定期ていきてき見舞みまいにきてくれ、やさしい言葉ことばをかけてもらったり、ものをくれたりする。日常にちじょう生活せいかつではまずあじわえない賞賛しょうさんである。そもそも日常にちじょう生活せいかつにおいて賞賛しょうさんばれるものは存在そんざいしないのである。あるのは批判ひはんである。たと職場しょくばなんらかの成果せいかげたとしても、上司じょうしはそのひと成果せいかからひとつでもわるかったてんさがし、おにくびったよう批判ひはんはじめることだろう。だが、入院にゅういんしているかぎり、そういった批判ひはん矢面やおもてにはたされない。よう不要ふようにかかわらずゆっくりからだをやすめることができるのである。また最近さいきん社会しゃかいてき入院にゅういんにはツイッターなどで「病気びょうきなう」などとつぶやけばすぐに大勢おおぜいから見舞みまいコメントをもらえるため、故人こじんのちっぽけな自己じこ満足まんぞくたすためにおおいにやくっている。

施設しせつから社会しゃかいてき入院にゅういん[編集へんしゅう]

では、これを病院びょういんはじめとする各種かくしゅ施設しせつがわからたらどうなるのだろうか。まず、社会しゃかいてき入院にゅういん患者かんじゃ増加ぞうかすることによるコスト増加ぞうかげられる。人間にんげんきていくためにはかならなんらかのコストをはら必要ひつようがある。ものうためのおかね、おかねるための労働ろうどうといったようにすべての行為こういにはコストがきまとう。そしてそのコストを如何いかすくなくおさえるかが、経営けいえいをするうえでのテーマとなるのだ。∴食事しょくじだいなどで無駄むだにコストを増大ぞうだいさせる社会しゃかいてき入院にゅういん患者かんじゃはできればいてほしくない存在そんざいである。また、ベッドすう問題もんだいもある。法律ほうりつじょう20しょう以上いじょうある医療いりょう施設しせつを「病院びょういん」、19しょう以下いか施設しせつを「診療しんりょうしょ」と呼称こしょうする。だい病院びょういんともなれば100しょう以上いじょうゆうしているところもすくなくないのだが、それはあくまで「あいているベッド」と「使つかわれているベッド」のかず合算がっさんした数値すうちである。不治ふじやまいにかかって仕方しかたなく10ねん以上いじょうものちょうきにわたって入院にゅういんしている患者かんじゃ当然とうぜん存在そんざいする。それは仕方しかたないとしても実際じっさい使つかえるベッドすう如何いかすくないかよくかるであろう。社会しゃかいてき入院にゅういんはこの資源しげん問題もんだい拍車はくしゃをかけてしまう。入院にゅういんする必要ひつようのない人間にんげんにベッドをあたえるいわれはない。むし一刻いっこくはやすべきなのである。ではどうやって対処たいしょするのか、したべる。

施設しせつによる社会しゃかいてき入院にゅういん患者かんじゃ対応たいおう方法ほうほう[編集へんしゅう]

ではどうやって対処たいしょするのかをしるそう。結論けつろんからってしまえば、いたくなくなるようにしてしまえばいいのである。「居場所いばしょうばう」という表現ひょうげんもできるかもしれない。 具体ぐたいてきれいしめすと

  1. 患者かんじゃ使つかっているベッドを撤去てっきょ
  2. 患者かんじゃについてのわるいうわさをなが
  3. 食事しょくじどく

1は会社かいしゃでよくおこなわれている手法しゅほうである。会社かいしゃたら、デスクがないおなじようによるようとしてベッドにくと、それがない。「かえれ」というメッセージを素早すばや確実かくじつつたえられるだろう。2は患者かんじゃ信用しんようとすことできょからくさせる作戦さくせんである。「患者かんじゃ利用りようしゃころしている」といったネガティブなうわさながせばよい。 3はもっと確実かくじつほうむ方法ほうほうである。事態じたいあかるみにないよう、病院びょういんない霊安室れいあんしつかくまうこととなり、結局けっきょく遺体いたい施設しせつからせないが、確実かくじつではある。

Wikipedia
ユーモア欠落けつらくしょう患者かんじゃのために、ウィキペディア専門せんもん気取きどたちが「社会しゃかいてき入院にゅういん」の項目こうもく執筆しっぴつしています。