老人ろうじんボケ

出典しゅってん: へっぽこ実験じっけんウィキ『はち百科ひゃっか事典じてん(アンサイクロペディア)』
移動いどうさき: 案内あんない検索けんさく

老人ろうじんボケ(ろうじんぼけ)とは、生理せいりてき老化ろうか現象げんしょうによる物忘ものわすれから、認知にんちしょうまでもふくひろ範囲はんい用語ようご。つまり、高齢こうれいしゃによる記憶きおく障害しょうがい、いわゆる「物忘ものわすれ」の総称そうしょうである。

概要がいよう[編集へんしゅう]

物忘ものわすれ」は、以下いか大別たいべつできる。

経験けいけん自体じたいわすれる
昨日きのうにあった出来事できごと、さっきったこと・われたこと・たのまれたこと、たいせつな約束やくそくなど、その具体ぐたいてき内容ないよう一部いちぶにとどまらず「そういうことがあった」ことを、すっかりわすれてしまう。
しつ見当けんとう
時間じかん場所ばしょ人物じんぶつかんする記憶きおく見当けんとう識といい、それがうしなわれること日付ひづけがあやしくなったり、近所きんじょ自宅じたくなかなどで迷子まいごになったり、息子むすこむすめ自分じぶん兄弟きょうだい姉妹しまいと、まご自分じぶんどもなどとまちがってこたえることなど。
物忘ものわすれの自覚じかくがない
みずからの物忘ものわすれの程度ていど正確せいかく自覚じかくできないこと



老人ろうじんボケ(ろうじんぼけ)とは、老人ろうじんせい認知にんちしょう俗語ぞくごである。

概要がいよう[編集へんしゅう]

認知にんちしょうには「アルツハイマーがた認知にんちしょう」と「のう血管けっかんせい認知にんちしょう」の2種類しゅるいがある。認知にんちしょうがどのような経過けいかをたどるのかは認知にんちしょうのタイプによってことなる。アルツハイマーびょうでは病状びょうじょうはゆるやかに進行しんこうし、くすりやリハビリなどの対処たいしょにより進行しんこうおくらせることはできる、症状しょうじょうめることはむずかしく、末期まっきになると認知にんち機能きのうおよび人格じんかく崩壊ほうかいたきりの状態じょうたいいたりる。一方いっぽうのう血管けっかんせい認知にんちしょう原因げんいん疾患しっかんのう血管けっかん障害しょうがい程度ていどがその経過けいかおおきく影響えいきょうし、一般いっぱんてき病状びょうじょう進行しんこう急速きゅうそくかつ階段かいだんてきだが、のう血管けっかん障害しょうがい治療ちりょう如何いかによってある程度ていど病状びょうじょう抑制よくせい可能かのうである。

アルツハイマーびょう経過けいかには一定いっていのパターンがみられ、初期しょき中期ちゅうき末期まっきの3分類ぶんるいされる。



老人ろうじんボケ(ろうじんぼけ)とは、差別さべつ用語ようご老人ろうじん罵倒ばとうする言葉ことばのひとつである。老人ろうじんせい痴呆ちほうとも。現在げんざい老人ろうじんせい認知にんちしょうえられる傾向けいこうにある。

概要がいよう[編集へんしゅう]

一般いっぱん差別さべつ用語ようごとは、「他者たしゃ人格じんかく個人こじんてきにも集団しゅうだんてきにもきずつけ、さげすみ、社会しゃかいてき排除はいじょし、侮蔑ぶべつ抹殺まっさつする暴力ぼうりょくせい言葉ことばのことをいう。つまり、老人ろうじん人格じんかくきずつけ、侮辱ぶじょくする言葉ことば老人ろうじんボケである。

もちろん、アルツハイマーびょう認知にんちしょうなど、よわいともなう「病気びょうき」としての記憶きおく障害しょうがい存在そんざいする。だが、老人ろうじんボケという言葉ことばがあえてもちいられる場合ばあいは、そういった病気びょうきにはふくまれない、たんなる社会しゃかい先輩せんぱいたいする反発はんぱつ敵愾心てきがいしんもとづく場合ばあいおおい。

また、いわゆる老人ろうじん場合ばあいは、従来じゅうらい経験けいけん蓄積ちくせきから判断はんだんくだ場合ばあいおおく、それが視野しや狭窄きょうさくなど問題もんだいこすこともある。一方いっぽう経験けいけんとぼしい若者わかものが、あきらかに失敗しっぱいいた行動こうどうをすること多々たたあり、それにたいして高齢こうれいしゃみずからの経験けいけんもとづいて批判ひはんした場合ばあい批判ひはんされたがわ感謝かんしゃするところか、むしろそれにたいして反発はんぱつおぼえる




おじいちゃん! あさからずっとパソコンのキーボードたたいているけど、いい加減かげん、ウィキペディアの執筆しっぴつはやめなさい!ばんはん時間じかんですよ! 
…ちょっとおじいちゃん!それ、ウィキペディアじゃないわよ!