ふく

出典しゅってん: へっぽこ実験じっけんウィキ『はち百科ひゃっか事典じてん(アンサイクロペディア)』
衣類いるいから転送てんそう
移動いどうさき: 案内あんない検索けんさく
Wikipedia
ユーモア欠落けつらくしょう患者かんじゃのために、ウィキペディア専門せんもん気取きどたちが「被服ひふく」の項目こうもく執筆しっぴつしています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画どうが中毒ちゅうどく患者かんじゃのために、ニコニコだい百科ひゃっかではニコくりやたちがおかねをかけてまで「ふく」の項目こうもく執筆しっぴつしてくれています。
Pixiv
同人どうじんマニアのために、ピクシブ百科ひゃっか事典じてんでは同人どうじんゴロとその愉快ゆかい仲間なかまたちが「ふく」の記事きじ執筆しっぴつしています。

ふく(ふく)とは、人類じんるい最初さいしょつくした人工じんこう臓器ぞうきである。

概要がいよう[編集へんしゅう]

下着したぎによるセックスアピールのいちれい

ふくおも人間にんげんからだ表面ひょうめんおおかたち使用しようされるもので、皮膚ひふ体毛たいもう効果こうか補填ほてんするあるいは代用だいようする原初げんしょ人工じんこう臓器ぞうきとされている[1][よう出典しゅってん]体温たいおん調節ちょうせつため夏期かきうす面積めんせきすくないふくおおもちいられるが、やく半年はんとしほどするとぎゃく特性とくせいふくもちいるのが一般いっぱんてきである。ただし一部いちぶ少年しょうねん少年しょうねんしんわすれない大人おとな冬季とうきもそのままの格好かっこうをすることがある。

ふく役割やくわり大別たいべつしてみっつ。まずは上記じょうき体温たいおん調節ちょうせつ、そして身体しんたい防衛ぼうえい最後さいごにセックスアピールである。ただし防衛ぼうえい場合ばあいぬのではなく金属きんぞくおお使つかい「よろい」とばれふくあつかいはされないことがおおい。よろいしたにもふくるが、これは衝撃しょうげき吸収きゅうしゅうためであり人体じんたいにおける贅肉ぜいにく役割やくわりである。

セックスアピールにおいては、わば「包装ほうそう」の役割やくわりあたえられることおおい。しかし究極きゅうきょくてきにはありのままの姿すがた一番いちばん扇情せんじょうてきであるためその効力こうりょくはあまりつよくない[2]機能きのうせいかんしては、体温たいおん調節ちょうせつこそがふく本領ほんりょうえるだろう。

歴史れきし[編集へんしゅう]

儀礼ぎれいようふくれい

ふくはじまりは原始時代げんしじだい原初げんしょ人類じんるいであるイブ体毛たいもうすくない自分じぶん裸体らたいじてししかわいたこと由来ゆらいするとわれている。類人猿るいじんえんくらべて人類じんるい体毛たいもうすくなく、美観びかんだけでなく機能きのうせいおぎなおうとして様々さまざまもの身体しんたいけるようになった。またきつねくびいたりもしたが、くびがチクチクするだけなのですぐにすたれてしまった。

その人類じんるいししかわつづけたが、あるときじゅうかわ長期間ちょうきかんけているとひどにおうことにづいてしまった。においのすくない材料ざいりょうもとめて人類じんるい植物しょくぶつかわ繊維せんいむようになり、なが開発かいはつてに無味むみ無臭むしゅう合成ごうせい繊維せんいつくすことに成功せいこうした。現在げんざい世界せかいてき合成ごうせい繊維せんいふくひろ流布るふしているが、空調くうちょう進歩しんぽにより「においだけでなくおもさのないふくすなわネイキッドスタイル時代じだいるものと予測よそくされる。

また文明ぶんめい発展はってんにより、立場たちば役職やくしょくによりことなるふく習慣しゅうかんまれていった。社会しゃかいてき地位ちいたかいものほどった服装ふくそうをするようになっていったり色合いろあいによっての区分くわけもおこなわれるようになり、儀礼ぎれいよう専用せんよう衣服いふくまれるなどそのバリエーションは非常ひじょう多岐たきわたるようになった。しかしその平等びょうどう思想しそう発展はってん人類じんるい文化ぶんか均一きんいつによって、結局けっきょく基本きほんとなるネイキッドスタイル時代じだいるものと予測よそくされる

分類ぶんるい[編集へんしゅう]

ふくおもさん種類しゅるいけられる。はだうえ直接ちょくせつる「下着したぎ」、そのうえる「上着うわぎ」、さらにそのうえる「アウター(オーバー)」である。ただし一部いちぶにははだ直接ちょくせつアウターをそう下着したぎをフェイスマスクにもちいるそうもおり、その境目さかいめには個人こじんおおきい。

はだちかいものほど人工じんこう臓器ぞうきとして珍重ちんちょうされ、他者たしゃへの移植いしょく目的もくてき売買ばいばいされるさいには高額こうがく取引とりひきされる。また下着したぎ食用しょくようもちいられるせい対象たいしょうにもなり、その用途ようときわめてひろい。下着したぎ収集しゅうしゅう成果せいか公開こうかいされることもあり、体育館たいいくかんいっぱいになら下着したぎ壮観そうかん様子ようすがしばしばメディアにげられている。


脚注きゃくちゅう[編集へんしゅう]

  1. ^ ちなみに番目ばんめとされている。人工じんこう臓器ぞうきといっても内臓ないぞうとはかぎらないのである。
  2. ^ いわゆる勝負しょうぶ下着したぎは、大体だいたい場合ばあい本人ほんにんのモチベーションアップ以上いじょう効果こうかはない。だってそくがされるし。やしねぇし。

関連かんれん項目こうもく[編集へんしゅう]