離婚りこん

出典しゅってん: へっぽこ実験じっけんウィキ『はち百科ひゃっか事典じてん(アンサイクロペディア)』
移動いどうさき: 案内あんない検索けんさく

離婚りこん(りこん)とは、婚姻こんいんしていたおたがいの男女だんじょが、様々さまざまな(個人こじんてきなものと不可抗力ふかこうりょくてきなものとある)事情じじょう情事じょうじなどを理由りゆうに、その婚姻こんいんくことをさす。不慮ふりょ事故じこによりどちらか一方いっぽういのちうしなうことは離婚りこんではない。

Wikipedia
ユーモア欠落けつらくしょう患者かんじゃのために、ウィキペディア専門せんもん気取きどたちが「離婚りこん」の項目こうもく執筆しっぴつしています。

おも原因げんいん理由りゆう[編集へんしゅう]

性格せいかく不一致ふいっち[編集へんしゅう]

これを理由りゆうとする場合ばあいが「協議きょうぎ離婚りこん」では圧倒的あっとうてきおおいが、実際じっさい理由りゆうとしてはあまりにもあいまいであり、真実しんじつかくすための都合つごうのよい理由りゆうとされる。転職てんしょくさいに「一身上いっしんじょう都合つごうにより」というのと同義語どうぎごである。

当人とうにんたちは理由りゆうをなんだかんだってはいるが、実態じったいとしては「せい不一致ふいっち」をられたくないためのごたくであり、実際じっさいにはよる生活せいかつないしは夫婦ふうふ生活せいかつがうまくいっていないことをごまかしたいだけである。

よる生活せいかつがうまくかないれい

浮気うわき[編集へんしゅう]

これを理由りゆうとしている場合ばあいは、浮気うわきをしたから離婚りこんするのではなく、離婚りこんをしたいがために浮気うわきをするケースが圧倒的あっとうてきおおい。ただし、金銭きんせんてきリスクおよび肉体にくたいてきリスク、精神せいしんてき非常ひじょうたかく、おすすめできない。

金銭きんせんてきリスクとして、示談じだんきんおよびそれにかかる間接かんせつてき費用ひようがあるが、裁判さいばんともなると痴話ちわげんかせんもん弁護士べんごしもうけさせるだけなのでやめたほうがいい。場合ばあいによっては、裁判さいばんったけど弁護士べんごしけたとうケースもある。

また、肉体にくたいてきリスクとして直接ちょくせつ法律ほうりつじょうよめさん」になぐられるほかヤンキーほかそのこわひとたちの集団しゅうだん」が相手あいてがわ家族かぞくだった場合ばあいに、冷蔵庫れいぞうこれられちかくのみなと半永久はんえいきゅうてきにクルージングをたのしむ羽目はめう。

精神せいしんてきリスクとして、裁判さいばんにかかるなが時間じかん、ご近所きんじょ職場しょくばくちかる人事じんじ担当たんとう内輪うちわネタほしさにちゃっかりくちすべらせひかりのネットワークよりはや同僚どうりょうつたわるなどかんがえただけでも不名誉ふめいよ評判ひょうばんひろがる。

新婚しんこん旅行りょこう[編集へんしゅう]

成田なりた離婚りこん」としてひろられている。はじめての旅行りょこうさき欲求よっきゅう不一致ふいっちさき食事しょくじ体位たいい)をたりにし、そのような相手あいてとは一生いっしょう生活せいかつともにすることに不安ふあんいて別々べつべつのリムジンバスにることをいう。これを理由りゆうとして離婚りこんしたいきの場合ばあいさき設定せってい非常ひじょう重要じゅうようになる。渡航とこうさきめる段階だんかい相手あいてともめていると、成田なりたぜん離婚りこんになりかねない。

これについては、単純たんじゅん回避かいひ方法ほうほうがあって、なんでもいっぺんにやらないとうことや、セックルおよびそれにたいしての期待きたいもほどほどにということである。おたがいに、海外かいがい旅行りょこうからよるのおともまで経験けいけんのことを連続れんぞくするのであってなんでもかんでもできたらそれはこわいのである。

すれちが[編集へんしゅう]

芸能人げいのうじんおおられるものである。というよりも、芸能人げいのうじん結婚けっこんすると基本きほんてきにすれちがう。すれちがう、といえばモテるとかんがえているケースがおおい。

手順てじゅん方法ほうほう[編集へんしゅう]

協議きょうぎ離婚りこん[編集へんしゅう]

たがいの意思いし確認かくにんし、離婚りこんとどけ作成さくせい提出ていしゅつすること。もっとも簡易かんい方法ほうほうだが、おたがいの同意どういのある場合ばあいのみ成立せいりつする。

離婚りこんとどけ[編集へんしゅう]

婚姻こんいんとどけは、両者りょうしゃ同意どういをもって(両者りょうしゃのサインによって)夜間やかん窓口まどぐちにこっそり提出ていしゅつすればOKとなるが、離婚りこんとどけはサインのほかに、成人せいじんだい3しゃ2めいによる署名しょめいいと成立せいりつしない。また、提出ていしゅつさき平日へいじつちゅう有人ゆうじん窓口まどぐちかぎられ、窓口まどぐち担当たんとうしゃおおきなこえで「離婚りこんですか?」とたずねられるので覚悟かくご必要ひつよう

めんどくさければ、勝手かって署名しょめい捺印なついんしても役所やくしょ確認かくにんしないので受理じゅりされるが、これは公文書こうぶんしょ偽造ぎぞう行使こうしからなる犯罪はんざいであり、から不利ふり立場たちばたされることいである。

調停ちょうてい離婚りこん[編集へんしゅう]

調停ちょうてい離婚りこんは、家庭かてい裁判所さいばんしょにそのむねもうむことで実現じつげん可能かのう。おたがいのいいぶん冷静れいせいかつ公平こうへいに、調停ちょうていいんが(時間じかんもうけて)個別こべついてくれる。ときには離婚りこん解消かいしょうしようと親心おやごころせる調停ちょうていいん存在そんざいするが、たんなるセレモニーである場合ばあいおおい。調停ちょうてい離婚りこんとして成立せいりつした場合ばあい家庭かてい裁判所さいばんしょから離婚りこんとどけ発行はっこう提出ていしゅつしてもらえるので市役所しやくしょ窓口まどぐちずかしいおもいをしなくてむ。また、場合ばあいによっては行方ゆくえ不明ふめい相方あいかたわかれる手段しゅだんとしてられている

その[編集へんしゅう]

パワー[編集へんしゅう]

結婚けっこん場合ばあいは、2人ふたりちからわせて成立せいりつさせるため体力たいりょくも2ぶんの1、財力ざいりょくも2ぶんの1の消費しょうひみ、財産ざいさんは2ばいとなる(そうならない場合ばあいもある)が、離婚りこん場合ばあいは、体力たいりょく財力ざいりょくも2ばい使つかたし、財産ざいさん分与ぶんよによりそれは半分はんぶんかそれ以下いかとなる。

バツイチがモテる理由りゆう[編集へんしゅう]

一度いちど離婚りこん経験けいけんしたものは、結婚けっこん生活せいかついもあまいも心得こころえているとおもわれているため、おもいつきの行動こうどうこさないとしんじられているがおおきな間違まちがいであることは、小泉こいずみもと首相しゅしょうれば一目瞭然いちもくりょうぜんである。

雑学ざつがく[編集へんしゅう]

ちなみにスタートからすでにずっこけている(DQN)と、離婚りこんりつがるという。また、田中たなか真紀子まきこ長女ちょうじょ離婚りこんしたとくと発禁はっきんになる。これをもとにした「言論げんろん自由じゆうVSリコン」を立花たちばなたかし執筆しっぴつしている。

関連かんれん項目こうもく[編集へんしゅう]