電線でんせん

出典しゅってん: へっぽこ実験じっけんウィキ『はち百科ひゃっか事典じてん(アンサイクロペディア)』
移動いどうさき: 案内あんない検索けんさく
Wikipedia
ユーモア欠落けつらくしょう患者かんじゃのために、ウィキペディア専門せんもん気取きどたちが「電線でんせん」の項目こうもく執筆しっぴつしています。

電線でんせん(でんせん)とは、とりたちの集会しゅうかいじょうである。夕方ゆうがた会合かいごうひらかれ、今日きょうあったことなどをはな場所ばしょとして重宝ちょうほうされている。だが人間にんげんからすればとりたちはがい以外いがいなにぶつでもないため、様々さまざま問題もんだいこっている。そこで、このページではその問題もんだいこる経緯けいいについてくわしく言及げんきゅうすることにする。

概要がいよう[編集へんしゅう]

元来がんらい電線でんせんかく家庭かてい電気でんきおくるためにけられたものであった。しかし時代じだいはエコの概念がいねんながされ、太陽光たいようこう発電はつでん実践じっせんする家庭かていえてきた。そのため電線でんせんはもはや不要ふようとなり、そこから電気でんき供給きょうきゅうすることもなくなった[1]が、いまさら撤去てっきょするのもむずかしいとの理由りゆう現在げんざいまで放置ほうちされている。されども、電線でんせんけっして使つかみちまったくない木偶でくぼうしたわけではない。電気でんきながすという役目やくめえた電線でんせんには、すくなくなった都会とかいにおいてそのわりをつとめる、という非常ひじょう重要じゅうよう役目やくめがあったのだ。うしなったとりたちは電線でんせんかえるべきいえめ、そこを住処すみかとした。これが電線でんせんとりたちがまる所以ゆえんである[2]

問題もんだい経緯けいい[編集へんしゅう]

うえ文章ぶんしょうんで疑問ぎもんおもったひとのために、補足ほそく説明せつめいをしておく。

そもそもろん展開てんかいすると、伐採ばっさいして都市としつくったのは人間にんげんである。当然とうぜんとりたちにとっては災難さいなんであり、これを不服ふふくとしたものおおい。しかし、人間にんげんはそんなとりたちのこえ無視むしして開発かいはつすすめてしまった。そして最近さいきんになってやっといとヤバいことにがついた人間にんげんは、ようやく環境かんきょう保全ほぜんし、自然しぜん回復かいふくこころみた。だがときすでにおそし、まちには電柱でんちゅうというぼう林立りんりつしているではないか。この事態じたいあきれたとりたちは人間にんげん失望しつぼう同時どうじにヤケクソになって仕方しかたなく電線でんせんわりとして使つかはじめた。ようは、とりたちの妥協だきょうによって人間にんげんゆるされたのだ。だが、そんな経緯けいいりてからずしてか、人間にんげんとりたちにクレームをつける始末しまつ[3]。「あたまたかいにもほどがある」とそれにえかねたとりたちは、とうとうくそという公害こうがい発生はっせいさせたのだ

材質ざいしつ[編集へんしゅう]

電線でんせん問題もんだいかんがえるにあたって、電線でんせん材質ざいしつについて解説かいせつしておく。というのも、これがひととり関係かんけい悪化あっか拍車はくしゃをかけたといっても過言かごんではからだ。

電線でんせん構造こうぞうは、ゴムせい外装がいそう内包ないほうされたどうせん、というじゅう構造こうぞうである。なかどうせんはともかくとして、この外装がいそうの「ゴム」について言及げんきゅうする。

淡白たんぱく表現ひょうげん使つかうと、このゴムは人工じんこうであって、自然しぜん由来ゆらいのものではない天然てんねんゴムを使つかっていればもうすことりたちにも妥協だきょう余地よちのこされていたかもしれないのだが、なんでもづくえてしまうのがきな人間にんげん人工じんこうゴムを採用さいようしてしまったのだ。

問題もんだいてん[編集へんしゅう]

  1. 電線でんせんまるとりたちの姿すがたが、まち景観けいかんそこねること。
  2. 電線でんせんしたに、とりたちのくそまること。
  3. とりたちのさえずりが、騒音そうおんとなって迷惑めいわくであること。

一番いちばん顕著けんちょ問題もんだいうえの3つである。しかしかんがえてみると、これらはすべ人間にんげんのわがままである。よって、人間にんげんにこれをうったえる権利けんりい。

保全ほぜん運動うんどう[編集へんしゅう]

こうした経緯けいいった人間にんげん一部いちぶは、「電線でんせんとそれにともな被害ひがい人間にんげんおかした最大さいだいつみ象徴しょうちょうするまけ遺産いさんである」として電線でんせん保護ほごびかけている。しかし、そんな啓発けいはつ無視むししてクレームをつけつづけるのが人間にんげんせいである。

脚注きゃくちゅう[編集へんしゅう]

  1. ^ 田舎いなかかんしては、まだまだ電線でんせん使つかみちのこされている。というか、いまだに電線でんせんがない地域ちいきもある。
  2. ^ ところで、なぜとりたちは電柱でんちゅうではなく電線でんせんむらがるのかとえば、それは単純たんじゅんに「えだではない」というとりたちの既成きせい概念がいねんからくるものである。
  3. ^ なかにはとりらないよう工夫くふうされている電線でんせんもあるというから悪質あくしつである。

関連かんれん項目こうもく[編集へんしゅう]