10 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000

出典しゅってん: へっぽこ実験じっけんウィキ『はち百科ひゃっか事典じてん(アンサイクロペディア)』
移動いどうさき: 案内あんない検索けんさく


10 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000(グーゴル、googol)とは10100じょうのことであり、るだけでわかるぐらいとてつもなくおおきな数字すうじ。ちなみに1とひとしい

この記事きじかれている数字すうじは、ページ表示ひょうじのワガママから3けたごとにスペース区切くぎ表記ひょうきになっています。正確せいかく表記ひょうきは……ときたいところなんですが、そうすると意味いみがなくなっちゃうんでやりません。ハイ。

語源ごげん[編集へんしゅう]

むかしアメリカにいた数学すうがくしゃ妄想もうそうおもいついたのが発端ほったん。そしてその名前なまえを9さいのガキ(おいともう)にかんがえさせ、アメリカでは平均へいきんてきあたまわるさでおもいついた言葉ことばがgoogolである。

この数学すうがくしゃはこの妄想もうそうほん発表はっぴょうしたら、どうレベルのアメリカじんしばたあいだ一般いっぱんてき言葉ことばとしてひろまってしまった。

なおゴーグルとは関係かんけいがない。

Googleとの関係かんけい[編集へんしゅう]

名前なまえているが、関係かんけいないことはない。

Googleをつくったひとが、サイトめい登録とうろくしようとしたとき、アメリカ独自どくじあたまわるさで、GoogolをGoogleだと間違まちがって認識にんしきしており、そのまま登録とうろくしてしまった。あとがついたが、「まあ、いいや」とこれまたアメリカ独自どくじのいい加減かげんさでそのままにしてしまった。これがGoogie、いやGoogleの語源ごげんである。

使用しよう方法ほうほう[編集へんしゅう]

「ア→ン→サ→イ→ク→ロ→ペ→デ→ィ→ア→に→しげるいっことしょ→く」とつづいたらアンサイクロペディアに秀逸しゅういつ記事きじ
スレッドにUnicode使用しようしている場合ばあい、その理論りろんじょう使用しよう可能かのう文字種もじしゅは111まん2,064種類しゅるいなので、一発いっぱつ完成かんせいするのは
1,112,06417 = 608グーゴルかいいちかい
となる。
百人一首ひゃくにんいっしゅ
「100まいふだがどのようなじゅんまれるか」というとおすうは、
100! = 93 332 621 544 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000グーゴルとお
である。グーゴルでも結構けっこうりない。
hyde
hydeの身長しんちょうは、
156cm = 0.000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 0156グーゴルcm
である。やっぱりグーゴルはおおきい数字すうじだった。

グーゴルプレックス[編集へんしゅう]

10のグーゴルじょうである、グーゴルプレックス (Googolplex) というかず存在そんざいする。くわしくはGoogolplexください。

関連かんれん項目こうもく[編集へんしゅう]

Wikipedia
ユーモア欠落けつらくしょう患者かんじゃのために、ウィキペディア専門せんもん気取きどたちが「グーゴル」の項目こうもく執筆しっぴつしています。