2がつ14にち

出典しゅってん: へっぽこ実験じっけんウィキ『はち百科ひゃっか事典じてん(アンサイクロペディア)』
移動いどうさき: 案内あんない検索けんさく
2020ねん2がつ
つき みず きむ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

2がつ14にち(にがつ じゅうよんにち)は、ブラジャー特許とっきょ申請しんせいされた記念きねんすべきであり、ネクタイのであり、うまいぼうであり、煮干にぼししのであり、ふんどしのでもある。

それとは関係かんけいないが、欧米おうべい物品ぶっぴん男女だんじょ相互そうごあいだ交換こうかん習慣しゅうかんがあることをった日本にっぽん百貨店ひゃっかてん製菓せいか会社かいしゃが、1958ねんより提携ていけいしてチョコレート販売はんばいおこなことになったことから2がつ14にちバレンタインデーとして定着ていちゃくした。そのため2がつ14にちはチョコレートのでもあるが詳細しょうさいバレンタインデーゆずる。

煮干にぼし[編集へんしゅう]

2がつ14にちは、日本にっぽんでは製菓せいか企業きぎょうがチョコにかんする習慣しゅうかん定着ていちゃくさせるまで、煮干にぼし記念きねんとしてられていた。

日本にっぽんではこの煮干にぼし記念きねん廃止はいしするかかが国会こっかいでも議論ぎろんされた。1947ねん参院さんいん予算よさん委員いいんかいでは野党やとうがわの「煮干にぼしはうまい」との発言はつげんたいし、与党よとうがわは「煮干にぼしたしかにうまい」と返答へんとう戦後せんごはつ全会ぜんかい一致いっちでの煮干にぼし予算よさん機運きうんたかまったが、あえなく決裂けつれつわった。

2ねんの1960ねん安保あんぽ闘争とうそうさいには「煮干にぼし!」「煮干にぼし反対はんたい!」「にににいにぼおぼっぼし!」とさけびながら火炎かえんだんげる学生がくせい運動うんどうたかまり、煮干にぼし価格かかく高騰こうとうだいいちオイルショックばれた。これ以降いこう、エネルギー資源しげん煮干にぼしのみにたよらない政策せいさくがとられ、チョコレートが代替だいたいエネルギーとしてえらばれるにいたる。

これ以降いこうだつ煮干にぼし宣言せんげん」や「ブッチホン煮干にぼしとう言葉ことばがメディアをにぎわせるようになった以外いがいは、煮干にぼしはすっかりかげひそめている。

うまいぼう[編集へんしゅう]

うまいぼうが2がつ14にちなのは、やおきん社長しゃちょうがうまいぼうはにぼしのようにきないあじであるべきだと発言はつげんし、にぼしにあやかるためににぼしのをそのままうまいぼうにしたとつたえられている。

ふんどし[編集へんしゅう]

ちなみに煮干にぼししのほどではないが角界かくかいでは2(フン)10(ド)4(シ)から2がつ14にちふんどしとして大切たいせつにしている。これは相撲すもう歴史れきし同時どうじ制定せいていされたものであり、太陰暦たいいんれきから太陽暦たいようれきわるまでは本場所ほんばしょが2がつ14にちにもおこなわれていたためこのった力士りきしにはふんどし特別とくべつ刺繍ししゅうをしてもらえるという褒賞ほうしょうあたえられるというシンプルなものであった。しかし、太陽暦たいようれき移行いこうして2がつ14にち本場所ほんばしょおこなわれなくなるとこの風習ふうしゅううしなわれてしまった。

しかし、太陽暦たいようれき移動いどうしてからはたたかではなくなったためふんどし手入ていれをするべきであるべきだというひとあらわれ、その精神せいしん現代げんだいでもがれている。それゆえにふんどしがほどける惨事さんじがなくなったりしているのかもしれない。

ネクタイの[編集へんしゅう]

ネクタイが2がつ14にちなのはふんどしが2がつ14にちだからである。それだけなら単純たんじゅんだがこれにはわけがあり、明治めいじ以降いこうネクタイが輸入ゆにゅうされ、庶民しょみんもネクタイをつけるようになったがネクタイのかたもメンテナンスもよくわからないひとがたくさんいたのだ。

それではまずいとおもった明治めいじ政府せいふ庶民しょみん娯楽ごらくであった相撲すもうならい、ネクタイもふんどしのようにしっかりめよう。ふんどし大事だいじなところをかくすものならネクタイは大切たいせつしんまもるものだ、ゆえにネクタイはふんどしみに大切たいせつにしなければならないとネクタイのきっちりしたかたとメンテナンスを布教ふきょうしたのがはじまりである。ゆえにネクタイのふんどしおなじなのである。

関連かんれん項目こうもく[編集へんしゅう]

Wikipedia
ユーモア欠落けつらくしょう患者かんじゃのために、ウィキペディア専門せんもん気取きどたちが「2がつ14にち」の項目こうもく執筆しっぴつしています。