F/A-27

出典しゅってん: へっぽこ実験じっけんウィキ『はち百科ひゃっか事典じてん(アンサイクロペディア)』
移動いどうさき: 案内あんない検索けんさく

F/A-27ボーイングしゃ開発かいはつしたステルス戦闘せんとう爆撃ばくげき。2020ねん運用うんよう開始かいし愛称あいしょうCraneづる)。

XFA-27 01.jpg

概要がいよう[編集へんしゅう]

アメリカ空軍くうぐんF-22戦闘せんとう後継こうけいとしてボーイングしゃ開発かいはつした、世界せかいはつだい6世代せだいジェット戦闘せんとうである。高速こうそく性能せいのうこう旋回せんかい性能せいのう両立りょうりつするために可変かへんつばさ採用さいよう専用せんようミサイルAMMを88はつ搭載とうさい可能かのうである。

開発かいはつ経緯けいい[編集へんしゅう]

試作しさくのXFA-27。あかいカラーリングがほどこされており、ステルス性能せいのういことがうかがえる

それまでの戦闘せんとう爆撃ばくげきはミサイルを1~10はつ装備そうびするのが標準ひょうじゅんだった。しかしS-300とう使用しようしたミサイル防空ぼうくうシステムの発達はったつにより、少数しょうすうのミサイル攻撃こうげきでは充分じゅうぶん戦果せんかげることがむずかしくなった。また、機体きたい価格かかく高騰こうとう一途いっと辿たどり、アメリカ合衆国あめりかがっしゅうこくのような軍事ぐんじ大国たいこくでも容易よういだい編隊へんたいめなくなった。

そこで要求ようきゅう性能せいのうとして大量たいりょうのミサイルで飽和ほうわ攻撃こうげきおこない、単機たんき多大ただい戦果せんかげることが可能かのうであることがだいいちまれた。また、ベトナム戦争せんそうでアメリカ空軍くうぐんおかした「ミサイルを信頼しんらいしすぎて近距離きんきょりでの格闘かくとう能力のうりょくく」という失敗しっぱいおなわだちまないように、たか格闘かくとう能力のうりょくゆうすることも要求ようきゅう性能せいのうげられた。

開発かいはつは2000ねんはじまり、ロッキード・マーティンしゃとボーイングしゃとの試作しさく競争きょうそうすえ、ボーイングしゃ提示ていじしたXFA-27採用さいようされた。

特徴とくちょう性能せいのう[編集へんしゅう]

機体きたい構造こうぞう[編集へんしゅう]

F-22確立かくりつしたレーダー吸収きゅうしゅう素材そざい(RAM)の技術ぎじゅつ大幅おおはば改良かいりょうしており、レーダー反射はんしゃ面積めんせきはF-22のやく1/10とされる。機体きたい形状けいじょうによってステルスせい追求ついきゅうする必要ひつようくなったため、スーパークルーズ(ちょう音速おんそく巡航じゅんこう)をよりてい出力しゅつりょく実現じつげんすることを重視じゅうししてスマートな形状けいじょうとなっている。

アビオニクス[編集へんしゅう]

ぜん方位ほういレーダーを搭載とうさいし、ステルス機能きのうゆうしながら、ぜん方向ほうこう索敵さくてき可能かのうである。[1]これは電波でんぱはっしないことを基本きほんとするステルスとして矛盾むじゅんしているようであるが、波長はちょう変更へんこうするなどの特殊とくしゅ技術ぎじゅつもちいて相手あいてからの検知けんち困難こんなんとしている(詳細しょうさい機密きみつあつかいである)。また、レーダーの検知けんち能力のうりょく非常ひじょうたかく、PAK FA程度ていどのステルス能力のうりょく戦闘せんとうであればこうかくりつ検知けんち可能かのうである。

飛行ひこうはコンピュータにより完全かんぜん制御せいぎょされており、一般いっぱん道路どうろはしくるまのような安定あんてい飛行ひこう可能かのうである。

格闘かくとう能力のうりょく[編集へんしゅう]

可変かへんつばさ採用さいようすることで、高速こうそく性能せいのうと、レシプロなみたか旋回せんかい性能せいのう実現じつげんした。固定こてい武装ぶそうとしてM61A2機関きかんほうたますう99999はつ)を装備そうびしており、近距離きんきょり格闘かくとう能力のうりょく世界せかい最強さいきょうされている。

ミサイル (AMM)[編集へんしゅう]

F/A-27の開発かいはつ平行へいこうして、専用せんようミサイルAMM(Air-to-Multitarget-Missile)が開発かいはつされた。このミサイルは対空たいくうミサイルと対地たいちミサイルとたいかんミサイルのすべての能力のうりょくあわ特殊とくしゅミサイルである。これはコスト削減さくげんのため、従来じゅうらいべつであったかく用途ようとのミサイルの設計せっけい統一とういつした結果けっかである。誘導ゆうどう方式ほうしきはアクティブレーダー方式ほうしき採用さいようしており、ちっぱなし(ファイア・アンド・フォーゲット)が可能かのうであるが、特徴とくちょうことなる航空こうくう目標もくひょう地上ちじょう目標もくひょう艦船かんせん目標もくひょうをどのように見分みわけているのかについては機密きみつとなっている。

F/A-27はミサイル防衛ぼうえいシステムの能力のうりょくえる大量たいりょうのミサイルを同時どうじ目標もくひょう飽和ほうわ攻撃こうげき念頭ねんとう開発かいはつされたため、AMMを従来じゅうらい常識じょうしきえる88はつ搭載とうさいし、4はつ同時どうじ発射はっしゃ可能かのうであるScarface MBS(ミサイルベイシステム)を採用さいようした。

戦果せんか[編集へんしゅう]

飽和ほうわ攻撃こうげき能力のうりょくおおいに期待きたいされたが、88はつ搭載とうさいするためにったAMMの小型こがたかたきとなり、ミサイル燃料ねんりょう充分じゅうぶんめずに射程しゃていがたったの1,400mとなってしまった。そのため、飽和ほうわ攻撃こうげきおこなまえに、目視もくしてき発見はっけんされては次々つぎつぎ撃墜げきついされた。

格闘かくとう能力のうりょくについては、現代げんだい航空こうくうせんにおいて近距離きんきょり格闘かくとうせん発生はっせいする余地よちく、まったくの無意味むいみわった。ただし、すう10km彼方かなたからんでるミサイルをわしまくることにだけは役立やくだった。もっとも、最大さいだい旋回せんかいちゅう遠心えんしんりょく頭部とうぶ血液けつえきがって失神しっしん(ブラックアウト)したパイロットもすくなくないようである。

このように実戦じっせんではまったやくにたなかったため、発注はっちゅうキャンセルが頻発ひんぱつしたボーイングしゃあたまいためるとともに、アメリカ空軍くうぐんはF-22の後継こうけい迅速じんそくさい選定せんていせまられている。ほん外見がいけんだけは格好かっこういため、現在げんざいではもっぱら航空こうくうショーで使つかいまわされている。

脚注きゃくちゅう[編集へんしゅう]

  1. ^ AWACS早期そうき警戒けいかい管制かんせい)の電子でんしせん支援しえんかならずしも必要ひつようとしない。たとえば、現実げんじつてきではあるが、巨大きょだい要塞ようさい内部ないぶでもぜん方向ほうこう索敵さくてき可能かのうである。

関連かんれん項目こうもく[編集へんしゅう]

Wikipedia
ユーモア欠落けつらくしょう患者かんじゃのために、ウィキペディア専門せんもん気取きどたちが「XFA-27」の項目こうもく執筆しっぴつしています。