Uncyclopedia:アンサイクロペディアの著作ちょさくけんについて

出典しゅってん: へっぽこ実験じっけんウィキ『はち百科ひゃっか事典じてん(アンサイクロペディア)』
移動いどうさき: 案内あんない検索けんさく


アンサイクロペディア日本語にほんごばん以下いかUCP、日本語にほんごばんかぎってはUCPJとりゃく)では、サイトじょうあつかわれるコンテンツ(文書ぶんしょ動画どうが音楽おんがく写真しゃしん etc.)の著作ちょさくけんかんがかたとして、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスを採用さいようしています。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンスとは

コピーレフトかんがかたれ、該当がいとうこく著作ちょさくけん遵守じゅんしゅしたうえでネットワークじょうのコンテンツの自由じゆう流通りゅうつう目的もくてきとしたライセンスです。日本語にほんごばんでは、当然とうぜん日本にっぽん著作ちょさくけんほうのっとったライセンスがもとめられますが、それらのライセンスはクリエイティブ・コモンズ・ジャパン(CCPJ)により定義ていぎされ、提供ていきょうされています(細目さいもくはCCPJのリンクさき参照さんしょう)。

コピーレフトとパブリックドメイン

混同こんどうされがちですが、つぎてんことなっています。

  • コピーレフト - あくまで著作ちょさくけんほう遵守じゅんしゅしたうえ自由じゆう著作ちょさくぶつ流通りゅうつうはか
  • パブリックドメイン - そもそもはら著作ちょさくけんしゃ著作ちょさくけん放棄ほうきする(=著作ちょさくけんほう適用てきよう辞退じたいする)

というちがいがあります。

日本にっぽん著作ちょさくけんほうでは、厳密げんみつには著作ちょさくけん完全かんぜん放棄ほうきすることはできません。したがってパブリックドメインは日本にっぽんには存在そんざいしない、とするほう解釈かいしゃくもあります。

ただし著作ちょさくけんは、著作ちょさくしゃがその権利けんり主張しゅちょうしないかぎつみになることはない("親告罪しんこくざい"といます)ため、著作ちょさくしゃなんらかの方法ほうほうで「配布はいふ改変かいへん自由じゆう」などと明記めいきすれば問題もんだいになることは、まずありません。

アンサイクロペディアの採用さいようCCライセンス

採用さいようするライセンスは、かくコミュニティごと選択せんたくすることができますが、UCPではつぎの3つのわせを採用さいようしています。

  1. BY - Attribution (帰属きぞく):著作ちょさくけんしゃ表示ひょうじもとめています。
  2. NC - Noncommercial(営利えいり):営利えいり目的もくてきかぎってさい利用りようみとめています。
  3. SA - Share Alike(継承けいしょう):コンテンツにけられたライセンスの継承けいしょうもとめています。

なお、CCでは改変かいへん禁止きんしのライセンスが提供ていきょうされていますが、UCPではこれは採用さいようしていません(つまり、改変かいへんして使用しようすることをみとめています)。

日本国にっぽんこく著作ちょさくけんほう定義ていぎ

ちなみに日本にっぽん著作ちょさくけんほうがどうなっているかというと

  • 著作ちょさくけん発生はっせい - 創作そうさくした時点じてん発生はっせい著作ちょさくけんほう適用てきようするためのいかなる手続てつづきも不要ふよう
  • 改変かいへん - 著作ちょさくけんなか著作ちょさくしゃ人格じんかくけん改変かいへんされない権利けんり)により、みとめられていません。
  • 著作ちょさくけん表示ひょうじ - 不要ふよう

海外かいがい著作ちょさくけんほうとの整合せいごうについて

著作ちょさくけんくにごとことなるため、国際こくさいてき著作ちょさくけん保護ほごする方法ほうほうとして、日本にっぽんではベルヌ条約じょうやく締結ていけつすることにより、著作ちょさくけん表示ひょうじ不要ふようとする方式ほうしきっていました。

しかしながら、アメリカなど、くにによっては著作ちょさくけん発生はっせいには著作ちょさくけん発生はっせいのための手続てつづきが必要ひつようとなるため、ベルヌ条約じょうやく補完ほかんするかたち万国ばんこく著作ちょさくけん条約じょうやく締結ていけつしました。これによって現在げんざいではほとんどの著作ちょさくぶつ著作ちょさくけん表示ひょうじがされることとなりました。

ちなみに万国ばんこく著作ちょさくけん条約じょうやくではつぎ記述きじゅつを、なるべくいち箇所かしょにすることをもとめています。

  • ©、タイプライターなどで表示ひょうじできない場合ばあいは"(C)"でも
  • 著作ちょさくけんしゃ
  • 最初さいしょ著作ちょさくぶつ発効はっこうした西暦せいれきねん最近さいきんは、最終さいしゅうてき改変かいへんしたとし併記へいきするケースがおおい)

ただしくにによってはさらに"Copyright"や"ALL Rights Reserved."の記載きさいもとめているため、完全かんぜんくとつぎのようになります。

Copyright © 2006,2007 Yamada,Taro ALL Rights Reserved.

Wikipediaとのちが

WikipediaではGNU Free Document-Free License採用さいようしています。これはクリエイティブ・コモンズと同様どうよう、コピーレフトのかんがかた採用さいようしたライセンスであり、そのかんがかた近似きんじしています。

しかしながらクリエイティブ・コモンズがしゅとして文書ぶんしょ対象たいしょうとしたライセンスであるのにたいし、GNU Free Document-Free Licenseではソフトウェアを対象たいしょうとしていた、というちのちがいがあり、そのためにかんがかた基本きほん手続てつづきがことなります。しかしながらクリエイティブ・コモンズにはソフトウェアを対象たいしょうにしようとするうごきがあり、一方いっぽうGNU Free Document-Free Licenseでも文書ぶんしょ対象たいしょうにしようとするうごきがありますので、手続てつづきの方法ほうほうなど大局たいきょくてきおおきなへだたりはすくなくなりつつあります。

のCCを明示めいじしているサイトのコンテンツ利用りよう方法ほうほう

以下いかCCPJのFAQページから、2007ねん8がつ1にち引用いんようされました。

(1)利用りよう作品さくひんかかるすべての著作ちょさくけん表示ひょうじちゅう:(c) 名前なまえ 公表こうひょうねん の3セットのこと)を、内容ないよう変更へんこうしないでさい掲載けいさいしてください。

(2)利用りよう作品さくひん著作ちょさくしゃおよ実演じつえんのクレジットを、あなたが利用りようしている媒体ばいたい方法ほうほうにとって合理ごうりてき方式ほうしきで、(もししめされていれば原著げんちょ作者さくしゃおよ実演じつえん名前なまえまた変名へんめいつたえることにより)表示ひょうじしてください。

(3)利用りよう作品さくひんのタイトルがしめされている場合ばあいには、そのタイトルを表示ひょうじしてください。

(4)利用りよう作品さくひん許諾きょだくしゃがその作品さくひん添付てんぷするよう指定していしたURLやURIがあれば、合理ごうりてき実行じっこう可能かのう範囲はんいで、そのURLやURIを表示ひょうじしてください(ただし、そのURLやURIがほん作品さくひん著作ちょさくけん表示ひょうじまたはライセンス情報じょうほう参照さんしょうするものでないときは、URLやURIの表示ひょうじ必要ひつようありません)。

(5)利用りよう作品さくひんてき著作ちょさくぶつ改変かいへんされた作品さくひん)の場合ばあいには、当該とうがいてき著作ちょさくぶつちゅう原著げんちょ作物さくもつ利用りようしめすクレジットを表示ひょうじしてください。

これらのクレジットは、合理ごうりてきであればどんな方法ほうほうでもおこなうことができます。ただし、てき著作ちょさくぶつまた編集へんしゅう著作ちょさくぶつとう場合ばあいには、すくなくとも同様どうよう著作ちょさくしゃのクレジットが表示ひょうじされる箇所かしょ当該とうがいクレジットを表示ひょうじし、すくなくとも同様どうよう著作ちょさくしゃのクレジットとどう程度ていど目立めだ方法ほうほうおこなってください。

Wikipediaのコンテンツを利用りようするには

Wikipediaでは、先述せんじゅつのようにGNU Free Document-Free Licenseを採用さいようしていますので、アンサイクロペディアが採用さいようしているCCでなく、GNU Free Document-Free Licenseにしたがうことになります。しかしながらコピーレフト・ライセンスは、提供ていきょうしゃごとに利用りよう規約きやく設定せっていすることができますので、あくまでもWikipediaが要求ようきゅうする事項じこうたすことになります。くわしくは下記かき参照さんしょうしてください。

※ただしこれは文章ぶんしょうのルールです。文章ぶんしょう以外いがいのコンテンツ(画像がぞう音声おんせい動画どうがなど)については、それぞれに著作ちょさくけん明記めいきされているので、その範囲はんいえて2利用りようすることはできません。メディアファイルのライセンスについては下記かき参照さんしょうしてください。

Wikpediaのコンテンツ利用りようこのましくないといわれる理由りゆう

これはアンサイクロペディアのライセンスとWikipediaのライセンスがかみわないためです。たとえばつぎのようなれいかんがえてみましょう。

  1. アンサイクロペディアンがWikipediaのGNU Free Document-Free Licenseをまもってコンテンツを導入どうにゅうする
  2. こう1.のコンテンツを善意ぜんい第三者だいさんしゃがCCライセンスでサイトに転載てんさいする

ここでこう1.まではなにとか許容きょよう範囲はんいなのですが、アンサイクロペディアがライセンスとしてCCを転載てんさい許諾きょだく条件じょうけんにしてしまっている以上いじょうこう2の時点じてんでライセンスがCCとなってしまい、GNU Free Document-Free Licenseのもとめている事項じこうたされないか、あるいはぎゃくにGNU Free Document-Free Licenseで許可きょかされていることをCCで禁止きんししてしまうことがてきてしまうからです。

なお、Wikipediaのライセンスは、2009ねん6月15にちにGFDLとCC-BY-SAのデュアルライセンスに変更へんこうされていますが、CC-BY-SAはCC-BY-NC-SAと矛盾むじゅんするので、同様どうよう問題もんだい発生はっせいします。

ちなみにこれはWikipediaにかぎった問題もんだいではなく、CC以外いがいのコピーレフト・ライセンスを採用さいようしているサイト、あるいは著作ちょさくけん明示めいじがないサイトのコンテンツ利用りようにおいても発生はっせいする問題もんだいです。

Wikipedia以外いがいのサイトのコンテンツの利用りようについて

Wikipediaのように、原則げんそくとして提供ていきょうしゃもとめているライセンスにしたがうことになります。

文書ぶんしょ

文書ぶんしょについては「引用いんよう」がみとめられていますので、出典しゅってんもと明記めいきしたうえ利用りようできます。しかし提供ていきょうしゃ自体じたい著作ちょさくけん侵害しんがいをしているケースもあるので、ライセンスを明記めいきしていないサイトのコンテンツ利用りようけたほうが賢明けんめいでしょう。

メディア

メディア(画像がぞう音声おんせい動画どうがなど)の著作ちょさくけん複雑ふくざつで、日本にっぽん国内こくないでは原則げんそくとしてはら著作ちょさくけんしゃ著作ちょさくけんちます。したがって自分じぶんつくったモノ以外いがい使つかわないほうが賢明けんめいです。

自己じこ責任せきにん

アンサイクロペディアにかぎらず、ネットじょうでは一般いっぱん社会しゃかい同様どうよう原則げんそくとして「自己じこ責任せきにん」でサイトの著作ちょさくぶつ利用りようおこなうことになっています。ですのでひらなおって使用しようするぶんにはしていただいてかまいません。そのさいは{{Copyvio}}というテンプレートを利用りようしてください。

蛇足だそくながら、著作ちょさくけんほうというのはものすごく簡単かんたんくと著作ちょさくしゃの「金銭きんせんてき利益りえき」と「変更へんこうされない権利けんり」を保護ほごします。一般いっぱん問題もんだいとされるのは前者ぜんしゃのほうです。したがって著作ちょさくしゃ金銭きんせんてき利益りえきがいさない自信じしんがあれば堂々どうどう利用りようしてください(あくまで自己じこ責任せきにんで)。

関連かんれんリンク