Uncyclopedia:あい

出典しゅってん: へっぽこ実験じっけんウィキ『はち百科ひゃっか事典じてん(アンサイクロペディア)』
移動いどうさき: 案内あんない検索けんさく
あいゆえにひとくるしまねばならぬ!あいゆえにひとかなしまねばならぬ!」
あい について、サウザー
「これこそ、人間にんげん感情かんじょうきわみ。希望きぼうよりもあつく、絶望ぜつぼうよりもふかいもの……あいよ。」
あい について、暁美あけみほむら

アンサイクロペディアにおけるあいとは、どんなにつまんない記事きじでも見捨みすてたりせず、ひろってあらってやわらかいタオルいたのちドライヤーかわかしてあげたり、あたたかいミルクあたえたり、エノコログサした器具きぐあそばせたりして、立派りっぱそだててあげることである。

概要がいよう[編集へんしゅう]

アンサイクロペディアでは、おおくのWiki共通きょうつうしてえることだが、ユーモア欠落けつらくしょう発症はっしょうしゃによるクソつまんない記事きじや、らし熱心ねっしんさのりないひとによる短小たんしょう記事きじ、あるいは気紛きまぐれな執筆しっぴつしゃによるけの記事きじ(しかもこれらはあまかえりみられない)などが存在そんざいする。

これらの項目こうもくは、あるいは立派りっぱなユーモアそだつかもれないし、そだたないかもれない。しかしそのままでは確実かくじつにどうしようもない記事きじ退屈たいくつ記事きじのままだ。これらをひろげて飼育しいくし、調教ちょうきょうして、立派りっぱM記事きじにすることが、アンサイクロペディアてきあいといえるだろう。

まあ……なかにはどうしようもないしくなりようも記事きじもあるかもしれないんだけどね。

アンビバレンス[編集へんしゅう]

しかし、可愛かわいあまってにくひゃくばいという言葉ことばがあるとおり、ふか慈愛じあい生臭なまぐさ憎悪ぞうお表裏一体ひょうりいったいである。慈悲じひふかをさしのばそうとすればするほど、それを拒絶きょぜつされたときひとしんなか慈愛じあいはカオスと融合ゆうごうして憎悪ぞうお化学かがく変化へんかする。「こっちが善意ぜんいけようとしてあげたのに」「おんかたきかえしやがって」、そうした人間にんげんっていて当然とうぜん感情かんじょうは、あい容易たやす悪意あくい憤怒ふんぬ憎悪ぞうおえる。

そうした悪意あくい憤怒ふんぬ憎悪ぞうおさえもユーモアとして昇華しょうかせてこそ、一級いっきゅうのアンサイクロペディアンである。しかし、一級いっきゅうになったことに安住あんじゅうしていては、すぐに三下さんしたのアンサイクロペディアンに転落てんらくする。

アンサイクロペディアで広範こうはん活動かつどうするには、つねあいもとつづけなければならない。それはすなわち、かたきおんむくつづけ、おんかたきかえされることをつづけるということである。あまりにもけわしくつらい、苦行くぎょうみちである。

関連かんれん項目こうもく[編集へんしゅう]