Uncyclopedia:言語げんごテンプレート

出典しゅってん: へっぽこ実験じっけんウィキ『はち百科ひゃっか事典じてん(アンサイクロペディア)』
移動いどうさき: 案内あんない検索けんさく

日本語にほんごばんアンサイクロペディアのBabel使つかわれている言語げんごテンプレートは、簡単かんたん整備せいび改造かいぞうができるようにつくられている。あたらしく言語げんご登録とうろくするのは簡単かんたんだ。あたらしく言語げんごレベルを登録とうろくすることもできるが、こちらはちょっとばかしむずかしい。

あたらしい言語げんご登録とうろくする[編集へんしゅう]

あたらしく言語げんご追加ついかする場合ばあい以下いか手順てじゅんしたがうこと。

  1. その言語げんごすで存在そんざいしていないかどうか、Template:LangNames編集へんしゅうページ確認かくにんすること。これから登録とうろくしたい言語げんご現実げんじつ世界せかいにも実在じつざいする言語げんご場合ばあい、その言語げんご正式せいしき符号ふごう(2文字もじのアルファベット。たとえば日本語にほんごなら"ja")を言語げんごコードひょう確認かくにんする(原則げんそくとして2文字もじのもの)。これが言語げんごのコードになる。その言語げんご存在そんざいしなかったり、なんらかの理由りゆう正式せいしきなコードが使つかわれてしまっている場合ばあい、ウィキペディアでもアンサイクロペディアでも使つかわれていないものをえらんでコードをめる。
  2. ユーザーを登録とうろくすべきカテゴリー、「Category:User_xx」( xx は言語げんごコード)を作成さくせいする。説明せつめいぶんTemplate:Lang Categories Text使用しようするので「{{Lang Categories Text|○○○|xx}}」と1ぎょうだけめばい(○○○は言語げんごめい、xxは言語げんごコード)。
  3. Template:LangNames編集へんしゅうページひらく。
  4. すで登録とうろくされている言語げんごめい参考さんこうに、あたらしいくだりつくって「 |xx=○○○」( xx は言語げんごコード、○○○は表示ひょうじしたい言語げんごめい)とむ。この言語げんごめいはテンプレートの左側ひだりがわ符号ふごうたとえば「ja-N」の部分ぶぶん)にられるリンクのリンクさきにもなる(たとえば、言語げんごめいが「日本にっぽん」なら、「ja-N」などの部分ぶぶんから「日本語にほんご」へのリンクがはられる)。
  5. 最後さいごに、Uncyclopedia:Babelの「言語げんごべつ」の「編集へんしゅう」をひらき、その言語げんご説明せつめいくわえておくこと。言語げんご参考さんこうにして、コードや言語げんごめい説明せつめいぶん追加ついかする。

あたらしい言語げんごレベルを登録とうろくする[編集へんしゅう]

Rtfm.gif あたらしい理解りかいレベルを作成さくせいする場合ばあい、このふしすべ理解りかいしてからにしてください。
あたらしいレベルをきちんと整合せいごうしたかたち作成さくせいするのは、あたらしい言語げんご登録とうろくするよりも複雑ふくざつで、wiki文法ぶんぽうへの理解りかい必要ひつようです。さらに、あたらしいレベルの位置いちづけや意味いみについて十分じゅうぶん調整ちょうせい必要ひつようです。ノート十分じゅうぶん議論ぎろんをすることがのぞましいです。

あたらしい言語げんごレベルを作成さくせいする場合ばあい、3つの要素ようそ登録とうろくする必要ひつようがある。わくいろ背景はいけいしょく説明せつめいテキストだ。それぞれは、Template:LangLevelColorsわくいろ)、Template:LangLevelBgColors背景はいけいいろ)、Template:LangLevelText説明せつめいぶん)の3つのテンプレートに対応たいおうしている。


わくいろ背景はいけいしょく[編集へんしゅう]

LangLevelColorsLangLevelBgColorsについては、すで登録とうろくされているレベルを参考さんこうに、あたらしいくだりに「 |x=#cccccc」のように記述きじゅつする。xは言語げんごレベルをあらわすコード、#cccccc はRGBコードだ。もちろん、いろめい(white、blackなど)でもかまわない。#は内部ないぶで#と変換へんかんされる。が#ccccccとくと変換へんかん過程かてい

  1. cccccc

になってしまうのでwikiをだましてあげる必要ひつようがある.かならず、#ccccccとしよう

なお、LangLevelColors はわくせん左側ひだりがわのコード部分ぶぶん背景はいけいの、 LangLevelBgColors はテキストの背景はいけい部分ぶぶんいろになる。

れい:

ja-N このユーザーは日本語にほんご母語ぼご話者わしゃです。

この場合ばあい

  • いグリーン = LangLevelColors
  • うすいグリーン = LangLevelBgColors

になる。

説明せつめいぶん[編集へんしゅう]

LangLevelText説明せつめいぶんにあたる。これはわくいろ背景はいけいしょくているが、むのは説明せつめいぶんそのものになる。

このなかには、

  1. その言語げんごめい
  2. 言語げんごのカテゴリーへのリンク
  3. カテゴリー登録とうろくのための記述きじゅつぶん

の3つを記入きにゅうする必要ひつようがある。詳細しょうさいすで登録とうろくされているテキストを参照さんしょうにしてしい。

文中ぶんちゅうで、

[[:Category:User_{{{2}}}|{{LangNames|{{{2}}}}}]]
これが言語げんごめい表示ひょうじする部分ぶぶんになる。通例つうれいでは、言語げんごめいにそのカテゴリーへのリンクがはられている。
[[:Category:User_{{{2}}}#●|○○○○]]
これが、そのカテゴリーの、理解りかいレベルべつにソートされているところへのリンクである●をかならず、理解りかいレベルのコードにえること。また、○○○○部分ぶぶんにはきな言葉ことばいてい。
[[Category:User_{{{2}}}|●]]
最後さいごにこれをすこと(●をかならず、理解りかいレベルのコードにえること)。これがいと、その利用りようしゃ利用りようしゃページをユーザー言語げんごカテゴリーに登録とうろくできなくなってしまう。

れい(レベルNのもの):

|N=このユーザーは'''[[:Category:User_{{{2}}}|{{LangNames|{{{2}}}}}]]'''の'''[[:Category:User {{{2}}}#N|母語ぼご話者わしゃ]]'''です。[[Category:User {{{2}}}|N]]

結果けっかはこうなる。

このユーザーは日本語にほんご母語ぼご話者わしゃです。

周知しゅうち[編集へんしゅう]

作成さくせいわったら、最後さいごにそれを周知しゅうちしなくてはならない。

  1. Uncyclopedia:Babel説明せつめいぶんにそのレベルをくわえておく。
  2. Template:LangsTemplate:Lang Categories Text編集へんしゅうページひらき、すで登録とうろくされているレベルを参考さんこうにして、そのレベルの説明せつめいくわえる。

これでわりだ。どうせだから、ノートから理解りかいレベル作成さくせいまでの議論ぎろん削除さくじょしておくといいだろう……間違まちがって2かい作成さくせいされちゃかなわないし、とりあえず目障めざわりだ

関連かんれん項目こうもく[編集へんしゅう]