Uncyclopedia:NavFrameの使つかかた

出典しゅってん: へっぽこ実験じっけんウィキ『はち百科ひゃっか事典じてん(アンサイクロペディア)』
移動いどうさき: 案内あんない検索けんさく
Wikipedia
ユーモア欠落けつらくしょう患者かんじゃのために、ウィキペディア専門せんもん気取きどたちが「Help:ダイナミック・ナビゲーション・ボックス」の項目こうもく執筆しっぴつしています。

このページでは、NavFrameつまりダイナミック・ナビゲーション・ボックス(Dynamic Navigation Boxes: 動的どうてき案内あんない記事きじらん)について説明せつめいしています。

ダイナミック・ナビゲーション・ボックスは、たたみできるナビゲーションボックスをJavaScriptとスタイルシートで動作どうさしています。

使用しよう方法ほうほう[編集へんしゅう]

divタグを使つかうことで導入どうにゅうできます。divタグのクラスにNavFrameNavHeadNavContentれるだけです。

使用しようれい[編集へんしゅう]

<div class="NavFrame">
  <div class="NavHead">[... タイトル(表示ひょうじボタンがく) ...]</div>
  <div class="NavContent">
    [... たた機能きのう使つかいたい部分ぶぶん内容ないよう ...]
  </div>
</div>

なお、にするときはさい外縁がいえんNavFrame指定していしたdivタグにBoxmergeクラスを指定していすると見栄みばえがよいかもしれません。

<div class="NavFrame Boxmerge">
 <div class="NavHead">Head 1</div>
 <div class="NavContent">Content 11
  <div class="NavFrame">
   <div class="NavHead">Head 11</div>
   <div class="NavContent">Content 111
    <div class="NavFrame">
     <div class="NavHead">Head 111</div>
     <div class="NavContent">Content 1111</div>
     <div class="NavContent">Content 1112</div>
    </div>
   </div>
   <div class="NavContent">Content 112</div>
  </div>
  <div class="NavFrame">
   <div class="NavHead">Head 12</div>
   <div class="NavContent">Content 121</div>
   <div class="NavContent">Content 122</div>
  </div>
 </div>
</div>

指定していしない場合ばあい以下いかとおりです。

<div class="NavFrame">
 <div class="NavHead">Head 1</div>
 <div class="NavContent">Content 11
  <div class="NavFrame">
   <div class="NavHead">Head 11</div>
   <div class="NavContent">Content 111
    <div class="NavFrame">
     <div class="NavHead">Head 111</div>
     <div class="NavContent">Content 1111</div>
     <div class="NavContent">Content 1112</div>
    </div>
   </div>
   <div class="NavContent">Content 112</div>
  </div>
  <div class="NavFrame">
   <div class="NavHead">Head 12</div>
   <div class="NavContent">Content 121</div>
   <div class="NavContent">Content 122</div>
  </div>
 </div>
</div>

わくじゅうになってて気持きもわるですが、階層かいそう関係かんけいはわかりやすいかもしれません。

また、にすると文字もじがどんどんちいさくなります。

ブラウザの対応たいおう[編集へんしゅう]

JavaScriptとCSSを実装じっそうしたブラウザでは、たた機能きのう使つかうことができます。

JavaScriptが実装じっそうあるいは無効むこうされている環境かんきょうでは、すべて展開てんかいされた状態じょうたい表示ひょうじされるのであまりふかかんがえる必要ひつようはありません。が、利用りよう計画けいかくてき

関連かんれんリンク[編集へんしゅう]