わたしたちのおもい

東京電力とうきょうでんりょくとうきょうでんりょく福島ふくしまふくしまだいだいいちいち原子力げんしりょくげんしりょく発電はつでんはつでんところしょ事故じこじこによって、そらそらも、大地だいちだいちも、かわかわも、うみうみも、広範囲こうはんいこうはんいにわたって放射ほうしゃほうしゃせいせい物質ぶっしつぶっしつ汚染おせんおせんされてしまいました。そこにいくそだせいきものたち――わたしたちがくちくちにする農産物のうさんぶつのうさんぶつ畜産ちくさんちくさんものぶつ魚介ぎょかいぎょかいるいるいにも、影響えいきょうえいきょうおよんでいます。

くにくには、放射能ほうしゃのうほうしゃのうこわこわくない、流通りゅうつうりゅうつうしている食品しょくひんしょくひん安全あんぜんあんぜんだとげんいます。しかし、内部ないぶないぶばくやひくてい線量せんりょうせんりょうばくがもたらす影響えいきょうえいきょうについては、いまだわからないことがおおおおく、安全あんぜんあんぜん断定だんていだんていすることはできません。

しょくしょく安全あんぜんあんぜん追求ついきゅうついきゅうし、市民しみんしみん健康けんこうけんこうもりまもるためには、くにくに自治体じちたいじちたい判断はんだんはんだんにすべてをゆだねゆだねるのではなく、市民しみんしみんみずからが測定そくていそくていし、こうかんがえ、行動こうどうこうどうすることが必要ひつようひつようです。
わたしたちはとくに、放射能ほうしゃのうほうしゃのう影響えいきょうえいきょうをうけやすいどもたちに、安全あんぜんあんぜんしょくしょく安全あんぜんあんぜん環境かんきょうかんきょう用意よういよういしたいとこうかんがえています。

つぎつぎ時代じだいじだいせいきる主役しゅやくしゅやくは、どもたちです。ネイティブアメリカンはものごとをけつめるときときに、どもを参加さんかさんかさせるといいます。わたしたち「あるびれお」は、どもたちと未来みらいみらいもりまもるために、放射線ほうしゃせんほうしゃせん測定そくていそくていつうつうじて、どもたちとともにこうかんがえながら、いまできることをしていきたいとおもえおもいます。

「あるびれお」のゆらい
アルビレオは白鳥しらとりはくちょうあたまあたまにあたるほしほしです。また、宮沢みやざわみやざわ賢治けんじけんじの『銀河ぎんがぎんが鉄道てつどうてつどうよるよる』のなかなかてくる、てんそらかわかわながれながれのはやはやさを測定そくていそくていする測候所そっこうじょそっこうじょ名前なまえなまえです。
「もうここらは白鳥しらとりしらとりのおしまいです。ごらんなさい。あれが名高なだかなだかいアルビレオの観測かんそくかんそくところしょです。」(『銀河ぎんがぎんが鉄道てつどうてつどうよるよる』)

コメントはづけけていません。