6月26にちわいわい寺子屋てらこやてらこや放射ほうしゃほうしゃのうあたってからだにわるいの?」をひらくひらきました

これまで、としとしに3かいかい公開こうかいこうかい講座こうざこうざひらくひらいて、放射能ほうしゃのうほうしゃのうについてがくまなんでましたが、今回こんかいこんかいはあるびれおの共同きょうどうきょうどう代表だいひょうだいひょうの1ひとにんである山田やまだやまだしんしんさんのはなしはなしいて、参加さんかさんかものしゃ全員ぜんいんぜんいんがざっくばらんに放射能ほうしゃのうほうしゃのうについてはなしはなごうおうという企画きかくきかく=わいわい寺子屋てらこやてらこやひらくひらきました。

あるびれおの測定そくていそくていいんいんふくめて26ひとにん参加さんかさんかしました。

IMG_0135

テーマは「放射ほうしゃほうしゃのうあたってからだにわるいの?」です。

山田やまだやまださんは小児科しょうにかしょうにかで、2011としねん6つきがつ福島ふくしまふくしまじゅうんでいるおやおやたちから相談そうだんそうだんにのってよくしいとよりゆきたのまれて、どもの健康けんこうけんこう相談そうだんそうだんかいかいに2〜3ヶ月かげつかげつまいごとくだりってました。福島ふくしまふくしま現状げんじょうげんじょうまえて、放射能ほうしゃのうほうしゃのう身体しんたいしんたいへの影響えいきょうえいきょうについてはなしはなしをしました。

★☆★☆★☆

放射線ほうしゃせんほうしゃせん影響えいきょうえいきょうについてかたりかたときときに、はっきりしているのは全身ぜんしんぜんしんばくによる急性きゅうせいきゅうせい放射線ほうしゃせんほうしゃせんです。3~5Svあびると30から60にちあいだにちかん半分はんぶんはんぶん人間にんげんにんげん死亡しぼうしぼうするとされています。東海とうかいとうかいむらむら原発げんぱつげんぱつ関連かんれんかんれん事故じこじこでは3ひとにんのうち2ひとにん死亡しぼうしぼうされました。様々さまざまさまざま治療ちりょうちりょうによって上記じょうきじょうきより長期間ちょうきかんちょうきかんせいきておられました。それ以外いがいいがい広島ひろしまひろしま長崎ながさきながさき原爆げんばくげんばく被爆ひばくひばくのデータがありますが、爆風ばくふうばくふう熱線ねっせんねっせんによる死亡しぼうしぼうふくまれているので、放射線ほうしゃせんほうしゃせん影響えいきょうえいきょうとばかりはげんえません。

ひくてい線量せんりょうせんりょうばくについてICRPとIAEAが安全あんぜんあんぜん基準きじゅんきじゅんさくつくっており、しょくものもの場合ばあいばあい100Bq/Kgは安全あんぜんあんぜん、100mSv/としとし空間くうかんくうかん線量せんりょうせんりょう安全あんぜんあんぜんげんっています。しかしICRPもIAEAも中立ちゅうりつちゅうりつ機関きかんきかんとはいえず、原子力げんしりょくげんしりょく産業さんぎょうさんぎょうよせりなので、これらの基準きじゅんきじゅん信用しんようしんようできません。

ICRP(国際こくさいこくさい放射線ほうしゃせんほうしゃせん防護ぼうごぼうご委員いいんいいんかいかい)は原子力げんしりょくげんしりょく産業さんぎょうさんぎょう労働ろうどうろうどうものしゃ被害ひがいひがいこうむこうむったときとき保障ほしょうほしょうをしなくてはいけないので、安全あんぜんあんぜん基準きじゅんきじゅんさくつくりました。1928としねんさくつくった任意にんいにんい団体だんたいだんたいです。IAEA(国際こくさいこくさい原子力げんしりょくげんしりょく機関きかんきかん)は1957としねん国連こくれんこくれん原子力げんしりょくげんしりょく平和へいわへいわ利用りようりようのためにさくつくった機関きかんきかんですが、中立ちゅうりつちゅうりつ機関きかんきかんではなくアメリカをはじめとする原発げんぱつげんぱつ推進すいしんすいしんしているくにくに中心ちゅうしんちゅうしんでやっている機関きかんきかんです。福島ふくしまふくしま現状げんじょうげんじょう視察しさつしさつし「将来しょうらいしょうらいにわたって、健康けんこうけんこう被害ひがいひがいがでない」とげんっています。しかしこれだけの事故じこじこ大量たいりょうたいりょう放射線ほうしゃせんほうしゃせん放出ほうしゅつほうしゅつされたのに、将来しょうらいしょうらい大丈夫だいじょうぶだいじょうぶとはとてもいえません。これは被害ひがいひがい隠蔽いんぺいいんぺいです。

ひくてい線量せんりょうせんりょうばくについては閾値(これ以上いじょういじょう健康けんこうけんこう被害ひがいひがいおこりおこる)をじょうさだめることはできません。

福島ふくしまふくしまけんけん実施じっしじっししている県民けんみんけんみん健康けんこうけんこう調査ちょうさちょうさでは、どもの甲状腺こうじょうせんこうじょうせんがんがんおおおお発見はっけんはっけんされました。甲状腺こうじょうせんこうじょうせんがんがん様々さまざまさまざま種類しゅるいしゅるいがあります。乳頭にゅうとうにゅうとうがんがん日本にっぽんにっぽんではおおおおいのですが、がんがんくらべて悪性あくせいあくしょうひくひくい。治療ちりょうちりょうのち10としねん生存せいぞんせいぞんりつりつは80%です。一方いっぽういっぽう、まれにられる分化ぶんかぶんかがんがん場合ばあいばあい進行しんこうしんこうはやはやく、平均へいきんへいきん余命よめいよめいは3~6ヶ月かげつかげつです。

日本にっぽんにっぽんがんがん統計とうけいとうけい正確せいかくせいかく実施じっしじっしされていません。従来じゅうらいじゅうらいからげんわれている甲状腺こうじょうせんこうじょうせんがんがん罹病りびょうりびょうりつりつ(100まんまんひとにんについて2人ふたりふたり)は年齢ねんれいねんれいひくひくどもにげんえることで、成人せいじんせいじんふくめると確実かくじつかくじつとはげんえないのです。甲状腺こうじょうせんこうじょうせんがんがん発生はっせいはっせいかずすう全国ぜんこくぜんこくてきてきにきちんと調しらべしらべるべきです。

世界中せかいじゅうせかいじゅうで1990年代ねんだいねんだいはんなかばから甲状腺こうじょうせんこうじょうせんがんがんぞうえています。原因げんいんげんいんはチェルノブイリの影響えいきょうえいきょう先進せんしんせんしんくにこくではCT撮影さつえいさつえい安易あんいあんいくだりおこなわれてこうこう線量せんりょうせんりょうよくびている(10mSv/かいかい)からともげんわれています。

福島ふくしまふくしまけんけんでの甲状腺こうじょうせんこうじょうせんがんがん発生はっせいはっせい異常いじょういじょう多発たはつたはつというべきでしょうが、福島ふくしまふくしまけんけん以外いがいいがい地域ちいきちいきではどれくらいの甲状腺こうじょうせんこうじょうせんがんがんているのか調査ちょうさちょうさをして比較ひかくひかくしなくては、放射線ほうしゃせんほうしゃせん影響えいきょうえいきょうがあると断言だんげんだんげんできません。発生はっせいはっせい統計とうけいとうけいちょんぜん医療いりょういりょう機関きかんきかんといごうわせて甲状腺こうじょうせんこうじょうせんがんがん発生はっせいはっせいかずすう調しらべしらべる)をとる必要ひつようひつようがあることを、厚生こうせいこうせい労働省ろうどうしょうろうどうしょうさるもういれれて実現じつげんじつげんさせなくてはなりません。

日本にっぽんにっぽん各地かくちかくち地震じしんじしん頻発ひんぱつひんぱつしています。地震じしんじしんによってだいだい2の原子力げんしりょくげんしりょく発電はつでんはつでんところしょのメルトダウンがおこりこる可能かのうかのうせいせいこうかんがえて、ちょんすべての原子力げんしりょくげんしりょく発電はつでんはつでんところしょ稼働かどうかどう停止ていしていしすべきだとこうかんがえています。

★☆★☆★☆

休憩きゅうけいきゅうけいをはさんで、測定そくていそくていいんいんから4年間ねんかんねんかん、1200けんけん放射能ほうしゃのうほうしゃのう測定そくていそくていくだりおこなってたが、セシウム134は半減はんげんはんげんが2年間ねんかんねんかんであるため測定そくていそくていしたがってていること、あるびれおにおけいてあるナトリウムシンチレーションカウンターでは、正確せいかくせいかくがわからない場合ばあいばあいにはゲルマニウム測定そくていそくていうつわでの測定そくていそくてい依頼いらいいらいして、できるだけ正確せいかくせいかくりたいとはなしはなしされました。また、じょじょに測定そくていそくてい依頼いらいいらい件数けんすうけんすうげんってている現状げんじょうげんじょう報告ほうこくほうこくされました。

そののち、3つのグループにぶんかれて、山田やまだやまださんのはなしはなしをきいての感想かんそうかんそうじゅつごうい、さらにメンバーをへんえて原発げんぱつげんぱつ事故じこじこのちしょくものもの生活せいかつせいかつをつけてきたことを話合はなしあえはなしあいました。

公開こうかいこうかい講座こうざこうざにはない、さっくばらんな雰囲気ふんいきふんいきはなしはなしがはずみました。

次回じかいじかいのわいわい寺子屋てらこやてらこやに、どうぞ、みなみなさんご参加さんかさんかしたください。

 

 

 

 


カテゴリー: これまでの活動かつどうかつどう   パーマリンク

コメントはづけけていません。